MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« エレファント | トップページ | リトル・ダンサー »

2008年3月15日 (土)

明日、君がいない

070228_ashita_kimiga_main
先日鑑賞したエレファントは,強烈に心に残ったが,この明日,君がいない」,エレファントに似た作品である(というか,エレファントの影響を受けている作品らしい)と聞いて,DVDをレンタルしてみた。どんな映画かと言うと・・・・。

冒頭に,トイレで誰かが自殺したことをほのめかす映像が映し出される。それが午後2時37分。そして場面はその日の朝に巻き戻され,普段通りのハイスクールの一日が始まる。

高校生のマーカス,メル,ルーク,ショーン,サラ,スティーヴンのエピソードが,かわるがわる映し出されるのだが,途中に彼らのモノクロのインタビュー映像が何度も挿入されていて,それぞれの置かれている状態や心境が,少しずつこちらにわかってくるような仕掛けになっている。物語が展開するにつれて,一見普通にみえる彼らが,実はそれぞれ深刻な悩みを抱えていることが見えてくる。

彼らの中の,ある青年は,完璧を求める父親に応えるためにストレスを溜めている。またある少女は,近親相姦により,妊娠してしまう。ゲイであることをカミングアウトして親や友達から疎まれている青年もいるし,ゲイであることを,必死で隠している青年もいる。障害のために,みんなから苛められている少年もいる。
Cap045

観ていて辛かったのは,彼らが,揃いも揃って,自分の悩みを他人には絶対打ち明けられなかったことと,悩みを持っているもの同士で傷つけあう場合もあった,ということ。

誰も他人の心の痛みなんか全く見えていない

というか,自分のことでせいいっぱいなのだ。一瞬一瞬を必死に生きているようなものさえいるのだから。観ていて,痛々しいし,目を背けたくなるほど醜悪にも見えるし,また限りなく哀れにも思う。

自分の悩みでいっぱいいっぱいの,ティーンエイジャーという時代。誰にも相談もできず,弱みは決して見せたがらない,この年代特有の,繊細さと幼さ。

ほんとに,この中の誰が自殺してもおかしくないことが,物語の進行とともにわかってきて,「一体誰が・・・」と,見てる方はだんだん息を詰めて画面を見守ることになる。ここらへんはサスペンスを見てるような緊張感が漂う。そして運命の2時37分に自ら手首を切ったのは意外にも・・・・・。
Cap048_2
「エレファント」と比べるものでもないとは思うが,舞台がキャンパス内の一日に限定されているということ,それぞれの登場人物のシーンの時間軸をずらす手法,空の映像やクラシック音楽の使い方,テーマのひとつがおそらくこの年代特有の「孤独」である,という点がよく似ていた。ガス・ヴァン・サント氏の真似をしたとは言わないけど,多大な影響を受けた見せ方のように思える。

しかし,この監督ならではの個性や才能も光っていて,決して二番煎じにはなっていない。「エレファント」は,登場した高校生はほとんどアドリブで台詞を言い,ストーリー性を排除していたけど,この作品はストーリーがしっかりと絡み合っていて目が離せない

また,「エレファント」は監督のメッセージをあえて語らなかったところに特徴があるけど,「明日~」は,監督のメッセージもしっかり伝わってくる。さすがに映像や色彩の美しさ,神々しいまでの透明感や独特のカメラワークの持つ魅力は,巨匠のサント監督にははるかに及ばない気がするけど。
Cap062
・・・・・しかしながら,19歳でこれを撮ったとは,すごいものだ。この映画がもたらす余韻も半端ではない。「エレファント」のような静かな余韻が長く尾をひくのと一味ちがって,頭を殴られたような強烈な余韻だけど。

ある日突然,知り合いが自ら命を絶った,という出来事を,私は二度経験している。ひとりは職場の同僚で,もうひとりは同窓生だった。どちらの場合も,前日まで彼らの抱えていた悩みに,周囲の人は全く気がつかなかった。同窓生の方は,1年経った今でも,原因がはっきりとわからない。

ああ,あの人は,きっとあの時,ほんとうに辛かったんだろうな。そしてそれを周囲に気づかれないように,必死で隠していたんだろうな。
そんなことを鑑賞後に思って,切なくなった。

« エレファント | トップページ | リトル・ダンサー »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

そうなんですか~、この映画は「エレファント」に
影響を受けてるんですね~。
未見なので(^^;;) 全然わからなかったし
エレファントがこういう?映画だっていうのも
全然しりませんでした(^^ゞ
ななさんが記事になさってるのは先日ちらっと
見せてもらったんですが、いつか見るかも・・と
思って、詳しくは読ませてもらってないんです(^^;;)

この映画、すごく印象には残りました。
たぶん見たってことを忘れないと思うし
おっしゃる通り、余韻もすごくありました。
手法が今ひとつ私はあざとく思えて、引いちゃった
部分があるんですが、それでも映画的にはしっかり
作ってあるなと思いました。
若いのにすごいですよね~。
でも、若いからこそこういう映画(手法も含めて)
なのかな、という気もしました。

これからどんな映画を撮っていくのか、楽しみですよね。

TB&コメント、どうもありがとうございましたm(_ _)m

ななさんこんにちは♪

コメントTBありがとうheart
ずっしりと重い内容でしたね、
かなり深く入りこんで観てしまいました、、、、
監督自身、こんなふうに友人の死を経験したからこそ
リアリティ持って伝えられてる作品でしたよね。
何にしろ、自ら命を投げ出すのは悲しいことだし
周りの人間もショックですよね、、、、

こんばんわ。
私もある日突然友人を自殺で失ったこと
がありました。
彼女は夫も子供もいて、やっぱり周りの人々は彼女の
異変に全く気づかなかったそうです。

私はこの作品を観たときのショックがあまりにも
大きすぎて・・・それ以来、あまり思い出さないよう
にしていたんですけれど(苦)。

本作とエレファントを立て続けにご覧になった
ななさんの精神力ってすごいなあと思いました。
私はちょっと・・・たぶん途中で観るのを
止めてしまいそうなので(汗)。

でも、この物語の言わんとすることって、
若年層に限らず大人の世界にも通用することで。

まして年を取るたびに人に頼ったり、
心を開いたりすることを上手に出来なくなっていく
一方だったりするから・・・。
これを会社組織に置き換えて考えても、
相通ずるものがあるよなあって感じましたです。

メルさん,こんばんは
この監督さんが実体験を映画にしたいと思ったのが
「エレファント」と観たからだったと聞いたことがあります。
時間軸をずらす群像劇とか,表現法は似たところがたくさんありました。
どちらも重くて哀しい余韻が残りますね。
そして問題に対する答えもなくて・・・・。
監督さん,若いからこそティーンエイジャーの抱える悩みを描くのが上手かったですね。
まだまだ彼には記憶が生々しい,なじみのある悩みなんでしょうか・・・。

この手法でスタートした監督さんですが
それにとらわれることなく,いろんな手法の映画を
今後も撮り続けていってほしい,将来が楽しみな監督さんですね。


migさん,こんばんは

こういうテーマは,絶対に何らかの形で体験している方でないと
心に響いてくるものは撮れませんよね・・・despair

「いのちの電話」という自殺予防電話カウンセラーのボランティアをしている知り合いもいますが
相談できる人はまだ実際に自殺するまで追い込まれていない人なのかなぁ。
見も知らぬ他人には相談できても
身近な人にはかえって打ち明けられないものですよね,深刻な悩みって。
ほんとに,自殺は哀しいことです・・・。
親にとっては,子供から自分を否定されたような,激しい悲哀を感じるものでしょうね。

ななさん♪
ティーン時代もそうですが、大人になっても人に悩みを打ち明けられない人はず~っとそうな気がします。
なんだか自分ひとりで抱え込んじゃって、親も友達も誰にも相談できずに苦しんでって。
それってでも本人の考え方一つだけど、助けてあげたいからってそれを変えるほど踏み込んじゃいけないしなって思ってしまいますし。
そうすると怖くなりそうで。
なんだか難しいものです。
それに自分で必死ですしね。それも仕方ないとは思うのです。それがティーンって時代ですからね。

睦月さん こんばんは
いやいやさすがの私(仰るとおり,あまり物に動じません)も
これと「エレファント」を2本続けて見た後は
両作品の負のエネルギーに圧倒されて
しばらくは食欲を無くしましたです。shock

そして何故かこちらの方がより救いがないように思えました。
私が自殺によって失った知り合いは,一人は女性の同僚でとても美しい幸せいっぱいに見えたひとでした。
もうひとりは小・中学校の同級生で,町で評判の腕のいいお医者様でした。
ふたりとも人生のベテランの年になってから命を絶ったわけですが
確かに社会人になっても,本当に深刻な悩みは誰にも言えないものかも知れませんね。
大人だからこそ生ずるプライドやしがらみもまたあるわけで・・・・。
自分は絶対大丈夫,自殺なんかしない,という保証は
きっと誰もないのかもしれませんね,一生。
この映画を観て,月並みだけど,自分の近くにいるひとの心のサインを
少しでも受け止めてあげれたら・・・・と思いました。とても難しいことですけどね。

なななさん こんばんは

そうですね。自殺したくなるほどの悩みって打ち明けられないくらいだから,
他人がそう簡単に,解決なんかできないものでしょうね。
下手な踏み込み方をすれば,場合によっては逆効果になることもあるかと。
でも,打ち明けるだけでほんの少しでも心が軽くなることはあると思うし
打ち明けれた地点で,ほんの少し救いは始まってる場合が多いかも,と思います。
だけど,実際は「打ち明ける」まで行かないのよね~~きっと。
相手がわかってくれる,受け止めてくれる,という確信がないとできないものです。
ティーンの場合は,普通お互いそこまで包容力が無い場合がほとんどですよね。
仰るとおり,自分のことで精一杯,でも仕方ない世代ですよね。「自分」というものさえ確立途中の時期ではないかしら。
ああ,難しい・・・とても大きな問題提起をしましたね,この監督さん。

ななさん
TB & コメントありがとうございましたhappy01
 
私は幸いにも、ある日突然、
知り合いが命を絶ったという体験はありません。
しかし、この映画を観終えた後、
体験してしまった人(監督)は、
「こんな気持ちになったんじゃないか?」と
感じることはできた……と思ってます。
こんな気持ちになるのは、
この映画を観て、1回体験すれば十分。
今後もこのまま体験しなくて済むことを
願うばかりです。

こんにちは☆
この作品、、、ずどーんって感じでしたね。
なんで悩みをうちあけてくれなかったんだろうー
なんて映画だというのにあとあと真剣に考えてしまいました。
しかも彼らの悩みって私なんかからしたらほーんとちっちゃいことで。。。
幸いにも私は自分にも周りにもそういう経験ないですけど、、、将来親になったりしたらきちんと気づいてあげられるような人にならなくてはいけないですねー。

こんにちは。
エレファントとの続けての鑑賞、お疲れ様でした;
私の10代の頃を思い出しつつ…こんな感じだったよな…とか自分を彼らに重ねて見ていたり。
なんだか今だからこそ彼らの言動に対して色々客観的に見ていられますけどね;
本音なんて結局私も誰にも話せなかったなあ。
今でも、顔を知らない人だからこそネットでこそーり(笑)本音を言ってみたりできたりするところもあったりして。笑
この作品の演出はとても気に入ってます。
キャストさん達も等身大で演じる事ができていたのでしょうか、とっても自然でそのリアルさにうなりました。

アキラさん こんばんは

身近に自殺した方をお持ちでないアキラさんが
その体験のある監督さんの気持ちに共感できたのですから
この映画が訴えてくるものって,とっても大きいのですね。
あらためて,凄い作品だとおもいます!
実際に自殺されてみると,「なぜ?どうして?」と言う問いと同時に
「何とかしてあげれなかったのか」という自責の念で
ものすごい空しさや寂しさを感じます。
ほんとに,そんな体験はしたくないですよね・・・。

きららさん こんばんはshine

ほんとに,彼らの悩みって,メルみたいに深刻なのはともかくとして
カウンセリングや家族の支えでなんとかなりそうにも思えましたが
やっぱり,あのときの彼らとしては,
押しつぶされるほど大きい悩みだったのでしょうね。
私も思い返してみると,
10代の頃は今思えばつまらないことで悩んでいたなぁ。
子どもの親は,彼らの出すどんなサインも見逃しちゃいけませんね。
親には心配かけたくないから,かえって言えない,というケースも
よく聞きますしね,スティーブンみたいに。

シャーロットさん こんばんは

感動した作品を観ると,似たようなテーマの作品とか,
同監督,同俳優の作品とかを続けて見る癖があるのですが
このテーマの連チャンは少々,いやかな~り,気分が落ち込みましたね。shock
私も10代の頃は親にも打ち明けられない悩みがあったような気がします。
成人してからですもんね,母親と親しく友達みたいに何でも話せるようになったのって。
いや,ティーンの頃に仲が悪かった,というのではなく
その頃の自分から見た親って,大人すぎて遠い感じもするので
悩みなんか共感してもらえないような気がするじゃないですか。
自分も大人になって初めて対等に話ができる,というか。

いずれにしても,あの世代は難しいです。
この映画,出演した若者は素人さんに近いのですか?
みんな凄くリアルな演技をしてましたね。

ななさん、今晩は。劇場で観たときは衝撃でした。そしてとても瑞々しさも感じた作品でした。
TBさせていただきますね。

シュエットさん こんばんは
TB,コメントをいただき,ありがとうございます。

劇場でごらんになったのですね。
10代の少年たちの,傷つきやすい心がリアルに描かれていて
衝撃的でしたね。
瑞々しさは,まだ少年の感性が色あせていない監督の作品だからでしょうか・・・・。
多くの人に見てもらいたい作品ですね。

ななさん、こんばんは!
レスが大変遅くなって申し訳なかったです。。
ほんとにご無沙汰してました・・
映画もあまり観てなくてトンチンカンなこと言うかもしれないです^^;
いつもコメント、TBどうもありがとねー。

エレファント観たんですね。私もチェックしたいけどレンタルである?

最後は衝撃的だけど、誰でもあるかもしれない出来事でもあって
考えさせられましたね。
監督のメッセージが強く込められた映画でした。
いつも隣にいる人でも心の中まではみえてこないんだよね、、
映像がきれいなだけに痛いよね。

わ~い,アイマックさん お久しぶりheart

おしゃべりしたかったわぁ~~~
いろいろ忙しかったのですね。
他の記事にもいっぱい来てくれてありがとう!
でも急に無理しないでね。マイペースで・・・・
私も4月からこっちは,しばらく夜はくたくたで
コメント返しやTBだけで精一杯になるかも・・・・

エレファントはレンタルショップにあるかなぁ?
私はお店で見かけて衝動買いしてしまいましたけど。

>いつも隣にいる人でも心の中まではみえてこないんだよね、、
これはエレファントでもいえることでした・・・。
あの年代の特徴なのかな・・・・いや,大人の世界でもいえてるかも。
結局ひとって一人ぼっちなのかな,と思うと切ないですね。

ななさん、こんにちは~
コメントとTBをありがとうございました。
ななさんの力強い感想を拝読して、またあらためてこの作品の余韻を味わいました。
訴える力を持つ作品でしたね。
次作も期待したいですね。

fizz♪さん,いらっしゃいませ!

きっとずっと忘れることのできない,
強烈な余韻を残す映画のひとつですよね,この作品は。
とても痛切なメッセージを感じました。
この監督さん・・・次回はどんな作品を撮るでしょうか?
私も楽しみです!

ななさん、こんにちは☆
コメントありがとうございました。
この映画は観てから1年以上経ちますけど、今でも鮮明に思い起こされる映画の1つです。
わたし的には昨年のベスト7になりました。
身近に同じような経験をされたとなると余計に心にきた映画だったでしょうね。
誰にも気付かれない哀しみに、本当に見ていていたたまれなくなりました。
タルリ監督の才能には本当に驚いたので、次回作も楽しみですね。

ルールーさん こんばんは
これはルールーさんのベスト7にランクインしたのですね。
私にとっても,地味ではあるけど,忘れられない作品のひとつです。
私的には「エレファント」の方が好きですけど
この監督さんの年齢を考えたり,
ラストの意表をついた衝撃的な悲しみとかを評価すると
こちらの作品の方がもしかして優れているのかもしれませんね。
タルリ監督,末恐ろしいです・・・次回はどんな作品を世に出してくれるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/11343702

この記事へのトラックバック一覧です: 明日、君がいない:

» 「明日、君がいない」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
明日、君がいないアット エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 成績優秀な高校生マーカスは、一流弁護士で高額所得者の父を尊敬している一方で、 両親のプレッシャーに苦しんでいた。その妹メロディは、心優しい女の子だが、両親から 疎まれていると感じていた。スポーツマンのルークは“学校は弱肉強食のジャングルだ”と 言って弱い者イジメを繰り返す。イギリスから移住してきた片脚が悪いスティーヴンと、 長髪でゲイのショーンはそんなルークの格好の餌食になっていた。結婚を夢見るサラは マッチョなルークにぞっこん。そ... [続きを読む]

» 明日、君がいない/ 2:37 [我想一個人映画美的女人blog]
先月「観たい映画リスト」に入れててまだ観てなかった作品。 今20代半ばで、映画監督をしてるmig弟がかなり良かったというので、観てきた。 この映画の監督は19歳の時にこの作品に取りかかったらしい!! "重い" 実際に起きたコロラド高校銃乱射事件を元に作られた "ガスヴァンサントの『エレファント』に似てる"という声もある。 主に登場するのは6人の高校生、冒頭で"誰か"が命を絶ってしまう、、、、。 原題の「2:37」というのは、自●をした時間。 その後、その日の朝に戻るという構成で、主軸とな... [続きを読む]

» 映画〜明日、君がいない [きららのきらきら生活]
 「明日、君がいない」公式サイト2006年カンヌ国際映画祭をはじめ各地で絶賛された、オーストラリアの新鋭ムラーリ・K・タルリの初監督作。成績優秀なマーカス(フランク・スウィート)と妹メロディ(テレサ・パルマー)など、一見悩みとは無縁そうに見える6人の高校生たち。しかし、時間が経つにつれ、それぞれが誰にも言えない悩みや問題を抱え、今にも押し潰されそうになっている現実が明らかになってゆく。そして、午後2:37、1人の生徒が自殺を図り……。 監督が19歳のときに初めて撮ったというこの作品。あま... [続きを読む]

» 明日、君がいない [シャーロットの涙]
原題 「2:37」・・・オーストラリアの新鋭ムラーリ・K・タルリ監督。弱冠19歳で挑んだ、若くて最も瑞々しい思春期に抱く心の闇と、その痛いほど純粋で繊細且つ脆く淡い想いを描いた衝撃的な作品。 ... [続きを読む]

» 明日、君がいない ★★★ [Movie of Power 〜映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論〜]
明日、君がいない(2008/01/25)テレサ・パルマー、ジョエル・マッケンジー 他映画の詳細を見る  複数人の高校生のとある1日を追っていく展開は... [続きを読む]

» 「明日、君がいない」 [寄り道カフェ]
瑞々しい感性が光る 原題 「2:37」 2006年/オーストラリア/99分 at:テアトル梅田 どうして私は「痛い映画」ばかり選んでしまうんでしょう。 SとMに分けるとしたら、きっとM的傾向の人間なんでしょうね。 どっちの道を選ぶ?としたら、いつだって自分を追い込む方、痛めつける方をえらんでしまう。 今日観たこの映画もかなり痛い映画。でも、とっても瑞々しい映画。 映画のことを何も知らない青年が19歳で脚本を書き、それから数週間かけて映画・テレビ・演劇にかんする本を読みあさ... [続きを読む]

» 明日、君がいない [小部屋日記]
TWO THIRTY 7(2006/オーストラリア)【DVD】 監督・脚本:ムラーリ K. タルリ 出演:テレサ・パルマー/ジョエル・マッケンジー/クレメンティーヌ・メラー/チャールズ・ベアード/サム・ハリス 2時37分、そのとき孤独が世界を満たす。 2006年カンヌ国際映画祭をはじめ各地で絶賛された、オーストラリアの新鋭ムラーリ・K・タルリの初監督作。 タイトルどおり、いつもいたはずの友人が突然、命を絶つ。 ラストはリアル、、、 監督自身、親友を亡くしており、自らも未遂の経験があるそう。 弱... [続きを読む]

» 明日、君がいない [Have a movie-break !]
★いつものことですが、内容に触れています。未見の方はご注意ください。 2:37  校内で一人の学生が自殺した。誰もが自分の悩みで精一杯。 他人の傷へ想像力を働かせる余裕はない。 他人の傷には無干渉。 大人は一人として救ってはくれない。  ...... [続きを読む]

» 『明日君がいない』 [Sweet*Days**]
明日、君がいない(2008/01/25)テレサ・パルマー、ジョエル・マッケンジー 他商品詳細を見る 監督:ムラーリ・K・タルリ CAST: テリーサ・パ... [続きを読む]

» 映画『明日、君がいない』 [ルールーのお気に入り]
観たい映画はてんこ盛りだったけれど、1本だけ観れた映画は、散々悩んだ挙句にセレクトしたこの作品。。 たぶん・・・正解だったと思う。 [続きを読む]

» 明日、君がいない [RISING STEEL]
明日、君がいない / 2:37 クリステン・スチュワートに酷似説も根強いテレサ・パルマー。 オーストラリア出身の彼女の出世作がこの作品です。 2006年 オーストラリア映画 監督:ムラーリ・K・...... [続きを読む]

» 明日、君がいない [RISING STEEL]
明日、君がいない / 2:37 クリステン・スチュワートに酷似説も根強いテレサ・パルマー。 オーストラリア出身の彼女の出世作がこの作品です。 2006年 オーストラリア映画 監督:ムラーリ・K・...... [続きを読む]

« エレファント | トップページ | リトル・ダンサー »