最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ディスタービア | トップページ | クローバーフィールド/HAKAISHA »

2008年4月27日 (日)

しあわせな孤独

Big_2
デンマークの女性監督,スザンネ・ビアが,ドグマの手法で描いた,愛についての,リアルで深い,心に沁みいる物語。DVDで鑑賞。

セシリヨアヒムニルスマリー
突然起こった不慮の事故で,それぞれの運命と,愛の行方が狂ってしまった,4人の男女。明日は幸せな今日の延長線上にあると信じて疑わなかった彼らの思い描いていた未来や,平穏な家庭は,交通事故という,誰にでも起こりうる出来事によって,もろく崩壊してゆき,彼等の人生は痛ましく交錯しながら,先の見えない袋小路へと,次第に追い詰められてゆく・・・。

03_2
ドグマ
というのは,1995年に,ラース・フォン・トリアーらが始めた,デンマークの映画運動。その特徴は,オールロケ,手持ちカメラによる撮影,効果音や照明効果の禁止・・・等があるらしい。
この作品も,ドグマの手法での撮影なので,まるでドキュメンタリーのような生々しい雰囲気が際立っていた。余計なBGMや,回想シーンなど皆無の映像は,まるでホームビデオで実際の出来事を撮影したかのよう。だからこそ余計に,自分や知り合いの身に実際に降りかかってもおかしくない出来事のような,息詰るリアルさを感じた。

セシリとヨアヒムは,婚約し,幸せの絶頂にあったのに,ある朝,彼女の目の前でヨアヒムはマリーの運転する車にはねられ,全身不随になってしまう。衝撃を受けながらも,何とか現実を受け止め,彼を支えて生きていこうとするセシリを,ショックが大きすぎるヨアヒムは激しく拒絶し,彼女を傷つける態度を取る。
Cap002
一方,医師のニルスは,加害者マリーの夫で,事故発生時から,セシリの相談相手になっていたが,ヨアヒムの態度に深く傷ついたセシリは,やがてその空隙を埋めるために,精神的にも肉体的にもニルスを求めるようになり,ニルスもまた,彼女を愛してしまう。

配偶者や,婚約者に対する裏切り・・・・
事故の被害者側と加害者側の,
普通ならありえない関係・・・。

本来なら非難したくなる結びつきなのに,なぜかこの物語の中では,ごく自然なことのように思えた。

Cap005
突然降りかかった,重すぎる現実を受け入れられず,セシリに理不尽に辛く当たるヨアヒムの態度。行き場の無い愛を,一時的に受け止めてくれる相手を求めたセシリの脆さ。そんな彼女を本気で愛してしまった,ニルスの優しさ。・・・・どれこれも,あの状況なら起こっても仕方のない無理のないことなのではないかと。

普通は誰か一人の登場人物(たいていは主人公)に共感し,物語全編にわたってその人物の気持ちにずっと寄り添いながらストーリーを追っていくものだけど,この作品に限っては,4人の男女全員に感情移入してしまった。場面が変わるごとに,あるときはセシリに,またあるときはニルスに,そしてあるときはヨアヒムに,マリーに・・・・入れ替わり立ち替わり共感している自分がいた。
Cap007
どの人物も,基本的にはとても善人で,そして誰でも持っているような愚かさや弱さも露呈するのだけど,物語の進行に従って,切ない優しさや,再生への強さもまた,見せてくれたからだろうか・・・・。

誰も悪くない。誰も責められない。

ただ,運命の歯車が違った方向に回り始めただけなのでないか・・・・そんな風にさえ思えてくる。

セシリとの関係が妻子に知られたとき,妻の罵倒にじっと耐えるニルスを見て「やっぱり家庭を壊すリスクは犯さない弱気な男なんだろうな・・・・」と思っていたら,セシリのために家を出る決断までした真摯な彼の行動を,なぜか応援したくなったり・・・・。

Cap063
最初は遠ざけたセシリを,また呼び戻したヨアヒムの心情にも,心が締め付けられたし,結局は愛する彼女を手放す決意をした彼の哀しい決断もまた,とても切なかった・・・・。

事故の加害者なのに,ヨアヒムを見舞うでもないマリーの態度に,「罪の意識が希薄なんじゃ?」と最初は不満を抱いていたのだけど,夫に出ていかれるシーンで,泣きながらすがる彼女はやはりかわいそうに思ったし,その後,供たちのために健気に立ち直った彼女の姿には小さな感動を覚えた。

Cap046
そしてセシリ・・・・。運命に流されがちな,弱さと脆さを持った女性だけど,同時に,どんなときも誠実に相手を愛そうとする,芯の強さをも秘めているような女性。演じたソニア・リクターは,新人女優だということだけど,彼女の繊細さと愛らしさが,この作品の大きな魅力のひとつになっていると思う。

それにしても,スザンネ・ビア。すごい監督さんだ。なんて深く,細やかに人間というもの,人生というものを理解しているのだろうか,と思う。
Cap008
降りかかってくる不慮の出来事に,あっけなく砕け散ってしまう人生の設計図。その中できっと,あわてふためいた私たちの誰もが,ごく自然に見せるだろう,弱さや愚かさや,優しさや愛や,土壇場の強さ・・・・。ほんとに自分の身にも起こりそうな,切なくいとおしい物語に思えて,当分心から離れそうにない。

追記:ニルス役のマッツ・ミケルセン・・・なんだか,好みだな~雰囲気が。と思ってたら,キング・アーサーで,私の一番お気に入りだったトリスタン(鷹を連れていた騎士)の役の人だったcoldsweats02と,後で知りました!え~,全然わかんなかったよ~。でもやっぱり好みだわ。heart04

« ディスタービア | トップページ | クローバーフィールド/HAKAISHA »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは。
この作品、誰が悪いわけでもないんですよね。
ただ、あの事故によりすべてが狂ってしまっただけ。
だから、すごく切ないんですよね・・・。
この作品を初めて観た時、「すごい監督だ!」と感嘆したのを覚えてます。その彼女が今ハリウッドに招かれているのも感慨深いですね。・・・でも、ヨーロッパの雰囲気の方が彼女の作品には合ってると思いますが。
マッツ・ミケルセン、「アフター・ウェディング」にも出てましたね。結構素敵ですよね。

人間って、思いもかけないことが起こったら、さまざまなことでこれまでと違うことが起こってきてしまうんですよね~。
この映画に出てくるそれぞれの人たちが、人生の途中で起きた思いがけない出来事に戸惑い、苦しみ、なんとか受け止めて生きて行こうとする姿が印象的でした。
それぞれの人の気持ちもわかるなぁと思ったり。
私もあの奥さんのあの態度はないでしょ、って思ったけど(加害者なのに!)同情できる部分もでてきたし。それぞれちょっとずつ共感できる部分を持ってたように思います。
ドグマというのは全然知らなかったので、ここでお勉強させていただきましたm(_ _)m
アングンというシンガーの歌と相まって、とても切なく、余韻にも浸れて、素敵だなぁ、と思ったのを思い出しました♪
TB&コメント、どうもありがとうございました♪

お邪魔します~
昨日はコメントありがとうございました。
ななさんおっしゃるとおり、登場人物すべてに
入れ替わり立ち替わり共感してしまうつくりでしたよね。
色んな感情が湧きあがってくるのが人間だから
正・悪つけられませんものね。
でもこういうリアルな物語を見せ付けられると
あらためて絶対どちら側にも立ちたくないな・・・って
思いますね。マッツ・ミケルセンは
お好きな方多いですよね・・・。
スザンネ・ビア監督作は私も好きなのですが
続けて何本か見るには体力いるような気がしますね・・

こんばんは!
そうです!マッツはトリスタンでしたね。出番は少なくて寂しかったですが...
>なんて深く,細やかに人間というもの,人生というものを理解しているのだろうか,と思う。
スザンネ・ビアってホントに、ホントに洞察力ありますよね。
この方の作品は常に人々の心情を描いているようですが、マジで上手いですね描き方が...感動しちゃいます!
この作品4人の出演者もそれぞれに素晴らしかったです!

mayumi さん,こんばんは~

とても切ない余韻が残る作品でした。(実はまだ残ってる)
誰が悪いわけでもないのに,傷つけあったり・・・・・
意外なところで癒しあったり・・・・・
人間って,愚かで,残酷で,でも愛おしいものだと
思わせてくれる作品。この監督のファンになりました。
他の作品,観てみたいですね。ぜひ。
マッツは地味なおっさんなんですが,なんでか魅力的です。
名優のオーラかしらん・・・・。

メルさん こんばんは
素敵な作品でした。
人間って・・・・といろいろ考えさせられてしまいましたよ。
4人の登場人物全員が愛おしかったのですが
セシリを演じた女優さんの瞳の美しさと
ニルスを演じたミケルセンの,どうしようもなく葛藤する姿に
特にひきつけられて,二人を応援してしまいました。
奥さんのマリーも,前半は「薄情なひとやな~!」と批判的に見ていたのですが
後半はその懐の深さに「母だなぁ・・・」と感動しました。
ドグマの手法って,人間の心情をリアルに描き出しますよね。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」などもドグマだそうです。
ドグマだから,BGMはなかったけど,エンドロールの歌は心に沁みましたね。

みみこさん こんばんは,いらっしゃいませnew

たしかにリアルすぎて,物語として見るにはいいのですが
体験はしたくないですね~。
苦しいものですよね,誰の立場も。
あんなにまざまざと,監督が描いてみせてくれたから,
余計にそう思えます。
人間って,切ないですね。運命に翻弄されたら
自分で自分の感情もコントロールできなくて・・・。
この監督さんの作品は,確かに膝を正して
食い入るように観て,見終わった後も,ぐるぐる考えに取り付かれるので
疲れるかもしれません・・・・。

margotさん,こんばんは!
そう,私はマッツ・ミケルセン,この作品で「初めて観る人だわ~」と思ったのですが
あの「トリスタン」だったと知ってビックリ!さらに
「カジノロワイヤル」の,あの不気味なル・シッフル(赤い涙が忘れられないわ)だったと,また知って
さらに仰天しました。
どれも全然雰囲気違うじゃん!名優ですね,この方。

ビア監督と,マッツのにわかファンになりました!

 またまた、こんばんわ~
 スザンヌ・ベア監督凄いですね~!僕は劇場で「ある愛の風景」を見ましたが、素晴らしかったです、そう!あのジェイクの「ブラザーズ」のオリジナル版です。ななさんの写真にあるヒゲの男性がジェイクと同じ弟を演じてました、ちょっとだけジェイク似?
「しあわせな孤独」も良さそうな映画ですね。ぜひ見たいリストに加えないと・・・
 「ある愛の風景」もオススメです、機会があればぜひご覧になってください。

イニスJrさん こちらにもありがとうございます。
そう,「ある愛の風景」の監督さんですよね。DVDになったらぜひ観たいです。この監督さんの描く人間模様の切なさは,ハリウッドでは出せないような気がします。ちょうど,リー監督しか,BBMのあの切なさを出せなかったように,ハリウッド出身の方には真似できない何かをお持ちですね。
「ブラザーズ」も,だから,よくも悪くも,もしかしたら全く別物になるのでは,と心配もしますが,どんなになってもジェイクだからいいか~~なんちゃって。ジェイクの役は,ヒゲのヨアヒム役のひと?それでジェイクは熊ヒゲを生やしていたのでしょうか?一時。
オリジナルの「ある愛の風景」も,もちろんリメイクの「ブラザーズ」もはやく観たいですね~~。
あ,この「しあわせな孤独」もすごくいいですよ。

ななさん~こんにちは!
ななさんも、ミッツさんがタイプだったとは~\(^0^)/

>子供たちのために健気に立ち直った彼女の姿には小さな感動を覚えた
 そうなの・・・。最初のうち、あの妻、反省が足りんぞ!とか思ってたんだけど、なんだか可哀想になってきちゃってね。
最後の方は、元のさやに戻るのか?と思いきや、そうは来なかったね・・・。

誰の立場も結構共感出来てしまって、とても引き込まれて見た映画でした。

latifaさん こんばんは

そうなんですよ~マッツ・ミケルセン好きなの。
イケメンではないのだけど
役柄と言うか,なんというかどの作品の彼も好き。
繊細で無骨で,セクシーなのよね。

>最初のうち、あの妻、反省が足りんぞ!とか思ってたんだけど、
わたしもあの妻は,事故った直後の反応とかは
おおいに不満があったのだけど
後半は気の毒に思えてきたりしてね。
全員に感情移入ができる作品って珍しかったわ。
この監督さんの人間描写の力量の凄さでしょうね。
女性だし,邦画でいったら西川美和監督さんみたいですね
撮る作品のタイプは違うけど。

 こんにちは。この映画は奥が深いし、胸が締め付けられる映画でした。
 しかし、ななさんの仰るとおり4人、いや娘さんも入れて5人に対して感情移入してしまう映画でそれぞれに最後はほんの少しの希望の光を見せてくれるこの映画は見終わってからも余韻に浸ることができます。

ディープインパクトさん こんばんは

>それぞれに最後はほんの少しの希望の光を見せてくれる
そうですね,対立する人間関係でありながらも
各人の事情にそれぞれ共感でき
どの人物にも作者の優しい視線がさりげなく注がれる・・・
これはこの監督さんの作品ならではの魅力でしょう。
人生はままならないもので不安定ではあるけれど
それでもささやかな希望は誰にでもあるんだと
前向きな気持ちになれますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/20596699

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせな孤独:

» 「しあわせな孤独」 [It's a wonderful cinema]
 2002年/デンマーク  監督/スザンネ・ピエール  出演/ソニア・リクター      マッツ・ミケルセン  せつない映画だな~これ。観ていて胸が痛くなるほどせつなかった。こういう気持ちになる映画は久しぶり。デンマーク・アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品で、デンマーク国民の8人に1人が観たというヒット作。  ひとつの交通事故が、周囲の人間を変えていく。  結婚前の幸せなカップルだったセシリとヨアヒム。しかし、ヨアヒムは交通事故で顔から下は何もうごかせなくなってしまう。絶望したヨア... [続きを読む]

» 「しあわせな孤独」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
しあわせな孤独メディアファクトリーこのアイテムの詳細を見る 女性コックのセシリ(ソニア・リクター)と博士号取得を目指す大学生 ヨアヒム(ニコライ・リー・カース)のカップルは、結婚を間近に控えていた。 だがある日、セシリの目の前でヨアヒムが交通事故に見舞われる。 そして、彼は病院で一命を取り留めるが全身不随になってしまう。 ヨアヒムを轢いたのは、この病院の医師ニルス(マッツ・ミケルセン)の妻 マリー(パプリカ・スティーン)だった。事故以来、絶望感から心を閉ざし、 セシリまで受け入れなくなるヨアヒム。傷... [続きを読む]

» 「しあわせな孤独」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Elsker dig for evigt」...aka「Open Hearts」 2002 デンマーク 交通事故により出会った男と女の切ないまでのラヴ・ストーリー。 セシリにソニア・リクター。ニルスに「アフター・ウエディング/2006」のマッツ・ミケルセン。 セシリの恋人ヨアヒムに「恋に落ちる確率/2003」のニコライ・リー・コス。 ニルスの妻マリーにパプリカ・スティーン。 監督は「アフター・ウエディング」のスザンネ・ビア。 コックのセシリ(リクター)は、地理で博士号を目指すヨアヒム(... [続きを読む]

» 映画 しあわせな孤独(2002) 不幸は突然襲ってくるけれど [ザ・競馬予想(儲かるかも?)]
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  僕のイメージではヨーロッパ映画と言えばフランス、イタリアの映画を勝手に想像してしまうことが多かったのだが最近はフランスもイタリアの映画もこれは凄いと思うような映画が思い出せない。  しかし、ヨーロッパ全体を見回した時にユニークな発想を持っている監督はたくさん居る。そんな中でもデンマークの映画、及びデンマークの監督の撮る作品は個性... [続きを読む]

» 「しあわせな孤独」(2002年、デンマーク) [楽天売れ筋お買い物ランキング]
「しあわせな孤独」(原題:Elskerdigforevigt、英題:OpenHearts)は2002年公開のデンマークのドラマ映画です。スサンネ・ビア監督、ソニア・リクター、マッツ・ミケルセンら出演で、突然の... [続きを読む]

« ディスタービア | トップページ | クローバーフィールド/HAKAISHA »