MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« アイマックさんバトン(本編) | トップページ | クローズZERO »

2008年5月14日 (水)

愛しのシャーロック・ホームズ

20061124191708_2
アルセーヌ・ルパン,シャーロック・ホームズ,明智小五郎・・・・。彼等のシリーズ,小学校の図書館に,少年少女向けの全集があったっけ・・・。

皆さんはこの三人のうち,
どなたが一番お好きですか?

え?三人とも,どうでもいいって?
まあまあ,そうおっしゃらずに・・・happy01

わたしは、やっぱりホームズが好き
何といっても 19世紀の植民地時代のイギリスが好きだし。.彼のやや変人じみた魅力的で個性的なキャラクターや,科学捜査の草分け的な活躍ぶりも面白い。
Handw
そして,ホームズを演じた役者といえば,この人,ジェレミー・ブレット。ホームズを演じた役者さんは数多けれど,この方の演じたホームズは,その外観から雰囲気から立ち居振る舞いから,原作のホームズ像にいちばん近い,と言われている。・・・確かに。

このたび,わが町のレンタルショップに,新しく,グラナダTVの「シャーロック・ホームズ」シリーズの完全版を置いてくれたので,グレイズ・アナトミーと交互にレンタルしている毎日。ドイルの原作は,すべて読んでいたけど,ドラマを観るまえに再度読み返して,記憶を確認したりしながら,楽しんでいる。

Paget_holmes_2
ジェレミー演じるホームズの,ほれぼれするような姿勢のよさや,突飛ともいえる,芝居がかったリアクションや繊細な表情に「次はどんな反応をするのかな?」と目が離せず,19世紀のロンドンのあの有名なベーカー街の,洗練された陰鬱なムードを楽しんだり,その魅力は尽きない。

石畳に響く馬車の音。
室内を照らすランプや暖炉のあたたかな光。
そして,ホームズやワトソン博士の
いわゆるダンディな「英国紳士」の服装。
バイオリンで奏でられる哀愁を帯びたテーマ音楽。
・・・・いいなぁ,古き,よき英国。
B2529ea2f39ed73ec6bfbd3aa0504344
アガサ・クリスティの「エルキュール・ポワロ」完全版も置いてくれたので,そちらの原作も大好きな私としては,当分,英国探偵ドラマにもハマりそう・・・。

ああ忙しい・・・ sweat01

« アイマックさんバトン(本編) | トップページ | クローズZERO »

映画 俳優・雑記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~~♪
体調戻られましたか~?よかったよかった!

私もシャーロック・ホームズシリーズは、ほとんど読んだと思います。
「踊る人形」の暗号とか、自分なりに作って遊んでました~。
小中学校時に嵌っていました。少し大きくなってからはルパンになってた。私にとってはルパンの方が“オトナなイメージ”だったのかな?(笑)

ななさんは英国探偵ドラマにも?たくさんあって大変でしょうね~~~ (^^∀)

こんばんは^^先日は3周年記事へあたたかいコメントを
ありがとうございました!嬉しかったです♪

3人とも好きですが、私も選ぶならやっぱりホームズかな^^
ジェレミー・ブレットはイメージにピッタリでした!
NHKで放送してくれてたので、ほとんど観ていると思います。
私もドイルはかなり読みましたが、忘れていることが
多いです(^^ゞ

そして、さらに好きなのがポワロです。これもHNKで
放送していたので観ていました。アガサクリスティが
大好きだったのでほとんど読んでると思うのですが
やっぱりかなり忘れています(^^ゞ

ななさん忙しくなりそうですが(笑)春は調子が悪い
(私と同じで)とのことでしたので無理されません
ように(^_-)-☆

本のバトン、私もアイマックさんから頂きましたので
アップしたらお邪魔させていただきますね♪

こんにちは、最近ドラマにはまっているご様子。これはCS「ミステリーチャンネル」深夜帯だけど繰り返し繰り返し放映されていて、ずっと前からお気に入り。CS放映されるずっと前からまだ学生だった頃からおきにいり。シャーロック・ホームズとワトソンはこの二人と固まってますよね。
ドラマといっても単発なので、寝ながら見て知らぬ間に寝てしまている状態ですが、シャーロック・ホームズ、それからミス・マープルだの名探偵ポワロだの、書き出したらキリがない(笑)。当時の服装とか雰囲気とかゆったりしたリズムなどもいいんですよね。どれもお気に入り。

なつかしい話題についつい引き込まれてしまいました。
ホームズもルパンも大好き!でした。両方とも全部読破したはずです。
 ホームズの世界に浸りたくてロンドンに出かけ、ルパンの奇岩城を求めてモンサンミッシェルにも行ったわ☆ 
 いつの日かオリエント急行にも乗ってみたい!
さて、一人選ぶ、としたらルパンかな?

あ、ジェレミーブレットさんだー!
私の中では露口茂さんとセットになってます。
それ以外は忘れてます。すみません。
DVDって事は言語を堪能できるのでしょうが、日本語吹替えはNHKのを使用してるのですか?(そういえば露口さんは最近お見かけしないけど引退されてしまったのかな?)
アニメでもあったなあ。何故か犬にされていたけど、宮崎駿さんの監督したものは面白かった。
それと、ジェリーラファティーという人が歌った「霧のベイカーストリート」←これ「ゾディアック」のラストでちょっとだけ間奏が使われてました。録音したカセットテープがあるはずだけど、どこにいったやら...
ちなみに3人の中では、明智小五郎です。というより怪人20面相が好きだったみたいですな。ルパンだったら、やっぱ3代目がいいです。

マリーさん,こんばんは
いつも,やさしいお見舞いのことばをありがとうございます。
昨日はまたぶりかえしたかな?と思うくらいしんどかったのですが
今日はとても調子がよかったです。
で,マリーさんもホームズシリーズ読破されているのですね!「踊る人形」の暗号を作って遊んだなんて,かなりのマニアじゃないですか!
ちなみに私のお気に入りの作品のベスト10に「踊る人形」は入ってますね。
ルパンは,さすがおフランスだけあって,ロマンスが必ずあったりして
大人向けなのかもしれませんね。
ストーリーそのものは,ルパンのほうが面白かったように記憶してます。

ひろちゃん,こんばんは
ひろちゃんも体調を崩されたとのこと,もうすっかりよいのですか?
春は新しい環境への順応とか,気候不順とかで,どうしても体調が不安定になりますね!
ホームズ,NHKで放送してくれましたね。
残念ながらその当時,その時間帯にTVが見れる状態ではなかったので
あまり観れてないのですよ~。だから今回の完全版はうれしかったですね。
ポワロシリーズも放送していましたね。
また時代が変わった英国の雰囲気が味わえました。

本のバトン,ひろちゃんにも渡ってますか!
ではでは,アップを楽しみにしていますね!

シュエットさん,こんばんは
そう,最近映画とビデオと半々に観てますね。
私は一度ハマるとある程度の期間そればっかし観てるので・・・coldsweats01
シュエットさんもこれ,お気に入りですか。
私はTVでこれをみた記憶があまりなくて・・・・。いくつかの作品は見ましたが。
それで,今初めて観る作品もあるわけで,したがってとってもエキサイトしております。
映像はさすがに古臭いんですけどね・・・。

これに限らず,探偵ものは一話完結で,見やすいですね。
ミス・マープルのシリーズは未見ですが,小説はみんな読んでるので
次回ハマる候補にしておきます。

marielou さん,こんばんは。

ホームズやルパンの里に実際に旅されたとはうらやましいですね!
私は,どちらか選べと言われたら,ホームズの家のあったベーカー街に行ってみたいですね。
事件にもよく登場する,イギリスの田舎行ってみたいです。
一人を選ぶとしたら,ルパンですか?
ま,彼はとっても素敵ですもんね。恋多き人物だし。heart02
ホームズは変人っぽいけど・・・。

garagieさん,こんばんは!
露口茂さんがホームズの声の吹き替えを担当なさったのですね。
完全版DVDは,私はもっぱら英語で再生していたのでわかりませんが
たぶん同じなのではないでしょうか。
彼の吹き替えの声も,彼のキャラによく合っていましたね。
今回初めて英語版を観ましたが,あの時代の英国の言葉,ということで
とっても上品できれいな発音の英語が多く使われていました。
「FA●K!」なんて言葉,絶対出てきませんからね。

明智小五郎,お好きですか。
確かに,怪人二十面相と,明智探偵と小林少年(うわ,懐かしい!)の物語は面白かったですよね。

いきなり、申し訳ありません
シャーロック・ホームズ(ジェレミー・ブレット)さんと、お相手のワトソン君を調べています
ワトソン君の俳優さんの名前、わかったらお教え頂けないでしょうか
よろしくお願いいたします

紀苺さん いらっしゃいませ。

ジェレミー・ブレットさんのホームズとコンビを組んでるワトソン博士の役を演じているのは,エドワード・ハードウィックという英国の俳優さんです。他の作品は,映画「エリザベス」や「オリバー・ツイスト」などにも出ていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/20919358

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しのシャーロック・ホームズ:

« アイマックさんバトン(本編) | トップページ | クローズZERO »