MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 山の郵便配達 | トップページ | ペネロピ »

2008年10月 4日 (土)

スルース

Cap055_2
この作品,高評価の素晴らしいオリジナル(1972年)があるそうだが・・・そっちは未見なので,このリメイク版はまっさらな気持ちで鑑賞。

ワイクの屋敷を舞台に繰り広げられる,マイケル・ケインジュード・ロウ完全な二人芝居。「これって,もしかして登場人物はこの二人だけかい?」と思っていたら,やっと3人目(警察の男)が登場・・・・ところが彼の正体も実は・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノ (この,変装を取るところがとっても面白かった!)

Cap060 
妻を寝取られた老作家ワイクと,
寝取った愛人ティンドルの化かし合い。
老獪で無慈悲な老作家と,セクシーで野卑な愛人の対決。

ほとんど言葉による心理戦とも言える闘いは,時には相手を猫なで声で懐柔し,また時にはきわどい言葉で挑発したり,威嚇したりしながら,丁々発止と進んでゆく。もともとが舞台劇というだけあって,台詞の量が半端でないが,二人のやり取りのどの台詞も,重要な「裏」が隠されていそうで,一言も聞き洩らせないので緊張の連続だ。(・・・疲れた(^-^;))

真上から俯瞰する撮り方などの凝ったカメラワークや,ハイテク機器で統一されたスタイリッシュなインテリアや,ブルーを基調とした映像や,ピアノで奏でられるスリリングなテーマ曲は,なんだかとっても粋である。・・・ここらへんは,監督のケネス・ブラナーの持ち味だろう。

Cap050
ワイクもティンドルも,両方ともアクが強いキャラなので,どちらかを応援したい気には,とてもなれないまま,主導権がくるくると変わる緊迫したゲームを,ただ息を殺して見守っていた。どちらも,相手の誇りをズタズタに傷つけて貶めたいと願っている。

第1ラウンドは,ワイクの勝ち。
・・・・まあ,あんな胡散臭い話に乗ったティンドルって浅はかだよね~。
第2ラウンドは,一転してティンドルの猛烈な逆襲。・・・・いやはやティンドル,やっぱ役者だね!おみごと!と言うシーンが・・・。
そして最終の第3ラウンドは・・・・・。
あれ?あれれれれ???どして,そっちの方向へ話がいっちゃうの?と目が点になった。あんたたち,女性を取り合いしてたんじゃなかったっけ?
Cap062
この第3ラウンドはオリジナルとは変えてあるそうで,蛇足だという感想が多いけど,オリジナルを知らないので何とも言えないが,う~ん,確かにここでいきなり物語が失速し,なんだか消化不良のオチになってしまったかも。

で,結局,どっちが勝ったんですか?この勝負。
・・・・わからん。
精神的な面ではティンドルが勝ったような気がする。でも,ああいうことになったのでは,「勝った」とは言えまいし。引き分けか,どちらも負けたのかも知れない。結局,最後まで画面には登場しなかった「贅沢好き」の妻が,一番得をしたかも。

マイケル・ケインは,ダークナイトの時とは 大違いの「尊大で,狡猾でまことに厭らしい」キャラを完璧に演じていて,間の取り方や,瞬時に変わる表情など,やはり見事だ。

そしてそれにも増して見事だと思えたのが,ジュード・ロウ!ちょいワル・セクシー男の崩れた妖しい魅力にくらくらした。舞台出身だけあって,彼のセリフまわしや,立ち回りは,(ややオーバーアクション気味に演じていたが,計算だろう),見惚れるくらい華麗だ。
Cap052
この作品,た~っぷりと彼のアップが拝めるけど,彼って,鼻とか顎とか目とか輪郭とか,造型がほんと完璧なんだな~,と改めて感心した。
そう,ギリシャ彫像のように,完璧だ,まさに
・・・・・生え際以外は。

ほんと,美しい男だね。・・・死体になっても。
リプリーの彼も好きだけど,この「スルース」はジュードの代表作になるんじゃないかな?

« 山の郵便配達 | トップページ | ペネロピ »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

本当ジュードってば最高に素敵!(ノ´∀`*)
生え際以外はね~ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
でも、マイケル・ケインとの演技対決。
舞台的な映画で、とても見応えありましたね~♪

ななさん、こんばんは!
いつもTBありがとうございます!
正に舞台劇ですね。登場人物は二人ですもの。
あの刑事がジュードだと言うもの中々の設定だと思いました。
そうジュードはホント美しいです。
以前彼の対談番組(アメリカ製作のもの)でホストが、その美しい顔が演技に邪魔じゃないでしょうか?のようなコメントしてました。
でもどんな役を演じても美しいジュードはジュードですからどうしようもありませんね?
この映画、妻を最後迄登場させなかったのはニクい演出だと思いましたわ。

もう~~いやだ~~、ななんさんてばあ(笑)
うんうんと真剣に読んでいたのに、
最後に来て『完璧だ,まさに。・・・・・生え際以外は。』
に笑ちゃいましたよ~(^_^;)

この二人の演技バトルすごかったですね(^^ゞ
男の嫉妬って女より恐ろしい(*_*)
この二人の演技で長さは感じなかったものの
ななさんと同じで疲れました(笑)

こんな素敵な二人を争わせた妻を見たかったです(笑)
私はふんわりジュードが好きですが、こういう役の
彼は確かに魅力的ですね♪

あっ!テンプレ変わった!10月から?
気がつくの遅い?(^^ゞ

スルースにあってる背景ですね(^_-)-☆

ななさん、こんばんは~。
これは、できればオリジナルと見比べていただきた作品です。
オリジナル、なんでDVD化されないんでしょうねえ・・・。とっても面白いのですが。設定を現代に置き換えているとはいえ、やはり第3のゲームがね・・・なんでそっちの方向に?と思ってしまうのです。流れがつかめません。オリジナルのままで良かったと思います。

ちなみに私も、ななさんの「生え際以外は・・・」というセリフに大笑いしてしまいました。私は「オスカー・ワイルド」の頃のジュードが一番好きですね。すごく美しかった。あんなに美しければ、男でも惑わされてしまう・・・っていうぐらいでしたよ。

こんにちは。

オリジナルのビデオを散々捜したんですけど、結局見つからず終いなのが残念。
第3幕は確かに、「あらら。そっちですか」な感じでビックリしたけれど、
案外、それもアリかも、とわたしは素直に観たのでした。

それって、あまりに美しく傲慢で可愛く妖しく情けなく…という
今の年齢の自分が持てる全てを表現し尽くしたかのような、
麗しいジュードだったからこそ、なのかもしれないですけどね。
『クローサー』の、めそめそダメダメ男でさえ好きなわたしとしては(笑)
ジュードファンがジュードを観る映画として最高の作品だと思ったのでありました。

おはようさん。
これ観たい!!
ほんとに二人芝居なんだなあ。
スリリングな台詞の応酬が見応えありそう。
ジュード・ロウはうまいし、きれいな男ですな。
生え際はおいといて。。
「アルフィー」の時の彼も、セルフパロディみたいで好きだよ。笑

ななさん、こんにちは! コメントとTBをありがとうございました。
ジュード、好きなんですけど未見の作品も結構ある私です。
これはオリジナルが観てみたいですね~。
オリジナルが好きな方の、この作品に対する否定的なコメントも読んだことあります。
ケイン爺やの若い頃も、観てみたいですよね~。
何故DVD化されないんでしょうね? 権利関係がややこしいのかな~。。

ところで『山の郵便配達』私も大好きな映画ですよ。。
リウ・イエくん、ホントいいよね~。彼の声も好きです。
ではでは、また来ますね~。

こんにちは、ななさん!

>引き分けか,どちらも負けたのかも知れない
うん、本当にそうですね!どちらも負けたんでしょうね。
でも、二人の真剣勝負、とっても心に残りましたし、すごく鳥肌が立ってしまいました・・。
この映画、大好きになりましたよ。
こういう、舞台っぽい作りの映画って、なんだかどうしても心惹かれるものがあります。
ジュードのオススメは自分としては『ガタカ』です♪

miyuさん こんばんは
ジュードは素敵だよね~
自分の魅力を知りつくしていて
特にこの作品では,それを縦横無尽に操ってる感じがしたわ。
それにしても,惜しいね~,・・・生え際。ぷぷぷ。

margotさん こんばんは
そう,まさに舞台劇でした。
登場人物が二人しか出てこないということは
よっぽどその二人の演技がよくないと飽きてしまうと思うのですが
ジュードもケインも流石でしたね。
あの刑事は,わたしゃ途中まで気がつかなくて~
「こんな顔の俳優さん,いたっけ??」と散々考えてて
途中で「あ!(lll゚Д゚)」と気がつきました。
表情も声もまったく別人で,ジュードすごい!と思いました。
ジュードの美貌は確かに演技の邪魔かも。
でもだからこそ彼は,かけ離れた容貌の強烈キャラも演じてきたし
表情の演技も派手ですよね。
>この映画、妻を最後迄登場させなかったのはニクい演出だと思いましたわ。
そうですよね。彼女の衣装とか,電話とかで存在は強く感じさせていましたが
実体を見せなかったのはいい演出ですよね。

こんばんは

私、舞台劇が苦手なので、旧作待ちとなるかと思うのですが

>完璧だ,まさに。・・・・・生え際以外は。
ここ、ツボに入ってしまって!

ななさんの、おっしゃる通りです!
私も、ジュードの妖艶な魅力が大好きなんですが
まさに、生え際に後一捻り欲しい。お金持ちなんだから
チョビットだけ、植毛してよぉ~^_^;

ひろちゃん こんばんは!
「生え際」にウケてくださってうれしいです~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
なんだか後退っぷりがすごくって,
「サムライの月代(さかやき)」みたいですね・・・インタビュー映像なぞみると。
いっそブルース・ウィリスみたく丸禿げ・・・いやスキンヘッドになったほうが
イタリア人のようなセクシーさと潔さが出るかもしれませぬ。


>男の嫉妬って女より恐ろしい(*_*)
・・・という話は常日頃から聞いていましたが,やっぱりそうなんですね。
男性ってプライド高いからかしら・・・女性より。
ワイクとティンドルが,ねちっこい言葉の応酬を繰り返すところは
「ええ加減にせえよ~」と嫌気が・・・。
でも,その不毛で壮絶なバトルが見ごたえはありました。


mayumiさん こんばんは

オリジナル,このリメイクの影響でDVD化されるかも~
「オリジナルの方が見たい!」ってひとが増えてますよね。
第3幕は不自然だよね。・・・いや別にそっちの方向へ行ってもいいんだけど・・・
ジュードとケイン翁がカラみ始めたらどないしょ~( ̄Д ̄;;と
一瞬あの場面はあせってしまいました。
ジュードの「オスカー・ワイルド」なぜか観てます。lovely
オスカーの若いツバメでしたよね~,
も~~フランス人形の男版みたいに美しかったですよね!!
髪もふっさふさでしたし・・・
私が好きなジュード作品は「リプリー」と「スターリングラード」と
「クロコダイルの涙」かな?
・・・セクシーなジュードが好き。

悠雅さん こんばんは
悠雅さんは第3幕のあの展開もありなんですね~。
そうですね~,ジュードのあの魅力には,ワイクもぐらっと来そうですもんね。

>あまりに美しく傲慢で可愛く妖しく情けなく・・・
そうそう,そこですよ,この作品のジュードの魅力!heart04
傲慢も酷薄さも,情けなさも,あの美しい彼なら魅力に変わるのが不思議です。

>『クローサー』の、めそめそダメダメ男・・・
でしたっけ??「クローサー」は観たけどストーりーがいまいちで
そんなに記憶に残っていませんsweat01・・・。
この「スルース」はジュードのいろんな魅力が詰まったファン垂涎の作品ですよね!

アイマックさん こんばんは!
これ未見ですか~,
DVD出たから,そのうちレンタルしてみてね。
ジュード,ケイン,舞台劇,ケネス・ブラナー監督・・・
そのどれか一つでもお好きなら,大満足の作品かと。
後半の展開をどう感じるかは,人それぞれだと思うけど。
でもジュードの演技と色気は一見の価値はありますよ。
「アルフィー」は未見です。また観たいですね~。

真紅さま こんばんは
観てみたいですよね~,オリジナル!
ストーリーもですが,マイケル・ケインの若い頃って観てみたい!
オリジナル好きな方は,リメイク版に対する評価は厳しいようですが
それを確かめるためにも,オリジナル観てみたいです。
ま,リメイクはジュードの美しさを久々に堪能できたから
それだけでいいんですけど。(不純)


「山の郵便配達」いいですよね~,きっと真紅さまもお好きだろうな~と
思いながら鑑賞しました。
リウ・イエ君・・・今ひそかに私の中ではマイブームです。
そう,彼の声,素敵ですね。少しくぐもった声・・・というか
渋い声してます。

とらねこさん こんばんは
舞台劇がお好きなとらねこさんは,特にこの作品楽しめたようですね!
緊迫感がすごかったですよね~~
主導権があっちいったりこっちいったり・・・
まさにスポーツのシーソーゲームを観戦してるようで
一瞬も画面から目が離せませんでしたわ。
二人の怪演には,私も鳥肌たちそうでした・・・特にジュード。
彼の「ガタカ」そうそう,あれもよかったですね。
あのころの彼の完璧な美しさと,哀しい役柄(ラストが~~)が
すごく心に残っています。
「コールドマウンテン」もいい!!!!・・・悲劇も似合う。


アニーさん こんばんは
コメント,ありがとうございます!
ジュードの生え際,ツボにはまりました~?
なんだかここのコメント欄,
作品の内容そっちのけで「生え際」で盛り上がってて
ごめんね~,ジュード~~~( ´艸`)プププ
>まさに、生え際に後一捻り欲しい。お金持ちなんだから
>チョビットだけ、植毛してよぉ~^_^;
ほんと,あと少しだけ足せばいいのにね~。うふ。

こんにちわ。

そうそう・・・生え際以外はね(爆笑)。

これ、ジュードが製作にも関わっているじゃないですか。
んで、ケインにワイク役を依頼したら「ティンドルは誰がやるの。
もちろんキミだろ?」とかいうことを言われて、ジュードは予期せず
出演することになったんだそうです(苦笑)。

考えてみれば、監督、脚本、キャストの全てが英国やアイルランド
の出身者なんですよねえ。そのせいか、作品全体に漂う気品の高さが
ハリウッド映画とは一線を画しているなあと感じました。

旧作はDVD化されていないようです。
いつか機会があったらビデオでもなんでも見比べてみたいなあなんて
思っています♪

睦月さん こんばんは!
ほおお~,ジュード出演の裏にはそんなエピソードがあったのですか!
でも予期せずに出演した割には,ケインを喰う勢いのハマリ役でしたね。

>作品全体に漂う気品の高さが
>ハリウッド映画とは一線を画しているなあと感じました。
英国はシェイクスピアの国だけあって,演劇の歴史と格調は
ハリウッドは逆立ちしてもかなわないものがありますよね。
旧作,DVD化されないでしょうかね~~
このリメイクで,「旧作は名作」という宣伝ができたかもしれません。
でも私は,このリメイクもかなり好きですよ~。


ななさん☆
先日はお祝いのコメントいただき、ありがとうございます!
こちらこそ、これからもよろしくお願いします☆

こちらの作品は、、、ジュードがステキでした。
生え際以外は、、、笑
ほーんとに2人だけしか登場してこない作品で、、、それなのにすっごく楽しめたのは2人の素晴らしい俳優さん&ケネスブラナーだからなのかな。
あ、でも警官にはすっかりだまされちゃったけど☆
ぜひDVDでももう一度観たいな~って思っています。

きららさん,こんばんは!
いえいえ,お祝いが出遅れてしまってごめんね~
こちらこそ,末永く仲良くしてくださいね!
で,この作品ですが,2人芝居ということで興味津津で観ましたが
二人の主役の力量とオーラで,すごく緊迫感がありましたよね。
後半やや失速はしましたが,全然飽きなかったわ~
あの警官には私も途中までだまされました。
彼の正体に気づいたあたりが,一番ドキドキしたかなぁ~。
もうDVD出てるので,お安くなったらぜひレンタルを~。

こんばんは♪
いやあ、本当にひとつの言葉、ひとつの仕草、ひとつの表情、どれも見逃せないくらいの丁々発止でしたね。わたしも疲れたわ(笑)。
最終的な勝負の行方は微妙ですよね…。
相手を物理的に葬ったワイクの顔からは勝者の表情が読み取れなかったし。
こんな目の離せない演技合戦をしてくれた役者さん二人には拍手!です。ジュード、野卑なのに美しすぎ!
カメラワークも粋でしたよね。雰囲気もとても好みなので、こんな映画が増えると良いなあ~と思います♪

リュカさん こんばんは
リュカさんも疲れましたか~

>最終的な勝負の行方は微妙ですよね…。
>相手を物理的に葬ったワイクの顔からは勝者の表情が読み取れなかったし。
そうそう,あのくらーい表情は敗者のそれでしたね。
激情にかられてつい殺人の罪を犯してしまったことへの後悔なのか
それともマイロに振られたことがほんとにショックだったのか
・・・いまだによくわからないのですけど。

>ジュード、野卑なのに美しすぎ!
ですよね~,「ジゴロ」の美しさがありますよね。
ジュード好きですけど,特にこういうジュードは大好きです。

こんばんは!
ジュードが変装とるところはおもしろかったね。
ふたりの俳優の演技合戦はお見事でした。
私も最終ラウンドは目がテン・・・監督さんはふたりの個性を重視したんだろうか。誘惑しあうとはなあ。
ラストもイマイチでもったいなかった。
ジュードは素敵でした!!
M字でも惚れ直しましたよ。ハート目

こんにちは♪
ジュード大好き人間としては、今年は『スルース』と『マイ・ブルーベリー・ナイツ』があったのでホクホクでした(* ̄ー ̄*)
ちょっと老けたし、生え際はヤバ過ぎますが、大きなスクリーンでもアップに耐える顔だと思います。
第三ラウンドは失速気味ではありましたが、男×男という妖しいムードにもなりかけたので、個人的にはオッケーでした。
何十年後かにはジュードがワイク役でまたまた映画化されればいいな~。

2人の演技の腕の見せどころ・・と言う映画でしたね~。
2人の”演技”はほんとにすごいなぁ~って思いましたが、2人とも実際はそんなにマギーの事心底思ってるわけじゃないんじゃ・・と思ってしまいました。もう2人の意地の張り合いというか、独占翼を満たすためだけに頑張っちゃってるみたいなところがありましたよね。
私も3話目には、あら~?でした(^^;;)
それにあのラストも今ひとつ気に入らないと言うか、実はまだ・・なんて思ったりして(^^ゞ
私はマイケル・ケイン目当てで見たんですが^^彼がジュードの
役をやってると言うオリジナルが見てみたくなりました♪

お~,アイマックさん ご覧になったのね!
TBありがとうございます。
ジュードが変装とるところ,大げさなジェスチャーに見入ってしまいました。
お酒を頭から被ってメイクをごしごし落とすところは
「あっぱれ!」と思ってしまいました。何やってもサマになってたわ。
最終ラウンドの誘惑合戦は,いくらなんでも唐突すぎんじゃ・・?と思いました。
ま~,そっちへ行ってもお似合いの二人だとは思いましたが( ̄ー ̄)ニヤリ

ミチさん こんばんは
ジュードは若い盛りは過ぎたけど,まだまだ最前線で頑張ってる!という感じですね。
生え際だけは何とか手を打った方が,やはりいいとは思いますけど・・・。(* ̄ー ̄*)


>何十年後かにはジュードがワイク役でまたまた映画化されればいいな~。
そうですね~,そしてそのときのマイロ役には,
またまたセクシーな若手イケメンに扮してほしいですね!
そうやって代々リメイクが受け継がれていくといいんだわ~~~


メルさん こんばんは
メルさんは,これをマイケル・ケイン目当てでご覧になりましたか!
「ダークナイト」のアルフレッドとは似ても似つかぬ「いやらしい」役でしたが
さすがケイン・・・演技の風格が違いますね。
二人だけの演技って,俳優同士の間の取り方とか呼吸の合わせ方とか
相乗効果とか・・・とっても濃密な緊迫感が
ケインとジュードの間に生まれただろうな~と
それだけでもすごい作品ですよね!
ラストはわたしもいきなり突き放されたようで,消化不良ですけど。


今日は~、お邪魔しま~す。
ブログにTB&コメントをありがとうございました。

この映画はジュードの好きな方に絶賛されてますね~!
私は、今一感情移入できず残念ではありましたが、
ジュードの美しさは充分堪能いたしました。

オリジナルと第3ラウンドは違うのですか。。。
尚更オリジナルを見たいですね。
DVD化を待ちたいと思います。

またお邪魔させていただきますので、
こちらこそ宜しくお願いいたします。

小米花さん こんばんは
いらっしゃいませ!newヽ(´▽`)/
わたしも二人に感情移入はできませんでしたが
それでもなりゆきを見守るだけでも,ハラハラしましたね~
ジュード,けっこう私的には久しぶりで,嬉しかった・・・

オリジナルは,ラストが違うそうです。
こちらは少々ラストが失速したので,オリジナルの方を支持する方も多いとか・・・
ぜひ,見比べてみたいですよね。

これからもよろしくお願いします!

ななさん、こんばんは!
ジュード祭りが続いている私ですが、お薦めのこの映画で、
とうとうヤラレテしまった感があります(笑)
ジュードだからってだけでDVDパッケージも見ずに借りてきたので、予備知識がまったくなかった「スルース」・・
もう最初から最後までハラハラの展開で、とっても好きな映画になりました^^
映画が終わり、ため息をついたところで、監督がケネス・ブラナーだと知り、ますますテンションが上がってしまいました! 昨夜と今夜と、2回続けて見ちゃいました。
内容に関しては今さらなので申しませんが、
最後まで二人の演技にくぎ付けで、本当に重厚でスリリングで、スタイリッシュで、大好きです。ジュードの泣き顔が可愛かったな^^
そういえば「アルフィ」のオリジナル盤がマイケル・ケインが演じてたそうで、何かと縁がある二人ですね。
「アルフィ」のジュードも素敵でしたぁconfident

ちーさん こんばんは!

これはジュードのファンでなくても
けっこうハラハラドキドキと楽しめるサスペンスですよね。
登場人物が2人だけの密室劇,というのも
俳優たちの力量だめし,という感じで楽しめますし。
ケネス・ブラナーはわたしは役者としても好きなんですが
監督としてもいい仕事しますよね。
ついでにマイケル・ケインも好きだし。
頭脳戦のような展開もとっても好みでした。
この作品のジュードはお顔もですけど
芝居がかった身ごなしもとっても華麗で
彼の一挙一動から目が離せませんよね~。
「アルフィー」は未見なのですよ。
また機会があったら観てみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/24255539

この記事へのトラックバック一覧です: スルース:

» スルース [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『男の嫉妬は 世界を滅ぼす。』  コチラの「スルース」は、アンソニー・シェイファーの舞台劇を1972年に映画化した「探偵<スルース>」のリメイクで、3/8公開となったPG-12指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  オリジナルは未見なのですが、オ....... [続きを読む]

» 「スルース」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Sleuth 」2007 「リトル・ボイス/1998」「愛の落日/2002」のマイケル・ケインと「マイ・ブルーベリー・ナイツ/2007」のジュード・ロウが火花を散らすサスペンス・ドラマ。 監督は「ハムレット/1996」「舞台より素敵な生活/2000」のケネス・ブラナー。 脚本はノーベル文学賞受賞者のハロルド・ピンター。 ある日、人気推理小説家ワイク(ケイン)のロンドン郊外の瀟洒な邸宅に一人の男が訪ねて来る。男は、自分はマギーの恋人マイロ・ティンドル(ロウ)だと告げ、彼女との離婚に合意し... [続きを読む]

» ★スルース(2007)★ [CinemaCollection]
SLEUTH男の嫉妬は世界を滅ぼす。上映時間89分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ハピネット)初公開年月2008/03/08ジャンルミステリー/サスペンス/ドラマ映倫PG-12【解説】ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインの競演で72年に映画化されたアンソニー・シェイファーの...... [続きを読む]

» 「スルース」 [It's a wonderful cinema]
 2007年/アメリカ  監督/ケネス・ブラナー  出演/マイケル・ケイン      ジュード・ロウ  監督ケネス・ブラナー。主演はマイケル・ケインとジュード・ロウ。元はアンソニー・シェーファーの舞台劇。1972年にローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインで一度映画化されています。  ミステリー作家アンドリューの邸宅に、マイロと名乗る美青年が訪れる。彼は妻の愛人で、アンドリューに離婚に同意するよう迫る。そこでアンドリューはマイロにある提案を持ちかける・・・というストーリー。 ... [続きを読む]

» スルース [悠雅的生活]
醜くも・・・美しい男たちのゲーム [続きを読む]

» 「スルース(SLEUTH )」映画感想 [Wilderlandwandar]
我想一個人映画美的女人blog のmigさんが2回も見たというお薦めの映画が公開になっていたので見てきました。 紹介文「 [続きを読む]

» 52●スルース [レザボアCATs]
舞台劇風の脚本が大好きな私には、ピンポイントにツボった作品。限定された空間、限定されたシチュエーション、台詞とシンプルな設定。これだけで、人間の憎しみも哀しみも愛も人生も、全て表現される・・・そんな特殊な空間だ。... [続きを読む]

» 映画 『スルース』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの名匠ケネス・ブラナーがリメーク。豪華な屋敷を舞台に、初老の推理小説家と彼の妻の若き浮気相手による心理戦が繰り広げられる。ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案。それは、ワイクが所有する高価なネックレスをティンドルに盗み出してほしいというものだった。今... [続きを読む]

» スルース [菫色映画]
スルース 【探偵】マイケル・ケイン, ジュード・ロウ, ケネス・ブラナーHappinet(SB)(D) 2008-09-26by G-Tools 男二人の騙しと駆け引き。 ネタバレ有りです。 高名な小説家ワイクを訪ねる一人の男。 ワイクの妻の愛人のマイロだ。 彼はなかなか離婚を承諾しない....... [続きを読む]

» スルース/ SLEUTH (2度目鑑賞) [我想一個人映画美的女人blog]
1972年のオリジナル『探偵スルース』がスタイリッシュに蘇った! 夫VS妻の愛人{/atten/} ひとりの女をめぐり、男の嫉妬、羞恥心さらけだしバトル。 勝者はどっちだ?! 去年の秋、トロント映画祭で観てきたこの作品。 基となってるお芝居の方も過去に観たし、マイケル・ケインとローレンス・オリビエのオリジナル版も観た。 マイケル・ケイン若いよ。 そしてまた二度目の鑑賞、、、、 どんだけ観るんじゃ!って感じだけど 字幕なしで観たのでもう一度観たかったの♪ 日本に来るのは意外と早かったかな... [続きを読む]

» スルース 【探偵】 [小部屋日記]
Sleuth(2007/アメリカ)【DVD】 監督・製作: ケネス・ブラナー 出演:マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの俳優でもあるケネス・ブラナーがリメーク。 夫VS妻の浮気相手。ひとりの女をめぐっての心理サスペンス。 story ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言... [続きを読む]

» 映画 【スルース】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「スルース」 1972年の映画『探偵<スルース>』をケネス・ブラナー監督がリメーク。 おはなし:ベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の豪邸に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやってくる。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案する。 元々は70年初演の戯曲なんですね。舞台は一軒の邸宅で、登場人物は ほぼ二人。会話がすべてであり、一瞬も目を離せない緊迫感ある89分間のサスペンスでした。 一人の女を巡って年老いた夫と若い愛人が... [続きを読む]

» 「スルース」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
ベストセラー推理作家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)が暮らすロンドン郊外の豪邸。 ここに、若い俳優マイロ・ティンドル(シュード・ロウ)が訪ねてくる。彼こそは、ワイクの妻マギーの 浮気相手。この日の来訪は、ワイクにマギーとの離婚を迫るためだった。それを承知で彼を 穏やかに招き入れるワイク。そして、失業中だというティンドルに、贅沢が身についた妻を 満足させることはできないだろうと切り出すと、あらかじめ用意していたある提案を持ちかける・・・。 オリジナルは未見です。 この映画は良くも悪くも、... [続きを読む]

» スルース 【探偵】 [こんな映画見ました〜]
『スルース 【探偵】』 ---SLEUTH --- 2007年(アメリカ) 監督:ケネス・ブラナー 出演:マイケル・ケイン 、 ジュード・ロウ ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインの競演で72年に映画化されたアンソニー・シェイファーの傑作戯曲を、マイケル・ケインとジュード・ロウの競演で再映画。 ひとりの女を巡って、夫である初老の推理作家と浮気相手の若い俳優が、互いに罠を張り巡らせ危険な心理戦を繰り広げるさまをスリリングに綴る。 今回はローレンス・オリヴィエが演じた夫役にマイケル・... [続きを読む]

« 山の郵便配達 | トップページ | ペネロピ »