最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 再会の街で | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

2008年6月28日 (土)

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国

20071211indy_poster
文句なしに楽しい作品だった。good
ほぼ20年ぶりのインディ。
うう…冒頭からなつかしくて涙が出そう・・・・。

ハリソン翁(失礼!)は姿勢はちょっとじじむさくなったけど,あの飄々としたたたずまいや時折見せるいたずらっぽい表情や向こう見ずなところは健在。過激かつスピーディーなアクションシーンだって,手加減なし。さすがに彼が敵に取り囲まれたり,ボコられたりするシーンは「ジイサンをいじめるな!」と思ってしまったけどさ。
080521_indi_sub3
今回のお宝は,南米アマゾンの山奥に眠るクリスタル・スカル(水晶ドクロ?) 何でも人を洗脳するミラクルパワーがあるそうな。

それを狙うのはスターリンの秘蔵っ子の女軍人スパルコ。
この役を演じたケイト・ブランシェットが最高にクール。
080604_indi_sub7
もともと凛とした姿勢や,腹の底から響く低音のハスキーボイスのせいで,男前な役が似合う彼女だが,黒髪でシャープなシルエットのボブで,軍服に身を包んだ彼女は,怖さも迫力も執念深さも,ただものではなかった。(蛇sweat01を連想したくなるようなキャラね。)

04
そして今回インディと行動をともにするのは,母親と父がわりのオクスリー教授を誘拐された青年マック。(シャイア・ラブーフ) 実は彼の母親はインディの元婚約者で,マックはインディの●●だった…ということが判明するのだが…。彼は、この時代(50年代)の流行なのか,オールバックに撫でつけた髪型の維持に気を使っている血の気の多い若者だが,ものに臆することのない不敵さとか,とっさのピンチの無茶な切り抜け方などは,やはり蛙の子は蛙と思わされる。シャイア君,今回はキリっとしまって,なかなかカッコよかった・・・。

080604_indi_sub6_2
ンディ・シリーズには欠かせない,カーチェイスしながらの格闘とか,虫さんの大群の襲撃とか,ジェットコースター的な脱出劇(今回は滝下り)とか,建物の派手な倒壊とかは,今回も漏れなく楽しめた。

物語が佳境に入ると,インディ御一行は,まるで遊園地の絶叫アトラクションをノンストップでまわっているかのよう。

この,ありえないくらい激しく楽しいアクションの連続(手に汗握るのだけど,同時にどこかコミカルだから,観てて楽しいのが特徴)と,窮地に陥った時のインディの「ええい!ままよ!」という無茶な戦法が功を奏するところが,インディ・シリーズの醍醐味のような気がする。「そうそう,インディのアクションってこんなに楽しかったんだ~!」と,過去のインディ作品を思い出しながら観た。

1197896667_2
そして、このシリーズは必ず、「魔法・魔術」とか「宗教的な奇跡」とかいう,人智を越えたパワーが最後に登場するのだが,スピルバーグだし,そろそろアレを出すかな〜と思ってたら,やっぱりアレが出てきた。(さすがに,アレにはちょっと引いてしまった。shock

そしてラストは,意外にも,めでたく末広(すえひろ)fujiで。最後に,吹き込んできた帽子をマックが拾うシーンでは,「お,後継者確定かな?」と思ったが,すかさず拾い上げて被ったのは,やはり他ならぬインディ。まだまだ現役だとその後ろ姿が語っているようで,心にくいラスト。

久々に元気なインディに会えただけでも心踊る一作だ。スピルバーグとルーカスが,おそらく大はしゃぎしながら,目を輝かせて作った作品じゃないだろうか。

« 再会の街で | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんわ~
 「インディ・・・」は公開初日に¥1000で見ました。やっぱりシャイアくん目当てで見たんですが、シャイアくんカッコ良かったですね~!彼は静止画より動画の方が絶対いいですね、ラストの帽子のシーンではハリソンもまだやる気なのかもですが、何かで読んだのですが、次回作ではシャイアが主役に・・・なるみたいな?そしたら最高!!
 先日テレビで過去の「インディ・・・」をチラ見したらハリソンすごい若くてかっこよかったのに・・・やはり今回は・・・、まあそれなりに頑張ってたし、映画も面白かったですけどね(ななさん同様、僕もハリソンのアクションが痛々しくて老人をいたわれ!と思っちゃいました(笑))ケイトもロシア人役で何かなまった英語でしたよね?あの冷酷っぽいところはハマッてましたけど(笑)
 CG使いすぎがちょっと気になりましたが、時代の流れとして仕方ないでしょうか?過去作品はCGなくてもすごく面白かったけど。
 「奇跡のシンフォニー」も見たのでしょうか?僕もジョナサンが出ると知って俄然見たくなりました。記事のアップをお待ちしております。

イニスJrさん,こんばんは

シャイアくん,素敵でした。作品を重ねるごとに素敵になっていきますね。
10月公開の主演作「イーグル・アイ」の予告編が流れていましたが,少し髭をのばして,目のあたりとかジェイクに雰囲気が似てるような気が・・・。彼もジェイクも半分はユダヤ系なので共通した濃ゆい顔立ちですね。(シャイアはフランス+ユダヤ)ただしシャイア君はばりばりのアクション俳優としてもいけそうですね。おっしゃるように,彼はポートレイトより,動画の方が数段いいです。
次回作はシャイア君が後継ぎで主演なのですね!楽しみ~。ハリソンはオブザーバーとして出てくるかな?
CGは確かにそこまでせんでも・・・と思いましたね。シャイアのターザンシーンとか。王国の崩壊シーンとか。昔のインディ作品,そう言えばCG使ってなかったんだ~~!それであの迫力と面白さ!吊り橋のシーンやトロッコのシーンなど,忘れられません。

「奇跡のシンフォニー」見ましたよ。ジョナサンが素晴らしかったですよ。え~と,ストーリーは大甘でいまいちに感じました。(私は)韓ドラか,おとぎ話のようでした。(つまり現実感がない)でも,ジョナサンはいつものアクがなくて爽やかで,彼の歌やギターがとてもよかったです。またご覧になってください。

ななさん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございました♪

いやいやいや、、、最後の聖戦からほぼ20年も経っているなんて信じられないくらいインディがインディのままでしたねhappy01heart04
ハリソンの年齢からいってアクションシーンなんかは心配でしたが、全然OKでした~素晴らしい!!
で、、、今回はシャイア君が〇〇役で登場でしたが、ハリソンとの息がピッタリでしたね~
彼はイケメンとは言い難いですが(失礼)、気になる俳優さんだわ~

最後はアレがてきて私も一瞬引きましたが(汗)、、、今はアリかな、と思っています。
考えたら、1では箱から変なものが飛び出してきたし、2では目ん玉スープが出てきたり心臓を手掴みしていたし、3では700歳以上の人が出てきましたからね~(笑)
インディだからこそ許しちゃうし、こういう冒険物は大好きで~すshine

まいどどうもです
そうそう、ケイトは男前でしたね~
カッコイイ悪役は作品を引き締めてくれます
インディーのジェットコースター的アドベンチャー
やっぱり理屈抜きで楽しまなきゃって思います
オチはインディーだからいいやってトコです
でもfujiは違和感ありますしたです~

由香さん こんにちわ!
ほんとほんと,インディ,ちゃーんとインディのまま年をとって現われました,という感じで。
ハリソンたら(←やけに親しげ)20年も前の役の身のこなしとか
再現できるだけでもすごいっす。
劇中で「もう若くない」とかいう意味のことを自分から言ったり
シャイア君にも「じいさん」とか呼ばせたりして
「年取ったインディ」をそれとなくアピールしていて,違和感なかったわ。
今作は,世代交代にうまくつなげるための作品でもあったのだな~と
その点でも感心しました。まだまだシリーズ終わらないんだぞぉ~~っていう意気込み感じるよね。
で,私もアレに関しては,目くじらたてても仕方ないかな~と。
そうよね~~なんたってインディだから。
>3では700歳以上の人が出てきましたからね~(笑)
そうそう,3の700歳以上の老人(聖杯守り)が出たとき
真面目な私は「何を食べて生きていたんだろ~~???」と頭がグルグルしたのを思い出しました。


くまんちゅうさん こんにちは!
そうそう,ケイトのかっこよさ,これもまた
この作品の見どころのひとつかと。
彼女が名優なのは知ってましたが
アクションもできるのには驚きました。
いつか殺人鬼の役とかのケイトを観てみたいです。

fujiは違和感ありますしたです~
エ●リアンよりそっちが違和感ありましたか!
インディが家庭におさまる,というのは似合わないな~~やっぱり。


こんばんは、ホーギーです。
コメント&TBどうもありがとうございました。
十分堪能されて興奮冷め止まぬという感じが
ななさんの記事から伺えました。
1週間前、まさに私もそうでした。1年以上前からこの公開
を楽しみにしてきたのですから。
ハリソンの年齢からくる表情や体型に老いは感じるものの、その圧倒的な存在感やまだまだやれるアクションシーンに安心しました。そして、見事なストーリー展開と怒濤のアクションシーンは健在で大満足の2時間でした。これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね。

それから、事後承諾で誠に恐縮ですが、素晴らしいななさんのブログを私のブログのお気に入りにリンクさせて頂きましたが、よろしかったでしょうか。もし、差し支えがあるようでしたら、ご連絡を頂ければと思います。ちなみに、サムネイル表示になりますので、よろしかったら一度ご覧にお越し下さい。


ななさん、こんばんは!
おっ、テンプレが情熱的になりましたね!

>ハリソン翁(失礼!)は姿勢はちょっとじじむさくなったけど,

役柄というか衣装のせいか知らないけど、実際のハリソンより老けてみえるね。
スーツ姿のハリソンのほうがかっこよい。
シャイアのオールバック姿、いいです!
前半はイマイチひきこまれなかったけど(ウトウトしたし・汗)
でも後半は楽しめました。
アレはスピ&ルーカスの最終兵器のようなもんだから許してあげよう。・・ね。笑


こんばんは♪

私もインディシリーズは大好きで、懐かしさのあまり
目をうるうるさせながら観ましたよ〜
20年ぶりだというのに、映画の作りもインディもマリオンも
あの頃の雰囲気そのままで嬉しくなっちゃいました。

ちなみにスピルバーグのアッチ系の作品も大好きなので・・・
賛否ある(というか“否”が圧倒的に多い?sweat02)結末にも
ドキドキワクワクでしたheart

ホーギーさん こんばんは

>これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね。
まさにその通りで,そのレトロかつ王道なところが
今回はとても嬉しかったですね。
まるで質のよいナツメロを堪能できた気分です。
ハリソンはやはり素晴らしいし,スピさんはもっと素晴らしい。
最近のハリウッドのオヤジ・カムバックブームはいいですね。

ところでリンクありがとうございました。
そのうち,こちらからもお願いしようと思っていた矢先なので
とっても嬉しいです。
早速わたしのほうも,リンクさせていただきますね!
これからもよろしくお願いします。

アイマックさん こんばんは
テンプレ,シンプルを目指したのに,なぜか派手になってしまったぁ~~coldsweats01
ハリソンのじじむささは,ヨレっとした服装のせいかな?
若いころはあの服装でも溌剌と見えたけど・・・・。
シャイア君,オールバック,たしかに似合ってたね。
新作の「イーグル・アイ」も楽しみだわ。
私も前半のアクションは軽いジャブみたいで
あれ?とか思ったけど,後半のアクションはまばたきするのも忘れてました。

>アレはスピ&ルーカスの最終兵器のようなもんだから許してあげよう。・・ね。
了解,了解。good

ななさん、こんばんわー。
弾は当たらないし、全然元気だし・・・
インディってこんな映画だったっけ?って何度も思いました。
帰ってDVD観てみたら、そんな映画でした(笑
ハリソンさんは動きにキレが・・・でしたが、そんなことは気にならなくなりました。
作った側がホントに楽しんで、ついでにこっちも楽しませてくれましたよね。
これぞ大作!!って感じの映画でした。

kenkoさん,こんばんは
TB,コメントありがとうございます。
そうね~,20年たっても,
雰囲気がちっとも変ってなかったのが
やっぱり一番うれしかったですね。
スピちゃんのアッチ系?
A.I.とか,宇宙戦争とかね。
私もそれはそれで好きですけどね~~。
アレって,インディにスカルを元に戻してもらって
無事に宇宙に帰っていった「かぐや姫」みたいでしたね。

なななさん こんばんは!

>弾は当たらないし、全然元気だし・・・
そうなのよ~,かすり傷一つなし。滝落ちを3度やっても
全員ピンピンしてるものね。
これぞインディ・アクションの醍醐味ですね。
見てる方は彼らが新しい窮地に陥るたびに
ついついワクワクしてしまうのよ。
製作側も,俳優も絶対みんな楽しんでるね~coldsweats01


こんばんは、ホーギーです。
リンクの件、快くご承諾ありがとうございました。
それから、ななさんのブログに私の拙いブログを
リンクをして頂き、とても喜んでおります。
ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

ホーギーさん またまたこんばんは
こちらこそ,相互リンク嬉しいですわnote
ホーギーさんのブログは,丁寧で,情報も豊富で
これからもどんどんお邪魔させていただきますね~。

トラ・コメどうもでした。
19年ぶりに復活して、しかも跡取りが決定するなんて、上手く作りましたね。
スピルバーグの秘蔵っ子といわれるだけあって、
シャイア・ラブーフの新作「イーグル・アイ」もスピルバーグ絡みみたいですね。

ひらりんさん こんばんは!

そうですね,19年ぶりというだけでなく
うまく続編への道筋までつけたのはさすがでした。
シャイアくん,スピさん絡みなら,「イーグル・アイ」も期待できそうですね。

ななさん、トラバにコメントありがとね〜!
今年はユダヤ系の顔が旬みたいですね。というのは、このあとやってくる映画でもやはりユダヤ系の若手俳優がすんげーがんばってるんですよ。

2・3日中にまた新しい記事書きますから、くわしくはソッチで。(さりげに宣伝したりなんかして。)

こんばんは^^TB・コメントありがとうございました^^
ななさんも由香さん同様、かなり満喫された
ようですね。嬉しさがひしひしと伝わります(*^_^*)

私はシリーズとしたらSW、バックトゥ~が好きなので
これはその次くらいなので、思ったほど実は興奮しません
でした(笑)ですが、テーマパークのアトラクション気分で
映画を楽しめました^^
ルーカスとスピルバーグ、絶対に大はしゃぎで
作っていますよね(^_-)-☆

そうだ!さっき言い忘れました(^^ゞ
テンプレ変わったんですね。とっても情熱的です~ぅ♪

よろ川長TOMさん,こんばんは

ユダヤ系のお顔,けっこう好きですよ~
私の好きなジェイク・ギレンホールもユダヤ系ですし。
黒髪で,濃ゆい顔立ちなので,
人によっては賛否両論なユダヤ系ですが,
スクリーンでどんどん活躍してくれることを願いますわ。

ひろちゃん,こんばんは
もう真夜中ですが・・・お互い、夜更かし型ですね。night
由香さんも「大喜びhappy02」という感じの記事でしたね~。
インディは古典的アクションものとしては一番好きなシリーズで
面白さもさることながら,
インディの飄々としたオッサンキャラがたまらんのですよ~~。
今回,またまた彼に会えて,もうそれだけで満足ですぅ。
虫が出てこようが,エ●リアン・オチであろうが,何でも許せちゃいますね。

テンプレ,情熱的ですか~~coldsweats01
目指したものは違う方向だったのですが(→シンプル&上品)
余白の真紅のせいで,スペインチックな情熱的テンプレになっちゃいました~~sweat01

第1作目からのファンにとっては第4弾はどうなることやらと心配したけど、やはり手堅く、卆なく楽しませてくれました。
四半世紀以上、人気を持続しているスター・ウォーズとインディ・ジョーンズの生みの親。あちこちの要素を織り交ぜてあるのもファンには嬉しい。
マット君って「コンスタンティン」でキアヌの自称・助手やっていて、最後は天使ガブリエルになった子なんだよね。ちょっと注目株かもしれないわね。

こんにちは♪
従来のファンにしたらたまらない作品になりましたよね!
まあ、ラストのアレは別として、年をとったとはいえ昔のようなインディを見れて、
それだけで満足して帰って来ました。
ルーカスとスピルバーグがはしゃぎながら作った映画だろうというのにも頷けます。
ハリソンや他の共演者たちもきっとそうだったでしょうね。
このままシャイア君で続編?とも思えますが、
まだ彼には昔のハリソンの様にインディを務めるのは時期尚早のような気もします。
でもまた二人で共演して作って欲しいな。

シュエットさん こんばんは!
私も~~,第1作目からのファンですよ。
ハリソンのお歳だけが心配だったのだけど
なかなかあっぱれでしたね。
四半世紀以上人気を持続してるって,すごいことですよね。
でも,今作を観て,古臭くてもなんでも
やはり面白いものは面白い!ツボをよく心得てるナ~,と感心しました。
シャイア君のコンスタンティンでの役,そんなわけありの役だったのね・・・見直してみなきゃ。コンスタンティン。

こでまりさん こんばんは!
そうそう,懐かしいインディにまた会えたのが一番うれしかったです。
最後のアレも,アップにして見せなくても~~coldsweats01
でも,見せたかったのでしょうね,スピさんたちが。
>このままシャイア君で続編?とも思えますが、
>まだ彼には昔のハリソンの様にインディを務めるのは時期尚早のような気もします。
うんうん,そうかも。次回作は,シャイア君が後を継いだはいいけど
失敗なんかやらかして,パパ・インディが,助けにきて説教する~~というストーリーとか,楽しいかも。

H.フォードはだいぶ前の作品で年齢を感じたおぼえがあるのですが、まだまだ現役、大画面に映える人ですね。
「ハムナプトラ」も第3弾という話ですが、「レイダース」から20年でどれだけの作品が目の前を通り過ぎたのでしょう。
個人的にはハリソンに終身インディでいてほしいところです。

クラムさん 
ハリソンの年取った映画って,脅された銀行マンの役の作品かしら・・・?(題名思い出せない)
ダイ・ハードのブルースも,いくつになっても現役って感じでしたが
ハリソンもそうですね。真の名優なんでしょう。
私も,シャイア君は好きですが,インディはハリソンの他には
ちょっと考えられないな~~

こんにちは♪
このシリーズが好き過ぎるので(オイオイ!)かなり甘い見方になってしまいました。
>スピルバーグだし,そろそろアレを出すかな〜と思ってたら,やっぱりアレが出てきた
そうですよね~。
「やっぱり!」って感じでしたわ、ホント。
スピルバーグって本当にあのネタが好きよね、いくつになっても(笑)
でも、もう懐かしさのあまりご祝儀評価にしちゃったよぉ。
ハリソンのインディって唯一無二の存在ですから、息子であろうが誰であろうが後継者は要りませんっ(暴言!)

お気に入りのケイト・ブランシェット目当で観ました。もちろんこのシリーズも大好きでしたが今度ばかりはいけませんでした。ストーリー運びは過去最悪!しかも原爆をあんな風に茶化すなんて…。これ広島や長崎で上映していいの?と思うくらい信じられないシーンでした。

ミチさ~ん,こんばんは
このシリーズのファンなら,
「復活してくれてありがとう・・・」と,
もうそれだけで感無量!ですよね。

>もう懐かしさのあまりご祝儀評価にしちゃったよぉ。
うんうん,その気持ちわかるわかる。
製作側も,久々なので浮かれたのか,あれもこれも,と
過去作品のエキスをてんこ盛りで(ちょいサービス過剰?)したが
ご祝儀気分で許せちゃいました。
インディはやっぱり唯一無二よね。
マットが後を継いだら,マット・ジョーンズとなるのかな,題は。


YURIさん はじめましてnew
ケイトのファンなのですね~,私も彼女の敵役は,楽しみでした。
ストーリー運びですかぁ?過去作品と比べて唐突だったり強引だったりはしたかも・・
でもインディに会えた嬉しさで,あまりストーリーに目がいかなかったなぁ。
ご指摘のシーン・・・それも一理ありますねぇ,あれはやりすぎ?

ななさん~こんにちは。
すごい!怒濤の大量のコメント!!
ななさんは、この映画楽しくご覧になられたのね~。
私はインディ演じるハリソンフォードが、最初に好きになった海外スターということもあって、とても思い入れがある俳優さんなのです。それだけに、じいさまぶりが、ちょっと悲しかったりもしたんだ。でも、反面、この映画にまた出演してくれてありがとうー!!って嬉しさもありました。

うぬ~。私は、パイレーツオブカリビアンの2とか3とかを見た感覚に近かったかな。この映画・・・。

僕のピアノコンチェルトご覧になったんですね!私も近々レンタルしようってずっと思ってるんです。公開時見れなくて、ずっと待ちわびていたので・・。

こんにちは

>久々に元気なインディに会えただけでも心踊る一作だ。
ですよね、ですよね?それだけで十分ですよね?
いやいや、もちろんそれだけじゃありませんでしたけど、最近は数こそ多けれど、そうした映画って意外に少ないものですから、偉大だと思いますよ、ほんとうに(^^)

latifaさん こんばんは!
いやはや,お友達ブロガーさんの中にも,古くからのインディファンの方がホント多くて・・・映画好きの皆さんの心をとらえて離さない面白さが,このシリーズにはあるんだな~と,改めて感じた次第です。
ハリソンさんが初めて心ひかれた海外スター?それは思い入れがありますよね。ちなみに私は~~誰かなぁ,レッドフォードかも。heart04彼も,じいさまになりましたが健在ですよね。
「僕のピアノコンチェルト」面白かったです。ぜひご覧になって,記事アップしてくださいね!

たいむさん,こんばんは

「あなたに逢えるだけで,あとはなにも要らない」って言いたくなるような,オーラ出してますよね,インディは!
たしかに~~,たとえ「それだけで満足させたcoldsweats01」としても
それってすごいことですよ!!!

ななさん、こんにちは!

やはり僕も古いパラマウントのオープニングから嬉しくなってしまいました。
インディ以降もいろんな冒険映画は作られているけれど、やはりインディは違います。
アトラクションのように次から次へと起こる難関をインディたちがクリアしていく様子は、昔観たシリーズを思い出させてなおさら興奮してしまいました。
作っているルーカス、スピルバーグもほんと楽しかったでしょうね!

ななさん、こんにちはhappy01
「ジイさんをいじめるな!」
って、受けました(笑)
でも、インディもほんとにいいお年になっちゃいますたものね~。
それでも、あんな見事なアクションを披露してくれるんだから大したものですhappy02 これからも、どんどん活躍してほしいですね~。

はらやんさん こんにちは
古いパラマウントのオープニング,懐かしかったですね~
インディ特有のアトラクションのようなhappy01難関は
クリアすれば即座に「ほい,お次!」って感じで
あの息つく間もない感じが,障害物競走のようで楽しいです。
昔とまったく変わらない雰囲気・・・楽しませるツボを
見事に再現してくれてうれしかったなぁ


りらさん,こんにちは!
やはりそれなりに「老けた」感じはするハリソンですが
それを無理に若作りしてない感じで
年月の流れも取り入れたストーリーは自然でよかったですね。
ターザンごっこのような過激すぎるアクションは,さすがに若手に任せていましたが
ゲンコツでのボコりあいは,ちゃんと自分で頑張ってましたね。

ななさん、こんにちわ!
ご訪問遅くなって申し訳ないデス・・(T_T)
「蛙の子は蛙」にちょっと笑えました~ぷぷぷ

ほんとに復活なだけで充分な感じで。
あの音楽だけでワクワクするのはも理屈じゃないですよね~!
それでも、ラストに出てきたアレには私もヒキ気味でしたけど・・^^;
スピルバーグだから仕方ないし、
やっぱりインディだし!
このまま続編つくってくれないかナー なーんて。笑

かいこさん,こんばんは
「カエルの子はカエル」ですよね,やっぱりcatface
計画性のないとこも,「ジュニア」と呼ばれて怒るとこも。
ハリソンとシャイアは顔は似てないんだけどね。
シャイアの目がおっきいとこが,マリオン似,ということに
しときましょうか・・・coldsweats01
続編,ハリソンがまだアクションできるうちに作ってほしいね。
でも,今回の謎であんなオチをかましてしまったら
次回のオチはどないするんだろ~~

元祖アトラクションムービーですね。
これを観て、久々に旧三作を観直しましたが、見事なぐらい旧作のトレースしてましたね。
アクションシーンも基本的には以前やったアイディアのグレードアップ版で、そういう意味では新しさは無いものの、オールドファンには懐かしさだけで十分楽しい体験でした。
たぶんもう一回観に行ってしまいそうです。

ノラネコさん こんばんは

旧3作を見直されたんですね。
私もそうしてみよう・・・。
オールドファンたちが,昔心ふるわせたアクションシーンを思い出せただけでも,
これは十分楽しい作品と言えるかも。

ななさん、こんにちは!コメントとTBをありがとうございました。
こちらからのTBって、やっぱり届いてないのでしょうか? か、悲しい・・・(涙)。
私も楽しく鑑賞できた作品でした。
ケイト=ヘビか~、なるほどね~。。
彼女のように、役になりきるタイプの役者さんをカメレオンって言うじゃないですか。
やっぱり爬虫類系なんですかね。DDルイスもそんな感じでしょう?
続編も気になりますね。。
ではでは、また来ますね~。

ななさんこんばんわ♪TBが遅れて申し訳ありません・・

自分はインディをテレビで観て育った世代なので(笑)、あまり懐かしいという感じを抱かなかったのがちょっとアレなんですが、映画館で観て来た方にとっては感慨深くもなりますよね。おなじみのレイダース・マーチとかもついつい口ずさんでしまいそうですw

ケイトは蛇のようにネチネチとインディを追い詰めていくしつこい姿が印象的でしたが、自分はあのちびまるこちゃんみたいなヘアースタイルばかり気になってましたね~。金髪のイメージしかないから少しギャップを感じました。

真紅さま こんばんは!
いえいえ今回,TBはちゃんと届いておりますですよ~good
5回に一回くらいは届くようです・・・
届かないことが多くて申し訳ないですが
たまに届いたときのうれしさはまた格別のものがありますね・・・happy01
「ケイト=蛇」とはいつもは思わないのですが
この映画のケイトは人間離れしたキャラだったし
冷たくて執念深い蛇を連想してしまいました。
なりきり俳優は爬虫類系,というのは面白いですね。
D・D・ルイスもそう言えば,そんな感じかも・・・。

メビウスさん こんばんは!
インディをTVで観て育った世代・・・そっかメビウスさんは
お若いんですね!
私は3作目だけ劇場で観ました。1・2作はTVで。
TVでもしつこいくらい何度も放送されましたからね~
2作目なんか,10回以上観てますね。
ケイトの髪型,実は私もちびまるこちゃんを連想してしまいました。
しかし,同じ髪型でも全く違うキャラになるんですね・・・coldsweats02

ななさん♪
懐かしさを感じながら、大いに楽しめましたね。
なにより、
ハリソン翁(笑)のがんばりに元気をもらいました。
次世代に期待できそうな終わり方でしたが、
まだまだハリソン翁にはがんばってもらわないとね♪
インディに探してもらいたい秘宝はまだまだあるぞ~!

ひらで~さん こんばんは
懐かしさでワクワクしましたよ,最初から,最後まで。
ハリソン翁bleah,なかなかお茶目で素敵なじいさまでしたね。
あと数年は,アクションrunもそこそこ頑張れそうかも。

>インディに探してもらいたい秘宝はまだまだあるぞ~!
ほんとほんと。次回は宇宙に逃げずに,地球上のなぞ解きに戻ってほしいです。


ななさん、こんばんは
実は予告で見たとき「このオカッパブス(失礼)、どっかで見たような・・・・」と思っていたら、まさかケイト・ブランシェットだったとは。彼女がこういうエンタメど真ん中な映画に出たことがまず驚きでした

ななさんは「遊園地のアトラクション」に例えておられますが、今回の作品、ディズニーシーのアトラクションが元ネタになってるみたいですね。わたし一回体験したことあるんですけど、どんなんだったのか完全に忘れております(笑)
ただうっすらと、虫さんとか骸骨とか、インディらしい悪趣味なモチーフがいっぱい描かれていたような・・・・

SGAさん,いらっしゃませ!
「このオカッパブスcoldsweats01」は,私も予告編では誰かわかりませんでしたわ。
あのギャグみたいな髪型も(それなりに似合ってたけど)ご愛敬なんでしょうね,この作品では。ケイトがエンタメ作品に出た(それもアクション)というのは初めてですよね。何でもこなす器用なひとなということが,ますます証明されましたね。
ディズニーシー,わたし,行ったことないんですよ~sad
ぜひぜひインディの悪趣味なモチーフのアトラクション,体験したいです。


遅まきながら見てきました。20年ぶりのインディ。
時代設定とかインディ幾つとかわかんないんですが、1950年代前半だな。マット君のカッコがもろ「乱暴者」のマーロンブランドなんで。あー、その時代ってわけだ。(私も写真でしか見たことないけど、当時の若者たち、あのカッコ真似したらしいです)。
相変わらずありえへんわー!なアクションとか、わけわからん部族や昆虫の襲撃とか、それはいいです。インディだから。でもプレーリードッグはいかにもCGな動きでこれはちょっとやりすぎではないかと。あと核実験も(ネバダが出てきたとこでうわ、まさかと思ったが)。死の灰浴びてるだろー、あの距離では。
故マーカスブロディさんの扱いがあんまりだったなあ。銅像のクビ吹っとばすとは。(Dエリオットさん自身も亡くなられていたそうで遅まきながら合掌)
マリオンも再登場してくれたんだし、サラにも出てきて欲しかった。あ、でもポジションないか。
でも続編はもういいです。ご老体にムチうつHフォード氏にハラハラしちゃったし、四半世紀を費やしてやっと年貢を納めたのだしね。

garagieさん コメントありがとうございます!
ちょっと,お久しぶりかな~?
で,観てこられたのですね,インディ。

>マット君のカッコがもろ「乱暴者」のマーロンブランド・・・
そうそう,そうでしたね!
後でマーロン・ブランドのあの頃のカッコを写真で見て,
服装もヘアもそっくりで,笑いました。

虫も,原爆も,オチのアレも,いかにもこのシリーズらしい
「ありえん」バカバカしさでしたが,インディがおおまじめに
これらの「ありえん」冒険をこなしていくのは,やはり痛快でした!
続編・・・私は観たいな~。インディが主役のアクションはもう望めないとしても・・・。
ジュニアの指南役のインディを観たいです。家庭人としての彼は
ちょっとオーラが半減する気もするのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/21942149

この記事へのトラックバック一覧です: インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国:

» 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKUL)」映画感想 [Wilderlandwandar]
先行上映でやってたので見てきましたです、TOHOサービスデーで1000円でした「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカル [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [Movies 1-800]
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull (2008年) 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ 20世紀を代表する映画ヒーロー、インディ・ジョーンズの冒険を描くシリーズの19年振りの新作 序盤の原爆実験を茶化したようなシーンは必要とは思えないし、クライマックスが1作目と似てるなどマイナス要素はあるものの、全体的に見れば、期待を裏切らない面白い作品だった。 年齢を感じさせない... [続きを読む]

» 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』 [Sweet*Days**]
監督:スティーブン・スピルバーグ 製作総指揮:ジョージ・ルーカス CAST:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシ... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅]
本作品のキーワード : 『観る者に夢を与えてくれる』                             −それがこのシリーズの... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [小部屋日記]
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(2008/アメリカ)【先行上映】 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/ジム・ブロードベント 新たなる秘宝を求め、至上空前の冒険が始まる! 考古学者インディ・ジョーンズが秘宝を求めて世界を駆け巡る冒険活劇の19年ぶりとなるシリーズ第4弾。 シリーズを劇場でみるのははじめてなので... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [C note]
[E:notes]ターララッター タッタラー[E:notes] 懐かしのテーマ曲 [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 [映画を観たよ]
ホントにやってしまうとは! [続きを読む]

» ★「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ〜」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので、 前売り券1300円払っちゃったけど、レイトショウ1200円の時間帯でも観に行ってしまいました。 ... [続きを読む]

» 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 世界で一番の「インディ」ファン [はらやんの映画徒然草]
待ちましたよ、20年も。 久しぶりにインディに会えました。 「インディ・ジョーン [続きを読む]

» 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』やった。やっ... [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
『ブツクサ徒然ぐさ』の方で『やれるか!?やれるのか!?』と題して去る3月3日にハリソン君の腰が心配…といった旨の記事を書いた、インディ・ジョーンズ最新作ですが、いや~~~~、19年待った甲斐がありましたね。... [続きを読む]

» ★インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)★ [CinemaCollection]
INDIANAJONESANDTHEKINGDOMOFTHECRYSTALSKULL全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!上映時間124分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2008/06/21ジャンルアドベンチャー/アクション【解説】ハリソン・フォード、スティーヴン...... [続きを読む]

» 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 [寄り道カフェ]
INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 2008年/アメリカ/124分 at:TOHOシネマズ 「インディ・ジョーンズ」第4弾観てきました! 第3弾「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」で最後と思ったけれど、66歳のハリソン・フォードがまだまだインディ・ジョーンズやるっていうニュースを聞いて、ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグそしてハリソン・フォードが撮影に入った写真などをみて、同窓会気分で何撮るんだ!老体に鞭打って... [続きを読む]

» ●インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国(41) [映画とワンピースのこでまり日記]
観客はやっぱ、同年代が多かったよ。 [続きを読む]

» 映画 【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国】 [ミチの雑記帳]
先行上映にて「インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国」 19年ぶりとなる「インディ・ジョーンズ」シリーズ第4弾。 おはなし:1957年、ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、若者マット(シャイア・ラブーフ)とともに再び冒険の旅へと出る。しかし、インディたちの前に、秘宝を付け狙うロシア軍が立ちはだかり・・・。 映画ファンを長くやっていると、もう終わってしまったとばかり思っていたシリーズ物の続編に出会うことができる... [続きを読む]

» 【インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国】 [日々のつぶやき]
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、レイ・ウィンストン、カレン・アレン 「クリスタル・スカルを手にしたインディ達はソ連軍のスパルコに追われる。敵から逃げ、無事にスカルを戻すことがで... [続きを読む]

» 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 やっぱり・・・(x_x) [ポコアポコヤ 映画倉庫]
インディージョーンズシリーズのファンなので、凄く楽しみで、でも期待し過ぎると良くないからと、期待はしないで映画館に行きました。 [続きを読む]

» 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(先行・字幕)」みた。 [たいむのひとりごと]
遂に待ちに待ったこの日が!今朝の地震ではいちおう震度4地域。少々ビビりながらの鑑賞。(被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。)”オーパーツ”のオーバーテクノロジーを無理やり理解しようとすると、やは... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 [りらの感想日記♪]
【インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国】 (15) ★★★☆ 2008/06/14 -ストーリー 1957年、アメリカ国内で米兵に [続きを読む]

» 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 [かいコ。の気ままに生活]
考古学者インディ・ジョーンズ 19年ぶりのシリーズ第4弾。「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」公式サイトあの軽快な音楽きいただけでワクワク。モコモコっとプレーリードックが顔出して・・待ってました! インディ登場!老いぼr・・じゃない、年取って...... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
何十年も映画を観ていると、段々と映画館でワクワクする感覚というものを味わう事が出来なくなってくる。 別に映画を嫌いになった訳ではない... [続きを読む]

» 【映画】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国…“ヤング”とは一味以上違う続編 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
そういえば、今って“西暦2008年7月”ですねぇ… “2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です{/face_ase2/} 今日{/kaeru_fine/}は天気が良かったので少し出かけたのですが、暑いです{/face_hekomu/} 娘は茶道部(?)のお茶会とやらに出かけましたが…暑いだろうねそちらも。 さて、今日は久しぶりに映画... [続きを読む]

» 声って大事〜『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』【字幕版】 [真紅のthinkingdays]
 INDIANA JONES AND  THE KINGDOM OF  THE CRYSTAL SKULL  吹き替え版の感想はこちら⇒  というわけで、早速字幕版を鑑賞してきました。車のボデ... [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/レイ・ウィン... [続きを読む]

» なんてったってクリスタル スティーブン・スピルバーグ 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』 [SGA屋物語紹介所]
はるか昔の第二次世界大戦中、ナチスドイツにたった一本のムチで立ち向かったタフな男 [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [Yuhiの読書日記+α]
インディ・ジョーンズ・シリーズの第4弾。伝説の秘宝<クリスタル・スカル>を巡る謎を追うトレジャー・ハンティングもの。 監督はスティーブン・スピルバーグ。主演はハリソン・フォード。その他のキャストは、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン、ジョン・ハート他。 <あらすじ> 1957年。ソ連軍に捕らえられたインディ・ジョーンズと相棒ジョージ・マクヘイルは、かつてアメリカ軍が手に入れた箱を探すよう命じられる。そこで彼らが見つけたのは、強い磁気で金属を引き寄せる謎のミイラだった。何とか... [続きを読む]

» 映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 [Ctrl F 「映画」]
映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を観ました。   一言: [続きを読む]

» インディ・ジョーンズ4  [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  ハリソン・フォードは今年66才になったという。この映画では、かなりスタントマンを使ったと思われるが、それにしても日頃の鍛錬がなければ大怪我間違いなしである。 シルベスター・スタローンにしろ、ハリソン・フォードにしても、何故もまあお年寄りがこれだ... [続きを読む]

« 再会の街で | トップページ | 奇跡のシンフォニー »