MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« スルース | トップページ | 王妃の紋章 »

2008年10月 6日 (月)

ペネロピ

Wallpaper_1280_1024_01
これのジェームス・マカヴォイがいい!と聞いて鑑賞。
とっても可愛い,愛のおとぎ話だった。
・・・・人間の価値は外見じゃない,自分の幸せは自分でつかむ・・・というテーマらしいが,そういった深いテーマに感動するより,素直にこの作品のキュートさを楽しんだかなぁ,私の場合は。

呪いのために,豚の鼻を持って生まれたペネロピ。女性の顔の鼻だけ豚pigというのはどんな感じになるのかな〜と思ったが,意外にキュートだった。
Cap077
クリスティーナ・リッチの,どちらかというと扁平なファニーフェイスには,この鼻はしっくり収まっていた。輪郭が面長な女優さんなら,こうはいかないだろう。それでも,まぎれもなく豚の鼻には違いないので,求婚者はギョッ!としたとは思うが。

両親,特に彼女の母は,ペネロピの鼻を嘆き,「今のあなたは,本当のあなたじゃない」と,呪いを解こうと躍起になるが,当のペネロピ自身は,そんな母親をどこか冷めた目で見ている。・・・・鼻は豚だが,そして幼い時から幽閉同然の生活を送ってきたのだが,彼女が個性豊かで,魅力的な精神を持った少女であることは,そのファッションや部屋の小物の数々からもうかがえる。(彼女のファッションが最高に可愛いのだ!)

Cap078_2
そして,彼女の呪いを解くことができる(はずの)名家の生まれのマックスを演じた,われらがマカヴォイ君・・・・。
も~ね~~((w´ω`w))
ほんとうに素敵だった!
この作品の彼!

何がって・・・・が。 
顔がすごく綺麗。(←そこかよ~)
ヘアスタイルも,無造作なボサボサヘアなんだけど,今までの中で,一番似合ってる。前髪の具合なんか,最高!!!「つぐない」ではやつれてたし,「ラストキング・オブ・スコットランド」ではニヤけてたし,「ウォンテッド」ではマッチョに傾いてた彼の美貌が,この作品では無キズの状態で楽しめる感じだ。

役柄はいつものような「ヘタレ」っぽいキャラで,
たしかに「落ちこぼれ」て「やさぐれ」てる。・・・・

何かの対談記事で読んだけど,自分でも「殴られ役」がけっこう気に入ってるという彼・・・・この作品では残念ながら,別に誰にも殴られはしないが,情けないキャラであることは間違いない。(でも,そこが母性本能をくすぐる点は,いつもと同じだわ。)
彼は,はじめは不純な動機でペネロピに近づくけど,彼女を本気で愛してしまう。

Cap080_3
青いのか,緑なんだか・・・・・,
きらめく瞳shineが超ラブリー~~lovely
この作品では,歌も披露していて,歌声もなかなか素敵。
なんだろうね~~,気弱で,悪癖もいっぱい持ってそうだけど,とにかく愛さずにはいられない男性を演じさせるとピカイチの彼・・・・きっとご本人はしっかりした方なんでしょうけど。

あと,家出したペネロピを保護する,ちょっとハジけた女友達アニーに,リース・ウィザースプーンが扮していた。彼女は製作もしていて,作品には思い入れが強いらしい。

・・・・個人的には,ジェイクの彼女,ということで,ついついリースのことは「ひがみ目線」で見てしまいがちだけど,久々に彼女の演技を見てみると,やっぱりうまいし,オーラが違う。奇天烈なファッションや蓮っ葉な口調がとっても可愛くて,作品の中でいいスパイス的な役割を果たしていた。
Cap092

ペネロピの呪いが解けたのは,結婚による他力本願によってではなく,「ありのままの自分を受け入れる」という自力本願によってだった・・・・。ここで急に道徳的,あるいは教訓的な雰囲気が出てくるけど,そういえば,おとぎ話って,たいがいは教訓がこめられてるものだ。・・・・

だから自分も自力で前向きに困難を乗り切ろう・・・とまで深い感銘は受けなかったけど,鑑賞後は,ほんわか~とハッピーでさわやかな気分。とにかく,マカヴォイ君の魅力が満載の作品だ。小品だけど,マカヴォイに関して言えば,ウォンテッドより好きかも。

Cap087

« スルース | トップページ | 王妃の紋章 »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

こちらにも♪
もうーななさん!
私もこのときのマカヴォイにはすっかりやられちゃいましたよぅ~☆
めっちゃめちゃキュートでした。
ウォンテッドよりも何よりもイチバンよかったなぁ~。
あ、もちろんクリスティーナリッチも可愛かったんだけどね、、、すっかりかすんじゃった☆
映画そのものもかわいいし、とっても満足なのでした♪

ななさん、こんにちは~!
この映画でのマカヴォイ君はとっても素敵でしたね。私はこれでの彼が今まで見た彼の出てる映画の中で、一番素敵だと思いました。あっと、タムナスさんは未見です・・

で、
>リース・ウィザースプーンが扮していた。彼女は製作もしていて,作品には思い入れが強いらしい。・・・・個人的には,ジェイクの彼女,ということで
 おおお~~そうなんですか!彼女ってば、ジェイクさんの彼女なのですね? 私は恥ずかしながらこの女性の事良く知らなくて、つい最近知ったんです(^^;) もうちょっと注目して見れば良かったな~。

この映画は洋服やお部屋や、主役の2人、脇役達、内容など全て良くて、かなりお気に入りの映画です☆

きららさん,こちらにもありがとう!
マカヴォイくん,キュートでしたよね。
ヒロインを喰ってしまうくらい可愛かったです。
出番は「つぐない」や「ウォンテッド」より少ないのに
ラブリーさがね~,もう食べちゃいたいくらいよかったです。
このお話自体は,好きでも嫌いでもなくて
インタビューで製作のリース・ウイザースプーンがベタ褒めするほど
「感動的」な話とは思わないけど(魅力的な作品ではあります)
とにかくマカヴォイにやられました!

latifa さん こんばんは!
latifa さんも,この作品のマカヴォイが一番素敵だと思いますか!やっぱりね~
私はこれまで,タムナスさんが一番だったのですが,
こちらにか~るく抜かれてしまいましたね。・・・可愛いすぎ。
リースはジェイクが結婚を前提に
熱愛交際をしているお相手(もう長い)です。(# ̄З ̄)
「レンディション」の共演以来の仲らしくて・・・
外見というよりは知的な魅力や才能に,お互い惹かれたようなカップルですね。
まぁ,ジェイクは元カノのキルスティンもファニーフェイス系でしたけど。
お似合いだと思うのですが,リースはバツイチで連れ子つきなので
初婚のジェイクが不憫に思える時もあり・・・
一介のファンがとやかく言うことではありませんが・・・
リース演じるアニーがこの作品の中で,
「あたしも耳を整形しよっかな~」とペネロピに言うシーンでは
「・・・いや,アンタはその前に顎を整形すれば?」と
ついつい心の中で毒ついてしまいましたよ~。てへ。

 

ななさん、こんばんは~。
気に入られたようで何より♪絶対ななさんは、このマカヴォイくんを気に入ると思ってました!そうそう、髪型もいいんですよね~。私はこの作品のマカヴォイくんを観て、コロリとやられました(笑)。

そして、リースの「耳整形しようかな~」のセリフ。私もななさんと同じく「顎だろ!」と思ったクチです。ある意味、「顎整形しようかな~」というセリフだったら、彼女はツワモノだわ、と感心したと思いますよ。

こんばんは!
この映画、キュートだったねー。
クリスティナ・リッチの小さい丸顔にブタの鼻がぴったりはまるんだよね。
お尋ね者のビラの絵は恐すぎだけど〜
ペネロピはまっとうに育っているのに、母親に呪いがかかってたな。笑
マカヴォイ君はほんとにヘタレが似合うと思う。
小動物系で嫌みがまったくないのよね。歌うシーンは歓喜でした!
リース・ウィザースプーンはイメージ以上に頭のいい女性らしいね。
彼女らしいプロデュースだと思うな。

えーー、ジェイクの彼女なんですか!!
って食いつくところはそこかよ、ですが、へーー、びっくり。
あたし、結構ライアン君が好きだったのですよ。若夫婦で頑張ってるなあと思ってたのですが。
このリースは、とっても良かったですね。主役のときより、ずっと好感が持てた。いい立ち位置でした。
って、前置きはその位で、!!!!!マカヴォイ君!!!!!いいですねええええ。
その写真のマカヴォイ君のちょっとクマが出ている目のあたり!!ちょっとやつれ気味で、やっぱ貧乏くささがにじみ出てるところがデヘ;です。
そっか、DVD鑑賞の季節なのですね。どうしよう?買っちゃおうかな。デヘ、です。

mayumiさん こんばんは
これ,薦めてくださってありがとう!
マカヴォイ君,最高にキュートで~~(*´v゚*)ゞ
も~~,どうしようかと思いましたわ。
あの髪形,とっても似合ってます。ストレート気味の方が似合いますよね,彼。
ウォンテッドのパーマヘアよりずっといいわ。
リースの「顎整形・・・」うふふ,みんな思いますよね~,絶対。
まあ,彼女はあの顎がまたチャームポイントかもしれないので
整形しちゃうと,個性がなくなるかもね。

>ある意味、「顎整形しようかな~」というセリフだったら、彼女はツワモノだわ、と感心したと思いますよ。
ほんとだ~~,もし劇中でそんなセリフをアドリブで言ったなら
私,彼女を見直しちゃいそう!


アイマックさん こんばんは!
可愛らしい物語でしたね。
そしてヒロインもヒーローも可愛らしい・・お似合いカップルでした。
でも交際が始まると,絶対しっかりしてるペネロピが主導権取りそうですが・・・
呪いがかかっていたのは母親・・・確かにそうかも。
父親のクールさ,とぼけたところが面白かったです。
マカヴォイ君の歌声,話し声と同じなんだけど,歌い方とっても上手でした。
彼って,笑顔が甘くって好きなの~~~
リースはかなり頭脳明晰だと思いますよ。
ジェイクのことはおいといて,好きな女優さんではあります。

sakuraiさん こんばんは!
そうそうリースはジェイクの彼女ですよ~
いつ別れるかと期待してるんですけど・・・・
ライアンとの間の二人の子供もいっしょに
デート写真がたくさんフォーカスされてますね~。
「優等生カップル」だなんてあっる雑誌に書かれてましたね~(-゛-メ)

で,それはそれとして,マカヴォイくん!
>ちょっとやつれ気味で、やっぱ貧乏くささがにじみ出てるところがデヘ;です。
貧乏くさいのに素敵~~という彼は不思議な存在ですよね
でも,やっぱりそこが母性本能をくすぐるのよね。
「ウォンテッド」でも前半はクラクラするくらい貧乏くさかったよね。

『ナルニア』から何気にマカボーイ出演作はぜんぶ見てます。『ウォンテッド』も先日見てきました。別にファンというわけではなく、たまたまなんですが
で、この作品の彼は一番「普通」だと思いました(笑) あと女性が原因で破滅する役が多いなか、この映画では珍しくいい目が見られたので「よかったネ♪」と思いました

クリスティーナの方は少し前に『スピードレーサー』でも見ましたが、この映画より老けて見えました・・・ なんでだろ。姉さん女房的な役柄だったからだろうか・・・

絵本から抜け出たようなアートが印象的な映画でした。サブキャラでは最後においしいとこ持ってった片目のカメラマンが気に入っております

う~~~ん、やっぱりこうやって見ると、見れば見るほど
マカヴォイ君は素敵だわ~~~~^^うっとりです~♪
この後に「つぐない」を見ましたが、やっぱりこっちのマカヴォイ君の方が私は好き~(^ー^* )フフ♪ ぞっこんになりました(^▽^)V

そうそう、他力本願な結末が多い御伽噺、でも、しっかりいつも
教訓があるのも御伽噺で、今回の教訓は、もう1つのありがちな
他力本願を、実はそうじゃないんだよ・・と教えてくれましたね。

私はまだ「ウォンテッド」は未見なんですが、ななさんみたいに
こっちの方が素敵、ってやっぱり思うかな~^^
楽しみです♪

SGAさん,こんばんは!
>女性が原因で破滅する役・・・
あはは,そういえば,「つぐない」や「ラストキング」はそうですね。
それもかなりひどい目に逢ってるし~~~
彼にしては,ほのぼのハッピーエンドのラブストーリーって
珍しいかも。この作品ではラストに彼女のぶらんこ押したりしちゃって
どこまでもラブリーでしたねぇ。

>サブキャラでは最後においしいとこ持ってった片目のカメラマンが気に入っております
あのカメラマンさん,いい味でしたね。
ナルニアでも小人を演じていましたよね~,
そういやマカヴォイも,もとナルニアの住人でしたわ。

メルさん こんばんは!
いいでしょ~,この作品のマカヴォイ君!
こうして画像をあらためて見ながらうっとりしております・・・。
彼が歌うシーンも,めちゃくちゃ好きなんですが・・・。
程よい具合に教訓がこめられたストーリーも,キャストのハマリ具合も
なかなかよかったです。
私は基本的に,こういうファンタジックなラブコメは
「必ず観たい!」とまでは思いませんが
これは皆さんにもお勧めできるかと・・・。
「ウォンテッド」のマカヴォイも,マッチョな感じもなかなか素敵ですが
「ペネロピ」の彼なんかと比べると,「やっぱりあなたはラブリー系でしょ?」と思ってしまいました。

ひぇ~観たのね!!ペネロピを!!
私はまだ未見なんですよ~
ちょっとお写真を見ると、、、マカヴォイ君が果てしなくキュートではないですかlovely
お話なんてどうでもいいから(笑)、何としてもマカヴォイ君を堪能しなければ!!!
近いうちにレンタルするつもりなので、観たら感想を読ませて下さいね♪また来ますnote

由香さ~ん!
きゃー,見て見て~,このマカヴォイ君!って感じでしょ。
最高ですよ~,今までで一番可愛いです,彼(きっぱり)
>お話なんてどうでもいいから(笑)・・・
私もそうでした~。ストーリーがたとえ破たんしていても
このマカヴォイ君が見れるならすべてオッケーなんですが
でも,お話もよかったですけどね。
彼の「ユー・アー・マイ・サンシャイン」の歌声もと~っても素敵ですよ。
由香さんの感想も楽しみにしてます!

ななさん、こんにちは!

ジェームズ・マカヴォイは「ウォンテッド」よりこちらの作品の方が断然似合っていましたよね。
女性がキュン!となるのもわかるような気がします。
マックスは男のいい加減なところと頼もしいところを両方持っている感じがしますよね。
ペネロピは女性のかわいいところと強いところと。
とっても二人はしっくりといく感じですよね。

はらやんさん こんばんは!
ウォンテッドも悪くはないのですが,強くなったときより
前半のヘタレのときの方が,輝いていた気もします・・・( ´艸`)プププ・・・

>マックスは男のいい加減なところと頼もしいところを両方持っている感じがしますよね。
そうですね!「男のいい加減なところ」って美徳ではないのでしょうけど
母性本能をかきたてられて,チャームポイントにはなります・・・
あ,それも,その人次第ですけどね。(単に怒りを呼ぶだけのタイプもいるよ)
マカヴォイ(演じるタイプ)のいい加減さって,可愛いんですよね。


ななさん、こんばんは~♪
コメント・TBありがとうございましたあ^^
大好きなペネロピなのに出遅れてしまいました(^_^;)

ねっ?ねっ?マカヴォイ君はやはり
この作品が1番でしょ?とず~~と言い続けて
いる私です(笑)髪型もこの感じが1番好き^^
母性本能刺激されまくりです(爆)

作品的に、期待していなかったせいもありますが(^^ゞ
なんてかわいい物語、映画なんだろうって
思って気にいってしまいました(*^o^*)

>素直にこの作品のキュートさを楽しんだかなぁ,私の場合は。

私もこの映画のメッセージも素敵と思いましたが、
ななさんと同じで、上にも書きましたが、
作品としてのキュートさが心地良かったです^^
観終った後に、幸せな気分になりますよね(^_-)-☆

ここの画像で見ると、素敵すぎます。
マカヴォイのきらめく瞳(笑)が、ほんとぉ青いのか緑なんだか、はぁ〜、よろしゅうおすなぁ〜♪
マカヴォイ、ヘタレだろーが貧乏くさかろーが、愛されキャラですね^^

お話も、スゴく可愛い!ほわ〜と癒されました。


>「・・・いや,アンタはその前に顎を整形すれば?」
男前の女友達リースさんも素敵でしたが...
↑の、ななさんのコメントには笑わせてもらいました。

ひろちゃん こんばんは!
そうなんですよ~,このマカヴォイ最高!です。
表情も,髪形も,しぐさも,性格も,歌声もみんなラブリーでした。
少女マンガに出てくる男の子みたいです。
・・・このお話自体が少女マンガっぽいですから
ぴったりのヒーローだったのかも。
クリスティーナも可愛いし,この物語にクールなイケメンが出ても
なんだか似合わないので,マカヴォイ君の甘めの雰囲気が
ちょうどマッチしていましたね。
作品ごとにいろんなお顔があるので,
ご本人の素顔はいったいどんなキャラなんでしょうね~
奥様も年上らしいし,やっぱりラブリーキャラなのかしら?
・・・気になるところです。

あんさん こんばんは!
>ここの画像で見ると、素敵すぎます。
うふっ,うふ,うふ・・・そ~でしょぉぉぉ(←すでに壊れてる)
気合いを入れて画像貼ってますもん。
ただし,修正しすぎて顔色明るくしたら
なぜか眼の下のクマがきつくなっちゃって・・・
ごめんよ~,マカヴォイ,やつれて貧乏くさくなっちゃったわ~。
そこがチャームポイントだけどね。
リース姐さんの顎整形は~,みんなそう思いません?
なんて言うとリースファンの皆様に怒られそうですかね?


こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

この作品のマカヴォイ、ほんとに萌え萌えでしたわね~~
あの美しい瞳、少し寂しげな表情・・・
ヨーロッパ美声年好きにはたまらないですわん★
お話もさることながら、結局彼をメインで追っておりました~(^^;)

nonさん,こんばんは
マカヴォイくん最高でしたね!
>あの美しい瞳、少し寂しげな表情・・・
そうそう,彼はちょっと不幸な役が似合うんですよね。
母性本能を激しく刺激されます。( ̄▽ ̄)
>お話もさることながら、結局彼をメインで追っておりました~(^^;)
私もですよー。結構,ストーリーはどうでもよかったです,私の場合。


ななさん、こんにちは! コメントとTBをありがとうございました。
ところで、最近TBが届いてないみたいですが、こちらはどうでしょうか?
TBがホント、不安定でご迷惑をおかけします。ごめんなさいね!

この映画、マカヴォイくんがホントーーーーにキューーーート!!でしたね♪
正直、私は彼はそんなに好みというわけではないのですが、これは素敵だったわ~。
リースもね、この映画をプロデュースしたってことで結構見直しましたよ。
でも、裏方に専念してたらもっと好感度↑だったのに~(笑)。
ではでは、また来ますね~。

真紅さま こんにちは
きょうはすっごく寒いですね。雪模様ですわ。
TBは今回はバッチシですよ~
こちらこそ,ココログが不安定のせいでご迷惑をおかけしています。

さてさて,この作品のマカヴォイは
ほんと万人ウケするキュートさだったでしょ?
私はジェイクとヒースとギャスパー命ですが
最近はマカヴォイにもハマってます。
・・・そのわりにDVD持ってないですけどね,彼の。
リースは個人的にはいろいろ思惑あるんですが(ジェイクがらみね)
頭のよい女優さんで,確かに魅力的ですよね!

ななさん、こんにちは!
師走ということで、お忙しい日々をお過ごしのことと思います。
そんな時になんですが、、、
マカヴォイ君が超~~~~~可愛かったよねぇ~~~~heart04heart04heart04
わ・わたし・・・レンタルしてきて5回も観ました、この映画。
オマケに気が狂ったのかどうか分かりませんが、マカヴォイ君の目つきや顔つき、ちょっとした仕草がジェラルド・バトラーとかぶって見えて、、、一人で大興奮でした!!
良いわ~良い。ああ~良いわ~heart04
お話も可愛らしくてお気に入りです♪(とってつけ・笑)こういう系のファンタジーが大好きだなんて、、、私もまだまだ乙女だなsmile

由香さん こんばんは!
おお,レンタルされたのですね~
で,で,なんと!( ̄◆ ̄;)
ご,5回もご覧になったのですか~sign03
>オマケに気が狂ったのかどうか分かりませんが、マカヴォイ君の目つきや顔つき、ちょっとした仕草がジェラルド・バトラーとかぶって見えて・・・・
えー!Gサマとマカヴォイ君が?・・・やさぐれ具合がかぶるのか???
そういえばどちらも母性本能くすぐり系ではありますが・・・
でもいいでしょ~,お勧めでしょ~heart04このマカヴォイ!
可愛くってもー,刻んで食べてしまいたいです。(←どS)
お話もほんわかキュートで万人ウケしますよね。
ま・・・私はこういうお話は実はどうでもよかったりする冷酷な人間ですがsweat01
とにかくマカヴォイ見たさにこれから何度もDVD借りると思います(だったら買え!)

クリスティーナ・リッチの豚の鼻、似合ってましたよね!!
すぐ見慣れちゃいました。

私は、作品のキュートさもかなり好きだけど
テーマにかなりグッと心を掴まれました。
ちょっぴり落ち込んでいるときだったのもあってthink
見終わった後には、ほんわか&元気になれました。
素敵な作品ですよね!

マカヴォイくんのカッコよさにも癒されたかも(笑)

ななさん今晩は!

TB送信してみたけど受け付けてくれなかったようです。
コメントだけ残しますね
あと少しで今年も終わると言うところでよい作品を見ました。
クリスティーナさんの演技が印象的です。マカヴォイ君も
二人してキャスティングがはまってましたね、ファンタジー
作品なのでハッピーエンドだしどちらかというとポジティヴな
作品でしたね、そこも気に入ってます。

ひめさん,こんばんは!
ペネロピ役にクリスティーナを起用したのは
ナイス!でしたね。
作品のキュートさもですが,「ありのままでいいんだ」というメッセージは
万人に元気をくれますよね!
ま,実際の世の中はそんな風には決していかないのが現実ですが
そういう厳しい現実を忘れて,ひととき幸せな気分になれる
いいお話でした~。

せつらさん こんばんは
TBは申し訳ありません。最近また調子が悪いみたいです。
この作品は,女の子には誰でも愛されるでしょうね~
可愛いし,お洒落だし,教訓もいやみでなく入ってるし・・・
クリスティーナとマカヴォイのカップルは
思わず応援したくなるようなキュートなカップルでしたね。
>どちらかというとポジティヴ・・・・
そうそう,観終わった後,元気をもらえるような,いい作品でした。

お邪魔します~~
今頃ですが、観ました。
もう、皆さんと言いたいこと
同じで恐縮なんですけれど何度でもいいかな?
言っちゃって・・。可愛かったね・・・heart
「つぐない」しか観ていないけれど、
全然雰囲気違うじゃない?こっちの方が絶対だよね・・
絶対女の子なら嵌ると思うな~~
<顔が。 顔がすごく綺麗。>
そうそう・・・。あのマジックミラー、うらやましいよね。本人直接だと照れるので。
まずは観察からということで。

歌も歌ってもらいたいし・・

ヒースの記事UPしたのに、こちらにコメントで
ごめんね。アカデミー賞は私も期待しているよ。
彼は皆の心にいつでも
いるよね~~~きっと★


みみこさん おはようございます!
こちらにコメントありがとう~
>もう、皆さんと言いたいこと同じで恐縮なんですけれど何度でもいいかな?言っちゃって・・。
いい!いい!何度でも言っちゃってくださいな~ヽ(´▽`)/
可愛かったでしょ~,まるで少女マンガのアイドルなみの可愛さ。
瞳なんか,星が入ってるんじゃないかと思うくらいキュートでしたよね。
>「つぐない」しか観ていないけれど、
全然雰囲気違うじゃない?こっちの方が絶対だよね・・
うんうん,つぐないの彼も悪くはないけど,ちょっと暗い(だいぶ暗い?)感じだから
こっちの方が絶対ですよ~
他の彼の作品も,これほど魅力的な彼が拝めるのはありませんよ~

ヒース,めでたくオスカーノミネートされましたね。
ここまで来たら,やっぱりぜひとも受賞してほしいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/24290694

この記事へのトラックバック一覧です: ペネロピ:

» 「ペネロピ」感想 可愛らしいミニシアター系映画 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
なかなか可愛らしくて、面白い映画でした。 クリスティーナ・リッチは、こういう役に、すごくハマる。 [続きを読む]

» 「ペネロピ」 [It's a wonderful cinema]
 2006年/イギリス  監督/マーク・パランスキー  出演/クリスティーナ・リッチ      ジェームズ・マカヴォイ      リース・ウィザースプーン  昨年のGTFで予告を観て以来半年間、ずーっと観たかった作品。ようやく観ることができたのですが、想像通り、面白かった!  先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻を持って生まれてきたペネロピ。名家の男性と結婚すれば呪いが解けると知った母親は、ペネロピを次々とお見合いさせるが、皆、彼女の鼻を見ると逃げ出してしまう。唯一逃げなか... [続きを読む]

» ペネロピ [迷宮映画館]
惚れてしまいました・・・。ポっ。あーーー、またひとりコレクションに加えなくっちゃ。 [続きを読む]

» 怪奇! 豚鼻の呪い! マーク・パランスキー 『ペネロピ』 [SGA屋物語紹介所]
はーい! あたしペネロピ[E:happy01] 意地悪な魔女に呪いをかけられたせ [続きを読む]

» 「ペネロピ」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
イギリスの名家、ウィルハーン家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。彼女の鼻と耳は豚の それだった。この家に古くから言い伝えられてきた呪いのためだ。母ジェシカ(キャサリン・ オハラ)は、世間の好奇の目を遠ざけるためペネロピを死んだことにしてしまう。以来、屋敷 から一歩も外へ出ることなく成長し、18歳になった彼女。真実の愛が呪いを解くと、母によって お見合いをさせられる。しかし次々と現われる求婚者たちも、ペネロピの顔を見た途端逃げ出して しまう。それから7年、記者レモン(ピーター・ディンクレイジ)は秘... [続きを読む]

» 「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ [はらやんの映画徒然草]
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と [続きを読む]

» ★ペネロピ(2006)★ [CinemaCollection]
PENELOPE上映時間101分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(東京テアトル=デスペラード)初公開年月2008/03/01ジャンルコメディ/ロマンス/ファンタジー好きになりたい。豚の鼻を持って生まれてきた私は夢見ていた──恋することを。【解説】先祖を巡る因縁が元で...... [続きを読む]

» ペネロピ/ PENELOPE [我想一個人映画美的女人blog]
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました〜。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演のクリスティーナ・リッチの写真載せたけど 一応これ、コメディ。 不幸にも先祖の罪の呪いを受けて、生まれつき豚の鼻を持って生まれてしまった女の子ペネロピ。 呪いを解く為には良家のぼっちゃんと結婚させて幸せになることだと信... [続きを読む]

» 『ペネロピ』 [Sweet*Days**]
ペネロピ [DVD](2008/09/17)クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ商品詳細を見る 監督:マーク・パランスキー CAST:クリスティナ・... [続きを読む]

» 自分らしく、ありのままで〜『ペネロピ』 [真紅のthinkingdays]
 PENELOPE  名家の一人娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)は、先祖に掛けられた呪いの為に、 豚の鼻をして生まれてきた。まさに「深窓... [続きを読む]

» ペネロピ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年マックス(ジェームズ・マカヴォイ)が現れるが―     監督 : マーク・バランスキー【comment】        最高ぉぉぉ〜  ドキュンと胸を撃ち抜かれたぁぁぁ〜  これは、切なくも可愛らしい現代のお伽話。 きっと貴女もペ... [続きを読む]

» ペネロピ [ちょっとお話]
ペネロピ   (2006  イギリス・アメリカ) 監督: マーク・パランスキー 製作: リース・ウィザースプーン スコット・スタイ... [続きを読む]

« スルース | トップページ | 王妃の紋章 »