MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ココ・アヴァン・シャネル | トップページ | 好きなシーン-胡軍- »

2009年10月 3日 (土)

天使の涙

Cap123_2
ウォン・カーウァイ監督の,摩訶不思議で非常に美しい魅力に溢れた作品。一度観ただけで大好きになった。エキゾチックなお酒に酔ったような快感が得られる。・・・・なんで今まで観なかったんだろう,これ。

物語の舞台は終始一貫して夜の香港。絡み合う,風変りで個性的な登場人物たち。そろそろこの仕事も潮時だと思っている殺し屋と,彼のパートナーである美人エージェント。殺し屋と付き合う金髪娘。口のきけない何でも屋の青年モーと,彼が恋するヒステリックな失恋娘。

Cap101
この作品,クリストファー・ドイルの映像作品の中で,もしかしたら一番美しいのではないだろうか。あるシーンではうねるような,またあるシーンでは緩慢にフラッシュを繰り返すような,なんとも幻想的で疾走感のある映像の連続で,その洗練された芸術的なセンスに酔う。

レオン・ライ
が演じた殺し屋以外は,みんなどちらかというと,どこか「壊れキャラ」だ。その行いも,服装も,非現実的でエキセントリック。しかしこんな不思議な登場人物たちも,ドイルとカーウァイの手にかかると,画面の中で眩暈がするほど魅力的に息づく。
Cap114
純朴な風貌のレオン・ライが,殺しの仕事をするときのクールさとバイオレンスシーンのカッコよさ。(二丁拳銃です!)今よりずっとスリムで,足の長いこと!彼が登場する時にバックにかかる,ちょっと呂律のまわっていないようなスローテンポのラップ曲もいい。

殺し屋に恋する二人の女。
仕事の指示を与え,ねぐらを用意し,彼の出したゴミや彼の眠ったベットに触れて想いを募らせる美人エージェント。演じるミシェル・リーの,気だるげなセクシーさもタダモノじゃない。また,実際に彼の一時的な情婦になる金髪娘(カレン・モク)は,もっとストレートに相手に思いをぶつけるが,このひとのキレっぷりもキュートだ。

そして金城さんの演じた青年モー。
Img221955650
口がきけない分,全身を使ってもどかしく過剰に身体表現する,彼のしぐさや表情に釘付け。
・・・・可愛い。

閉店後の店を勝手に開けて,強引に客を引っ張り込む,というクレイジーさも,日本人の居酒屋で働く姿も,死んだ豚にマッサージするシーンも,初めての恋も,味のある父親とのエピソードも,みんな不思議に魅力的。その,やや壊れた天真爛漫さがたまらない。困ったキャラではあるのだけど,抗いがたくいとおしい。これは,金城さんだから出せた魅力かもしれない。
Cap083_3
特にこのシーン好き。恋する女性の傍らで,恍惚とした表情の彼は,まるで猫みたいにしなやかでセクシーな動きをする。(上の画像は金城さんにピントが合ってるので,チャーリー・ヤンの顔が心霊写真みたくなってますが)

ときにすれ違い,ときに交錯する彼らの切ない物語。
Cap119
全員が孤独をまとっていて,
それでいてパートナーを求めていて。
パートナーを切望しつつも,上手くめぐり合うことも,ずっと一緒にいることもできなくて。それは人間の業,恋愛の本質のようなものなのかも。

ラストシーン,バイクで疾走するモーの背中に顔をうずめるミシェルの台詞が心に残る。・・・そしてそれにかぶさる「only you」の曲が最高だ。

« ココ・アヴァン・シャネル | トップページ | 好きなシーン-胡軍- »

映画 た行」カテゴリの記事

コメント

ななさ~ん、こんばんは!アンデルセン特集まで観てないけど、遊びに来てしまいました。

この作品、懐かしい~!一時期カーウァイ監督作品にハマッたな~。若者の孤独の描き方がうまいですよね。おっしゃるように、本作の登場人物は、みんな壊れキャラ、はみ出し者ですが、それでも惹きつけられました。

ラストも哀しいけれど、レオン・ライのファンならば、たまらないカッコよさを堪能できますよね。そういえば、レオン、最近結婚したんでしたっけ??また、彼の活躍する映画を観てみたくなりました。

ななさん、こんばんは!
ご覧になったんですね^^ そして素敵なレヴューありがとうございます。私は文章で表現するのが苦手なので、ななさんの解説を読みながら、うんうん、そうそう・・と(笑)
金城クン可愛いですよねぇ*^^*
全身を使ってのボディランゲージ、最高に可笑しくて、最高に切ないです。彼の柔らかい北京語のモノローグも、口がきけない分余計に心に響きます。。
ななさんがお好きだというシーンは私も大好きです。目が色っぽいですよね(笑)
居酒屋で、斎藤さんと焼きおにぎりを食べるシーンや、ビデオで父親をずーっと見ているシーンの表情も可愛くて大好きです*^^*
そしてラストシーンはたまりませんよね。それぞれが孤独だけど、生きているとたまにはこういうこともあるんだなぁ、悪くないなぁって。。
レオンもミシェルもカッコいいし、カレンも切ないし「天使の涙」は1か月に1回は観るかも?って言う位、大好きです。音楽も最高だし!!
金城熱が高じて今、自己流で中国語を勉強中なんです。毎晩少しずつ、中国で出版された金城クンの生い立ちから現在までをたどった本を辞書を引き引き読んでいます^^
その本に「金城武はカーウァイ監督が原石を発見し、イーモウ監督がそれを磨き、それ以降ますます光り輝き続けている」って書いてありました(たぶん^^;)
何だかまた「天使の涙」観たくなってきちゃいました^^

JoJoさん こんばんは~
遊びに来てくれてありがとう~

カーウァイ監督作品,いいですよね。
最近のは観てないけど,このころの作品は総じて魅力的。
>若者の孤独の描き方がうまいですよね。
孤独とか,すれ違いとか・・・監督の世界観なのかなぁ
それを実に見事に魅力的に映像化しますね。
ストーリーはそんなに重要じゃなくって
監督の感性を「感じて楽しむ」作品ですよね。

この作品の金城さんもキュートでしたが
レオン・ライの渋さにも目を見張りました!
それにしても同じアジア人で
顔は日本人とよく似てても
中国の男性はなんであんなに足が長いのかな?
彼のスタイルのよさにびっくりしました。
そういえば最近結婚したそうですね~
お相手がうらやましい。
最近の作品は「梅蘭芳」を観ましたが
若いころより恰幅はよくなって
それでもやっぱり素敵でしたよ。

ちーさん こんばんは

これ,大好きな作品になりました!
どのシーンもどの登場人物も,最高にいいですね。何度も観ないとわかりにくい作品だと聞いていましたが一発でハマりました。凄くクールでそれでいて熱い,芸術作品みたいな映画だと思います。
カーウァイ作品で,ストーリーが一番好きなのは「花様年華」,役者たちが一番好きなのは「欲望の翼」,テーマが一番好きなのは「ブエノスアイレス」,そして映像や雰囲気が一番好きなのはこの「天使の涙」かもしれません。
金城さんの魅力は全開でした。後に開花する才能の片鱗がうかがえますよね~,それにカーウァイ監督は彼の魅力をよく引き出していると思いました。

>金城熱が高じて今、自己流で中国語を勉強中なんです
おお,それは凄い!作品を吹き替えなしで見れたり,脚本も翻訳なしで読めたりしたら最高ですよね~。私も中国作品や中国の俳優さんにここのところずっとお熱ですので,中国語勉強したいです・・・といいつつ,きっと時間も根性もなくって無理だと思いますが。

>金城武はカーウァイ監督が原石を発見し、イーモウ監督がそれを磨き、それ以降ますます光り輝き続けている
なるほど!その通りかもしれませんね。「天使の涙」,私もこれから定期的に観たい作品のひとつになりました。


ななさん、お久しぶり~~♪
「ココ・アヴァン・シャネル」はいまいちだったのですね~~。
でもTBありがとうございます。
わわ!この作品は懐かしい!このころのウォン・カーワイ作品は素晴らしいですよね。
わたしも大好きです。

しゅぺる&こぼるさん こんばんは
お久しぶりです!
>「ココ・アヴァン・シャネル」はいまいちだったのですね~~。
ちょっと,こちらの求めている方向とは違う作品でした~残念!
>このころのウォン・カーワイ作品は素晴らしいですよね。
そうですねー,これ今頃初めて観たんですけど,カーウァイとドイルの魅力が全開の作品ですよね。大好きになりました!
もうこんな作品撮るの,無理かなぁ,カーウァイさん。

(*´∀`*)またまた コメントします。この映画大好き。恋する惑星 天使の涙を見て 香港に行きたくなって 香港に飛んで行ったのを思いだす。 この時の香港がパワーがあって 本当に好きでした。本当に香港の街を素敵に撮影してましたね スタイリッシュで‥ この映画に流れる 忘記他 の曲が大好き~レオンの伝言でジュースボックスから ミッシェルが この曲を聞くんですよ‥その時のミッシェルの表情がとても 印象的でした~でも 中国に返還されてから 香港 香港映画が元気がないですね(^_^;)

ニャ~さん こちらにもありがとう!

>恋する惑星 天使の涙を見て 香港に行きたくなって
いいなぁ~,私は香港行ったことないんですよ。
この時代の活気のあるスタイリッシュな香港に
ぜひ行ってみたかったですね。
空気感とか雰囲気とか熱気とか・・・
実際に感じてみたかったです。

とてもエキゾチックでオシャレでセクシー
こんな雰囲気はカーウァイ監督だから出せた味なのかもしれませんが
BGMも含めてとっても大好きな作品です。
この作品の金城さんも最高ですが
レオン・ライも大好き!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/31615958

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の涙:

« ココ・アヴァン・シャネル | トップページ | 好きなシーン-胡軍- »