最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ | トップページ | 猫の春 »

2010年2月25日 (木)

コネクテッド(保持通話)

20090904_654608_2
2004年のハリウッド作品,セルラーの香港版リメイク。私はオリジナルも大好きで,(キム・ベイジンガーが好き)DVD持ってるが,このリメイク版はなんといっても,リウ・イエが誘拐犯の役で出てるので,リリースをとっても楽しみにしていた作品。

ヒロインが突然誘拐され,いつ切れるかわからない電話ひとつが命綱」というユニークなストーリー設定と,先が見えず,息もつかせないハラハラの展開が魅力の持ち味は,オリジナルと同じだし,基本的にオリジナルのストーリー通りに進むので,そこに目新しい感動は感じなかったが,オリジナルを観てない方は,ストーリーそのものも,かなり楽しめるのではないかと。
Cap123
もちろん香港ならではの背景設定(都市部ではなく,ススキ野原でのチェイサー,というのはやはり中国らしい)はあるし,キャラクターたちの個性もオリジナルとは違うところも多く,その点を比較しながら観るのも面白い。(個人的には,あの携帯の充電器を売った店員さんとのやりとりが,オリジナルよりこっちが気に入った。)また,ラストのクライマックスの迫力とスケールはこちらの方が盛り上がりが凄かったと思う。

Cap117
ヒロインを助けるために奔走する主人公は,オリジナルでは,「あなたのその,いい加減なところがいやなの」と,恋人からフラれた青年で,元カノに頼まれたボランティアの仕事中に事件に巻き込まれるが,こちらの主人公は,妻に逃げられたうだつのあがらないサラリーマンで,ひとり息子を空港に見送りにいく途中,という設定。
Cap171
オリジナルの主人公は「能天気系」のキャラだが,本作の主人公は「しょぼくれ系」といえるかも。それでも,ごく普通の地味で気弱なオジサンが,オタオタとパニクりながらも,怒涛のごとくふりかかるアクシデントや危機を,ほとんど気合いのみで切り抜けていく様子には実際感動する。演じるルイス・クーという俳優さん,初見だけど,ご本人はほんとは男前なんだろうな~と思うけど,どこにでもいそうな普通っぽさがとってもよかった。

そしてヒロインは,オリジナルのキム・ベイジンガーよりずっと若いシングルマザー(夫とは死別)のグレイス(バービー・スー)。彼女の子供も,オリジナルでは男の子だったがこちらは女の子。
Cap111_2
壊れた電話機を修繕できた理由も,オリジナルのキムは高校の理科教師だったからだが,グレイスの場合はロボット設計家(ちょっと強引な設定?)。そして犯人に狙われる原因となったビデオを所有していたのは,オリジナルではヒロインの夫だが,本作では彼女の弟(この弟役もかなりのイケメン)。ヒロインとしては,私はやはりキムが好きかなぁ・・・やはり大女優の貫禄がある。

しかし,このリメイクでは,ヒロインを未亡人,ヒロインを助ける主人公をバツイチ(おまけに年齢も近い)と設定しているので,ラストには二人の間にロマンスが生まれる予感も匂わせて終わっているところが,オリジナルにはない心憎さだ。

そして誘拐犯のボスを演じたわれらがリウ・イエ。
Cap134
いや~~,めちゃくちゃカッコよかったです,彼heart04

観るまでは,白髪頭(厳密にはブルーグレーっぽい?)の彼ってどうよ~,と危惧していたのだけど,黒いトレンチコート,黒いベレー帽,そしてグラサンがモデルのようにキマってて,登場人物の中では一番目立ってスタイリッシュ。
Cap173
何気にお口の形も完璧

オリジナルのジェイソン・ステイサムよりずっとお洒落で(国際警察という設定だから?),そしてステイサムよりずっと非情な悪党っぽかった。

ブラッドブラザーズ~ではちょっと身についてないようにも見えた悪役が,今回はとてもキマっていたと思う。藍宇を演じた時は,キャラのせいかそれほど大柄に見えなかった彼だが,こんな役の時は,本来の背の高さや脚の長さ,シャープなお顔の骨格(特に横顔の美しさ)が際立つ。
Cap125
私は以前,リウ・イエには悪役やってほしくないなぁ~,キャラじゃないなぁ~と思ってたけど,前言撤回,こんな悪役のリウ・イエなら,何度でも観たい!

いや~,彼になら,罵倒されても殴られても撃ち殺されても本望だわ~~。彼がルイス・クーに「分相応に生きろ,この馬鹿が」という台詞や表情,怖くって,でもカッコよくってぞくぞくした。

その演技力の凄さにも,今更ながら舌を巻いた。
Cap167
だって,あの藍宇と同一人物だなんて,到底思えない。劇中,何度「アナタはほんとに,あのかわゆい藍宇なの?」と声に出してつぶやいたことか。ゆっくりとした憎々しげな台詞まわしも,狂気をはらんだ笑顔も,凄みを効かせたまなざしも,胡軍さんの演じるハントンに恋い焦がれて泣いていた純情青年とは,まったくの別人で。
R
それにしても,リウ・イエって,これも含めて,ラストに死んじゃう役が多いような藍宇しかり,ブラッド・ブラザーズしかり,そしてアフター・ザ・レインしかり。あ,王妃の紋章も,プロミス。(「私の中に誰かがいる」なんて,最初から死んでた)。まだ未見だけど,「南京!南京!」でもきっと死ぬ役なんだろうなぁ・・・・。(なんかフクザツ)まあ,そんな悲劇的なキャラがハマるといえばハマるのだけど。
Cap178
別にリウ・イエやルイス・クーのファンでなくても,万人が十分に楽しめてお釣りのくる作品。オリジナルもリメイクも,それぞれのよさがあって,どちらも成功している作品だと思う。

« ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ | トップページ | 猫の春 »

映画 か行」カテゴリの記事

コメント

昨年夏に、本宅に書いた感想文にコメントいただきありがとうございました。
『セルラー』いまだに観ていないため、オリジナルのストーリーがどうで展開がどう、ということはわからないのですが、そのうち鑑賞を果たして、両者の比較感想文も書いてみたいと思います。


昨日7回目の劇場鑑賞をしてきましたが、ネタが割れててもまったく飽きません。飽きないというのは私の個人的な感情で、「期待はずれだった」「劇場に行かなくて良かった」などという感想文も拝見しました。ななさんのお近くでは劇場公開されなかったということでとても残念でしたが、劇場でご覧になられていたらどのようなご感想をおもちになったか、それも伺いたかったです。

リウイエ、アップになると表情に半端ない力と美しさがありました。
浮世離れした、絵に描いたような悪役という記号に耐えうる、映画俳優としてのフォトジェニックさにも瞠目します。
そして同時に、彼はたんなるかわいこちゃん俳優ではない、ということが、この映画をスクリーンで観るという行為によって、非常によく理解できました。
藍宇に代表されるようないわゆる純情可憐な男の子イメージというのは、単に彼の個性とか持ち味のみならず、観察力と直感力と演技力を駆使して強固につくりあげられたものなのだということも、よくわかりました。わかった時点でもう一度『藍宇』に戻ると、「やっぱこいつ天才!」と思います。

『コネクテッド』、いろいろな意味で、自分にとって非常に収穫の大きかった映画でした。

ななさん、こんばんは~☆

わ、素敵な写真がたくさんですね(嬉)
この作品、「セルラー」を知らないだけにまっさらな気持ちで思い切り楽しんでしまいました。
さすが香港なカーアクションで、笑えてしまって。

リウ君、そのスタイルの良さ、スタイリッシュさが群を抜いてましたね!!
すらりとしてなんてかっこいいんでしょう。
ほんとモデルさんみたいですよね♪
気持ち悪くて不気味で、見るからに悪そう(とバレバレでいいのかしらんと思いつつ(^^ゞ)で冷酷で。
詰めの甘さも、麗しい死にっぷりも実に素敵でした。もともと演技派、やはり悪役もいけますね!
切ないまなざしを封印しての今回の役、さすがきちんとこなしてますよね。
ルイス・クー、もう少し若い頃の作品はけっこう見ているのですけど、ほとんど今と変わらないように見えます。
頼りがいのあるクールな弟分が多かった気もしますけど、香港明星なのでぶっこわれたコメディも素敵です(笑)
あの充電器を売る役者さん、なよなよと実に面白かったですね。
早くオリジナルも見たいです♪

ななさん、こんばんは。
この映画、まだ見ていませんが、黒ずくめのリウ・リエさん、
かっこいいですね~^^
中国のファッション雑誌で、モード系の服をカッコ良くキメテるのを見たときはサプライズでしたが、
こういうスタイリッシュな役、意外と似合いますね!
香港映画ということは、リウ・リエさん、広東語のセリフは本人の声?それとも吹き替えでしょうか?
この映画のオリジナルのことも全く知らないので、楽しめそうです^^
それと、何かと話題の「藍宇」が、なかなか見つかりません^^;

ななさん、こんばんは~。
私はオリジナルが大好きなのですが、このリメイク版も大満足でした。ハリウッド映画を香港映画でリメイクっていうのも珍しいですが、満足のいくリメイクっていうのも、これまた珍しいと思います。
最初は主人公のへなちょこぶりに「大丈夫か~?」と思ったのですが、じきに「いい人だ・・・」と思うように(笑)。
オリジナル版でウィリアム・H・メイシーが演じた飄々とした警察官は、香港版ではさすがというべきか、カンフーの達人でしたね(笑)。
エンドロールの名前の出し方は、オリジナル版を踏襲していて、そこにオリジナルへのオマージュが感じられて良かったです。

レッドさん こんばんは

ようやく観ることができました。
オリジナルと同じストーリーでも
舞台や演じる俳優さんがアジアだと
ここまで感じがかわるんだ~という楽しみ方もできて
リメイクものとしては大成功している作品だと思います。
それにこれは,ネタが割れててもやっぱり面白い,という類の物語だと思います。

ただ,ほんとうにオリジナルと大筋は同じなので
やはり先に観た作品の方に,
みなさん軍配を上げるのかもしれませんね。
このリメイク版を先にご覧になった方は
オリジナルの方をつまらなく思うかもしれません。

リウ・イエはまさしく「絵に描いたような」悪役で
ファッションモデルがちょっと犯罪をやってます,というか
そんな綺麗な格好,目立ちすぎてアカンやろ,とも思いましたが
(ジェイソン・ステイサムなんかただのジャンパー姿でしたもん)
あれだけ似合ってれば素晴らしいです。
やっぱりベレー帽は細面に似合うのね~と。
彼の出演作の中では「藍宇」に次いで好きなキャラクターになりました。
彼の出演作は作品としてはどうなの?というのもあるのですが
この「コネクテッド」は作品全体の完成度も高くて嬉しいですね。


武田さん こんばんは

先にご覧になった方が皆さん「いい!」とおっしゃってた作品なので
リウ君目当てでなくてもDVDチェックするつもりでしたが
よかったですね~~,リウ君の悪役~
観るまでは,リウ君,ヒロインを助ける役の方が
いいんじゃないの?なんて思ってましたが
いやいやいや,この悪役のリウ君,大正解でした。
グラサンかけるとほんとクール!黒いコートの似合うこと!
グラサン外すとお目々がやっぱり可愛らしいのですが
その分,演技力で凄みを出していましたね。
そこらへんはさすがです。ほんと,演技派なんですね。

>ルイス・クー、もう少し若い頃の作品はけっこう見ているのですけど、ほとんど今と変わらないように見えます。
わたしはこの作品のメガネ姿の彼が,時々「氷川●よし」に
見えてしかたなかったのですが・・・(笑)
でも,こんな素朴な感じの男性,私も食事に誘いたいわ~

充電器のシーン,オリジナルもなかなか売ってもらえなくて
主人公が銃をぶっ放すのは同じですが
香港版のような面白い店員さんはいなかったです。
あのシーン,店員さんもルイス・クーも
どちらも大好き!


ちーさん  こんばんは
もうDVDになってますから,ぜひご覧くださいませ。
お話自体もとってもおもしろくてオススメです。

>こういうスタイリッシュな役、意外と似合いますね!
私はスタイリッシュな服装の彼の作品,初めて観ましたわ~
あ,「天堂口」でも,洒落たスーツとか着ていましたが,「コネクテッド」のように群を抜いてスタイリッシュ,というわけではなく。それまでの彼って,ランニング姿とか,貧乏学生ルックとか,ジャージとか,郵便配達員のジャンパーとか・・・ばかりで,いや,そんな素朴系も似合うのだけど,やはり身長があるとスタイリッシュ系も着こなせますね。

>香港映画ということは、リウ・リエさん、広東語のセリフは本人の声?それとも吹き替えでしょうか?
本人が北京語(だと思う)でしゃべってたように思います。ヒロインの女優さんも,「大陸出身」という設定で北京語をしゃべっていたし,リウ・イエは「インターポール」なので英語もしゃべっていました。
「藍宇」はレンタル店には置いてないかも。ネットで買えますが,新作でなくても,中古にすればお安く手に入るかもしれません。これは彼の代表作なので,ぜひご覧になってくださいませ~(祈)

mayumiさん,こんばんは
これ,ご覧になっていたんですね~
そっか,オリジナルが大好きなら,これも観ますよね!
で,おっしゃるように,ハリウッド作品を
香港がリメイク,というのも珍しいし
どちらも成功している,というのも珍しいですね。
どちらも完成度は高いので
どちらが好きかは,観客の好みによるところでしょう。
私はどちらも作品としては甲乙つげかたく好きですね。

リメイク版の警官役の人は,
「エグザイル」にも出てた人ですね。味があるわ~

>エンドロールの名前の出し方
そうそう,あそこはオリジナルと同じでしたね。
オリジナルは「携帯の宣伝映画か?」と思うほど
電話そのものが前面に出ていたように思いますが
リメイク版はさすがに時代も変わり,
そこまでは感じられませんでしたが
エンドロールはオリジナルへのオマージュでしたね。


こんにちは♪
登場人物みんな、ず~っと走りっぱなしで、
観ているだけで息切れしてしまった感じでした。
カーアクションが長く、いつ終わるのかと思いつつ、
このまま最後までいってくれてもいいかな、とも。
全く飽きない、よく考えられたアクションだと思いました。

>リウ・イエって,これも含めて,ラストに死んじゃう役が多いような。
そう言われてみればそうですね。いやあ、思いもしなかったです。
悲劇的な結末さえ魅力的といえるでしょうか。
ファンの立場だとつらいでしょうが。

本当に楽しめる作品でしたね。

ななさん、こんばんは。
オリジナルに敬意を表しつつうまく香港映画にリメイクしていた作品でしたよね。
オリジナルと違ってうまく使ったな、と思ったのは「言葉」。
広東語と北京語の使いわけが実にうまく物語の伏線になっていましたよね。
ルイス・クーはある意味今香港で一番ひっぱりだこの俳優かもしれません。
主演作品の多さは半端ではないです。
器用な役者なんでしょうね。
ところで携帯ショップの店員役でタダモノではないオーラを放っていた彼もまたかなり売れっ子だそうです。
彼の主演作を観ましたがたしかにおもしろかったです。
ものすごく多才な人みたいですよ~。

ななさん、こんばんわ★
以前、藍宇の記事に死ぬほど感動した勢いでメールを送らせて頂いたものです(照)
いつかコメントしますと言っときながらだいぶ経ってしまいましたcoldsweats02

私もオリジナルの「セルラー」は未見だったので、
保持通話を初めて見たときは思いっきりハラハラドキドキ、
単純に笑って、楽しみました★
もちろん一番のお目当てはリウくんでしたが、
もっのすご~く切羽詰ってるはずなのに、
ちょいちょい抜けた演技を織り交ぜてくるルイスが
可笑しくて仕方なかったです^^

そして例の携帯屋さん!
演じている王祖藍さんをググってみますと、
香港では司会や声優もしてらっしゃる方のようですね。
LOVERSではなんと金城武演じる金随風の吹き替えを!(byウィキペ)
是非ともLOVERSを広東語版で観てみたいです~

リウくんはもう、皆さんが書いてらっしゃるとおりで(笑)
公開前に、サングラスを取ったキラキラおめめの画像を見た時は、
「い・・いいからサングラスかけときなさい!(汗)」
とちょっと心配しましたが・・・
実際観てみるとなんの、心配無用でしたね。
改めて彼のスキルの高さを実感しました。
この調子でどんどん新しいリウ・イエを見せて欲しいです★

孔雀の森さん こんばんは!

>カーアクションが長く、いつ終わるのかと思いつつ、
>このまま最後までいってくれてもいいかな、とも。
オリジナルより,こっちが長く,
そしてしつこかったような気がしますが
香港らしくて,派手で,とってもおもしろかったです。

リウ・イエは「善人」役のときは悲劇のひとっぽく
「悪人」役のときは
そりゃ悪役だから勧善懲悪のために
死んじゃうことが多いですね。
ファンとしては,そんなのも含めて好きなんですが
それでも彼が退場しちゃうと,
もう後は観る気がしなくなっちゃう・・・。(苦笑)

sabunoriさん,こんばんは

ほんと,オリジナルに敬意を払ってうまくリメイクしてましたね。
監督さんの手腕に感心しました。
広東語と北京語の違い,香港ならではの設定ですね。

ルイス・クーさんのこと
恥ずかしながら全く知らなかったのですが
この俳優さんは
いくつもの引き出しを持った名優さんなんだなぁ,と思いました。

携帯電話の店員さんの彼,そんな売れっ子なんですか~
そういえばただのチョイ役でとは違うオーラがありました。
彼の主演作もちょっと観てみたい気がしますね。

Falさん こんばんは,そしていらっしゃいませnew

「藍宇」ファンのFalさんに
初コメントに来ていただいて,とっても嬉しいです。
私もこれはリウ・イエが出てなかったらスルーしたかも・・・なんですが
おっしゃるように,ルイスやあの携帯屋の彼や
ニック・チョンや,みなさんとっても魅力的で
オリジナルも大好きなんですが
こちらも観て大正解だったなぁ~と。

そしてお目当てのリウ君は予想以上に素敵で・・・
いやもう,「藍宇」の頃のノリで,リウ「君」なんて
ボクチャン扱いしては怖れ多いのではないかと・・・。
溺愛してた息子にいつの間にか巣立たれた母のような
嬉し寂しい複雑な心境でございます。

>サングラスを取ったキラキラおめめの画像を見た時は、
>「い・・いいからサングラスかけときなさい!(汗)」
>とちょっと心配しましたが・・・
爆笑!ほんとにそうですね!
目が・・・目がラブリーすぎる!あのまつ毛のせいだけど。
でも,彼の眼の表現力というのは,やはり流石で
グラサン取ったときはあの目で凄みを出していて
心底背筋が凍りました。(まつ毛さえなければもっと完璧)

今度は「南京!南京!」でしょうか。
引き続き,日本でも目にすることができる大作に
チャレンジしてほしいです。

こんにちは! お久しぶりです。
ご覧になったんですね。

これ最近の香港映画(中国映画?)の中でもかなり好きな方です。
ハチャメチャなカーアクションが好きですね。
リウ・イエも、こういう役結構似合ってますよね。 バービー・スーは綺麗ですし~

rose_chocolatさん
こちらこそお久しぶりで嬉しいです♪
たくさんTBありがとうございました~

これはリメイクとはいえ,よくできていましたね。
オリジナルに対する敬意もちゃんと感じられ
なおかつ香港映画らしさもちゃんと盛り込んで
理想的なリメイクになっていたと思います。

リウ・イエはこの役で見事に
どんなタイプの役でもこなせる名優としての
評価を確実なものとしたと思います!

これぞエンタメって感じでした。

香港の地形を生かしたカ―アクション、
中国圏の言葉の違いを取り入れたサスペンス、
あのラストの
「二人の間にロマンスが生まれる予感」に至るまで、
ほんとうに見事な脚色。
ハリウッド以上にゴージャスでありながら、
決して大味ではない。
リメイクはかくあるべしですよね。

えいさん こんばんは

>香港の地形を生かしたカ―アクション、
あの,草原の斜面をパトカーがたくさん
もんどりうって転げながら追いかけてくるシーンは
大笑いしてしまいました~

あれだけの冒険をしても死なない主人公が
弱いくせに限りなく不死身,というのもウケました。

オリジナルの本筋にはきっちり忠実でありながら
新たな魅力も満載の本作。
まさにリメイクのお手本と言える出来で
他のリメイクものも見習ってもらいたいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/33453018

この記事へのトラックバック一覧です: コネクテッド(保持通話):

» a babyface heel ──『コネクテッド/保持通話』 [蛇果─hebiichigo─]
こんなとこまで作っておいてなにを今さらですが『藍宇』からこっち、大幅に自分の人生ってもんが狂いまして。 「胡軍さんたまんないですよまつり2009」ばかりか「劉燁にもえじにましたまつり2009」までも同時開催という、まじ身のもたない事態が続いております。 6月7月が呆れたレンタル人生だった旨は前述しましたが、作品を観りゃあ観るほど、どうしてこのおそるべき才能をここまで知らずに生きてきたんだ俺ってやつは、ばかばかばかやろう!!と壁に頭をぶつけて死にたくなるくらい、己の盆暗ぶりが呪わしくなりま... [続きを読む]

» 「コネクテッド」 [It's a wonderful cinema]
 2008年/香港・中国  監督/ベニー・チャン  出演/ルイス・クー      バービー・スー      ニック・チョン  オリジナルの「セルラー」は大好きな作品。その年に公開された作品の中で一番好きでした。そして、その「セルラー」をリメイクしたのがこの「コネクテッド」。ハリウッド映画を香港映画がリメイクするのは初めてだそうです。  ロボット設計士でシングルマザーのグレイスは、娘を学校に送り届けた帰り道に見知らぬ男達に誘拐、監禁される。彼女は壊された電話機を修復し、助けを求める... [続きを読む]

» コネクテッド [だらだら無気力ブログ]
アメリカのサスペンス映画『セルラー』を『インビジブル・ターゲット』や 『プロジェクトBB』のベニー・チャン監督が香港映画としてリメイク。 誘拐された見知らぬ女性からの電話を偶然受けてしまった主人公が、通話 だけを頼りに女性の窮地を救おうとして事件に巻き込まれ..... [続きを読む]

» コネクテッド [夢の国・亞洲文化宮]
 2008年/香港・中国/1時間50分(劇場で鑑賞)  監 督  陳木勝(ベニー・チャン)・袁錦麟(アラン・ユエン)  原 題  保持通話/ CONNECTE... [続きを読む]

» 保持通話(Connected) [龍眼日記 Longan Diary]
見知らぬ女性からかかった1本の電話。 「お願い切らないで!この電話が切れたら私は殺されてしまう・・・」 そう涙声で言われたらあなたならどうする? 2005年公開のアメリカ映画「セルラー」はB級感漂うお気に入りのサスペンス作品。 それを香港初のリメイク作品として製作したのが「保持通話(Connected)」だ。 オリジナルでストーリーのおもしろさはすでに保証済みなので あれをどうやって香港映画にアレンジするのかが興味津々だった。 で、結論はというと。 陳木勝(ベニー・チャン... [続きを読む]

» 『コネクテッド』 (2008)/香港・中国 [NiceOne!!]
原題:保持通話/CONNECTED監督:ベニー・チャン原案:ラリー・コーエン出演:ルイス・クー、バービー・スー、ニック・チョン、リウ・イエ試写会場 : ブロードメディア・スタジオ試写室公式サイトはこちら。<Story>ロボット設計士のグレイス(バービー・スー)は...... [続きを読む]

» 『コネクテッド』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----あ、あぶニャい。あぶニャい。 どんなときでも 「シネマのすき間」で話す映画は、 火曜日中にアップというのを決めていたのに、 もう、あと一時間で日付が変わっちゃう。 ということで説明は簡単に…。 今日の映画『コネクテッド』というのは、 キム・ベイジンガー主演『セルラー』のリメイク。 ハリウッド映画を中国・香港合作で作り直すなんて、 その逆はよくあるけど、とても珍しいことなんだとか。 香港の坂のある風景をいかしたカー・アクション、 オリジナル製作時からさらに進歩した携帯の機能、 それに、ヒロイ... [続きを読む]

» mini review 10448「コネクテッド」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
ハリウッドで製作されたデヴィッド・R・エリス監督作『セルラー』を、『香港国際警察/NEW POLICE STORY』のベニー・チャン監督が香港でリメイクした手に汗握るサスペンス・アクション。見知らぬ女からの電話を受けてある重大な事件に巻き込まれるさえない中年を『エレクション』のルイス・クー、監禁されるシングルマザーを人気テレビドラマ「流星花園 〜花より男子〜」シリーズのバービィー・スーが熱演。香港の雑踏を駆け抜けるカー・アクションや、悲哀が混じる親子愛など、最後まで存分に楽しませてくれる。[もっと詳... [続きを読む]

» コネクテッド (保持通話) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベニー・チャン 主演 ルイス・クー 2008年 香港/中国映画 110分 アクション 採点★★★★ 振り返ってみれば、今まで誰かに「助けてください!」って助けを求められた事がないですねぇ。まぁ、「助けてください!」って言った事もないですが。TVや映画では…... [続きを読む]

« ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ | トップページ | 猫の春 »