MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« キッズ・リターン | トップページ | フライ、ダディ、フライ »

2009年10月13日 (火)

ある公爵夫人の生涯

Duchess_ver2_sized
故ダイアナ妃の直系の先祖,ジョージアナ・スベンサーの生涯を描いた,実話に基づく物語。17歳でデヴォンシャー公爵に嫁ぎ,社交界からファッションリーダーとして脚光を浴びながらも,夫には愛されなかったジョージアナの人生に起こったスキャンダルや,夫婦間の不和の数々。ダイアナ妃の人生と重なるところが多かった。

主演のキーラ・ナイトレイのノーブルな美しさは,まさにハマリ役。18世紀後半の英国貴族のファッションは,フランスの宮廷が発祥の,ロココ・スタイル?
03
滑稽なほど高く結い上げた髪や,眉墨や頬紅を強調したケバいメイクも,彼女にとても似合っていたのには驚いた!(胸が無いのでナイトウェア姿はイマイチだったが。)そう,この作品アカデミーの衣装デザイン賞にノミネートされただけあって,登場人物すべての衣装が老若男女を問わず素晴らしい。女性なら華麗な衣装を楽しむだけでも,一見の価値はあるかもしれない。

いわゆる,仮面夫婦のデヴォンシャー公爵夫妻。世継ぎを得ることしか関心のない公爵との妻妾同居生活に嫌気がさして,ジョージアナは不倫に走り,愛人との間に子どもをもうけたりもする。しかし,家名のためなのか,離婚を許さない夫。まさに籠の鳥のような人生。(それでも非常に,豪華な籠shineだなあと思うけれども)
Dieherzogin_scene_06
妻に冷淡で,偏屈な印象のデヴォンシャー公爵のキャラは,演じているのがレイフだからか,あんまり酷い人物に思えなかった。彼がどうして妻を愛することができなかったのか,それは単に好みの問題なのか,それとも何か屈折した理由でもあるのか,書き込み不足な感じがしたし。

それに彼もまた,愛してない妻との結婚生活を維持するために努力する,孤独な男に見えたのは,レイフの哀しげな瞳に同情してしまったせいだろうか?確かに妻を愛していないことを隠そうとはしなかったけれど,その分許容できる範囲ではジョージアナの自由にさせていたし。ラストに近づくにつれ,妻への思いやりも少しずつ見せるようになってくる,レイフの演技はやっぱり上手い。
14

それにしても,ジョージアナの愛人を演じた俳優さん,もっとイケメンだったら嬉しかったかな~。でも,ジョージアナが彼との子供を手放すくだりは,切なかった。その後,お忍びでも母娘が会えていた,ということを後で知って,少し安堵したけれど。

悲劇のヒロインというよりは,女として母として,ジョージアナのしなやかな強靭さの方が心に残る物語かもしれない。キーラの美しさは太鼓判を捺します!
_12215248702239

« キッズ・リターン | トップページ | フライ、ダディ、フライ »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん~こんにちは!
こうやって一杯写真を見てみると、やっぱりキーらナイトレイは綺麗だし、特にこういう昔の豪華なドレスとかは、すごく似合うなぁ~って、しみじみ感じたわ~。

同じイギリス王室もので、ブーリン家の姉妹の2人を演じたナタリーポートマンと、スカーレットヨハンソンよりも、やっぱりキーラの方が、なんていうか、しっくり来るなぁ~って思ったわ。

内容的には、可哀想だと思うところもあったものの、でも彼女も好きな人が出来て、一時とはいえ甘い時間を彼と過ごすこともできて良かったな・・・と思いました。それさえもかなわない女性が多かっただろうしね・・・。

latifaさん こんにちは!

キーラは特に好きな女優さんじゃないのだけど
彼女が出てるとなぜか安心して観てしまう・・・。
時代劇がよく似合うよね。
クラシカルな美貌なのかしらん。
そういえば現代風のファッションの彼女の映画
そんなにないですよね。コスチュームものばかりだわ。
スカちゃんやナタリーよりも時代物のドレスがよく似合うね。

ジョージアナの生涯は,可哀そう~な面も確かにあったけど
楽しいことや得るものも沢山あったのでは?とも
思っちゃった・・・確かに同じ時代の
他の身分の低い女性たちに比べると・・・。
ダイアナ妃はもっと悲劇だったよねぇ。彼女に比べると。

ななさん、こんばんは!
コメントありがとう!
キーラは古典もの似合いますね。あの時代のファッションもお洒落でした。
英国の華麗な館や、ガーデンも素晴らしく美しくて見応えありました。
ジョージアナの人生は悲惨でしたが、時代的には普通の事だったのでしょうね?
レイフ・ファインズは大好き俳優です。彼もやはり古典が似合いますね。冷酷な男を好演しておりましたわ。

こんにちは~♪

キーラって身体が薄いから、こういうボリュームのあるコスプレの方が似合いますよね。
気品もありますし!

>ジョージアナの愛人を演じた俳優さん,もっとイケメンだったら嬉しかったかな
そうなのよ!
レイフの方が魅力的だった~。

愛だ、恋だっていうまえに、公爵は立場上大変なんだろうな~って思いました。
これもレイフが演じていたから同情的に見ちゃったのかな。


ところで、福岡旅行記拝見しました!
楽しそうでしたね~。
美味しそうでしたね~。
ななさん、インゲボルグとかローラ・アシュレイのお洋服が似合いそう!
あそこらへんはスラッとした人が似合うブランドよね~。

ななさん、こんにちは~。コメントとTBありがとうございました。
私も、キーラが惚れる男の子が好みじゃなかったわ・・・(汗)
『マンマ・ミーア!』の子よね?(違う?)
なんか、レイフ以上に素敵な人じゃないとリアリティがないと言うか。。
でも、この映画はもう豪華絢爛な衣装だけでも十分見応えありましたね。
キーラがね、綺麗よね~。。
ところで福岡、いいですね♪ 私も九州、大好きです。
もう10年くらい行ってないけど、、懐かしい。

あは!
やっぱレイフ様ですよね。
こんな冷血漢の役してても、どっか憎めないんですよね。あなたならゆるしちゃう!みたいな。
ダイアナと無理にかぶらせようと、売ってましたが、そんなにかぶるとは感じませんでしたわ。
時代をきちんと映してましたよね。

そうそう、彼になった俳優さん!!もうちょっとなんとかしてもらいたかったですね。あれじゃ、ちょっと説得力に欠けるわ。

margotさん こんばんは

>キーラは古典もの似合いますね。
古風な顔立ちなんでしょうか?彼女のようなお顔。
現代劇だとちょっと「エラ張ってる?」って思うときもありますが
時代物のドレスや帽子だとほんとに美しいですね。

>ジョージアナの人生は悲惨でしたが、時代的には普通の事だったのでしょうね?
きっとそうだったと思いますよ。
彼女の場合,スキャンダルが派手だったと言うだけで
彼女のようなお妾さん公認の貴婦人ってけっこう当たり前だったりして。
わたしたちは現代の感覚で見てしまうから
あんな夫婦生活は耐えられない!と思ってしまいますけどね~。

ミチさん こんばんは!

>キーラって身体が薄いから、
>こういうボリュームのあるコスプレの方が似合いますよね。
そっか!身体が薄い方がこういうドレスは似合うのね~
そういえば彼女,反対にスリップドレスのようなデザインは
痛々しいくらい痩せて見えますもんね。

ジョージアナの愛人さん,イケてなかったですね。(イノシシ顔でした)
>レイフの方が魅力的だった~。
確かに~。そこはちょっとキツかったなぁ。

>ななさん、インゲボルグとかローラ・アシュレイのお洋服が似合いそう!
ありがとうございます~。べつにスラッとしてないですが
ドレッシー系が好きなので~。


真紅さま こんばんは

そうそう,ジョージアナの恋人役の俳優さん
マンマ・ミーアの彼だそうです。
といっても,私はマンマ・ミーアは未見なのですが。
マンマ・ミーアとは別人みたいだってどこかで読みましたが
どう違うのだろう・・・?

>なんか、レイフ以上に素敵な人じゃないとリアリティがないと言うか。。
そうなんですよね~。
わたし,ついつい「ジョージアナって面食いじゃないのね」と
思ってしまいましたよ。
豪華な衣装や雰囲気を楽しむ作品でもありましたよね。
九州,楽しかったですよ~。また真紅さまも機会があればぜひ!

sakuraiさん こんばんは

あんな役でもレイフは「素敵オーラ」を放ってましたね。
これが彼以外の役者さんだったら
「なんて嫌な夫!」で終わっていたかも。

>ダイアナと無理にかぶらせようと、売ってましたが、そんなにかぶるとは感じませんでしたわ。
宣伝がまさにそんな感じだったから
ついつい被らせながら観てしまいましたが
時代が違うので,確かに完全リンクは無理がありますよね。

ジョージアナの彼,どうしてあの人になっちゃったんでしょうね。
>あれじゃ、ちょっと説得力に欠けるわ。
爆!ψ(`∇´)ψ
ほんとに~。彼とキーラのキスシーンは「に,似合わん・・・」と思ってしまいました。

ななさん、こんばんは。
キーラは相変わらずきれいでしたね~。
あんなヘアスタイルやドレスがぴしっと決まってしまうのは流石年季が入っているなあと…。

公爵はせっかくレイフが演じているのに、内面の描写不足でしたよねえ。最後に何となくうまくやっていこうと提案するところが唐突な感じがしました。

役者さんはみんな好みだったのにちょっと残念でした…。
でも衣装と庭園の美しさは見物でしたね~♪

リュカさん こんばんは!

キーラ以外であんなヘアスタイルが似合う女優さんって
そういないんじゃ・・・?と思ってしまいました。
マリー・アントワネットの時代のドレスだけでなく
ソフトクリームみたいな髪形でも
キーラには不思議と似合っていましたね。

>公爵はせっかくレイフが演じているのに、内面の描写不足でしたよねえ。

そうそう,彼が冷淡なわけも,最後に妻に思いやりを見せるようになったわけも
あまり納得がいくような描かれ方をされていませんでしたね。
脚本が悪かったのかもしれませんね・・・。役者はいいのに。

ななさ~ん♪
年内にお喋り出来て嬉しいなhappy01
あらら、、、もう12月31日よ、、、1年があっという間、、、こうして年をとっていくのねthink・・・って、、、なんでナーバスになっているんだ?!(笑)

この映画、舞台や衣装は観て損はないよね~
だけどねぇ・・・ちょっと内容が薄かったかも。
この映画で何を描きたかったのか分からなかったわん。
もう少し登場人物の気持ちが伝わってくれば、何気にいい映画になったのではなかろうか。

今年もお世話になりました!
ななさんとのお喋りはとっても楽しいの。来年もいっぱいお話にお付き合い下さいね!ヨロシクheart04

良いお年をclover

由香さん,すべりこみセーフ!
年内にお話できてうれしいわ~

とは言っても,そんなに盛り上がらない作品がテーマなのが
ちょびっと残念かも。
たしかに人物描写はどれもお粗末でしたね。
こんな脚本じゃ
キーラもレイフも演じ甲斐がなかったんじゃないかしら?
綺麗な衣装を着れるのは嬉しかったかもしれませんが。
好きな題材で好きな俳優さんを使ってたので
もっといい作品にしてほしかったですね。

さてさて,今度こそ今年最後のご挨拶です♪
由香さんとは何があっても末長ーくおつきあいをお願いしたいので
来年もよろしくね~


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/31710567

この記事へのトラックバック一覧です: ある公爵夫人の生涯:

» 「ある公爵夫人の生涯」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
先日、アカデミー賞の最優秀衣装デザイン賞に輝いた作品。 内容は、ダイアナ王妃の祖先にあたるジョージアナ・スペンサーのお話。どうしても... [続きを読む]

» 「ある公爵夫人の生涯」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Duchess」2008 UK/イタリア/フランス デヴォンジャー公爵夫人(ジョージアナ)に「プライドと偏見/2005」「つぐない/2007」のキーラ・ナイトレイ。 デヴォンジャー公爵に「上海の伯爵夫人/2005」「ナイロビの蜂/2005」のレイフ・ファインズ。 レディ・スペンサーに「家の鍵/2004」「エンジェル/2007」「彼が二度愛したS/2008」のシャーロット・ランブリング。 チャールズ・グレイに「マンマ・ミーア!/2008」のドミニク・クーパー。 レディ・エリザベ... [続きを読む]

» 映画 【ある公爵夫人の生涯】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ある公爵夫人の生涯」 ダイアナ元王太子妃の祖先にあたるデヴォンシャー公爵夫人の実話を描いた作品。 おはなし:18世紀後半の英国。スペンサー家の令嬢ジョージアナ(キーラ・ナイトレイ)は、名門貴族デヴォンジャー公爵(レイフ・ファインズ)と結婚、たちまち社交界の話題を独占する。だが、夫は世継ぎを得ることばかり気にして、彼女を一人の女として愛そうとしない・・・。 今は亡きダイアナ元妃の祖先の実話なのですが、デヴォンシャー公爵夫人にダイアナ妃の姿を重ねながら見てしまいました。 愛の無い結... [続きを読む]

» 時代の犠牲者〜『ある公爵夫人の生涯』 [真紅のthinkingdays]
 THE DUCHESS  18世紀後半、英国スペンサー家の令嬢ジョージアナ(キーラ・ナイトレイ)は、 17歳で英国有数の貴族であるデヴォンシャー... [続きを読む]

» ある公爵夫人の生涯 [迷宮映画館]
子はかすがい・・・・or・・子は三界のくびっかせ・・・か。 [続きを読む]

» ある公爵夫人の生涯 [菫色映画]
ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]2008年 イギリス・フランス・イタリア 監督:ソウル・ディブ 出演:キーラ・ナイトレイ    レイフ・ファインズ    シャーロット・ランプリング    ヘイレイ・アトウェル    ドミニク・...... [続きを読む]

» ★「ある公爵夫人の生涯」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。 [続きを読む]

» ある公爵夫人の生涯 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】最も裕福な公爵の一人、デヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)に嫁いだ17歳のジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)。聡明で美しい彼女は公爵夫人としてイギリス中の人々に愛されるが、夫のデヴォンシャー公爵はジョージアナに男子の後継者を生むことだけを望み、自身は離婚歴のあるエリザベス(ヘイリー・アトウェル)との愛人関係を続ける―     監督 : ソウル・ディブ     第81回アカデミー賞 衣装デザイン賞受賞【comment】あまり盛り上がりがない映画だったような... [続きを読む]

« キッズ・リターン | トップページ | フライ、ダディ、フライ »