MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2009年度マイベスト | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2009年12月30日 (水)

母なる証明

Main_717506_2
凄い作品だ。(韓国映画の場合,開口一番は,この言葉しか出てこないことが多い。)あらゆる予想を覆す衝撃の展開と,見方によっては複数の解釈を許す描き方は,見終わった後に強烈な余韻を残し,場面場面での母と息子の表情が繰り返し脳裏に浮かんで消えなかった。

danger完全ネタばれ記事です。未見の方はご注意ください。

薬草店で生計をたてている母と,知的障害のあるひとり息子トジュン。息子の障害のゆえか,それとも母ひとり子ひとりという家族構成のためか,母の息子に対する愛情や干渉は,少し異常か?と思えるほどに強い。そしてそんなある日,二人の住む町で,女子高校生が撲殺されるという事件が起き,トジュンは容疑者として拘留される。母は全力を尽くして息子の無実を証明するために奔走するのだが・・・・。
091002_hahanaru_sub2
母親が息子の冤罪を晴らすサスペンスものと思いきや,そんな生易しい物語ではなかった。母の愛の強さとともに,その恐ろしさや狂気,エゴを正面から見据えて見事に描き切った作品。母性の持つ自己犠牲の崇高さと,それと相反する,自己中心的な醜さ。そのどちらの面も,容赦なく陽のもとにさらけ出され,鑑賞後はあまりにも強烈な余韻に言葉を失う。母とはなんと強く,そして哀しいものなのか・・・・。

物語が進んでいくにつれて,観客が大きな衝撃を受ける場面が少なくとも二つある。ひとつは,トジュンの障害が,母親のせいであるという事実。5歳のトジュンと無理心中を図った母が飲ませた農薬入りの栄養ドリンクがもとで,トジュンは障害を負う身になったらしい。まるで瞬間健忘症のように,何もかもすぐに忘れてしまい,何かのきっかけでひょっこり記憶がよみがえることもあるトジュンが,面会室のなかで,「母さん,俺を殺そうとしただろ?」と聞くシーンの恐ろしさと哀しさ。
334058_002
そして,もうひとつの衝撃は,実はトジュンが事件の真犯人だった,ということがわかるシーン。目撃者の廃品回収業の老人の話を聞いた母親は,とっさにその老人を手にかけてしまう。そして証拠隠滅のために老人の小屋に火を放つ。

息子のためならどんなことでもやってのける母親という生き物・・・・。目撃者を消し,新たに逮捕された容疑者が天涯孤独の障害者の青年であることを知ると,良心の呵責を覚えながらもやはり安堵の涙を流す母親。人としての道を踏み外すことも厭わないほどの彼女の母性は,美しい,というレベルではなく,やはり恐ろしいと形容した方がぴったりくる。

そして,母親の行為にもまして,鑑賞後にじんわりと鳥肌がたつくらい怖かったのが,トジュンの真実。これには二通りの解釈ができる,というところが怖い。

一体トジュンはどこまで本当に無垢なのか?
091002_hahanaru_sub7
殺人は故意にやったことではないとしても,そして当初はそれを本当に忘れていて,無実を主張していたとしても,実は彼は途中から記憶が蘇ってきていたのではないか?自分が犯人であることを思い出した時にわざと黙っていて,彼は上手く母親を操ったのではなかったか?

5歳の時の出来事を思い出したときに感じた,母親への憎悪。自分を一度殺そうとした母の愛情を試すために,トジュンは目撃者の老人の話を持ち出して,母親が彼を消すことを期待してはいなかったか?母親の無理心中事件の後遺症で自分がこんな障害を持ってしまったことに対する,償いを母に求めていなかったか?

そしてトジュンの思惑どおりに,母親はその行いで自分の母性を証明してみせたのではなかったか?だからこそ,彼はわざと釈放後にあの老人の家の焼け跡に行き,無邪気そうな顔をして,母の遺留品をこっそり持ち帰り,後に母にそれを渡して,彼女の犯行を知っていることを暗に伝えたのではなかったか?

食卓でトジュンが母に語った「犯人が屋上に遺体を運んだ理由」。あれは一見,犯人の気持ちを想像して言ってるように聞こえるが,その実,真実を知っている母親に,トジュン自身が犯行を犯したときの心境の説明をしているかのようにも思えた。彼はそれをすべてわかって言っているのだとも感じた。

トジュンを演じたウォンビンの,みごとに弛緩した表情・・・その感情を消したまなざしは,どんな風にも取れて,余計に想像が膨らむのだ。
090501_mother_main
と,このようにどこまでも負の想像ができてしまう,この作品の見せ方には,恐るべしとしか言いようがない。母親と子供の間の絆や愛情という,本来なら,理屈抜きに崇高で普遍的で美しく語られるべきものを,このように描かれると,まるで底知れない闇を覗きこむような気持ちになる。そう,それがありえない話ではないと思えるから余計に。

それに,トジュンの真実がどちらであっても,母親の苦悩は同じくらい深刻だ。もし上記の想像が当たっていれば,母親はこれまでひたすら無垢だと信じて庇護してきた息子の中にまったく違った人間を見ることになり,信頼関係もこれまでのようにはいかなくなるだろう。

そしてまた,上記の想像が全く当たってなくて,あくまでもトジュンは無垢であり,自分のしたことを忘れていて無実だと思い込んでいたとしても,彼がいつ本当のことを思い出して喋りだすかもしれない恐怖と,母はこれからずっと闘い続けることになるだろう。

そう,どちらにしても,母親は忘却のツボに自ら鍼を打ち,すべてを忘れて踊るしかなかったのだ・・・・。息子の罪も,自分の罪も記憶の中から消し去って,これからも息子を護って生きていくしかない。そしてもしかしたら,彼女はそれをそんなに不幸と感じるわけでもなく,母親というものは,そんな道でも腹を括って潔く受け入れてしまうものなのかもしれない。特にこの物語の母親は,トジュンを見捨てることだけは,これからも決してできないに違いない。愛情ゆえ・・・・という理由だけでなく,「共犯者」としても。

おしまいに・・・。
Img_8814_large
劇中では粗末な服をだらしなく着て,しじゅうトロンとした表情だったウォンビン。ご本人はやっぱりこんなにも麗しくて。それにしても,彼がここまで演技派とは思わなかった。素晴らしい復帰作に惜しみない拍手を贈りたい。

韓国映画の描く負の世界はすさまじい
その見せ方は,オブラートにも包まず,目を背けることも許さない容赦のなさがあり,それでも作品が傑作となるのは,おそらくそこに描かれる負の世界に,誰もが人間として共感できる部分があるからだろう。特にこれまで韓国の辿ってきた過酷な歴史を思うと,韓国の人たちはおぞましいもの,過酷なものをも,しっかりと直視したり,伝えたりできる強さがあるように思えてならない。・・・・日本人にはまだまだ理解ができない部分ではあるが。

« 2009年度マイベスト | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

こういうフィルターをかけない容赦のなさは、観るべき人に、
‘’あなたは大人ですか?‘’と意地悪な投げかけをしているように感じますね。
私たちが今まで、映画でみてきた世界のヒューマニズムは最終的にはハッピーエンド型でしけど・・・。
韓国映画の、裏側のヒューマニズムに毎度、たじろいてしまいます。『母なる証明』の後に『殺人の追憶』を再見しましたが、その上手さにも改めて驚きを隠せませんでした。
こういう切り口での映画を撮らせれば韓国は間違いなくナンバー1だと思いますね。

※ ポンジュノやパクチャヌク、イチャンドン(8年間国語の教師をしていて、作家になり、国の観光大臣になっていました)
には、もっと映画を撮ってもらいたいですね。
ナ・ホンジンにもですが ・・・

では、来年もよろしくお願いします!


みちしるべさん さっそくのコメントありがとうございます。

>こういうフィルターをかけない容赦のなさは、観るべき人に、
>‘’あなたは大人ですか?‘’と
>意地悪な投げかけをしているように感じますね。
そうなんですよね~
そして,このような映画がすんなりと受け入れられ
ヒットしてしまう韓国・・・ましてや
このような作品を撮れる監督さんや
演じることができる俳優さんがゴロゴロいらっしゃる韓国。
もしかしたらわれわれ日本より
ずっと大人の国なのかもしれません。

ハッピーエンドはハッピーエンドで好きですが
そして映画はそういう幸福な世界を
見せる使命も負っていると思いますが
私はもう一段階進んで,バッドエンドが好きですね~
人間を「性善説」では捉えずに
「性悪説」で捉えるタイプなのかもしれません。
だからといって人間に絶望しているわけではなくて
そういった負の面も
しっかりと受け止めたいと思う自分がおります。

>こういう切り口での映画を撮らせれば
>韓国は間違いなくナンバー1だと思いますね
同感です。
このジャンルは,邦画はもちろんのこと
ハリウッド作品も韓国の足元にも及ばないかもしれません。


こんにちは!
これって評判いいよね。
観にいこうかなと思ったけど、こちらでは上映終了してました。
ウォンビンはひさびさの映画だったっけ。
DVDになったら、ぜひみたいと思います。

1年どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いしますねー。
1月はヒースに会えるね〜

わーい!感想アップされましたね~(^▽^)

>母親の無理心中事件の後遺症で自分がこんな障害を持ってしまったことに対する,償いを母に求めていなかったか?
そしてトジュンの思惑どおりに,母親はその行いで自分の母性を証明してみせたのではなかったか?

ぬお~~~!!ななさんっ、すごい!
まさに「母なる証明」のタイトル、ずばりだわ・・・。
今まで、このタイトルにガツン~と来る解説というか・・は読んだことがなかったんだけれど、今日ななさんの上の部分を読んで、まさにピター!っと来るものを感じました。
いやはや・・・すごい映画ですよね・・・。
でも、ぼ~っと見てしまったら、そういう部分まで、気がつかずに見てしまうかもしれない。さっすがです~☆

ウォンビンと堺さんって、私の中では、少し同じ位置にいる俳優さんなんです。2人ともニコニコして穏やかだけど、実はすごく怖い部分もちらっと見せられる処が好きです!

PS 映画の情報ありがとうー!
まず先に「ウォーロード」、見てみようと思います。

http://latifa.blog10.fc2.com/blog-entry-820.html

アイマックさん こんばんは!

年末のご挨拶にお伺いしようと思ってたら
先を越されてしまいました~
今年はマイケル追悼の年でしたね。
「母なる証明」を観に行ったら
そこの劇場で「THIS IS IT」をアンコール上映するらしくて
予告を観たらすごく観たくなったのだけど
レイトショーだったので断念しました。
DVDになったら絶対観ます。

この「母なる~」は重くて深いけどオススメ!
鑑賞後の気分は感動と言うよりはどんより,もやもや・・なんですが
ウォンビンさん,日本のキ●タ●にそっくりなんだけど
演技力は大人と子供くらいの差があるんだなって
今回つくづくと感心しました。

今年1年ありがとうー
来年もよろしくね!

latifaさん こんにちは!

これの感想は書きにくかった~
書きたいことがまとまらなくて。
「母なる証明」って意味深な邦題ですよね。
原題はたしか「マザー」だけだったもんね。
母親はいったいどこまで子供のためにできるか?ということを
屈折したかたちで見せてくれたような気がします。

トジュンにしてみれば
一度自分を殺そうとした母親が
今度はどこまで自分を救おうと行動してくれるか
それを試したいという気持ちもあったかも。
というのは深読みのしすぎかもしれませんが。
そして母の方はその「負い目」ゆえに
どんなことでもしなければという意識は
日ごろから強烈にあったのでは?と思います。
子供が母に求めることができるものと
母が子供に与えることができるものの限界は
よいものでも悪いものでも
普通の人間関係とは全く違う濃さや業のようなものがありますね。

ウォンビンさんと堺さん,
下から2番目の画像なんか,堺さんにも似てる~

ウォーロード,また感想を楽しみにしております。

ななさん、こんばんは♪
本作、地元では上映されなかったのですが
DVDで絶対に観たいです!!
なので、画だけじっくり拝見させていただきました^^
映画の方のウォンビン君は、『ブラザーフッド』がお初でしたが、
こちらは又、ガラッと印象の違う役柄ですね~
そして最後の画像がまたまたガラッと美しい!
ななさんのマイベスト2だし、観るのが楽しみです。

2010年まで、あと1時間を切ってしまいましたね・・・
今年もお世話になりました。
ななさんと色んなお喋りが出来て楽しかったです。
そして温かい励ましの言葉も本当に嬉しかったです。
改めまして、明日からも宜しくお願いします。
良いお年を~shine

Anyさん こんばんは

今ちょうど,除夜の鐘が鳴り始めたところです。
家がお寺のすぐ近くなので毎年よく聞こえます・・・
というか,うるさくて寝れないくらいです。

この作品,オススメです。
ウォンビンさんも素晴らしかったけど
主役の母親役の女優さんの演技も凄かったです。
ウォンビンさんは私はたしか「秋の童話」が初見だったけど
今作では完全にイケメン俳優ではなくて演技派俳優でした。
一番下の画像はインタビュー時のウォンビンさんですが
作品中の彼とまったく違う美しさなので
吃驚していた記者さんもいたそうです。

年越しの最後に挨拶にきていただいてありがとう~
2010年,いい年にしましょうね!

コメントとTBをありがとうございました。
年が明けてしまいました。本年もよろしくお願いします。

韓国映画といえば、
これまで軽いコメディ映画の印象が強かったのですが、
なんか肝の据わった作りの映画に驚かされました。
「グエムル」の監督と聞きましたが、
過去の作品も機会があったら観てみたいものです。

ウォンビンも小鹿のような表情を好演していましたね。
うちの妻は既に詳しいのですが、
これからは韓流にも守備範囲を広げて見ていかないと。

こんにちは。昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いしますー。

この映画ですが、私は寺脇研さんが猛プッシュしているのを読んで観に行ったのですが...いやぁ、良かったです。ハラハラドキドキのエンタメ的要素もありながら、しかし観客の心に確実に観賞後に残るものを刻印していく、すごい作品でした。ボン・ジュノ監督の作品はこれが初めてだったのですが、他の作品も観なくては!という気持ちを強く持ちました。

クラムさん こんばんは!

韓国映画は,甘ったるいものやコミカルなものもありますが
シリアスもののレベルも非常に高いです。

>肝の据わった作りの映画に驚かされました。
これもまた国民性なのでしょうね。
肝が据わって当たり前のような
辛酸をなめてきた民族だからでしょうか?

奥さまは韓流スターのファンなのですか?
わたしもイ・ビョンホンさんとか大好きです。

ポン・ジュノ監督の作品,
一押しはやっぱり「殺人の追憶」ですよ!

マサルさん こんばんは!
そしてあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ポン・ジュノ監督の久々の作品ということで
ファンは皆待っていた作品です。
かく言うわたしも,「殺人の追憶」以来
この監督からら目が離せません。
「グエムル」は賛否両論なんですが
私は大好きな作品です。
でもまあ,最初にご覧になるのなら
やはり「殺人の追憶」を強くお勧めします。
ソン・ガンホの演技がすごいですよ。

ななさんの深い感想を読んで「う~~ん」とうなっています。
私はトジュンが母を試したとまでは思わなかったけれど
本能的に色々なことを察知していたと感じました。
それが「無垢」というもののような気がする。
「無垢」は時に優しくはなく、残酷なものだと・・・・。

ななさんのおっしゃる通り
韓国の「負」を描く鋭さはすごいですよね。
日本の、言葉にはせず全てを受け入れ
全てを風の中に流していくような感覚はあまりないです。
ここが日本人には怖いけれど、
でもまた観てしまう、韓国映画^^;

「母」と言っても聖なるものではなく、人間である以上
「業」というものがある思う。
それが重いけれど、だから人間なんですよね~。
あの躍りでの表現は素晴らしかったですね。

韓国映画の負のパワーって尋常ではないですね〜
役者さんも素晴らしい方がたくさんいてビックリです。
ウォンビンの演技を観たのはたぶん初めてですが、
ハンサムなだけじゃない演技派なんですねぇ。
母が「秋の童話」っていうウォンビンが出てる韓流ドラマが
大好きらしいんだけど、観てみようかしら?
母役キムヘジャも凄かったけど
ジンテ役の人も良かったですよね。

虹子さん こんにちは!

いやいや,虹子さんのレビューも深いですよ~
きっと10人が鑑賞すれば10通りの解釈を許すところが
この映画のすごいところでもあり
魅力でもあるのでしょう。
ちょっと悪酔いしそうな魅力ですけど・・・・

私はかなり人が悪い・・・というか
人間の恐ろしさを描いた作品が好きなので
トジュンについても,一番人の悪い解釈をして
鳥肌をたてておりますが
虹子さんのおっしゃることもなるほど~です。
>「無垢」は時に優しくはなく、残酷なものだと・・・・。
そうですね。ある意味,相手を一番気遣わないのが
「無垢」だと言えるかもしれませんし。

>日本の、言葉にはせず全てを受け入れ
>全てを風の中に流していくような感覚はあまりないです。
よく似た顔をしていても
韓国人と日本人って感性がまるっきり違う,と感じるのは
そのせいかもしれませんね。
デリケートで温和な日本人としては
韓国のそういうメンタルな面に辟易したり
あまりにもストレートで容赦のない感情表現に
かえって痛快感を覚えたり・・・・
わたしは後者です。だから韓国映画が好きなのかも。


kenkoさん こんにちは!

そうですか,ウォンビンさん初見でしたか~
>ハンサムなだけじゃない演技派なんですねぇ。
イケメンもそうでない人も
だれでも素晴らしい演技ができる俳優さんぞろい,というのが
韓国の凄いところかも。

「秋の童話」いいですよ~
ドラマものは気合が続かず,最後まで見通せない私が
何度でも観れるドラマのひとつが「秋の童話」です。
ウォンビンは金持ちの御曹司でプレイボーイで
ヒロインに片想いして献身的に尽くす役ですが
トジュンとはまるっきり違うタイプで
こういう彼もまたオススメです。

>ジンテ役の人も良かったですよね。
わたしはこの俳優さん初見でしたが
ワイルドな感じでよかったですね。
原作ではもっと小悪党らしいですが
映画ではちょうどよい具合で味のあるカッコよさでした。


ななさん、こんばんは!

スゴい作品でしたよね。
まさにそう言うしかない印象でした。
愛情と憎悪という相反する思いがその両者を区別できないほどにぐちゃりと混じっているこの感じ。
映画自体が物理的力を持っているような圧迫感がありましたよね。
さすがポン・ジュノ監督です。

こんばんは♪
ななさんの推理、興味深く拝見しました。なるほど~そういう
解釈もあるのだなあと、とても面白かったです。
母があの老人を消してくれるのでは?というトジュンの思惑。
確かにそうかも!と思えます。
この作品は、おっしゃるようにいくつもの解釈が可能で、
いずれも間違いではないと思います。
こんなことをさせる監督、ただものではありませんね。
ななさんが昨年のベストテンに入れた理由が、すごくよくわかりました。
私は思うことが多すぎて収拾のつかないレビューとなってしまいました。

はらやんさん こんばんは!

ほんとおっしゃるとおり,凄い作品。
その魅力というか魔力は,ひとことでは説明できないです。

>愛情と憎悪という相反する思いが
>その両者を区別できないほどにぐちゃりと混じっている
>この感じ。
そうそう,それですよね~,うまいことおっしゃるわ。
韓国映画にハマると,この重苦しさがクセになったりします。
どんな感情であれ,濃いんですよね~。韓国の人情は。


孔雀の森さん こんばんは!

>この作品は、おっしゃるようにいくつもの解釈が可能で、
>いずれも間違いではないと思います。
そこがまたこの作品の奥深いところで
鑑賞者は自分の価値観や体験にも照らして
悶々と考え続けることにもなるわけで。
考えるテーマが「人間」という
これまたよくも悪くも
無限の可能性をもった生き物であるだけに
どのような解釈もできてしまう面白さというか
恐ろしさがありますね。
私はいろいろ考えた中でも
一番「コワい解釈」に落ち着きました。
こういう筋書きもありかなって。
なんか人間不信になりそうな解釈ですが・・・・・。

孔雀の森さんの感想も楽しみです~


ななさん、こんばんは。先日ようやく見てきました
ななさんの感想、興味深く読ませていただきました。なるほど、幾通りもの見方ができるんだな、と

わたし個人としてはポン・ジュノ氏はどうしても「お笑い作家」というイメージがぬぐえないんですけどねcoldsweats01
「二度とくるな」といってそんなに経ってないのに、すぐ「お母さんを呼んでー」というところも、なかなかに笑えました

この少し前に『殺人の追憶』を予習で見たのですが、幾つか重なる部分があって、これまた興味深かったです。あの作品の容疑者とトジュン、二人とも可愛い顔をしているせいか、なんとなくかぶるものがあるんですよね

SGAさん こんばんは
ようやく劇場でご覧になれたのですね~
(しかしまだ公開されてるんですね。
はやくDVDリリースしてくれ~)
でも,なかなか見ごたえのある作品でしたでしょ?
ずっしりと,こってりと。

>ポン・ジュノ氏はどうしても「お笑い作家」というイメージがぬぐえないんですけどね
それは「グエムル~」のせいかなぁ。
お笑いに見せかけて,
実は深いとこ突いてきていますよ,この監督さん。
「殺人の追憶」とは確かに被るものがありますね。
ロングショットとか,結局解釈を観客に委ねるところとか
そうそう,最有力容疑者は
優しそうなイケメンでした,あの作品でも。
知的障害者が出てくるのも似ていますが
悪い意味ではないと思います・・・。


こんにちは。
今更ながら、この作品を観ました。
凄い
凄い。
まさに、この言葉がピタリと当てはまります。

未だに、この衝撃をうまくまとめれません。
近日中にブログに記事をアップします。
それまでには、心の整理をしなくては・・・

亮さん こんばんは

ご覧になりましたか,というか
まだ劇場でやってるんですか,これ!
凄い,としか言いようが無い気持ち,わかります。
わたしも感想をまとめるために
劇場に再度足を運んだくらいですもの。
初見時は茫然自失状態になりますよね。

亮さんの感想楽しみにしていますね。

ななさん、こんにちは。
母と子の心理が詳細に書いてあったので、自分の中で色々補完ができました。
特に、トジュンが実は事件を覚えていて、母親にかつての償いをさせた、という点は気づきませんでした。
でもその通りですね。
無垢を装って(どこまで本当に覚えていなかったかは境界がむずかしいですが…)確信犯的な役を演じたウォンビンは素晴らしかったですね。
それ以上に母親役の人は印象に強く残りました。
劇場に観に行くべきでした~!

リュカさん こんばんは

>トジュンが実は事件を覚えていて、
>母親にかつての償いをさせた、という点は気づきませんでした。
これはかなり人の悪い解釈なんですが
こういう見方もできる,と気づいてからは
なんだかぞっとしてしまいましたよ。
観客にこういう解釈を許す監督もスゴイし
もちろんウォンビンのこれまでのイメージを覆すような
演技力も素晴らしい!
そしてあの,母親役の女優さん!
韓国ってホント名優(と名監督)ぞろいだなぁと
唸らされた作品の一つです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/32676956

この記事へのトラックバック一覧です: 母なる証明:

» ネタバレ「母なる証明」 脚本(原案)読んで解った事! [ポコアポコヤ 映画倉庫]
完全ネタバレしているので、未見の方は要注意です!! [続きを読む]

» 「母なる証明」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
この力は国民性か、はたまた・・・。冒頭、主役の「母」が野原の真ん中で踊り始める展開にまず圧倒された。これは何を表しているんだ?「スペル」のばーさんとは方向性が違うが、この母の持つインパクトはすごい。しかし本作に当初抱いていた印象とどうも違うことが時間を経...... [続きを読む]

» 「母なる証明」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                              「母なる証明」 新宿バルト9にて。 平日の昼間だというのに、何であんなに混んでいたのでせうか・・・? 13時の上映に余裕で間に合ったのに、座席がほぼ満席・・(T_T)。 最前列はイヤだったので、しぶしぶ次の回の座席を予約・・。 おそらくこの混み具合は、「This Is It」の波及効果だと思われますな。 しかたなく新宿をぶらついた私でした・・。 それはさておき、「母なる証明」。韓国映画であります。 「チェイサー」といい、最近の... [続きを読む]

» 母なる証明 [Men @ Work]
2009年の韓国映画、「母なる証明」(監督:ポン・ジュノ)です。シネマライズで鑑賞しました。 この作品、先日お会いして少し隣で呑んだ寺脇研さんが絶賛されているのをブログ記事で読んで(とは言っても、読んだのは一言コメントだけですが)モーレツに観たくなり、一緒に行く友人を強引に説得して(笑)行ってきた次第です。ええ、そこまでした価値がありましたね。あまりにも素晴らしい作品でした。 上映中、日本なら「モンスターペアレント」と揶揄されてしまいそうなトジュンの母親・ヘジャの行動の数々に、「自分の母ならどう振... [続きを読む]

» 『母なる証明』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
『母なる証明』.....2009年作品 【韓題...../英題.....Mother】 キムヘジャ/ウォンビン/チング他共演 junsanga的評価 ★★★★☆(4つ。なかなかでした...) 【1】2010年映画鑑賞初めにこの作品にしました。分野としてはミステリーになるのかな? ....... [続きを読む]

» 母なる証明 [C note]
『殺人の追憶』『グエムル』のポン・ジュノ監督最新作。 またも業の深すぎる韓国映画 [続きを読む]

» 母なる証明 [風に吹かれて]
母の行動に あなたのジャッジは?公式サイト http://www.hahanaru.jp  監督:  [続きを読む]

» 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 [はらやんの映画徒然草]
ミステリーとして、そして人間ドラマとして第一級の作品として仕上がっています。 ミ [続きを読む]

» ダンサー・イン・ザ・カンコク ポン・ジュノ 『母なる証明』 [SGA屋物語紹介所]
このタイトルってやっぱり『人間の証明』から取ったのでしょうか。お母さん、ボクのア [続きを読む]

» 母なる証明 [菫色映画]
母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]2009年 韓国 監督:ポン・ジュノ 出演:キム・ヘジャ    ウォンビン    チン・グ    ユン・ジェムン    チョン・ミソンby G-Tools 母なる大地のダンス ネタバレ有りです。 ファーストシーン、....... [続きを読む]

» 【映画】母なる証明 [★紅茶屋ロンド★]
<母なる証明 を観ました> 原題:Mother 製作:2009年韓国 ランキング参加中 「グエムル」の監督、ポン・ジュノが手がけるサスペンス。 韓国の国民的人気女優のキム・ヘジャとウォンビンが親子を演じることでも話題となった作品。 ある女子高生が殺害された。その容疑に、貧しく暮らす母子家庭の息子が警察に犯人として拘束されてしまう。息子の無実を信じる母親は、たった一人で事件の真相の探り出すのだが… 予告を見た限りだと、サスペンスとは感じにくく、ちょっと暗い雰囲気の映画だなぁという印象を持っ... [続きを読む]

« 2009年度マイベスト | トップページ | あけましておめでとうございます。 »