最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 近距離恋愛 | トップページ | ラヴェンダーの咲く庭で »

2008年7月24日 (木)

クライマーズ・ハイ

080327_climbershigh_main
1985年8月の,
日航ジャンボ機123便の墜落事故・・・。

あれからもう23年もたったのか・・・。

ちょうど夏休みの,しかもお盆まえで,大阪の叔母の家に泊まりがけで遊びにいっていた私は,そこのテレビで事故のニュースを観た。思えばあの年の夏,テレビや新聞などは,墜落現場のありさまや,生存者や遺族の情報,事故原因など,この事件関係の報道で持ち切りだった。

この映画を観ている間じゅう,あの時実際に報道された様々な情報や,それに触れたときに感じた思いが(もう正確なことはぼやけてしまってはいたが)自分の中で蘇ってきた。
・・・知らなかった。あの事件の背後に,こんな熾烈な報道合戦と,その渦中の男たちの熱い戦いや葛藤があったとは。
080327_climbershigh_sub3
1985年の日本はどんな時代だったのか,冒頭からスクリーンに映し出される風景や小道具やファッションの数々が妙に懐かしい。「グリコ・森永」とか「大久保・連赤」とか「靖国参拝」とかの言葉も。

パソコンなど一台もない新聞社のオフィス。コードがついた旧式の受話器。扇風機やうちわを駆使しているところを見ると,エアコンも普及してなかったっけ?
携帯電話とパソコンがないっていうのは,通信上どんなに不便だったろうな,と思う。まぁ,それらの恩恵を普通に享受している現代からみれば,そう思うのであって,あの当時は別に不便と思ってもなかっただろうけど。

080327_climbershigh_sub1

墜落現場の御巣鷹山。
険しい道なき道を,猛暑の中,重い機材を担いで苦労して登るカメラマンたちや,社の方針で無線も持たせてもらえなくて,電話を求めて奔走する記者たち。・・・・・なんて,まあ,大変な。

そして,この物語の主人公である,
北関東新聞社の悠木(堤真一)。

彼の奮闘ぶりを観ていると,「男は閾(しきい)をまたげば,七人の敵あり」ということわざが思い浮かぶ。この事件の全権デスクに指名された彼にとって,敵はライバルの新聞社だけではなく,自社の上司や,同僚の中にもうようよ。ただでさえ緊迫感でピリピリした社内の空気の中,意見の対立や,個人的な感情が引き金になって,怒号が飛び交い,険悪な空気が立ち込める・・・・。

080327_climbershigh_sub5
それにしても,男の仕事場って,戦場なんだなと改めて思う。いや,女だって仕事上の意見の対立や,上司とのあれこれはあるけれど,男性の場合,闘争本能の違いなのか,桁が違うような。仕事に関するプライドや出世欲や嫉妬心も,女性にはないすごいものがあるんじゃないだろうか?

中央紙に対抗する地元紙としての誇り。部下の記者たちと上司との板挟み。つかんだ情報のうち,どれを優先して報道するか,繰り広げられる討論。そしてついにつかんだ大スクープと迫られる重大な選択。
悠木にとっては,混乱と喧騒と,緊迫感に満ちた,なんと熱い1週間だったろう。

劇中,「あんまりじゃん,それ!annoy」という事件が多かったので,何度も「辞めちまえ~,そんなとこ!」と心の中で叫んでいたが・・・・本当に彼が辞表を出したときはすごい爽快感があった。
そうだ,悠木,振り返るな!カッコいいぞっ!

その後,あの有名な遺書(今でも言葉の数々を覚えている)のコピーを佐山が読むシーンでは,目頭が熱くなった・・・・。

70801_main
そうそう,県警キャップ・佐山を演じた堺雅人,とってもよかった。「アフタースクール」も見ようかな?

・・・・うだるような酷暑の中,それにも増してアツイ映画を見せてもらった。

« 近距離恋愛 | トップページ | ラヴェンダーの咲く庭で »

映画 か行」カテゴリの記事

コメント

ななさん
お久しぶりです。最近なかなか同じ映画を観ていなくてコメント出来ずにいましたが、久々にトラックバックさせていただきました。
すごい映画でしたよね。胃が痛くなりそうでした。

「アフタースクール」ぜひ、観て、ななさんの感想を聞かせてください。ネットではかなり評判が良いようですが、私は・・・。「キサラギ」風のものを期待していたのですが。

むぎむぎさん きゃー,お久しぶり!
お元気ですかぁ,毎日暑いですね。
邦画にしては,珍しく「観たい」と思った作品です。
原作,本屋さんで探したけど品切れで・・・。
横山秀夫さんの他の作品は「顔」「第3の時効」は読んだんですがね。
この「クライマーズ」もぜひ読みたいです。
「アフタースクール」面白そうですね。予告だけみれば
「キサラギ」っぽいのかな?と私も思ってますが
・・・・違うの??

ななさん、こんにちは~

ものすごく熱い男たちのドラマでしたね!
原作がとても好きだったので期待していて映画ですが、予想以上によかったです!

日航機事故を扱ったものは、当時を思い出したり他の作品の色々な人たちの感情が蘇ってきたりで、それだけで泣けてしまいます。
私も遺書と、佐山の記事では涙がとまりませんでした。

「アフタースクール」の堺さんはこちらと全然雰囲気が違いますが良かったですよ~

こんにちはvirgoこちらは、NHKで見た事があります。主演は佐藤浩一さんでした。
篤姫見てます。堺雅人さんと会えなくなってしまったので、映画館に足運ぶ人、多いでしょうね。
深夜のTVでは、違う一面も見れて楽しいですtv

hitoさん TBありがとうございました。

>日航機事故を扱ったものは、当時を思い出したり他の作品の色々な人たちの感情が蘇ってきたりで、それだけで泣けてしまいます。

私もですよ~,あの遺書なんか,ほとんど暗記していた自分に驚きました。
それとスクリーンに映る,当時のハヤリモノとか,とっても懐かしかった。
社長がペットボトルの水を飲んでるシーン,あれだけは時代考証ミスじゃない?
あの頃,ペットボトル飲料って普及してなかったような・・・。
それに「今日の気温は31度」というシーンがあって
「おお,このころはまだ涼しかったんだ」と,今年の酷暑と比べてしまいました。


RICCAさん こんばんは
これのドラマ版は未見ですが,佐藤浩一さんの悠木役もハマるでしょうね。
とにかく原作がいいのでしょうね。
堺雅人さん,お好きですか~~
私も今作を観て,俄然好感をもつようになりましたよ。

ななさん、こちらにもコメントとTBをありがとうございました。
あの日の記憶を持つ全ての日本人にとって、忘れられない事故ですよね。
原作者の横山さんは、堺さんが演じた佐山の立場だったようです。
男の嫉妬は女のそれより凄いと言いますが、あの頃は完全に「男社会」でしたものね。
北関の記者たち一人ひとりが個性的で、はまり役だったと思います。
堺さんとエンケンさんは、今年の助演男優賞候補筆頭ではないでしょうか。
『アフタースクール』も面白いですよ。機会があれば是非(例の劇場のオーナーさん、よろしく~、笑)。
ではでは、またです!

ななさん♪こんばんはー☆
コメントどうもでした♪♪

このストーリー、本当にわたし的にはいろいろ思い入れのあるポイントだらけで、とても興味深いんです。
で、ななさんも大阪に遊びに行っていたんですねー
わたしはちょうど帰ったらニュースでやっていて、愕然としたのを覚えています。
NHKのドラマも相当よかったですよ。
機会がありましたら是非見てくださいね~。
映画も役者さんたちがものすごくリアルで、映画からほとばしるうねるような熱気にやられてしまいましたわ。
かなりお気に入りの1本になりました。

まいどどうもです
原作ファンとしては描ききれてない部分も有りましたが、映画としては上手く作っていたと思います。
悠木の家族の状況がイマイチ判り難かったかな、
純のハーケンは感動所なんですが伝わってたのか不安です
新聞社内部の雰囲気は役者も含めて、とても良かったです。

ななさん、こんにちは~♪
お暑うございます。

23年前を遠い目で振り返ってしまうワタクシでございました。
世間の注目をあつめたあの事件の裏側ではこんな報道合戦が行われていたんですね~。
ブンヤ魂の熱さを感じました。

「アフタースクール」では全く違う堺さんが見れるので、機会があったらぜひ!!!

男の仕事場は戦場・・・であるべきなんでしょうね。
うちの職場はちょっとぬるい感じがします。

地方紙の世界はどうなんでしょう。
今住んでいる大分県のローカル紙、大分合同新聞は
教員採用口利き問題に幹部が関与していて処分されました。
そういう曲がった締め付けや厳しさは早く除去すべきなのは
間違いないんですけどね。

こんにちは。

あの辞めるところはカッコよかった。
そうだそうだ----と思いました。
自分はここにしか居場所がないんだという錯覚を、
見事に吹っ切ってくれます。

『アフタースクール』は、これまたオモシロいですよ。
ちょっと日本映画らしくないところが、またいいです。

ななさん こんにちは~♪
いやぁ~今も暑いですが、この映画も熱い映画でしたね!

堤サンが出ているのでとっても期待してた作品でした。
裏切ることなく、今年のマイベストに入る勢いで気に入りました。

そぉそぉ、脇役のはずの堺雅人サンの熱演で主演の堤サンもかすむほどでしたよね!
『アフタースクール』も『ジャージの二人』も観たいですがDVD待ちになりそうです。

真紅さま こんばんは
あの事故は何年たっても,日本人の記憶から無くなることはないと思います。
23年前の日本って,今よりずっと男社会でしたよね。
特に原作者の横山さんが描く,新聞社や警察という職場では,その傾向は顕著だったと思います。
女性では共感しにくい男社会ならではの闘争ぶりが
新鮮だったり,カッコよくみえたり・・・(でも,とても大変そうですけど)
北関の記者たちのキャラがみんなしっかり立ってて,役者もハマってて
とってもリアルな臨場感がありましたね。
「アフタースクール」,例の劇場でもう少ししたら上映されますよ~。
そっちも楽しみです。

ルールーさん こんばんは!
そうなんですよ,私は四国なんですが
この事件の時はちょうど大阪の叔母の家に滞在していて・・・
テレビのニュースに,叔母たちといっしょに釘づけになりました。
救出の映像とか,あの有名な遺書とか,よく覚えていますね。
日本人としては,忘れることができない出来事ですよね。
ドラマは未見ですが,DVDも出ているそうなので,
映画との違いなども見比べてみたいですね。
この映画自体も,DVDになったら,何度も見直してみたい傑作だと思います。

くまんちゅうさん こんばんは。
ただいま,横山さんの小説bookにハマっています。
昨夜は「動機」を読んでいて徹夜してしまいました。
「クライマーズ~」は注文したので明日あたり届くかな。
映画で描き切れてなかったところを探しながら読んでみたいと思います。

>純のハーケンは感動所なんですが伝わってたのか不安です
・・・映画だけでは,あまり伝わってこなかったかも??

いや~血管切れそうなくらいテンション高くて疲れる映画でした。
その分かなりお腹いっぱいになりましたけど。
この一週間は、報道の人たちにとっては正に真夏の夜の夢という感じだったんでしょうね。
俳優たちの好演もあって、熱気がスクリーンから伝わってくるようでした。

ミチさん こんばんは
ほんとに暑いsunですね。日本列島が沸騰しているようです。
冬生まれで暑さに弱いわたしは,耐えられない日々を過ごしております。
23年前を私も振り返って,当時の社会を懐かしく思い出しました。
あの事故の背後の壮絶な報道合戦は,とても興味深かったです。
ブンヤ魂・・・ってほんと尊敬してしまいました。

クラムさん こんばんは!
23年前の男の職場は,今よりずっと戦場だったかもしれません。
バブルの時代ですし,家庭より仕事を優先するような,仕事人間の時代だったような・・・・。
私の職場も,職員間は「偽りの和」を大切にしていますので
戦場とはいえません。ただし,別の意味での戦場が存在する仕事ですけど・・・sweat01
ところで,大分県,新聞社まで教員汚職に・・・・shock
根が深いですね~~。

えいさん こんばんは
悠木が辞表を出すところ,スカッとしましたよ!
あの決断は,よほどのことだったでしょうけど
それまで小憎たらしかった社長が,急にオロオロするのを見て
「ざまぁ,みろsmile」って思いました。
アフタースクール,お勧めですか。
日本映画らしくないって,どんな感じかな?楽しみです。

なぎささん こんばんは

ほんとに熱い映画で,血中温度が上昇しそうでした。
私も,今年のベストテンに入れるかも?というくらい気に入りました。
堤さんの映画ってほとんど観たことがないのですが
なんですか,彼って体格がよくって,渋くて,かっこいいですね。
そして,そんな堤さんを確かに「食う」くらいの印象的な演技を披露してくれた堺くん。
こんな俳優さんいたんですね。篤姫も観ない私は知りませんでした。(恥)
これから注目していきますね,堺クン!

ノラネコさん こんばんは

疲れましたか~~coldsweats01そうですね!
とっても濃密な,緊迫感あふれる人間模様が,たまらない作品でしたね。
北関のオフィスで,自分も成り行きを固唾をのんで見守ってる気持ちがしました。
このときに実際に報道関係の仕事に携わっていた人たちは,この作品を観て
あの怒涛の1週間を,ほろ苦く思い出したかもしれませんね。

ななさん、TB&コメントありがとうございました!
この作品、俳優陣がとにかく誰も彼も素晴らしかったです。
過去の大スクープをいまだに自慢する上司(それほど凄いことだったんでしょうね)とのぶつかり合い、社内の部署同士のぶつかり合い、とにかく熱い作品でしたね。
ただ1つ堤真一のフケメイクは少々違和感あり、な私でした。(笑)

ななさん、返信遅れました~~(汗)
TBとコメントありがとうございます。
やはりヌキネタをおいかける辺りがとても面白いですよね。
ただ、部下でおかしくなっちゃう人の演技が個人的にはダメでしたね。あれはマイナスです(><)
原田監督の作品って今回が初めてなんですけど、なんかクセがあるなあって思いました。
わたしも堺さんは注目してます。
篤姫は観てないんですけど、「アフタースクール」もよかったし、「新撰組!」もよかったですよ。
では~~。paper

sabunoriさん いらっしゃいませ!
あんなに競争と喧嘩ばっかりやってて,大変な仕事だなぁ,新聞社は,と圧倒されましたね。
命を削るような真剣勝負,これぞ男の仕事!って感じで・・・
こちらもアツくならせてもらいました。
堤さんの老けメイクはイケてなかったですね~sweat02
中途半端に見えました。姿勢とか,身ごなしとかも
ちっとも年寄りに見えなかったので,メイクだけ浮いてた・・・。

しゅぺる&こぼるさん こんにちは!
原田監督,私も初めて・・・というか邦画の監督さんに詳しくないのですけどね。
なんだか,当たり外れのある監督さんらしいですね。
これ絶賛されている方が多いので,「当たり」なんでしょう。
抜きネタシーンでは,それまでいがみ合ってた相手も援護射撃に回ったりして
すがすがしかったですね。
惨劇を取材に行って精神的に壊れちゃった記者さん,痛々しかったですけど
実際にあんなこともあったのでしょうかね?
堺さんのアフタースクール,8月中には観たいな,と思ってます。

実は私このモデルになった地方新聞社でバイトをしていたことがありまして・・記者さん達が黙々とパソコンに向かっている部屋の片隅でひっそり仕事をしておりました(平時は割と静か、たまに怒号が飛ぶ程度)。バイトなんですぐやめたですが、その後横山さんがデビューして映画にまでしてもらっちゃって皆さん喜んでるんじゃなかろか?
私も他人のような気がせず、読もう読もうと思っているとき「半落ち」の映画を観て、ずっこけてしまいました。それっきり、小説も読む気が失せてしまったのですが・・・、でもこの記事読んだらなんだか見てみたくなりました、クライマーズハイ。もう一度だけかけてみようかしら。堺さんはいくらでも見てみたいですねー。

ロボさん こちらにもありがとうございます。
ええ~wobbly,モデルになった新聞社(上毛新聞?)にいたことが!
それってすごくないですか?つうか,ロボさんは群馬の方なのですね~。
「半落ち」は,私もずっこけましたよ。
なんでずっこけたか忘れたけど,肩透かしを感じたのは覚えています。
でも,このクライマーズはお勧めします。
映画も,小説も。ついでに言うと,横山さんの小説って,私はどれもファンですね~。

こちらにありがとうございました。
あの時の情景をまざまざと思い出させられました。就職浪人のきつい状況でしたよ、あたしは・・・。
原田眞人映画では、あたりだったでしょうね。この人はハリウッドで修業してきた監督なんで、見せ方がやはりうまい。
エンターテイメント性の表わし方はうまいです。
その辺がまた鼻につくとこなんすがね。
当地の新聞社の社長、先代の社長ですが、まさにあれ。ワンマン社長で、当地では「なんとか天皇」なんて、呼ばれてたのですが、そんなことも思い出しました。
本は、途中でやめちゃっているので、この夏なんとか読了したいと思ってます。

ななさん、こんばんは!

暑いですねー。
そういえば、この事件が起こった夏も暑かったような記憶があります・・・。
この映画、尺は長かったですけれど、ほんとに緊張感があって最後までひっぱりこまれました。
まさに怒濤の一週間という感じ。
仕事がとても忙しくてたいへんなとき、アドレナリンがでて興奮状態になることが時々あります。
追いまくられているのに、なんだか楽しいぞーみたいな感じで。
これもハイ状態なのかな・・・。
ずっと続くとイヤですけれど。
堺雅人さんの「アフタースクール」お薦めです!。
先日海外の出張の機内で行き帰りで2回も観てしまいました。
何度でも楽しめます!

sakuraiさん こんばんは
原田監督のってあまり観たことなくて「半落ち」もそうでした?
あれは私にはいまいちだったのですが。
ハリウッドで修行・・・なるほど,それでこういう展開は上手いのですね。
「クライマーズ~」の原作,私も今読んでる最中ですが
ブログに追われてなかなか先に進みません。
まだ,事故の第一報が入ってきたシーンを読んでますよ~,早く読まねば!

はらやんさん,こんばんは
ほんとに暑いですね,今年は!
事故の年も,きっと暑かったのでしょうね,
でも昨今の気温に比べたら,まだしのぎやすかったかと・・・。
仕事があまりに忙しくなると,妙にハイテンションになることありますよね。
楽しいというか,神経が高ぶって,そんな日は夜も寝つけなくなるくらい
軽い興奮状態が続くこともありますね。
そうそう,そんな時は「お,クライマーズ・ハイ来た!」とこれから思うことにして
かえって気を引き締めようかと・・・coldsweats01
アフタースクール,皆さんが勧めてくださるので
ぜひぜひ観たいと思います!

「半落ち」は佐々部清ですね。
泣きの佐々部です。ベタな物語撮らせたらこの人。「陽はまた昇る」とか、ベタなのが多いですが、去年の「夕凪の街、桜の国」は、よかったです。
原田監督は「突撃せよ、あさま山荘」とか、「魍魎の匣」とか、ホラーっぽいのと、男くさいドラマをよく撮ってます。
あたしも読もうと思ってるのですが、その前につんどく本がいっぱい!!
頑張ります。

sakuraiさん,またまたありがとう!
そっか~,「半落ち」は原田監督じゃなかったのね。
なんか雰囲気が違うとは思ったけど,やっぱり違う監督さんか。
ああいう「泣かせ」は私はいまいち・・・
横山さんの小説って,人情も絡んでるけど,やっぱり男っぽいので
原田監督の方が合ってるのかな?
「クライマーズ~」今やっと半分まで来ました。
映画だけではわかりにくかった人物の相関関係とか
確認もできて面白いです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/22503087

この記事へのトラックバック一覧です: クライマーズ・ハイ:

» 試写会「クライマーズ・ハイ」 [★mugimugiのアンテナ★]
↓の記事にも書きましたが、「クライマーズ・ハイ」の試写会が当たりました。原作、「 [続きを読む]

» 【シネマ・こむぎスタイル】第35回 クライマーズ・ハイ [ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]]
現在公開中の「クライマーズ・ハイ」。6月末の試写会に行きました。原作を読んだ上で映画を観た私は、ちょっと納得行かないところがあったりしたので、レビューを書こうかどうしようか・・・と迷いました。でも、やっぱり書きます。とてもいい映画だったから。ぜひ皆様に観てほしい映画だから。 この映画、まず映画を観て、そのあと原作を読むことをお薦めします。必�... [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「クライマーズ・ハイ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、他 *監督:原田眞人 *原作:横山秀夫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。..... [続きを読む]

» 【クライマーズ・ハイ】 [日々のつぶやき]
監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 「1985年8月12日、羽田発大阪行日航123便が乗客524人を乗せ消息を絶った。 群馬か長野か・・その日山に登る予定だった北関東新聞の悠木は、日航全権デスクを任命された。 誰も経験し... [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」映画感想 [Wilderlandwandar]
自分としては、元々原作のファンで、この作品から横山秀夫氏の小説を読み始めた、曰く付きのタイトルです、映画化と聞いてまず思 [続きを読む]

» 映画『クライマーズ・ハイ』 [ルールーのお気に入り]
試写会にて鑑賞。登山中に興奮が極限に達して恐怖が薄れる瞬間の精神状態を指す“クライマーズ・ハイ”になぞらえて、1985年に起きた群馬県・御巣鷹山での日航機墜落事故に関わった、新聞記者たちの熱い一週間を描いた横山秀夫原作のストーリー。。 ... [続きを読む]

» 映画 【クライマーズ・ハイ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫の同名小説の映画化。ちなみに、横山秀夫自身は記者として日航機墜落を取材した体験を持つ。 おはなし:1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。悠木和雄(堤真一)は編集部で全権デスクに任命される。 原作がとても素晴らしかったのです。3年前にNHKで製作されたドラマも素晴らしかったです。映画化されても普通以上に満足させてくれるだろうとは予想がつきました。 世界の航空機事故史上でも未... [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [ラムの大通り]
----ゴールデンウィークも、 もう残りあと2日。 今日の邦画は? 「『クライマーズ・ハイ』。 今年観た日本映画の中では 『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」 ----監督は原田眞人だよね? 「うん。この監督は 他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの手法を駆使して、 彼独自のエンターテイメント世界を生み出す。 と言っても、その昔、 デビュー作『さらば世界の友よインディアンサマー』で 原田監督にインタビューしたときは 『あまりエンターテイメント、エンターテイメントと言わない方がいい... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年7月5日 公開 今日のブログ一面でやらせてください!!! うぉ〜っ!良かったですよぉ〜♪ 久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。 1985年8月12日 この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だったのを覚えています。 この前日に私は原付バイクを購入し、この日はそのバイクで初めて仕事に出かけたので記憶に残っています。 夜、帰宅するとTVではどこも全てこのニュースでした。 あれから23年・・・ ... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
原田眞人は日本映画史においては、かなり特異な映画作家であると思う。 若くして米国を拠点に評論活動を開始し、やがて「さらば映画の友よ ... [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [唐揚げ大好き!]
  命を追った、あの夏の日。   ■1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登山サークル“登ろう会”の仲間で販売局所属の親友・安西と共に、翌日谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進めていた。そ... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [龍眼日記 Longan Diary]
1985年8月12日、東京発大阪行き日航ジャンボ機がレーダーから消息を絶った。 乗員上客524名、単独の飛行機事故では世界最大にして最悪の事故だった・・・。 この映画の舞台はジャンボ機が墜落した群馬県の地方新聞社だ。 そのため物語は被害者側からではなくマスコミ側からの視線で描かれている。 事故そのもののストーリーを期待して観ると少々肩すかしをくらってしまうかもしれない。 通信社から入る飛行機事故の放送で社内の空気が一気に張りつめる。 と同時に全ての人間が誰に命令されるでもなく... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [愛情いっぱい!家族ブロ!]
横山秀夫の原作はこの映画を鑑賞する前に読了していた。 とても骨太でなかなか読み応えのある力作でした。 クライマーズ・ハイ (文春文庫)/横山 秀夫 ¥660 Amazon.co.jp 映画を観て、まず思ったのは、 原作で薄く感じた人物たちが鮮やかに描かれているなと... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [迷宮映画館]
あの日は、暑かった・・・。 [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」 チェック、ダブルチェック [はらやんの映画徒然草]
「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮が極限状態にまで達し、高さへの恐怖心がなく [続きを読む]

» 「クライマーズハイ」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
いま地方に必要な熱い血。妻と子が住む自宅では産経新聞だが、単身で住む家では大分合同新聞を購読している。理由は一つ。地元のことをいちばん詳しく書いてくれると思うからだ。このことは劇中でも触れられるが、地方紙の最大の存在価値であり、社員にとって大きな誇りで...... [続きを読む]

» 『クライマーズハイ』@丸の内TOEI [映画な日々。読書な日々。]
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく... [続きを読む]

« 近距離恋愛 | トップページ | ラヴェンダーの咲く庭で »