MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« エスター | トップページ | シャーロック・ホームズ »

2010年3月14日 (日)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

Percyjackson_sondermotiv_14
久々の劇場鑑賞作品。実は,シャーロック・ホームズを観に行ったついでに観たのだけど(吹替版),これが案外面白かった~。(ホームズより気に入ったかも)子供向けのファンタジーなのだけど,けっこうドキドキわくわくしながら,最後まで楽しく観れました。

ハリポタの1作目を観たときの興奮をまた思い出した感じかな?クリス・コロンバス監督はやっぱり,こういう思春期の主人公たちのファンタジー・アドベンチャーが上手いね。
Percy_jackson_the_olympians_the_lig
この監督は,どんなに子供っぽい展開であっても,やっぱりその,「子供っぽい」という特徴が,かえって魅力的に映るように見事に作品を仕上げてくれるような気がする。

これは魔法使いのお話でも吸血鬼のお話でもなく,ギリシャ神話絡みのファンタジー。ギリシャ神話の神様たちって,もともと結構人間くさくって,不道徳でHで・・・というのは,なんとなく知ってたので違和感なし。
_12653263147171
主人公のパーシーは,海の神ポセイドンと人間の女性の間に生まれたデミゴット(あいの子)。ポセイドンの兄弟のゼウスから稲妻を盗んだ疑いをかけられ,同じデミゴットであるアテナの娘のアナベスと,下半身が山羊のサテュロスのクローバーとともに,ハデスによって冥界に連れ去られた母を救うため,冒険に出かける,という物語。

今作の見どころって,やっぱり,その世界観というか,ギリシャ神話の神々が今も生きていて,人間との間にボロボロと子供を作ってる~という点にあると思う。この地点で,「そんな馬鹿な」とか「神様がそんな俗っぽいことをするはずがない」などと思ってしまったら,この作品はまったく楽しめない。
03
冒頭に登場する,現代社会に現れる巨人のような大きさのポセイドンの馬鹿馬鹿しい映像にドン引きすることなく,気を取り直して物語を追っていけば,ハリポタの時の「世界は実は魔法使いでいっぱい」という世界観を受け入れられたのと同じように,「世界は実はデミゴットでいっぱい」という世界観も,難なく受け入れて楽しむことができるだろう。

そしてそのあとは,「自分は実はポセイドンの息子だった~!あんなことも,こんなこともできちゃうんだー」という,パーシーの成長物語を,エキサイトしながら観ればよいかと。
Percyjacksonyelladrondelrayofoto1la
パーシーを演じたローガン・ラーマン君が,なんとも可愛いカッコいい。チャームポイントはあのブルーの瞳かな?ポセイドンの息子であることを最初は戸惑いながらも受け入れて,次第に成長していく過程とか,父親と対面した時の演技とか,とってもよかった。

Percyjacksonyelladrondelrayofoto12
彼の冒険仲間のアナベスとクローバーは,ハリポタでいうところの,ハーマイオニーとロン,という役割なのだけど,彼らよりはちょっと大人な年齢で,特に足が山羊,というクローバーのキャラは面白かった。(ラスベガスのダンスシーンが最高!)

彼らの息もつかせぬアドベンチャーと,次々に登場するギリシャ神話の神々や怪物たちに圧倒されて,あっという間の2時間だったような。子供は特に大喜びする作品ではないかと思う。
Percyjacksontheolympiansthelightnin
特に一見の価値があるのは,ユマ・サーマンのメドゥーサ。エンドロールの後にも,彼女は出てくるので,すぐに席を立たないように~

« エスター | トップページ | シャーロック・ホームズ »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

ななさ~ん、こんばんは!わたしも「ホームズ」観てきましたよ~。内容はビミョーでしたね(笑)でも、まあ、なかなか楽しめました。もうちょっと時間を短縮したら、もっとスッキリしたかも。

ところで、ハリウッドは今ギリシャ神話ブームなんでしょうかね!?これもオモシロそうと思いつつも、予告編がビミョーだったので、スルーしてしまったのですが。面白いんですね??劇場予告編集で、もうひとつ今後公開作でギリシャ神話ものがありましたよね?ペルセウスの話だったような・・・「アバター」の人が主演の。あれもかなり気になります~。

ななさん、今度のお写真は茶室での一枚でしょうか??なんだか上品な色っぽさです~♪最近、ちょっとお茶を習ってみたいと思っているJOJOでした~。

JoJoさん,こんばんは~

ホームズ,楽しかったんですけどね~
これに比べれば,途中で何度か寝てました~(アクションの部分)
ま,でもダウニーさんとジュードのコンビですもん
それだけで満足な作品でした(あの作品,ヒロインは要らん)
また後日にゆっくり記事をアップしますね~

で,この作品ですが,面白いですよ~
今のハリポタはすっかりダークでシリアスになっちゃってますが
そうなる前の,明るくて楽しいハリポタを思い出しました。

>劇場予告編集で、もうひとつ今後公開作でギリシャ神話ものがありましたよね?
「タイタス」とかなんとか言う題でしたっけ?
出演陣が豪華ですよね。これも見たいなぁ~

>今度のお写真は茶室での一枚でしょうか??
いえいえ,これは自分の部屋なんですよ
壁が抹茶色なんでそんな感じですが
ごく普通の,とっ散らかした部屋です。
アルコール入ってるので,目線がエロ入ってるかも~heart04

ふふふ・・・JoJoさんのコメントに目がいっちゃった~
で、、、写真のななさんはお酒が入っているのね?(笑)エロ可愛いわ~んwink

ホームズも鑑賞されたのですね?
イマイチだったんですか?うっそ~~~sign02
私は大変気に入りましたです。大好きなのよ、超大作の冒険活劇が(笑)

パーシーは完全に子ども向けだったなぁ~と思うけど、こういう映画もたまにはいいかな♪
ギリシャ神話が大好きなので、ギリシャの神が今でも元気にアメリカで子作りに励んでいると知って感慨深いです(嘘です・笑)

ななさんこんにちは♪

監督がクリス・コロンバスでこんなタイトルなもんですからどことなくハリポタ風に見えなくも無いんですが、パーシーたち登場キャラクターの年齢が結構引き上げられていたせいか、子供だけじゃなく大人な自分でも思いの他楽しめた部分がありましたね。まあ確かにデミゴッドがあんなにたくさんいて神様何してたんだ?とか、ゼウスも稲妻窃盗犯を一方的に決め付けすぎてたりと粗も幾つかあったのは否めませんが、個人的にはギリシア神話を現代風にアレンジしてた世界観や、豪華なキャスティングが色々な神様や怪物に扮して見た目で楽しませてくれた点で充分補っていたとも思えますね。特にメデューサのユマは一番強烈ですねぇ^^;オチでもしっかり活躍してましたが、冷蔵庫を開けた義父がちょっと可哀そうでしたw


※あとココログへのTBがちょっと不調なので、記事リンクをURLの方へ貼らせて頂きました。

由香さん こんばんは!

ん~~,この写真は夜に撮ったのだけど
夜はたいがい,おうち呑みしてるので
いつもほろ酔い気分です。その方がブログも進みます(嘘)

で,シャーロック・ホームズはイマイチというほどではなく
それなりに楽しめたのですが
こっちの方がなぜかより楽しめた,ということで。
ハリポタの1作目が大好きなせいもあるかも。

>ギリシャの神が今でも元気にアメリカで
>子作りに励んでいると知って感慨深いです。
ほんとにねぇ~
あんなにたくさん子供作っちゃって。
その設定からして??な人もいらっしゃるかも。

メビウスさん こんばんは!

そうですね~,ハリポタは始まりが
ハリーが小学生くらいの頃でしたが
この作品のパーシーは高校生?
ラスベガスの場面なんかも楽しかったですね。

>ゼウスも稲妻窃盗犯を一方的に決め付けすぎてたりと・・・
「お前が盗んだんじゃないのならお前の息子だろう」と
証拠もないのに,いきなり冒頭からこれですもんね~
神様のくせに短絡的だなぁ~とちょっと引けた場面です。

でも,次から次へと出てくる神話の登場人物や怪物が面白くて
退屈する間もなかったです。
ファンタジーものは1作目だけでコケた作品はけっこうあるんですが
これはそうならないでほしいなぁ~,続編も見たい!

ななさん、こんばんは
そうそう、ギリシャ神話の神様ってろくなのがいなかった(笑)一番偉いゼウスでさえ、あちこちで浮気しては奥さんに怒られて・・・という話が多かったような。どなたもこなたもそれぞれ性格に欠点を持ってるんですよね
この辺が聖書というかユダヤ教のモノの見方が違うところで
ギリシャ神話の世界観は、どっちかといえば日本神話のそれに近いですよね

クリス・コロンバスはやっぱりこういう少年目線のエンターテイメントを作るのが上手。最近の『ハリポタ』にあまり心ひかれないのは、彼が監督じゃないからかもしれない。あのシリーズは一番最初が一番面白かったような気がします

ちなみにこちらの原作は全五作だそうです。映画ではムリヤリ三部作くらいでまとめられないかな?

こんばんはー^^

ホームズの記事にこちらがあったので、お邪魔します~♪
この映画も面白かったですよね!
吹き替え版しか見れる時間じゃなかったのが残念だったけど、いろいろな神々が登場して楽しかった♪
メデューサもはまってたし^^
神様が節操なしってのも(^m^)

これも続編が出来るのかな?出来たら見に行きます♪

SGAさん こんばんは!

ギリシャの神様って子供のころに児童文学で読んだかぎりでは
美人はさらうし,喧嘩はするし,誘惑には負けるしで
なんだかとっても本能に忠実に生きているように思えました。
そこらへんは人間と同じメンタルな弱点を持っていて
親しみやすいのかもしれませんね。
ゼウスなんか,浮気のし放題のような神様ですもんね。

>クリス・コロンバスはやっぱり
>こういう少年目線のエンターテイメントを作るのが上手。
そうですよね~,ハリポタの最初の作品も
彼だからこそ面白かったのかも。
これ,5作もあるんですか~
3作くらいが,飽きなくてちょうどいいですよね。


みすずさん こんばんは!

私も吹き替え版しか時間が合わなくて・・・
でも吹き替えのパーシーの声も雰囲気も好きでしたし。
ただ,ユマ・サーマンの声なんかは
実際の彼女の声が聞きたかったかなぁ?

神様が人間との間にせっせと子供を作ってた,という世界観が
とってもおもしろかったです。

私も続編,ぜひ見たいです~

こちらにもお邪魔します♪

あらっ?ホームズより面白いって?(笑)
まあ、それは置いておいて(笑)私もこの作品は
期待していなかったせいもあって(笑)意外と
楽しめちゃいました♪

そそ、冒頭海から現れる巨大なポセイドンが、人間サイズに変わる映像に、初めからそうして出てくればいいじゃん!とか突っ込まずに観れたら、この世界を楽しく鑑賞できますよね(^_-)-☆
大人も楽しめる子供向け作品でした♪
子どもなら、神様節操ないなんて考えませんしね
(笑)

PS・久々にお邪魔したら、お写真が変わっていて(^^;そっか~やけに色っぽいのは、お酒が入って
いるからなんですねえ(笑)

ひろちゃん,こちらにもありがとう~

子供向けのファンタジーらしい爽やかさと
ギリシア神話がらみ,という物珍しさが新鮮だったのか
はたまた私もあまり期待せずに観たのがよかったのか
えらく気に入ってしまいました~~

冒頭の,あのポセイドンの登場シーン・・・
>初めからそうして出てくればいいじゃん!
わははは,ほんとにそうだわ!
誰かに見られたらどうすんのよね~,人騒がせな。

・・・という具合に,
児童文学らしいツメの甘さも多々ありましたが
それでもなかなか楽しかったなぁ~
ギリシア神話のいろんな神様や怪物が映像化されるのが
いちいち楽しかったです。

ななさん!!無事ですか?
あたしは、ようやく宴会も終息して、やっと人並みな夜を送ってます。
もう、ほんとにとんでもの日々でした・・・。
おまけに最後に小学校のPTAの副会長なんかやってたもんで、父ちゃん行けないと、行ったりと、ほんと人間やめたい日々でした。
でも、これも終わりかと思うと、さびしい・・・なんてさっぱり思わず、もう嬉しくてしようがない!!ってやつです。
などとどうでもいいことでしたが、反応遅くなってすいません。
ななさんも生き抜いてくださいねええ。

で、この映画。
そうそう、ギリシャ神話の神々って、とっても俗物って言うか、節操ないんですよね。
なもんで、「ありあり!」と思って見てたもんで、結構楽しめました。
メデューサの使い方もなかなか効いてたし。
でも、一般的には、あまり受けはよくないみたいですね。
楽しめたんですがね~。

sakuraiさん,お疲れさまでした!
無事,生還おめでとうございます。
ほんと一年で一番忙しい時期ですよね~

私の方は風邪を市販薬でごまかして学年末の行事を(もちろん深夜の宴会まで!)やりくりしてたら,やっぱりこじれて副鼻腔炎になってしまいました。仕方なく病院に行って抗生物資を貰ってきて,やっと今頃全快です。ブログだいぶサボってしまいました。(一度サボると復帰がめんどくさいですね~sweat01

で,この映画,一般にはあまりウケがよろしくないんですか~?ハリポタの二番煎じに思えるのかしら?でも,最近封切られた「ダ●ン・シャ●」よりはずっと面白いと思うんですけど~ ̄、個人的には。

>ギリシャ神話の神々って、とっても俗物って言うか、節操ないんですよね。
そうなんですよね,浮気,略奪愛,ハーレムなんでもアリで。いろんなパワーがあるってとこだけが神様っぽくて,あとは全く人間と変わらない俗物なので神聖さはそんなにないですよね。ま,だからいろんなトラブルやなにかがあって,ギリシャ神話って面白いんですよね!

ただ...ひとこと

「石になぁ~あれっ!」  以上coldsweats02

zebraさん

おっしゃるように,メドゥーサのキャラクターが
一番印象的な作品でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/33758194

この記事へのトラックバック一覧です: パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ギリシャ神話が大好きなので、楽しみにしていました〜原作が児童文学ということなので、子どもと一緒に吹き替えで鑑賞です―【story】17才のパーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)は、ある日、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。しかも彼は海神ポセイドン(ケヴィン・マクキッド)の息子で、全能の神ゼウス(ショーン・ビーン)の稲妻を盗んだ嫌疑をかけられているという。そしてそのせいでパーシーの母親(キャサリン・キーナー)は冥界の神ハデス(スティーヴ・クーガン)にさらわれてしう。パーシーは身に覚えのない嫌疑を... [続きを読む]

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [だらだら無気力ブログ]
アメリカで人気のある児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを映画化 したファンタジーアドベンチャー。 神の人間のハーフである主人公が、神々の争いと自分の母親を救うために 仲間たちと冒険を繰り広げる様を描く。父親の存在を知らされず暮らしてきたパーシー・ジャ..... [続きを読む]

» 我は神の子白波の クリス・コロンバス 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 [SGA屋物語紹介所]
しかしあれですねえ。『ハリポ』以外はさほど当たったという話を聞かないのに、最近フ [続きを読む]

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [みすずりんりん放送局]
 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観た。  落ちこぼれの高校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)の人生は、... [続きを読む]

» ★パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010)★ [CinemaCollection]
PERCYJACKSONTHEOLYMPIANS:THELIGHTNINGTHIEFギリシア神話が現代によみがえる!ギリシャの神と人間の子は《デミゴッド》と呼ばれ、特別な力を受け継ぐ・・・神にさらわれた母を救うため‘ゼウスの稲妻’を奪った疑...... [続きを読む]

» 映画:パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [よしなしごと]
 仕事が忙しく最近は映画になかなか行けない日々が続き、ストレスがたまっています。見たかった作品もどんどん終わっていきます。そんな中、今回はパーシー・ジャクソンとオリンポスの神々を観てきました。... [続きを読む]

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [迷宮映画館]
神々もいろいろと大変なのねえ。でも、オリンポスの神様たちって、そんなに世の中のこと、考えてないと思いまっせ。 [続きを読む]

» 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 [Cinema + Sweets = ∞]
3月も月末になって、やっとコンスタントに映画を観に行ける状態になりました。 本当に月末なんで、大した本数観られないのが残念でなりません。。。 ということで、日曜の仕事終りに新宿ピカデリーに『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観に行ってきました。 レイ... [続きを読む]

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Percy Jackson the Olympians: The Lightning Thief) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリス・コロンバス 主演 ローガン・ラーマン 2010年 アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★ 「実はオレ救世主」とか「実はオレ凄腕の殺し屋」とかの“実は○○”って、すんごく夢が膨らみますよねぇ。夢が膨らみ過ぎちゃって、往々にして邪まな方向へと妄想が暴走..... [続きを読む]

» 【映画】パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々…某ポッターと同じく楽しめませんでした。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
今日は会社からの帰宅時に携帯電話を忘れ、会社の人と私の母親が少しお話するはめになったピロEKです(携帯は帰宅途中にUターンして取りに戻りました)。 以下は映画観賞記... [続きを読む]

» 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010) [【徒然なるままに・・・】]
リック・リオーダンが書いた<パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々>シリーズ第1巻「盗まれた雷撃(ライトニングボルト)』を、クリス・コロンバスが監督。 原作は全5巻プラス外伝1巻で、現在は新シリーズも刊行中らしい(翻訳未定)。 主人公は神と人間のハーフ(デミゴッド)で、現代にオリンポスの神々が健在という設定がユニーク。 神様は人間界に干渉し、あっちこっちにハーフの子どもがいる、というのも凄いハナシだが、オリンポス山は何とアメリカのエンパイアステートビルの中に姿を変えて存在している、なんてよ... [続きを読む]

» 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 』 (2010) 監  督 :クリス・コロンバスキャスト :ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランド...... [続きを読む]

« エスター | トップページ | シャーロック・ホームズ »