MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 処刑人 | トップページ | パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 »

2010年3月13日 (土)

エスター

Orphan_2009_562x835_78405
ホラー好きの皆さーん!
これ,すっごくオススメですので,
ぜひぜひ観てくださいな〜。

・・・と,心から自信を持って断言できる作品。

Orphanpic3
孤児院から引き取られたエスターという九歳の少女が,悪魔のように狡猾に,そして邪悪に,養父母の家庭を周到に崩壊させていく,というお話だ。

最初にこれだけはネタばれしておくが,この作品は,「悪魔オチ」や「幽霊オチ」ではない。オーメンの少女版や,エクソシストのような物語とは違い,あくまでも怖いのは「人間」。だから,この作品は実は,ホラーやオカルトではなく,サイコ・サスペンスだと思う。

ただ,主人公のエスターのやらかす,常識では考えられないほどの悪行と,振り回される家族の悲惨な状況,そして最後に明かされる,彼女の正体から受ける衝撃が,まさにホラー並みに怖いのだ。
Orphan769311limagine
第三子を死産したため,養女を引き取ることにした,コールマン一家。母親のケイト役のヴェラ・ファーミガは,ディパーテッドのヒロインを演じた女優さん。縞模様のパジャマの少年でも,夫と異なる価値観を持ち,次第に心を病んでいく妻の役を演じていたが,こういう精神的に追い詰められていく役がとても上手い。

彼女は鈍感な夫(ピーター・サーズガード)とは違い,女の勘で,エスターの本性を見抜いたものの,周囲のだれにも信じてもらえず,施設に隔離されそうになる。
Orphanpic5
主役のエスターをはじめとして,この作品,子役が非常に素晴らしいのだが,コールマン家の聾唖の娘,マックス役のアリアーナ・エンジニアちゃんが,動く天使かフランス人形みたいにすごく可愛い。

最初はエスターを姉と慕っていたマックスは,エスターの残虐な犯行の数々を目撃したり加担させられたりするのだが,恐怖のためにそれを誰にも言えない。聾唖のため台詞はないので,目で演技するのだけど,その怯えた訴えるような瞳の演技がすごくよくて,こんなに幼い子を,情け容赦もなく傷つけようとするエスターに対する,恐怖心と憤りが膨れあがり,加えて,我が子や妻よりも,エスターの言うことを信じる父親の鈍感さもまた,もどかしく腹立たしい。
Orphan724759limagine
そして何といっても必見なのが,エスターを演じたイザベル・ファーマンちゃんの演技。彼女の顔・・・・天使のように愛らしく聡明な笑顔のときと,能面のように不気味な無表情のときのギャップが凄い。

父親には巧みに媚を売り,母親には無邪気そうに近づいていって相手の一番触れてほしくないところをグサリと刺して敵意をあらわにし,事故に見せかけて夫婦の子供たちを抹殺しようとするエスター。「いったいなぜそこまでやるの?」と言いたくなるほど,彼女の悪意ある行動は度を越している。

Orphan684634limagine
この手のお話は目新しくはないが,この作品は見せ方が上手いというか,エスターの不気味さや不可解さや,もともと問題のあった家庭が崩壊していく様を,じっくりと丁寧に描いていて,見応えのあるドラマになっている。とにかくこの,悪魔じゃないけど悪魔のようなエスターが次に何をやらかすのか,こっちも心臓をバクバクさせながら見守ってしまうのだ。

そして終盤近く,明かされるエスターの秘密。shock
このオチがとても斬新で仰天する。このオチを知ると,彼女のこれまでの不可解な行動も,その狂気も怨念もすべて辻褄が合うと同時に,エスターがいかに危険な人物であるか改めて背筋が凍る思いになる。そして物語は一気にクライマックスの氷上のバトルシーンへとなだれ込む。ラストまで一瞬たりとも気が抜けない。

面白いし,幽霊も悪魔もエイリアンもでてこないのに,しっかりと,手堅く怖い。昨今の音や映像だけで怖がらせようとするホラーとは一線を画する面白さを持った作品だ。

« 処刑人 | トップページ | パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは~。

私これ公開直後に見ました。いや~、いろんな意味で怖かったですねー。
もうラストの真相は顎外れるかと思いました…でも後で思い返すと、確かにそれらしい伏線はちゃんとあったのでなるほど、と。
これ確かディカプリオが内容にほれ込んでプロデュースに関わったと聞いたんですが。

ほんとに妹役の子、可愛かったですね。まさに天使みたいでした。あの怯えた目の演技。健気に頑張る姿にもうメロメロでしたよ~。
旦那の鈍感さにはイライラしたけどそれにしてもあの展開は悲惨すぎるし…だいたいキッチンであんな事する夫婦もどうよと思いました。家広くて夜遅くても子供もいるというのに(笑)
でもケイトの最初の一連の死産のシーンはトラウマになりそうなくらい、ショッキングな映像でした…。
エスター役の子も、ほんとに上手でしたね。彼女の熱演で一歩間違うと笑いに走りかねないオチも一級のホラーに仕上がってました。最後のケイトとのバトルは「ひいいいい」とおののきながら見てました。

怖さもありましたけど、やっぱり「エスターの行動の根拠」を知りたい欲が先行したので、その意味でも満足出来た面白い映画でした。エンドロールも凝ってて最後まで見応えがありました。

ろんさん,こんにちは!

これ,劇場でご覧になりました~?
それは怖かったでしょうね。
あれを大画面で見せられると
ちょっとビビるよな~というシーン,
いっぱいありましたね。

ほんと色んな意味で怖かった・・・スプラッターや
派手な流血シーンなんかなくても
心理的な怖さが凄かったですね。上手い作りでした。

>ディカプリオが内容にほれ込んで
>プロデュースに関わったと聞いたんですが。
そうなんですか。ブラピやレオって
いい俳優だけど,
いい作品を見極めたり探したりするパワーも
すごく熱心なものを感じますね,
きっと映画そのものがほんと好きなんでしょうね。

マックス役の女の子の健気な可愛さ,
もう言葉で言い表せませんね。
ヴィジュアル的にも,こんな可愛い女の子
なんだか久々に観ましたよ~

もちろん演技力,と言う点では
エスターを演じた彼女も凄い!

>彼女の熱演で,一歩間違うと笑いに走りかねないオチも
>一級のホラーに仕上がってました。
そうなんですよね,あのオチは,
「え~嘘ぉ,馬鹿馬鹿し~」と
笑いとばされそうな危険性も含んだオチなんですが
エスターの熱演で「そんなこともあるかも・・・」という
説得力がありました。

昨今にはない,ちょっと異色のホラーですが
みなさん一見の価値は十分にありますよね!

おー!エスター!私もこれ劇場で観ました。
期待半分くらいで観ましたが、なかなかどうして
久々ヒットな佳作ホラーでした。
冒頭の出産シーンからして引き込まれますよね。

とにかくエスター役のイザベル・ファーマンちゃん、
そして妹役の子の名演技にはオドロキ!
蛍光塗料で描かれた絵も不気味で良かったです。

ななさん、こんにちは~!
可愛いマーガレットの壁紙に変わりましたね☆
ななさんは、壁紙もお写真も時々変えて季節感とかも取り入れていらっしゃるわ~^^

ところでこの映画。
私もオチが全く予想がつかなかったので、おおっ!という驚きが。
そして、子役の2人が素晴らしかったですよね。(ちっちゃいのは可愛かったし、エスターちゃんの子は演技が上手というか、表情のギャップが凄かったし)

結構賛否両論ある映画みたいですが、私も結構楽しめた方です♪

kenkoさん,こんばんは~

劇場でご覧になられましたか~
これ,ありきたりなホラーかと思ってたら
(わたしはてっきり「悪魔の子」ものだと思ってた)
今までと全くジャンルの違うオチで,面白かったです。
イザベラ・ファーマンちゃんの演技は
十分ホラーでしたしね~
そうそう,あの,ラストにブラックライトで浮かび上がる
エスターの描いた絵のおぞましさ!
監督はスペインの方なんですってね。
やっぱり,侮れないわ~スペインのホラー!

latifaさん,こんばんは~

春が来たのでお花の壁紙に替えてみました~
気に入ってもらえて嬉しいわ~


で,この映画,皆さん,絶対一度は観るべきですよね。
賛否両論あるとしても・・・
賛否の理由は,あのオチに驚愕するか,脱力するかの違いでしょうか。
実は私はあのオチはなんとなく予想もついてたのだけど
それでも「今までになかった」というだけで斬新でした。
悪魔オチやエイリアンオチ,幽霊オチなら
さんざん観てきてるから,かえって脱力したかも。

子役がほんと素晴らしかった~
マックス役のあの子はラファエロの絵画の中の天使のようでした。

こんばんは!
みました〜
オチは今までないパターンだよね。よくできてるよ。
妹のマックスが可愛いくて、エスターから早く逃げて!って願ってました。
氷上のバトルシーンはハラハラドキドキ。
簡単に養女をもらうってことが悲劇のはじまりだけど、引き込まれちゃったね。
最近の子役ってみな演技うまいなー。

アイマックさん こんばんは

お返事遅くなってしまってすみません~
そうそう,このオチは初めて!
初めてなので余計に「もしかして・・・」と
私は予想がついてしまいましたが
オチがわかっていて観ると
あのエスターを演じた子役の少女の演技に感心しました。
難しい役だよね・・・
簡単に養子をもらうと言うのは
日本じゃ考えられないけど(それもあんな大きな子!)
欧米ではけっこう一般化されているのかな?

未見なので。


スプラッタやイーブルアイ系がまったく駄目な私ですが、
「パンズ・ラビリンス」みたいな陰韻少女物は大好きです(笑)。観るのが楽しみです
・・って監督・・蝋人形・・ご、ごール!(しかも2)の・・

ビリーさん 未見ですか。

うーん,単純な美少女ものではないし
スプラッターでもなく
秀逸なサスペンスです。
見どころは斬新なオチと
主人公の少女たちの名演技かな?
でも観て損はない秀作ですよ。

お邪魔します~~
最近やっと観ました。
いや~~彼女の秘密には本当驚きました。
悪魔オチっだったら、怒っちゃうところでした・・笑
そうそう、鈍感な夫なのよね・・
女の子には、父親って普通でも弱いからね。
密かにサーズガード頑張れよ、惑わされるな・・
・・と応援していたのですが、ああいう結果になり
・・ちょっと寂しかったです・・・笑
面白いホラーみつけると、なんだかうれしく
なりますよね・・・
ではでは。

みみこさん こんばんは

これ,異色のオチで面白かったよね!
たしかに宇宙人オチや悪魔オチだとしらけるもんね。
子供の悪魔オチって,オーメンだけでもういいやって感じ。
あ,夢オチだともっと腹立つ・・・・。
人間なのにこんなに怖いケースもあるってことが
この物語の売りなんだよね。
サーズガードさん何気に好きなので
ラストはああなっちゃって可哀そう。
というか,気づくの遅すぎ!

映像も雰囲気も好きだし
何度か見直したいホラーですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/33734099

この記事へのトラックバック一覧です: エスター:

» エスター [C note]
イマドキB級ホラーの殿堂、ダーク・キャッスル作品。 監督は『蝋人形の館』のハウメ [続きを読む]

» エスター [だらだら無気力ブログ]
子供を流産で亡くした夫婦が、孤児院から少女を養子として迎え入れたこと から、その夫婦と実子達に迫る恐怖を描いたサスペンスホラー。三人目の子供を身籠ったものの流産してしまったケイトはアルコールに 溺れ、夫婦関係にもひびが入ったが、このままではいけないとアル..... [続きを読む]

» エスター [小部屋日記]
Orphan(2009/アメリカ)【DVD】 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:ヴェラ・ファーミガ/ピーター・サースガード/イザベル・ファーマン/CCH・パウンダー/ジミー・ベネット この娘、どこかが変だ。 ダーク・キャッスル・エンターテインメント制作の衝撃サスペンス・ホラー。。 思いもよらないオチに絶句! 冒頭からショッキングな出産シーン。 『危険な遊び』『ゆりかごを揺らす手』みたいな雰囲気。 子供を亡くしたトラウマから立ち直れない夫婦は孤児院から養女をもらう。それが悪夢のはじまりだ... [続きを読む]

« 処刑人 | トップページ | パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 »