最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 北京故事-藍宇- | トップページ | ウルヴァリン:X-MEN ZERO »

2009年9月21日 (月)

ウォーロード/男たちの誓い

17762958_v1252521937
あらすじ:
19世紀の中国。太平軍との戦いで1,600人の兵士を失った清の将軍、パン(ジェット・リー)。街に出たパンは盗賊のリーダーのアルフ(アンディ・ラウ)、その養子のウーヤン(金城武)と出会い、昨夜ともに過ごしたリィエン(シュー・ジンレイ)がアルフの妻と知る。アルフとウーヤンは清軍に入り、3人は義兄弟の契りを結ぶことになるが……。(シネマトゥディ)

中国の歴史にはことのほか疎いくせに,予備知識も入れずに観たもんだから,冒頭から誰が誰と何のために戦っているのかちっともわからな〜いcoldsweats01状態で。でもさいわいDVDだったので,途中で止めて「太平天国の乱」とか「馬新胎暗殺事件」をググったりして,予備知識を補填しながら観た。
Cap305_2
大好きなラヴソングウィンター・ソングの監督,ピーター・チャンが歴史アクション?と意外な気がしたが,観終わると,アクションも素晴らしいのだが,さすがラブストーリーの名手の監督らしく,人間ドラマが一番心を打つ作品に仕上がっていた・・・・・。しかし,なんという悲劇だ,これ。おしまいには主要登場人物がみんな死んでしまう。

原題は投名状。義兄弟の契りを結ぶ儀式のこと。
この投名状の持つ誓いの凄まじさもまた,平和な日本の感覚ではわかりにくい。 儀式のために,何で関係ない人をまず殺す必要があるのかな?共犯意識が絆を強めるということ?それとも,それだけ悲壮で非情な決意を見せ合わねばならない通過儀式?
Cap309
どちらにせよ,生半可な気持ちでは決して結べない,まさに命懸けの血の契り…それが投名状だ。
生まれは違えども,共に死なんとす。
義兄弟を殺めし者には,必ずや死を。
たとえ相手が義兄弟であっても,必ずや死を。

この誓いの言葉の非情な重みは,ラストの悲劇の場面で際立つこととなるのだが。

投名状により,長兄となったパンは,清軍の落武者。
「飢えた民や,虐げられた民を救う世の中を作りたい」という志を持ち,その目的達成のために政治的な権力を目指している。
Cap310
彼には大局を見極める能力と,はるか先の目標実現への揺るがない信念や野心がある。それゆえ,必要ならば裏切りも非情な措置も辞さない冷酷さも持ち合わせている。アクション俳優ジェット・リーが見事な演技力で,心ならずも非道な選択を行うパンの,秘めた苦悩を見せている。

Cap317
次兄のアルフは盗賊団の頭であり,仲間を思い,仲間を守ることに命を賭ける男。パンの勧めに従って官軍へ入ったのも,ひとえに自分の民を養うため。何よりも仁義を重んじるあまり,視野が狭くなる,という弱点もあるが,民からの人望はあつい。

理想家のパンと現実主義のアルフ。
正反対の二人が最も激しくぶつかり合った,蘇州城の投降兵処刑の場面は,どちらの言い分も苦悩もわかり,正視できないほど辛いシーンだった。
Cap318

この二人の義兄の間で,板挟みの役回りを演じる三男のウーヤン。若い彼を突き動かしている原動力は,野心でも民への責任感でもなく,何よりも二人の義兄への敬愛の心。

アルフの情の篤さを慕い,
パンの強さに心酔するウーヤン。

その若さゆえの純粋さ,怖いもの知らずの一途さと短絡的な行動は,後に悲劇を始動させることになる。
Cap338
レッドクリフでは羽根扇片手に,優雅に微笑んでいた金城さんが,この作品では血と泥と涙にまみれて,体を張った壮絶なアクションを見せてくれる。

この作品の戦闘アクションは,土埃も血しぶきも殺し方も,すごくリアルで,見ごたえたっぷりだ。三国志の時代よりかなり後の時代なのに,鉄砲の登場以外は,三国志時代とそんなに戦い方が進歩したように見えない。基本は弓矢や槍,大きな肉切り包丁みたいな刀を振り回して,敵を串刺しにしたり叩き切ったり・・・・騎馬戦の迫力も凄かった。
Cap313

金城さんは西洋風の男前なので,ジェットやアンディに比べると,あまり辮髪は似合わない。(というか,辮髪にするのが勿体ない顔だ)そのあたりを考慮したのかどうか知らないが,彼はたいがい戦闘帽か防寒帽を被っていた。
Cap331

さてこの物語,三人の誰に一番共感するか?

私は,一徹なアルフの人柄を一番好きだと思い,
捨て石に利用されたパンの事情を一番気の毒に思い,
そしてウーヤンの揺れる思いに
一番感情移入しながら観た。

三人の信念や目指すものが違ったから,という理由だけではなく,腐敗した清王朝が抱えるさまざまな問題もまた,この悲劇を引き起こす原因を作ったのだろう。一般の兵士も農民も,生き抜くことが困難だった清朝末期。こんな過酷な時代に生きねばならなかった彼らの,それぞれの進んだ道を思うとき,他にどんな選択肢があったのだろう,という思いになる。
Cap308
アルフの妻は,一体どちらの男を愛していたのか?
いや,彼女はただ,あの戦乱の世の中を,なんとか生き延びたかっただけなのかもしれない。ウーヤンに命乞いをするときの彼女の台詞を聞いてそう思った。しかし,もしそうだったとしても,誰が彼女を責められようか。

とにかく,人間の描き方が半端で無く深い作品で,続けて2度観たくなる傑作。金城さんが被るレッドクリフとつい比較したくなるが,レッドクリフとは全く目指す方向が違う作品。絢爛豪華さはレッドクリフには敵わないかもしれないが,作品の深さはこちらがずっと上だろう。
Cap339
太鼓の乱打から始まる勇壮なテーマ曲も,とても好きだ。
ちなみに劇場公開時にエンドロールでかかったらしいアルフィーの曲は,DVDではかかりませんでしたよ(ほっsweat01)。
ウォーロードの未公開シーンに関する記事はこちら

« 北京故事-藍宇- | トップページ | ウルヴァリン:X-MEN ZERO »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
孔明様とは又違って末っ子のかわいらしさあふれる金城君でしたよね~。
私ね、ジェット・リーを見ると笑ってしまうの。
だって小柄なんだもん。
アクションにキレがあるのは分かるのだけど、小さいからなんだか可愛いんだよね(笑)

こんにちわ〜。
押しかけトラバしようと思ったのに、これの記事書きそびれてましたわ。
三人の男たちの誓いとくればそれこそ桃園の誓いを連想しますが、これの誓い方は他人様の血を生贄にするえげつないもんでしたねー。
とにかく金城君がすんごく上手くなったと思った作品です。

逆に言えば、こんなにいい演技のできる名優になったのに顔が可愛いせいか、使いこなせてる監督が少ないなあという事。RCの孔明なんてもったいない、もったいない。
似合ってるけど、もっと苦悩して欲しかったな。ぜひ別の上手い脚本系の監督の下でもういちど孔明を演じて欲しいものです。
『LOVERS』でも片鱗は見えてましたが、やはりオトコマエほどヨゴレを演じないとダメだというのはアラン・ドロンしかり、トニー・カーチスしかり。
期待してるんですよー。彼には。

こんばんは♪
投名状の誓い、蘇州城での虐殺など、見るに耐えないシーンも多々ありましたが、おっしゃるように人間の心が深く描かれ、印象の強い作品でしたね。
最初「投命状」じゃないの?なんて思ってしまいましたが(笑)

リィエンという女性は生きていく厳しさを身にしみてわかっていて、一つ一つの行動が生きるための目的なのかな、と今になって思います。その時その時の気持ちに偽りはないのだろうと、これもまた勝手に解釈しています。

三人三様の魅力を、もういちど味わってみたいです。

ミチさん こんばんは!

>末っ子のかわいらしさあふれる金城君
そうなんですよね~,実は彼は長身だけど「小鹿顔」なんで
落ち着きはらっていた孔明のような役より,
やっぱり弟キャラがハマりますよね。

>私ね、ジェット・リーを見ると笑ってしまうの。
>だって小柄なんだもん。
彼のシリアスな時の目力はやはり渋いですが
いつのまにかすっかり丸顔になっちゃって
ますます可愛くなったかも・・・。

こんばんは~~。
ウルヴァリンにコメント・TBありがとうございます~。そちらにお邪魔と思ったら、『ウォーロード』鑑賞されてたんですね。。。先にこちらに。

この作品は、本当に素晴らしいです!
3人ともそれぞれの役を理解し、深く入り込んでいました。
アンディ贔屓の私ですが、ジェットも素晴らしかったと思います(確か香港アカデミー主演男優だったはず)
ななさんがご覧になった中に特典映像はあったでしょうか?
実は、金城さんの凄い演技がカットされていて・・・
本当に惜しいんです。
最後の最後、ウーヤンが処刑されるんですが
それが「凌遲刑」という世にも恐ろしい処刑で(生きたまま身体中の肉を削がれる)その際の彼の表情が素晴らしいんです!
肉体の痛みではなく、彼の心の痛みが表情のアップだけで延々続くのですが・・・
監督もこれがカットされなかったらアカデミーにノミネートされていただろう・・と述べているぐらい。いつの間にか、凄い役者さんになったなぁ~と感涙です。
アンディも愛に生きるアルフを熱演してました。
彼の最期も又素晴らしいし。さりげない表情がいいんだな~(ちょっとカットされてるけど 怒)
ごめんなさい、ついつい熱く語ってしまった・・・
レビュー書かなきゃ。。。“想い”が強すぎてなかなか書けない ><;

こんにちは~♪ななさんhappy01

>人間の描き方が半端で無く深い作品
そうお感じになりましたか?
DVDだと13分長いそうですが、それで劇場公開版とは違ってくるのかしら?
私は劇場で観て、イマイチだったんですよ~誰にも共感出来なくて(汗)
DVDでもう一度観たくなっちゃったなぁ~
でも金城さんの辮髪は見たくない気がするcoldsweats01

よろ川長TOMさん こんにちは!

この作品は戦を単にエンタメとして描かずに
しっかり人間ドラマが描かれていましたね。

>三人の男たちの誓いとくればそれこそ桃園の誓いを連想しますが、
劉備たちの間の桃園の誓いは,
この作品のような
悲劇的な破られ方をすることもなかったのでしょうね。

金城さんは演技派としての実力も見せてくれるようになりましたね。
確かに彼の場合は演技よりもどうしても
顔の美しさに目が行ってしまって
もったいない使い方をしてしまいますよね。

>RCの孔明なんてもったいない、もったいない。
ジョン・ウー監督は
繊細な人間ドラマが得意な監督さんじゃないから~

金城さんも今後どんどん,汚れ役や悪役などにも挑戦して
幅広い演技力を世に示してほしいですよね。

孔雀の森さん こんにちは!

>最初「投命状」じゃないの?なんて思ってしまいましたが(笑)
ほんとだ~,「命を投げ出す」誓いよねぇ,あれは。

>リィエンという女性は生きていく厳しさを身にしみてわかっていて、
>一つ一つの行動が生きるための目的なのかな、と
うんうん,そうですよね。生きるのに精いっぱいで,
愛だの恋だのとそんなおセンチな感情を
大切にしていられない時代ですよね。
彼らの中では,
アルフが一番ロマンチストの素質があったと思いました。
パンも彼女を愛しながらも,優先するのはやはり己の信念でしょう。
リィエンは苦労もしてきたから,賢く計算高い面もあったし
その時その時の流れで,
夫の優しさもパンのカリスマ性も好きだったのかもしれませんね。
演じるシュー・ジンレイさんの
少し冷たそうで知的な美しさは適役だと思いました。

マリーさん こんにちは!
この作品,マリーさんが昔アンディと金城さんの出る「投名状」という映画が撮影された,って紹介してくださったような気が・・・。その時から観るのを楽しみにしてたのですが,やっとDVDで観ることができました。DVDでよかったわ~,劇場版はカットされて感動が薄くなってるんですってね~。それにアルフィーの歌もDVDにはなかったし。

レンタルで観たので,特典映像はなかったのよ~。でも,マリーさんのコメント読んで,絶対に特典映像,特に金城さんの「幻のラストシーン」が観たくなっちゃったから,2枚組のDVD(初回限定コレクターズエディション)を買うわ~~~。ちょっと観るのが怖いシーンですが…頑張って。で,観たらまたこの記事に加筆するかもしれません。最近,アンディの「三国志」も観て,自分の中でちょっとした金城&アンディ祭りなのよね~~。お二人が出てる「LOVERS」も再見したくなっちゃった。

それにしても,そんな残酷な処刑をされたウーヤン・・・ううう,知らなかった~~crying彼が一番可哀そうだわ,やっぱり。

由香さん こんばんは

>DVDだと13分長いそうですが、それで劇場公開版とは違ってくるのかしら?
うーん,どこがカットされた場面かわかりませんが,お話の筋は残すだろうから,きっとデリケートな人物描写のシーンばかりがカットされたのでしょうね,劇場版は。DVD版は自然な流れでお話が進んでいって,アルフやウーヤンの人柄や心境の変化はよくわかりました。パンだけは「なんでアルフを裏切ったんだ?嫉妬か?」などと混乱もしましたが,ジェットの表情の演技で,やっぱり彼は理想の実現のためにアルフを犠牲にしたのだろうな~と想像できました。

金城さんの辮髪シーンはね~,彼が戦死した部下の母親にそれを告げに行くシーンで見られます。このシーンも彼の人間らしい人柄がよく出てて,カットされたとしたら勿体ないシーンなんですが,金城さんの辮髪は,剃ったところに産毛みたいなんが,ひよひよと生えてて,まるで毛をむしられた鶏のような頭でした。その下のお顔が西洋風の超ハンサムなので,全く似合ってなかったです。でも撮影の方も心得てて,そのシーンの彼の顔のアップは,額から下ばかりにしてましたよ。
はっ!彼の辮髪についてついつい熱く語りすぎました・・・。(汗)辮髪が一番違和感がなかったのはやっぱりジェットですね。

ななさ~~ん こんばんは~~♪

2枚組のDVD(初回限定コレクターズエディション)←長っ(笑) 買ってくださるのですね~。
嬉しいです~~~。
と回し者みたいですが・・・(^^;)
こちらは、劇場版と違ってカットなし&特典映像、メイキングその他 とっても盛りだくさんなのでオススメです。
実は、私まだ全部観れてないんですよ~汗
監督のコメンタリー付きカットシーンとか見てたら、なかなか進まなくて・・・

お互いに観終わったら、また熱く語りたいです~!よろしくお願いします~。(^0^)

マリーさん またまたありがとう~

DVD,もう注文しましたー明後日あたり届くかな?
コメンタリーも観てたら時間かかりますが
ゆっくり,じっくり楽しみたい作品ですよね,これ。
観れば観るほどに深みが増しそうな気がします。
ほんと,劇場公開も香港版をそのまま上映してくれればよかったのに。
そしたら世間の評判もぐっと上がっていたと思うわ。
>お互いに観終わったら、また熱く語りたいです~!
特典映像用の記事をアップするかも~
マリーさんの記事も首を長くして待ってますね!

はじめまして!
ぶらぶらお散歩してたら偶然、初めてここに辿り着きました金城ファンです^^
とっても素敵なところで、みなさんが熱く語られていて感激です!
私も思わずお喋りしたくなってしまいました^^
ウーヤン、切なかったですよねェ。
でも、とってもいい映画なのに劇場がガラガラだったんですよ^^;
「レッドクリフ」より前に作られた作品だし、宣伝もあまりなかったから、
ちょっと悲しかったですが、こんな風に完全版でDVD発売されてホッとしてます^^
まさか完全版で発売されるとは思ってなかったので、一足先に香港版2枚組を買ってしまった私ですが、日本版も買ってしまいました^^;
カットされたシーンは、長くなっても良かったのになぁって思う程、重みのあるシーンばかりのような気がしますが、
ご覧になられた皆さんはいかがでしたか?
金城クンの幻のエンディングは、ホントに切ないです(涙)切なすぎて息ができないほど苦しいです(涙)
スミマセン、長くなってしまいました^^;
ななさん、またお邪魔させて頂いていいですか?
アンディもトニーも映画も大好きな私です。。


ちーさん はじめまして!new
お越しいただいて嬉しいです!

この映画は,素晴らしいですよね。でもレッドクリフに先に公開されちゃったから,損をしたのかもしれませんし,何と言っても,劇場版はカットされてた分,よさが伝わらなかったのかもしれませんね。
>こんな風に完全版でDVD発売されてホッとしてます^^
劇場版でDVD化されなくてほんとよかったです!きっと完全版でないと魅力が伝わらないと危惧してもらえたのでしょうか?それともファンからでも要望が?
実は今日早速届いたDVDの特典を見終えたところなんですよ。未公開シーンを観て,またまた「惜しいなぁ~」と思いました。3時間になってもいいから,未公開シーンみんな入れてもよかったんじゃない?と思いました。主要登場人物だけでなく,名もない兵士たちの心情まで丁寧に描かれていたんですね・・・もともとは。あの未公開シーンをカットし,さらに劇場版はもっとカットして,ほとんどストーリーを追うだけになっちゃったんじゃなかったのかな?それじゃあピーター・チャン監督が得意とする,「人の心の機微」がうまく伝わらなかったでしょうね~,劇場版では。

ウーヤンのあの表情にはやられました。まさかあんな表情だったとは。泣かされました。特典映像に関する感想をまたアップする予定です。
ちーさん,こちらこそ,もっとお話したいです。トニーもアンディも,私も大好きで~。他の作品についてもいろいろおしゃべりしたいですね~。


ななさん、ありがとうございます^^
特典映像ご覧になったんですね!
そちらのほうの記事のアップも楽しみにしています。
ここには私も大好きな映画がたくさんあります^^
少しずつ拝見させて下さいね!みなさんのコメントも素敵で面白いです!
私もお邪魔させて下さいませ。って、すでに今晩お邪魔してました^^;

ちーさん こんばんは
未公開シーンの記事にさっそくコメントいただいてありがとう!そちらでまた熱く語り合いましょうね~

私はもともとは洋画オンリーのブロガーだったのですが,いつしか邦画やアジア映画、とくに中国映画にもハマるようになりました。花様年華で初めてトニーに出会い,インファナル~でアンディに出会い,そしてLOVERSで金城さんに出会い・・・中国映画のスケールの大きさや役者の演技の素晴らしさにはいつも唸ります。中国映画の魅力について,また金城さんの魅力について,いろいろおしゃべりしたいですね~。

ななさん、こんばんは。
私も昔は洋画派だったんですが「恋する惑星」でトニーを知り(金城クンは若すぎてその時はスルーでした^^;)少しずつアジアの映画も観るようになりました。TVをあまり見ないので「MISTY」以来の金城クンの「レッドクリフ」で、いつの間にこんなに大人でセクシーで知的な人になったの?って、
そのギャップにフォーリンラブ*^^* 以来、過去に遡って今に至っています。こちらの何処かで拝見したのですが、金城クンの英語が聞きたいってありませんでしたっけ?
ちなみに1997年に撮影された「ニューヨーク・デイ・ドリーム」という映画は全編英語です。金城クンの英語の発音、とても上手でビックリしました。さすがアメスク出身だなぁと^^
内容は観る人によって色々な意見があるかと思いますが、私は彼の英語が聞けるだけで満足です^^;
これからあちこち出没するかもしれません。どうぞ宜しくお願い致します。

ちーさん こんばんは

私も「恋する惑星」観た時は金城さんはスルーでしたよ。若すぎたのかな?あの時の彼は。「LOVERS」の彼を観て初めて惚れた~あれはアンディもカッコいい映画でした。いろんな意味で大好きな作品なのに記事を書いてないのでまた次回に書きたいです。「ニューヨーク・デイ・ドリーム」は未見・・・というか,金城さんってけっこういろんな作品に出てて,そんなにヒットしなかった作品もたくさんあるらしいので,知らないのが結構ある・・・。マイナーな作品でも彼の魅力はいつも全開ですけどね~

しかし歌もうまいし何か国語もできるし,イケメンだし,アクションも演技も上手いし,天は二物どころかいくつも才能を彼に与えていますよね。
今観たい彼の作品って古いけど「天使の涙」なんですよ。口のきけない役の金城さんがとっても魅力的らしいですね。レオン・ライも好きだし…レンタル屋には置いてなかったのでこれもDVD買わなきゃいけないかしら・・・。

「天使の涙」是非是非見て頂きたいです^^
刑事モウとまた違った囚人モウ(笑)。思いっきり弾けていて大好きなキャラです!カーウァイ作品は観れば観るほどハマりますよね!
「ニューヨーク・デイ・デイドリーム」は「ニューヨーク・デイドリーム」の間違いでした、すみません^^;
いつも素早いレスにビックリで、嬉しくてついまたコメントしちゃいました。
ななさん、お忙しいのにありがとうございます。

「天使の涙」廃盤?なので,中古を購入予定です。今から観るのがとっても楽しみです。

>カーウァイ作品は観れば観るほどハマりますよね!
うーん,それは彼の作品によりますが・・・。一番好きなのは「ブエノスアイレス」次が「花様年華」「恋する惑星」(トニーばっか!)「欲望の翼」なんですが「天使の涙」も期待大です。でもカーウァイ作品って,レスリーもトニーも金城さんもアンディもレオン・ライも出てる・・・アジアのいいオトコの宝庫じゃないですか~(あ,キムタクも出てたね,『2046』で)

ななさん、お買いになるんですか?
お気に召さなかったらどうしよう^^;
私は、恋する惑星、天使の涙、今すぐ抱きしめたい、欲望の翼、そして最初の二つのカットシーンDVDが入った「カーウァイ・コレクション」を買ったのですが、デジタルリマスター版で画像がとても綺麗でした。
中古でもリマスター版があるといいですね。

ちーさん こんばんは

>お気に召さなかったらどうしよう^^;
大丈夫,きっとお気に召すと(笑)思います~。アマゾンやヤフーのレビューを読む限りでは,私好みの作品です。それにこの作品の金城さんの演技,どなたも絶賛されてるので,何が何でも観たくなりました。レオン・ライも好きなのですよ~。
デジタル・リマスター版・・・ではないかもしれませんが,まぁ,そこは目をつぶります。

どうもお。
お気に召されたようですね。
よかった、よかった。

中国の歴史って、結局同じことの繰り返しというか、王朝が崩れ去ると、すべてをリセットして、また一から始める。
あるいは、前の王朝はなかったもの、あるいはすべて悪!とされてしまい、なんどもなんども似たようなことを繰り返してしまう。
そこまで極端な、徹底的なことをしちゃう国というのが非常に興味深いです。
なので、1000年以上も前の戦いと、あんまり違いがない!!と言うのも、言いえて妙かもですよ。

いやーー、とにかくあたしはアンディ様命で、刺青は彫ってませんが、彼を目当てに行ったら、ここはリンチェイの複雑さに、やられました。
ちょっと見直した。
リンチェイ、演技派でもいけるヤン!と思いましたよ。
どっちにしても、アンディ様を堪能できましたが。
タケちゃんも、二人を向こうに回して、奮闘してましたね。
いやー、見た甲斐ありました。

sakuraiさん こんばんは
中国の歴史・・・未だに国名や時代がごっちゃになってる私ですが,島国のニッポンとは違ってあちらは大陸ゆえにお隣の民族が攻めてきたり支配されたりして,王朝交代時にもいろいろ苦労がありそうですよね・・・。
>1000年以上も前の戦いと、あんまり違いがない!!と言うのも、言いえて妙かもですよ。
王朝が交代するたびにリセットされるので,進化が止まってしまうのでしょうか?
この作品はアンディも金城さんももちろん奮闘していましたが,ジェット・リーは「演技派」という新境地を開いたかもしれませんね。金城さんの演技力も,いつのまにかこんなに磨きがかかっていたとは,嬉しい驚きでした。

こんにちは♪
私もDVDでようやく観る事ができました。
レンタルで観ておいて、好かったら買おうかと(笑)
特典が良さそうなので、買いですね♪

歴史的な背景がそうさせたのか、
かなり重いお話でしたね。
アンディとリンチェイの初共演ですし(確か・・・)、
普通じゃないとは思ってましたが・・・
それぞれのイメージ通りの役ではないところが
好かったです。
アンディ、押さえるとこはちゃんと押さえて、
新しい顔を見た感じがしました。

劇場公開時のエンドロールってアルフィーだったの?!
DVDで正解だったかも(笑)

ひらで~さん こんばんは
こないだお邪魔したときに
アンディファンのひらで~さんのお宅に
この作品の記事がなかったので「あれ?」と思ったのですが
ご覧になったのですね~
DVD,特典つきをぜひご覧になってくださいね。
感動がますます深まりますよ。

>アンディとリンチェイの初共演ですし(確か・・・)、
あれ~,そうですかー
アンディと金城さんは共演したことあるんですよね~
リンチェイ(=ジェット・リー?)ってアンディや
金城さんとは何となくこれまでは
得意分野が違う気がしていましたが
今作では演技派な面も十分に見せてくれましたね。

>劇場公開時のエンドロールってアルフィーだったの?!
・・・らしいです。
アルフィーの曲ってわたし聴いたことないんですが
この映画に日本の歌手の曲は誰のを持ってきても冒涜ものですよ。

こんばんは!
共演のお話に思わず反応です^^
リンチェイと金城クンもその昔、香港映画「冒険王」という映画で共演してるんですよ~。
ハチャメチャな映画なのでお勧めはできませんが^^;
リンチェイ演じる冒険博士の助手の役で、コメディ部門担当です(笑) 二人とも女装したりしちゃいます^^; 広東語はお二人とも声が吹き替えなので、これ観る時はいつも日本語にして観てます^^;
だから「投名状」での再共演は嬉しかったですゥ。オトナの男に成長した金城クンにリンチェイも絶賛でした*^^*

ちーさん こんばんは

>リンチェイと金城クンもその昔、香港映画「冒険王」という映画で共演してるんですよ~。

「冒険王」名前だけは聞いたことあるような。
名前からしてB級の香りの漂う作品ですね~

>二人とも女装したりしちゃいます^^;
おおお,そのシーンはちょっと観たいかも
金城さんはともかくリンチェイの女装って・・・

コメディも楽しみながらこなす金城さん
いつのまにか名優の風格が感じられるようになりましたね。 

ななさん、はじめまして。突然の紹介で失礼します。


ジェット・リーがアクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されたのをご存じでしょうか。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下URLのサイトで行っていて、ネットで賛同メッセージを募っているそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
もしよろしければ、ご協力お願いいたします。

(注…私はこの日本公開活動の運営者ではありません)


映画「海洋天堂」のストーリーです

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8

まっぴさん こんにちは。
コメントありがとうございます。ジェット・リーの「海洋天堂」の情報はまったく知りませんでした。アクション俳優の彼の新たな魅力が感じられそうな作品ですね。音楽が久石さんというのも楽しみです。またサイトに伺って検討してみますね。情報ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/31435955

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーロード/男たちの誓い:

» 映画 【ウォーロード / 男たちの誓い】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ウォーロード / 男たちの誓い」 香港や台湾の映画賞を総なめにした歴史アクション・ドラマ。ピーター・チャン監督作品。 おはなし:19世紀の中国。太平軍に敗れ一人生き残った清のパン将軍(ジェット・リー)は盗賊団の頭アルフ(アンディ・ラウ)と弟分のウーヤン(金城武)と出会い、盗賊をやめて官軍になろうと諭し二人と義兄弟の契りを交わすが・・・。 【太平天国の乱】という出来事についてちょっと勉強させてもらいながら、アクションを楽しみ、義兄弟の絆や確執のドラマに見入るという感じでした。 『レ... [続きを読む]

» ウォーロード/男たちの誓い [★YUKAの気ままな有閑日記★]
アジア3大スターの競演  私のお目当ては金城すゎ〜ん【story】19世紀の中国。太平軍との戦いで1,600人の兵士を失った清の将軍、パン(ジェット・リー)。街に出たパンは盗賊のリーダーのアルフ(アンディ・ラウ)、その養子のウーヤン(金城武)と出会い、昨夜ともに過ごしたリィエン(シュー・ジンレイ)がアルフの妻と知る。アルフとウーヤンは清軍に入り、3人は義兄弟の契りを結ぶことになるが―     監督 : ピーター・チャン 『ラブソング』『ウインター・ソング』≪2007年中国興行収入No,1、香港アカデ... [続きを読む]

» 「ウォーロード/男たちの誓い(投名状)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の豪華共演で、本国での評判も高かったウォーロード/男たちの誓い(原題:投名状/英題 [続きを読む]

» ウォーロード 男たちの誓い [迷宮映画館]
こういう非業の役が、似合うとわ!!・・・アンディさま。 [続きを読む]

« 北京故事-藍宇- | トップページ | ウルヴァリン:X-MEN ZERO »