最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ヒース・レジャー逝去 | トップページ | 「干支でシネマ」バトン »

2008年1月25日 (金)

ヒースを悼んで/ブロークバックマウンテン番外編2

Cap066
番外編に,こんな哀しい記事を書く日が来るなんて だれが予想できただろう。突然 この世を去った ヒース・レジャー
2008年1月22日 逝去。 享年28歳。
あの日から夜を迎えるたびに,孤独に息を引き取っていった彼に,くりかえし,くりかえし 思いをめぐらせずには いられない。

Cap031_3_3
ブロークバックマウンテン

この稀有な輝きを放つ物語は,アニー・プルーの原作そのものが,既に素晴らしく完成度の高いものだったと思う。そして,映画化された作品は,原作のよさを全く損なうことなく,そしてそれをとても巧みに膨らませた,見事な出来になっていた。

その中でも,ヒースが演じたイニス・デルマーは、まるで原作の中から、そのまま立ち上がって来たかのよう。スクリーンの中のヒースは,他の誰でもなく,まさに原作に描かれていたイニス本人になりきっていたと思う。
Cap067
イニスはとても複雑なキャラクターだ。

内面に大きな自己矛盾を抱えているのに、そのことに気付かずに、長い間,もがき苦しむ彼。父から刷り込まれたフォビアとしての自分と、ジャック・ツイストを愛する自分。両極端に対峙する,二つの自己の狭間で,いったい自分に何が起こっているかもわからずに,苦悩したり,葛藤したりする。

演じたヒースは,イニスの屈折し,抑制された思いを,あるときは突然の感情の爆発で表現し,またある時は,眉の上げ方や,ちょっとしたまなざしの変化などの,非常に繊細な演技で見せてくれた。
Cap006 物語はイニスの目線で語られることが多かったから,私たちは彼の一挙一動に,イニスと同じように 驚いたり,切なくなったり,うろたえたり,涙を流したりした。

細胞の一つ一つまでがイニスになりきっている
ヒースの迫真の演技に,感情移入せずにはいられなかった。私はイニスより,実はジャックの方に心が惹きつけられたものだけど,もしかしたらそれは,イニスに感情移入するあまり,ジャックを愛したイニスの気持ちになって,スクリーンを追っていた,というのも理由のひとつかもしれない。

彼の演技があったから,この映画はこんなにも,人を感動させたのだろうな,と思う。(もちろんジェイクの演技も)
Cap146_2
本当によい映画は,人の心に深く響き,考え方や人生観まで変えてしまう力を持つ。そしてその力は,国境も時代も超えて万人の心に作用するものだ。そのような作品で,最高の演技を見せてくれる俳優さんって,なんてアメイジングな人たちなんだろう。ヒース・レジャーは,間違いなく,そんなアメイジングなアクターの一人だった。

「ブロークバック・マウンテン」や「チョコレート」や「キャンディ」や「ザ・ダーク・ナイト」・・・。彼は一筋縄ではいかないたくさんのヒーローたちを演じて,その都度 全身全霊で役になり切り,・・・・そして,あまりにも唐突に逝ってしまった。
Cap159
演じることに人生を捧げた彼の魂は今やっと休息を得て,安らいでいるのだろうか。これからもずっと,スクリーンの上で輝くヒースを見たかったけど,それはもう叶わないこと。せめて安らかに眠ってほしいと祈る。

ブロークバックマウンテンは,これまでだって,鑑賞するたびに,切なさに涙が溢れる物語だった。だけど,ヒースのいない今となっては,観る度にその早すぎた死を思い,あらたな涙を誘う物語になるだろう,私にとっては。

それでもヒース・・・・やっぱり言いたい。
こんな素晴らしいイニスを演じてくれて,
本当にありがとう。

私たちは,あなたのことを いつまでも忘れない,
忘れることなんか,できない。

Cap677

« ヒース・レジャー逝去 | トップページ | 「干支でシネマ」バトン »

ブロークバックマウンテン」カテゴリの記事

コメント

 こんばんわ、
 今、WOWOWでBBM放送されてるんです(元々放送予定でした)今流しながらコメントしてます、途中から見ましたが、やはりイニスにばかり目が行くし、改めてヒースの巧さにビックリ、と同時にやはり惜しい!悔しい!こんないい俳優ヒースがもう見れないなんて!ななさんもBBM見るんですね、ぜひ感想聞かせて下さい、ヒースの声は元々低音でいい声ですが、この時は口ごもってボソボソ喋るんですね、役作りのうまいヒース、そしてお山で川に飛び込むシーン、あれも吹き替えなしで演じたヒース(危険を顧みず)今回のことはそんな完璧主義があだになったんでしょうか?
 アン・リーはヒースの演技を奇跡的な演技と賞賛していたし、でもほんとにヤバイくらい巧いヒース、いいところって失って初めてきづくんですね(まるでBBMの中のイニス)アカデミーの授賞式の時はもうヒースに獲って欲しくて祈ってたけど、ヒースにあげたかったな~!(P・S・ホフマン!クタバレ!って思う)ヒースは今回事故だとしたら、ほんとに無念ですよね、発見2時間前にはイビキかいてたというから、何とかならなかったのかな~?今となってはヒースが残してくれた映画が僕の宝物になるのかな?そしてヒース自身!
 僕もヒースを永遠に忘れない!!!
 ありがとう!ヒース!

イニスJrさん
あら・・・,WOWOWでやってるんですか?
わたし,TVはニュースとヘキサゴンと不思議発見しか観ないので知らなかった・・・。
私は,今DVDで観てます。途中で休憩したところ。ブログ始めてから忙しくてBBM久しぶりですが,PCをVistaに替えたので,以前と違って画質と音質のよいこと!ため息や喉仏のごっくんする音まで聴こえます。
で,私もイニスJrさんと同じで,今回はイニスにばかり目がいくんです。そしてやはりつくづく,ヒースうまいなあ・・・と。今日ばかりはジャックが脇役に見えますわ。まだテントシーンも来てないから,泣くまでいってませんが,ヒースをじ~っと観てるだけでこみ上げてくるものを感じますね。
ぜったい,彼はコレでアカデミー獲れたはずです。審査員の作品に対する偏見でしょうね!
ヒースが残してくれた映画,私も宝物です。こんなにヒースが好きだとは,実は彼が亡くなるまで気がつかなかった馬鹿なわたし。これから,まだ未見のヒースの作品を観たり,記事を書いたりしたいです。
そして,ダーク・ナイト。観るのがすごく哀しくもあるけど,楽しみでもある作品です。

イニスJrさん,追加です。
すべて観終わってから,感じるのは,やはり,それまではジャックに対して流していた涙を,今回はイニスに対して流した,ということでしょうか。ジャックを愛しながらも,どうしようもなかったイニスの悲劇が心に沁みました。イニスが可哀想でなりませんでした・・・。

それから,ミシェルをみても複雑な思いになりましたし,アルマJrの幼い頃が,マチルダちゃんと重なったり・・・エンドロールの「He was a friend of mine」が, 今のジェイクの心境の歌に聴こえたり・・・。今までとまったく違う感想を持ちました。そして,今までで一番泣いたような気もします。
イニスJrさんはどんな感想を持たれたでしょうか。きっと,このWOWOWの番組,視聴率高かったでしょうね。私は,次は,ヒースの作品では,「悪霊喰」の感想を書く予定です。

ななさま、こんにちは。拙記事にコメントとTBをありがとうございました。
私も、ジャックに惹き付けられて観たほうです。
だから次にBBMを観るときには、ちょっと違った感覚になるんじゃないかと思っています。
どうしてもヒース中心に追って観ると思うのです。

ヒースの出演作は未見のものもたくさんあるのです。
もっと早く観ておきたかったという気持ちです、今まで観ていたのとこうなってしまってから観るのとでは意味が違いますよね。
もう少し、落ち着いたら観ていきたいと思っています。
ではでは、また来ますね。

真紅さま
まだBBMを再見する気持ちにはなれないとのこと,
そのお気持ちもよくわかります。
きっと再見してみたら,真紅さまも,
ヒースの一挙一動をずっと追いかけることでしょうね。
ジェイクファンの私は,どの画面もジェイクのほうばかり観てたので
今回ヒースの演技をじっくり見て
その細やかな表現力に驚きました。
本当に,才能の豊かな,いい役者さんだったのですね,彼は。
私もヒースの未見の作品,というか最初だけ観てスルーしちゃった「サハラに舞う羽」とか,あまり印象に残ってない「チョコレート」とかあります。少しずつ観ていきたいです。

 また来ちゃいました、
 やっぱりヒースのこと語りたいし・・・
 土日も仕事の僕ですが、携帯で少し情報ゲットしましたし、亡くなって(あ~、やな言葉、信じたくない!)彼のことを新たに知った事柄も多くあります、まず将来監督になりたかったこと、これはテリー・ギリアムに語っていたそうで(実際、初の長編映画は進行中だったらしいです)しかもギリアム監督はヒースの死亡で中断した映画をジョニデに代役を依頼という記事もありました、ヒースが魔法の鏡を通り抜けて別の人物(ジョニー)に変身するというのですが、何ともギリアムらしい、実現すれば凄いですね、だから二人が共演?素晴らしい!
 あとヒースがチェス好きで巧いらしいと言うことも初耳でした、ヒースは不眠症で早朝7時頃公園を散歩してるらしかったのですが、そこで愛好家たちとチェスをしていたということです(やはり不眠症だったんだ~、可哀相!)
 そして元カノたち、ミッシェルも憔悴しきってて、ナオミ・ワッツはサンダンス映画祭をキャンセルしちゃった程のショック状態!ヒースってモテモテだったんだ~!って、他にもリンジー・ローハンやメアリー・ケイト・オルセンや同郷のスーパーモデルとの噂があったみたい(全員つい最近)その派手な行動は不眠症と関係あったとも言われてますね、
 と、まあヒースの知らなかった行動が知れて少し嬉しいかな?あとは当日の行動や死因などもはっきり知りたくなりました、自殺とは思いたくないし、実際ヒースの身近な人は自殺はありえないと言ってますね、もしかしてななさんもヒース情報いっぱい知ってたらすいませんです。ただヒースのことは何でも知りたくなります。「アイム・ノット・ゼア」のチラシも偶然ゲットしましたし、メガネのヒースも素敵です!何か僕喋りすぎで不謹慎かな?でもお葬式でも仏様の生前の話をするものですよね。(あ~、でも信じたくない!)
 自分勝手なコメントになってしまいすみません。

イニスJrさん,こんばんは
いえいえ,お越しいただいて嬉しいです。
私も,どちらかというと,しゃべって悲しみを紛らわすタチですから。
夜になると,ヒースのことを誰かと話したくなるし,ヒースの出演作も,かえって今はどんどん観たい心境です。私は,普段は好きな俳優さんのことは,出演作の中でだけ理解したがるほうで,あまり私生活は覗きたくないというところがあって,(映画の中のイメージを壊したくなくて)従ってほとんどゴシップ・ニュースを見ません。
次回の出演作は何か,くらいにしか興味がないので,ヒースの私生活については(ジェイクのことだって!)無知でした。
今回の訃報で,死因や前後関係を調べるために,ネット検索を少ししたくらいです。だから皆さんのほうから情報をいろいろ教えていただけるのはありがたいですね~。
ヒースはもともと不眠症なんですか。やっぱり繊細なんですね。(あ,今も生きてるみたいに現在形で言ってしまった。哀しい・・・)チェスが趣味だって,知的だわ。
みんながヒースの死にショックを受けてますね。別れた男性の訃報って,別れ方にもよるけど,場合によっては「あら,そう」くらいな反応されることもあると思いますけど・・・。ヒースはやっぱりみんなに愛されていたんですね。ミシェルとの間には子供もいますし。マチルダちゃん,ヒースそっくりですね。
「アイム・ノット・ゼア」,おお,この作品のことを忘れてました。これも遺作のひとつですね。はやく観たいです。
将来監督になりたかったのか・・・ヒース。いっぱい夢があったんだね。きっといい監督になれたでしょうに。
ジェイクはまだ落ち込んでるかな?当たり前ですね。彼にとっては,親友という半身をもぎ取られたような気がするのでしょう。ジェイクも,ミシェルも,BBMを観るのは辛いだろうね。三人が出会った作品だから。

拙ブログにコメント&トラバありがとうございました。さっそくトラバから飛んできました♪

本当にブロークバックを評価されているんですね。実によくできた映画でした。

拙ブログでは今のところヒースの演技のことばかりですが、ついでにジェイクの演技についても書くつもりですので(いったいいつ終わるんだろう、このネタ)、また遊びに来て、あつ~くブロークバックについて語ってくださいね!

Mizumizuさん こんにちは
来ていただいてありがとう。
おお,ジェイクにもそのうち触れてくださるのですか!それは嬉しい・・・。
私はヒースよりはジェイクにお熱だったので・・。
と,いうかジェイクには今でももちろんお熱ですけど。
でも,今はヒースのこと,BBMの演技もそうですが
すべての彼の出演作の演技について
考えていたい気持ちです。
でも,やはり彼の俳優人生の頂点に立つ作品はBBMであり
彼の演じた役の最高のものはイニスだと,私は思ってます。
またBBMに関してたくさんお話したいですね♪

アメリカの主要メディアの扱いも完全に
ヒース=BBMです。
ヒースとジェイクの演技はそろって内外で絶賛されましたからね。

ヒースがこんなことになって、成り行き上(??)ヒースの演技について書いていたらえらく長くなってしまいましたが(苦笑)、実は私も最初見たときはジェイクの演技のほうに目が行きました。ヒースの演技は特に英語を母国語にしていない人間にはわかりにくいですからね。「声」が大きなウエートをしめてましたから。

しかし、ジェイクについて書き出したら、またも長くなりそうで、いったい拙ブログでのこの話題はいつ終わるのだろう…(再苦笑)。

ベネチア金獅子連続受賞のリー監督は来日してるし、まったくなんというタイミングなんでしょうか…

Mizumizuさん 
BBMのヒースの演技は(ジェイクもだけど)
オスカーをもらっても当然の,奇跡的な演技だったと思いますね。

>ヒースの演技は特に英語を母国語にしていない人間にはわかりにくいですからね。
そうですね,あのボソボソしたしゃべり方がミソでしたね。ワイオミングの方言っぽいのもありましたが,内にこもりがちな彼の性格を,しゃべり方でうまく表現していたと思います。いつも,彼は徹底的に役作りをしたんでしょうね。

ジェイクの演技も語り始めると,その魅力は尽きることがないと思います。彼の場合は,目の演技が大きなポイントかな?

リー監督も大きな衝撃を受けているでしょうね。

ヒースの死因に関してニューヨーク市当局の監察医の所見が発表されました。
複数の処方箋薬の乱用による急性中毒死、つまり事故死だそうです。

Mizumizuさん
お知らせくださってありがとうございます。
お薬が効かないほど,神経がまいって
ついついお薬を飲みすぎてしまった彼の心境や体調を思うと
痛々しい思いはぬぐえませんけれども
それでも,違法ドラッグのせいとか,睡眠薬自殺とかでなくて
救われた思いもいたしますね・・・。
仕事をほっぱりだして自殺するような,無責任なヒースじゃなかった・・・
違法ドラッグで命を落とすようなヒースじゃなかった・・・
私はそれだけでも嬉しく思います。

ヒースが一杯だぁ♡

一番上のは、天を仰いで嬉しそうにジャックとの逢瀬を交わしている時の画ですよね。

やっぱ、いい男でした。
私は今日、未見の「ロック・ユー!」を借りて
きているのですが、観るのは明日になりそうです^^;
泣かずに観るぞぉぉ~~~☆

とんちゃん
一番上の画像は,とくに好きなヒースの,いやイニスの笑顔・・・。
数少ない,幸せそうな笑顔のイニスですよね。

ところで「ロック・ユー!」のヒースは
めちゃめちゃ魅力的ですよ^0^
可愛くて,かっこよくて,素敵です。
とくに乗馬シーンとダンスシーンがオススメ。
観たらまた記事をアップしてくださいね。
TBにお伺いしますよ~。

ななさん、遅くなりました。こちらの方に拙記事をTBさせていただきます。

つい先日ヒースの「悪霊喰」を観ました。役作りもあったのでしょうが、彼の疲れたような表情に改めて胸を痛めてしまいましてね…。
彼の死が、今だに周囲の人たちに大きな打撃を与えているであろうことが、心配です。ジェイクはもちろんのこと、「アイム・ノット・ゼア」や「ダークナイト」で共演したクリスチャン・ベイルも、ショックのあまり鬱状態になったそうですし…。ファンの方たちの喪失感も…。
個人的には、「ブロークバック・マウンテン」と「ダークナイト」での演技がベスト・プレイだと思っていますが、その失われてしまった才能の大きさを考えるだに、残念でなりません。

豆酢さん,こんばんは
TBもありがとうございます。
こうして自分の記事を読み返してみると
あらためて,ヒースを喪った頃のショックや悲しみが
蘇ってくるような気がします。
これを書いたのは「ダークナイト」未見の時だったけど
「ダークナイト」を観た今は,あらためて彼の才能が惜しまれます。
>ジェイクはもちろんのこと、「アイム・ノット・ゼア」や「ダークナイト」で共演したクリスチャン・ベイルも、ショックのあまり鬱状態になったそうですし…。
ベイルもそうなんですか・・・。わかるような気がします。
共演した俳優さんたちは,誰でもきっと
彼の役に対する真摯な努力に敬服したのではないでしょうか。
願わくば,ヒースの俳優としての業績が,いつまでも人々の心に残りますように・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/10044735

この記事へのトラックバック一覧です: ヒースを悼んで/ブロークバックマウンテン番外編2:

» 速報 ヒース・レジャーは「事故死」 [Mizumizuのライフスタイル・ブログ]
ヒース・レジャーの死因に関して、ニューヨーク市のヘルス&メンタル衛生局の主任監察医の所見が発表されました。2008年2月6日ヒース・レジャーの死因についてヒース・レジャーは、オキシコドン、ヒドロコドン、ジアゼパム、テマゼパム、アルプラゾラム、ドキシラミンの複...... [続きを読む]

» 亡きヒース・レジャーを偲んで・・・・。 [とんとん亭]
私の愛する『ブロークバック・マウンテン』の主役イニスを演じたヒース・ レジャーが1月22日に急逝しました。 不肖、ワタクシどもは、1月生まれでして・・・19日が誕生日だったりします。 誕生日には、その日公開された映画『スウィーニー・トッド』を観...... [続きを読む]

» 「ブロークバック・マウンテン」からの情景 [豆酢館]
長い間非公開にしていたヒース・レジャーに関する記事を、追加して公開します。 [続きを読む]

« ヒース・レジャー逝去 | トップページ | 「干支でシネマ」バトン »