最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 私は貝になりたい | トップページ | 花様年華 »

2008年12月 8日 (月)

ある愛の風景

Top
デンマークの鬼才,スザンネ・ビア監督作品。
この監督さんの,しあわせな孤独が素晴らしかったし,この「ある愛の風景」のハリウッド・リメイクの際は,ジェイク・ジレンホールとトビー・マグワイアが兄弟を演じると聞いて,「ぜひオリジナルを観なくては!とDVDで鑑賞。

Cap074
仲はよいが,対照的な兄弟,ミカエルとヤニック。
兄は優等生で,弟は気ままなアウトロー。兄のミカエルには美しい妻サラと,可愛い二人の娘たちがいて・・・・。彼がアフガニスタンへ従軍しなければ,平穏な生活は,なんら変わることはなかったのに・・・・。

ビア監督の描くのはいつも,突発的な出来事に平穏無事な生活を乱され,葛藤する人々の物語だ。誰の身にも起こってもおかしくない,不慮の出来事のせいで,露呈される人間本来の弱さや愚かさを容赦なくえぐり出し,善人同士の間に起こる悲劇を描く。と同時に,再生しようとする人間の強さや優しさも描かれる。鑑賞後は切なさとともに,深く人間について考えさせられるのだ。
Cap071
しあわせな孤独
の不慮の出来事は交通事故だったが,この作品の場合は戦争。根底には反戦のメッセージも込められているのかもしれない。

戦死の誤報と,ミカエルの捕虜生活の影響によって蝕まれてゆく兄弟の関係や,夫婦の関係。ミカエルの戦死を信じたヤニックとサラは,喪失感から心を寄せ合うようになる。一方,苛酷な捕虜生活で,想像を絶する「ある体験」を強要されたミカエルは,すっかり別人になって帰ってくる。

妻と弟の親密さに気づいて,疑心暗鬼になる兄。兄が不在の間に,兄の家族にすっかり頼りにされるようになった弟。そして,帰ってきた夫の変貌ぶりにうろたえ,なんとか絆を取り戻そうとする妻。両親の間の不穏な空気を感じ取って神経質になる子どもたち。

重すぎる秘密と良心の呵責に耐えかねて,愛する妻子に暴力的な八つ当たりをしてしまうミカエル。幸せだった家庭は,もはや修復不可能なくらい,亀裂が入ってしまったかのようにも思えたが・・・・。
Cap079
冒頭とラストに語られる,愛している,何があろうとも・・・というセリフ。たとえ何が起こっても決して揺るがない愛をひとは求め,そしてそれが可能であると思う。しかし,残酷な,あるいは皮肉な運命にひとたび遭遇すれば,愛は思いもよらない脆さをさらけ出す。
それでも,なお再び,愛している,何があろうとも・・・という気持ちを抱くのが,人間の性(さが)なのだろう。そして,やはりそうであってほしいと願う。ラスト,やっと妻に秘密を打ち明けることができたミカエルの号泣するシーンを見ながら,心からそう思った。

リメイク版は,苦悩する兄のミカエル役をトビーが,そして奔放で繊細な弟役をジェイクが演じるそうだけど,こうしてオリジナルを観て,それぞれのキャラや演じる役回りを知ると,なるほど二人とも適役かも~と,とっても楽しみになってきたのだが・・・・公開はいつされるんだろう?日本でも公開してほしいんだけど・・・・。ちなみにサラ役はナタリー・ポートマン。こちらも楽しみ。
160256view012
しかし,コニー・ニールセン・・・・グラディエーターの王女役のときから少しも美貌が衰えていなくって感激!完璧なスタイルとノーブルな顔立ちに何度も見とれてしまいました・・・・。

« 私は貝になりたい | トップページ | 花様年華 »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは。
この作品がハリウッドリメイクされるとは知っていましたが、ジェイク・ギレンホールとトビー・マグワイアですか!・・・この二人って似てると前からおもってましたが、兄弟役やるんですねー。どちらがお兄さんの役なのかしら・・・と思ったら、トビーなのですね。

ちなみにスザンネ・ピア監督の「アフターウェディング」もいい作品です。未見でしたら、是非。

ななさん、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
この映画、私には物凄く衝撃的でした・・・。
正直、これがリメイクされてどういう感じになるのか、うまく想像できません。
キャスト的にはとっても期待しているのですが・・・。果たして。
リメイクの撮影中、ヒースの悲劇があったんですよね。。ジェイクには辛い映画かも。
コニー・ニールセン、本当に美しいですね。
いい男もいいけど、綺麗なひとも好きだな~。
ではでは、また来ますね♪

ななさん、こんばんわ~
 そういえば、この映画公開初日の1回目に銀座で見たのでした、予想以上に超満員でした(初日特典でチョコ貰いました)
 映画はとても感動しっぱなしというかとても考えさせられて・・・いくつかのシーンがとても切なく涙こらえてました、特にななさんもいうラストはう~ん、もう切なすぎ!泣けました、あとは兄が戦場での捕虜仲間にしてしまった仕打ち・・・そのあとの彼の奥さんと赤ちゃんに会いにいった時の奥さんのセリフや兄の気持ちは切なすぎ・・・、もう1度見たいと思いつつ、重いせいかまだ見てませんが、ぜひ見たい作品です、愛を貫くというのが、強く感じられなかったんですが、それを2回目では強く感じとりたいなぁ、
 「ダークナイト」バッドポット付きにしようか迷っててすっかり予約忘れててななさんに言われ慌てて予約したら、バッドポッド付きは終了してました(涙)ななさんはバッドポッド付き?いよいよ明日ですね。
 

mayumiさん,こんばんは!
そうなんですよ,トビーとジェイクが兄弟役でリメイクやるんです。
>この二人って似てると前からおもってましたが・・・・
そうですよね!私も前からそう思ってました。
ジェイクに似てるから,トビーのことも好きなんですが
この二人が兄弟役・・・と聞くと,ファンとしては成功を祈ってしまいます。
「アフター・ウェディング」今日観ましたよ!
マッツ・ミケルセンも好きな俳優さんだし。
ビア監督作品の中では一番せつなかった・・・悲劇でないのにね。
とちゅう,何度も泣けてしかたがなかったなぁ。
また記事を書きたい作品です。

真紅さま こんばんは!
この監督さんの作品,ずっしり来ますよね,どれも。
>正直、これがリメイクされてどういう感じになるのか、うまく想像できません。
ハリウッドカラーではどんな感じになるのかな~,ちょっと怖い感じもしますね。
キャストは3人とも期待できそうなメンバーなんですが
映画全体の雰囲気は監督さんにかかってきますものね。
>リメイクの撮影中、ヒースの悲劇があったんですよね・・・
そうでした。ジェイクはショックでなかなか撮影に集中できなかったのじゃないかなぁ。
コニー・ニールセン,ほんと骨格とか完璧に美しいです。
同性でも憧れてしまいますよね。

↑の3番目のコメント,文面からしてイニスJrさんかな?
>初日特典でチョコ貰いました
わぁ,いいな~,しかし,なぜに特典がチョコ?
ビア監督の作品,「しあわせな孤独」と「アフターウエディング」とこれと3作観ましたが
どれも善人しか出てこないのに,ちょっとした運命のいたずらみたいなもので
登場人物が苦しんで,それがお互いに影響を与えあって
誰を責めるわけにもいかないから,そこがとっても切ない物語ばっかりなんですよね。
人間について,とてもシビアだけど優しい洞察を感じて
リー監督にちょっと似てるなぁ,と感じるところがあります。
>「ダークナイト」バッドポット付き・・・・
エッ!そんなんあるんですか~!(・oノ)ノ
私はアマゾンで予約したのですが,
きっと付いてないやつだと思います。ううむ,残念。
昨日発送したというメールが入ってたから
明日届くかな~?特典が楽しみ!
DVD観たらまた関連記事書くかも~~~(゚▽゚*)

 ななさん、3番目のコメント主イニスJrです(笑)名前忘れてました、ツタヤで予約したらバッドポッド付きがあったけど、売り切れでした、どうせなら欲しかったけど、やはりコアなファンは多いんでしょうね、
 「ある愛の・・・」のリメークはトビーとジェイクなんですよね、ぜひ見たい、それで撮影中のヒースの死・・・、そして「ダークナイト」公開・・・何か繋がってる・・・映画作れそう、いつかヒースの伝記映画も作られるでしょうね、
大分話がそれましたので失礼します。では、またです。

イニスJrさん,再コメントありがとうございます!
やはりアナタでしたか~,文章からすぐわかったのですけど~( ^ω^ )
ジェイクとトビーのリメイク,私も早く観たいですね~
ジェイクが演じると,寂しがり屋で切ない感じの弟になりそうですが
それはそれでとってもハマると私は思いますよ!
ジェイクはジェイクで,この作品を見ると
撮影当時のヒースの死を思い出して辛くなるんじゃないかな~なんて
ちょっと心配になったりもしますが。
ところで今日,帰宅したらダークナイトのDVD届いてました!(やっぱ何もついてませんでしたが)
特典もたっぷりみたいで,楽しみです!まだ観てませんが・・・
イニスJrさんは,今頃ご覧になってるかな?
私も明日観て(今日はもうこれから見始めると深夜になるから)
特典の感想をできたら記事にしますね~!

ななさん、こんばんは!
ご覧になったのですね。
この作品は本当に素晴らしい!作品でした。
コニー・ニールセンはハリウッド映画より、本国での作品の方が素敵に見えました。
コニーが演じた役、リメイク作の「Brothers」ではナタリー・ポートマンなのですね?どの俳優も若いですが、どのような展開になるのかちょっと興味深いですわね。

margotさん,こんばんは
ほんと素晴らしい作品で,リメイクに期待しながらも
このオリジナルを超えるのはハードル高いだろうなぁと思ってもおります。
コニーは,確かに本国でデンマーク語で演技している方が美しくいきいきとしてますね。
グラディエイターの時よりも,美しくて好感度もすごくアップ!しました。
リメイクはナタリーですが,美しさは負けてないにせよ
コニーの持つ大人の女性の包容力が出せるかしら?なんて思ってしまいました。

お邪魔します~~
リメイク楽しみですね。
ナタリーは最近大人の魅力出てきましたから期待したところですが。
なにせ、オリジナルの夫婦、どっしり感が
ありましたからね~~笑
でもでも、リメイク版は俳優さんの知名度が
高いし・・。彼らのせつない顔&苦悩みたら
キュン!!となること間違いなしですから
どっぷり浸れそうな気がしますね・・。
で・・アフターウエディングもご覧になられたとか。記事待っています~~
こっちもかなり好きです★

ななさん、こんにちは~♪
スザンネ・ビア監督って全然しらなかったのだけど、この作品と「アフターウエディング」を続けて見たら、すごい才能のある監督さんだな~ってビックリ。
トビーもジェイクも悪くは無いんだけど、頭の中で想像するとトビーとナタリーの夫婦っていうのがやけにこじんまりした夫婦に思えて・・・(爆)
3人とも演技が上手いから心配は無いでしょうが。

こんばんは、ななさん!
コメントありがとうございました。

なるほど、ハリウッドリメイクの前にこちらを予習なのですね!
この作品に特に足りない部分を感じないため、正直ハリウッドリメイクが必要なのだろうか?
なんて思ってしまう私だったりもするのですが、
でもそこは、俳優がまた魅力があって、惹き込まれて見てしまうことが出来るのでしょうか!
ななさんの記事を呼んでいたら、楽しみになってきました♪

みみこさん,こんばんは!
ナタリーは「ブーリン家」でも大人の女性の魅力が出てきたな~とは感じましたが
確かにこの物語,オリジナルのように
40代くらいの俳優さんが兄夫婦を演じるのがちょうどいいような気もしますよね。
弟はジェイクでぴったりのような気もしますが。
>彼らのせつない顔&苦悩みたら
>キュン!!となること間違いなしですから
そこらへんは,若くてもトビーもとっても上手いですし
期待したいですね!
「アフターウェディング」とってもよかった~
ただいま,「ダークナイト」のDVD観るのに時間がかかっちゃって
そこまで手がまわってないのですが
必ずアップしますから,待っててくださいね!

ミチさん こんばんは
>スザンネ・ビア監督って全然しらなかったのだけど、この作品と「アフターウエディング」を続けて見たら、すごい才能のある監督さんだな~ってビックリ。

そうでしょー!私は「しあわせな孤独」でこの監督さんに出会いましたが
ハリウッドにはいないタイプの,人間を深く描けるすばらしい監督さんですよね。
・・・・実はリメイクはオリジナルを超えられないのでは・・・と秘かに思っていますが
それでもリメイクに出る俳優さんみんな好きなので楽しみです!

とらねこさん,こんばんは
>この作品に特に足りない部分を感じないため、正直ハリウッドリメイクが必要なのだろうか?
私もそう感じました。
ハリウッドの方がネタ切れで,秀逸なこの作品を選んだのかも?
最近リメイク多いですしね・・・ハリウッド
そして結構失敗してるし~Σ(;・∀・)
>でもそこは、俳優がまた魅力があって、惹き込まれて見てしまうことが出来るのでしょうか!
うんうん,そこに期待したいですね!3人ともとっても魅力も実力もある俳優さんですから!


これは映画館で見ました。リメイク版の予習という事で(ちゃんと日本で公開してくれるんだろうか...?)
昔から、戦争によって心身共に傷ついた帰還兵の話は、直接的、間接的に描かれてきました。それはもう佃煮にするくらい。第一次大戦からかな?多く作られたのはベトナムだと思うけど。今だとイラクやアフガンになるのか。
イデオロギーの違いは克服できても(できてるか?)宗教上の対立は永久に平行線。それに戦争やりたいヤツは自分は安全圏にいて兵士達の凄惨な現場なんぞ知らない。だからいつまでたっても紛争は終わらない。たとえ数多の反戦映画が作られようと。

「闇の騎士」まだGETしておりません。すっかり遅れをとっております。でも耳の奥にはあの「アヒャッハハハ~!」がしっかり残っております。正月休みが長いからその間にDVD(NOT BLU-RAY)鑑賞しようと思っております、はい。
あ、そうそう、アチラのDVDにはFULL SCREEN(TVのブラウン管サイズ)てのもあるんですよ。こっちも買っちゃおうかなあ?と悩み中。

garagieさん,こんばんは!
この作品,ジェイクファンは,
リメイクの予習で観てるんですよね~(* ̄ー ̄*)
>ちゃんと日本で公開してくれるんだろうか...?
・・・私もそれは怪しいと心配しております。
なんたってジェイクの新作は,
ここんとこスルーされることが多いですからね。(-゛-メ)
まー,戦争はこの世があるかぎり,決して無くならないと思いますが
それでもその悲惨さは,映画や小説などで少しでも疑似体験を図って,
反戦思想を訴える必要は,これからもあるでしょうね・・・
ところでダークナイトのGETまだですか~
みなさん,ファンで購入されたという方も
「長いのでまだ観てない」という方多いみたい・・・
私も本編だけで疲れちゃって
特典はじっくり見てないのですが(ヒース出てこないしね)
DVDは早送りして,ジョーカーシーンだけ
ダイジェストで観れるからいいですね。
garagieさんも,お正月休みに
ゆっくりジョーカーの笑い声を楽しんでくださいね~

ななさん、こんばんは。
今年はスサンネ・ビア作品を知ることができたことがとてつもなく大きな収穫だったと云える年でした。この作品、素晴らしいですよね。

>それでも,なお再び,愛している,何があろうとも・・・という気持ちを抱くのが,人間の性(さが)なのだろう。

ここを読んで、ラストシーンを思い出して涙ぐんでしまいました(笑)。そ~なんですよね。哀しいくらい、愛を求める人間の性って、こうして見ている分には辛いけれど愛しい。
人の機微を鋭く捉えるビア監督作はこれからも追い続けます♪
わたしは正直リメイクが心配なのですが…(笑)。キャストは豪華なので、成功してほしいです。

リュカさん こんにちは
>今年はスサンネ・ビア作品を知ることができたことがとてつもなく大きな収穫だったと云える年でした。

ほんとうですね~,私もそうです。この監督さんの作品大好き!
人生の機微をよくわかっている・・・・まさにそんな感じで
いい具合に心の琴線に触れてきますね。じわじわと・・・
リメイクは役者さんの顔ぶれを見ると楽しみではあるのですが
ビア監督にしかないあの感性はなかなか真似できないのでは?と
私も少し心配ですね~。
ま,別物になってしまっても,また別の感動が味わえるならいいのですが~。
・・・・アメリカで公開遅れてるって話ですが,大丈夫かな?

私も彼が号泣するシーンはとても印象に残りました。
アフター・・でも妻に抱きついて夫が号泣するし・・
この監督さんの女性と男性の”性(さが)”の見方みたいなものも感じられました。

先日「悲しみが乾くまで」も見ちゃって、この1週間は
スサンネ・ビア監督ウィークでした~^^
見た直後のインパクト度では「悲しみが・・」もかなりなものでしたが、それは一重に私がデル・トロふぁんだから・・かもしれません(^^ゞ
彼の演技すんごかったです~!
・・とこの映画と直接関係ない話になりましたが(^^ゞ
ハリウッド・リメイクもいろんな意味で気になるところですよね~。
良いものになればいいけど・・
でも、あのロケーションの雰囲気だけは難しいかな~・・という気がします。
楽しみではあるんですけどね^^

メルさん こんばんは
レスが遅れちゃって申し訳ないです~

「悲しみが乾くまで」は私も先日観ました~
デルトロさんが,ほんといいオトコでしたね。
こういうやつれた役をする彼のなんと色っぽいこと!
でもその分,彼のインパクトが強すぎて
肝心のストーリーは,他のビア作品に比べてガツン
!ときませんでした。
ハル・ベリーにあまり感情移入できなかった・・・

「ある愛」のリメイク,公開されるんでしょうか?
ちょっと不安です。
いい役者さんが揃ってるから公開はぜひしてほしいのだけど
オリジナルを超えるのは無理かも~,と今から覚悟してます。

ななさん~こんにちは!
まとめて2つここで書かせてもらっちゃいます^^

私が見たビア監督の作品の順番は、「悲しみが乾くまで」→コレ→アフターウェディングなのです。
私はコレが一番好き!!
>コニー・ニールセン・・・・グラディエーター
そうなんだ!出ていたのね?全然もう覚えていないの・・・。スタイル良い~美人~知的~なんか素敵!って私もほれぼれしてしまったわ・・。

悲しみが~は、今思えば、確かにこの監督らしい作品だったな・・・って思うんだけど、正直、デルトロさんの演技以外では、それほどインパクト無かったのよね・・・。今見たら、もっと違った目線で見れたかな・・。ちなみに「しあわせな孤独」は未見!急ぎで見なくちゃ。

ななさんっ!!全然関係ない事だけど、お写真が~(^○^) ななさん、優しそう系美人だわん~~♪
  

latifaさん,こんばんは!
私はビア監督作品は「しあわせな孤独」→「ある愛の風景」→「アフター・ウェディング」→「悲しみが乾くまで」でした。
で,「悲しみ~」はイマイチで感想書いてないのよね。
でもベネチオ・デル・トロの演技は素晴らしかったですよ。そこにはきっちり感動。

「ある愛~」ではお話にも感動したけど
私もコニー・ニールセンの美しさにノックダウンされました。
グラディエーターの頃より美しくなってない?
凄く魅力的な女優さんでまさに北欧美人!という感じ。
ハリウッドでリメイクしても,これは超えられないんじゃないかしらね。
「しあわせな孤独」もいいですよ。女優さんも素敵です。

>ななさん、優しそう系美人だわん~~♪
ありがとうございます~(恥)
実はちっとも優しくはないです。
  


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/26000577

この記事へのトラックバック一覧です: ある愛の風景:

» 「ある愛の風景」 [It's a wonderful cinema]
 2004年/デンマーク  監督/スザンネ・ピア  出演/コニー・ニールセン      ウルリク・トムセン      ニコライ・リー・コス  スザンネ・ピア監督の作品は、いつも観終わった後に、何とも言えない切なさが残る。この作品は切なさというより、哀しみだったけれど。でも、とても好きな作品です。話の内容は全然違うのだけれど、フェリーニの「道」を観た時と同様に胸が苦しくて苦しくて、涙があふれそうでした。  アフガニスタンへの救援活動に行った夫のヘリが撃墜されたと伝えられた妻。家族は... [続きを読む]

» うちへ帰ろう〜『ある愛の風景』 [真紅のthinkingdays]
 BRODRE 「人生はいつだって矛盾に満ちている。けれど、この愛は変わらない」  職業軍人のミカエル(ウルリク・トムセン)は美しい妻... [続きを読む]

» 「ある愛の風景」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
 「Brødre」...aka「Brothers」 2004 デンマーク デンマーク人監督スザンネ・ビアが「しあわせな孤独/2002」と「アフター・ウエディング/2006」の間に作った、家族愛、人間ドラマ。 ヒロイン、サラを演じるのは「ディアボロス/悪魔の扉/1997」以来、「グラディエーター/2000」「ミッション・トゥ・マーズ/2000」「閉ざされた森/2003」etc.ハリウッド大作に出演している“Danish beauty”ことコニー・ニールセン。 ニールセンはこの作品で始めて出身国で... [続きを読む]

» 映画 【ある愛の風景】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ある愛の風景」 先日見た『アフター・ウェディング』のスサンネ・ビア監督の2004年の作品。 おはなし: 美しい妻サラ(コニー・ニールセン)と2人の娘を持つ国連軍のエリート兵士ミカエル(ウルリッヒ・トムセン)は、良き夫、良き父として幸せな日々を送っていた。しかし、アフガニスタンへ赴いた彼は、敵の捕虜となってしまう。一方、サラの元にはミカエルの訃報が届く。 兄弟のお話ということで、見る前から『ゆれる』を思い描いていたところもありました。 やっぱり同性の兄弟って一番身近なライバルだった... [続きを読む]

» #180.ある愛の風景 [レザボアCATs]
『しあわせな孤独』、『アフター・ウェディング』のスザンネ・ビア監督、'04年デンマーク映画。発表された順番で言うと、この間にあたる。'05年、サンダンス映画祭観客賞受賞他、いくつかの賞を受賞している。でも、「観客賞」というのがいいじゃないですか。... [続きを読む]

» ある愛の風景 [菫色映画]
ある愛の風景 スペシャル・エディションコニー・ニールセン, ウルリッヒ・トムセン, ニコライ・リー・コス, スサンネ・ビア角川エンタテインメント 2009-01-09by G-Tools 美しい妻サラとかわいい二人の子供のいるミカエル。 彼は包容力のあるやさしい人物で、何かと問題...... [続きを読む]

» 「ある愛の風景」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
深く重い作品でしたが、希望も・・・ [続きを読む]

» ある愛の風景 [映画の話でコーヒーブレイク]
いよいよ金曜日、{/m_0025/}決勝リーグ進出をかけた大事な試合の対戦相手がデンマー〜ク! だからという訳ではないのですが、今回取り上げるのはデンマーク映画です。 私にはあまり馴染みの無かったデンマーク映画。 記憶に残るのは「幸せになるためのイタリア語講座」くらいです。 イタリア語クラスで出会った人たちが、悩みを乗り越えてゆくストーリーに、私も幸せな気持になれました。 今回デンマーク映画でググッてみたら「ダンサー・イン・ザ・ダーク」もデンマーク映画だったんですね{/face_sup/} メチャ... [続きを読む]

« 私は貝になりたい | トップページ | 花様年華 »