最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ベオウルフ  | トップページ | プロヴァンスの贈りもの »

2008年1月15日 (火)

ラブソングができるまで

070209_musiclyrics_hmed_1p_h2
何を隠そう,私はかつて ヒュー・グラントの熱烈なファンだったことがある。(過去形)「モーリス」の輝くばかりの美青年だった頃から始まって,「ノッテイング・ヒルの恋人」のあたりまでの期間。(つまり彼の若い頃)エリート英国紳士らしい,上品な雰囲気や、優しげなタレ目に萌えていた。

そんな彼がいつのまにか,ロマンティック・コメディ専門になっちゃってからは,時たまヒット作が出る都度,その存在を思い出す程度になっていたけれど。(ごめん,ヒュー様)コメディアンとしてのヒューも,素敵だとは思っていたけどね。で,ほんとに久々にヒューの作品をじっくり観たのだけど,この「ラブソングができるまで」はなかなか楽しい,素敵な作品だった。

ヒューが演じるのは,80年代に大ヒットしたグループPOPのメンバーだったアレックス。グループが解散して久しい今現在,彼は遊園地や同窓会のイベントに呼ばれるぐらいの、鳴かず飛ばずの状態だったが、ある日カリスマ歌手のコーラから新曲製作の依頼があり・・・・。その曲の作詞を担当することになったのが、アレックスの家に植木の世話に通ってきたソフィー(ドリュー・バリモア)。作詞は初めての彼女と,落ち目の歌手アレックスが,二人三脚で「愛に戻る道」の曲作りに取りかかる。

もちろん,歌って踊るヒューが,この作品の一番の見所
ピアノ演奏も披露しているが,歌もダンスもピアノも,ヒューは初挑戦で,この映画のために特訓したらしい。しかし,初心者とは思えないくらい,歌の方は見事である。
Cap044 大体,この方は,もともとの声が綺麗なのだ。響きが甘くて優しくて,バラードなんかに向いている声。「モーリス」の中で,彼がケンブリッジ大学の池をボートに乗って,学友と一緒に賛美歌を口ずさむシーンがあるけど,その時一瞬だけ聞けた歌声が,綺麗なテノールだったので,きっと歌はうまいのだろうと思ってたけど,予想をはるかに上回る上手さだった。ダンスの方は,さすがのヒュー様も若くないので,「股関節は大丈夫?」といらぬ心配もしてしまったが。

そして,ドリュー・バリモア。彼女,ちょっと見ない間(私がね)に痩せて綺麗になって,とてもチャーミングだった。ファッションもとても素敵。

ロマコメの帝王ヒューと,天性のコメディアンヌのドリュー
の掛けあいは、間の取り方や表情が絶妙で、息もぴったり。二人ともきっとすごく楽しんで演じたんだろうな,と感じた。

脇を固めるキャラもなかなか魅力的で,コーラ役のヘイリー・ベネットがとてもセクシーで可愛い。歌もダンスも素晴らしいし。彼女の舞台の怪しげな東洋ムードも胡散臭さがかえって面白かった。さすがに,あの巨大な大仏には笑ったけど。それとドリューの豪快な姉さん(クリステン・ジョンストン)も,何げに魅力的なキャラだ。痩身サロンか何かを経営してるのに、全然痩せてなかったし。 (説得力なし)
Haleybennett
お話じたいはそんなに目新しくはないのだけど,二人の間に恋が芽生え,意見の対立から気まずくなる後半,ストーリーはきっちりと程よく盛り上がって,ラストは ほのぼのハッピーエンド。全体として,とても爽やかな後味の佳作に仕上がっていた。
愛に戻る道」の曲も,シンプルだけどとてもいい曲だったな~~。

だけど,この映画の邦題,「ラブソングができるまで」って・・・・。ひねりも何もない,まんまの題ですねー。もっとシャレた題は思いつかなかったのかな?
Maurice_2

« ベオウルフ  | トップページ | プロヴァンスの贈りもの »

映画 ら行」カテゴリの記事

コメント

ぎゃは! 先に書かれちゃいましたね。
とかいいつつ、自分は書くのか書かないのかわからないですが(汗)、もし書いたら、TBしますので、よろしくです。

それはさておき、けっこうリアルで大人なラブストーリーでしたよね。楽しめました。
ピアノからにゅっと出ている足が、オチャメ&セクシー!o(*>ω<)o いやーん

なんといっても冒頭のプロモが爆笑でした。いかにも、なんだもーん!(当時洋楽ファン)
しかもしばらく耳について離れなかった...。
恐るべし、ヒュー・グラント。お見事!

ヘンなコメントでごめんなさい。ではまた(^o^)/~

 こんばんわ~
 これは劇場で見ました(年間パスポートなのでただ)ドリューとH・グラント共演で期待してましたが、僕的にはラブよりコメディが強かったすね、コーラの設定も笑いました、(ブリやシャキーラみたいなキャラでインドのイメージなんですね)ドリュー好きですがヒュー様はちょい苦手なんです(何故か「モーリス」も未見で)ドリューの「2番目のキス」やヒュー様の「ブリジット・ジョーンズ」のようなコメディの中にも芯の通ったモノがなかったような気がしましたが、中途半端な感じがしたんですが(まあ途中少し寝たので偉そうなこと言えませんが)
 ただコメディとして楽しめたので(ヒュー様のあの人は今的な感じとか、80年代の笑える感じが)良かったかな~、確かにあのメロディは見終えてからも少し残りましたね。

こんにちは♪
私はモロこの世代だったので、オープニングのPVから大爆笑モンでしたよぉ!
ドリューとのコンビは安心して見る事が出来ましたね。
サントラにもはまって、買ってからはひつこく聞いてました。

「モーリス」未見なんだけど、ストーリーは面白い?見てみようかなぁ。
ラブコメ以外のヒューってあんまり知らないの。

ななさん~モーリス、懐かしいですー。
随分昔から、イメチェンをしながらも、第一線でがんばり続けているヒューグランドは凄いな^^って思います。
そうか~、ななさんはファンだったのですねー♪

この映画、恥ずかしながら涙が出ちゃいました(←オイオイ・・この映画って泣く映画じゃ絶対無いんだけど・・)。レトロな80年代ポップスが懐かしい世代なもんで、ツボでした。

今から考えると、結構安易だし、へんてこな部分も一杯あるんだけど、でもそれより面白さと懐かしさが上回ってました☆

ゆきちさんへ♪
おお,楽しめましたか?
私は,アレです。たとえストーリーがいまいちでも
ヒューの顔と歌が楽しめたので(あのへんてこなダンスも)
◎な作品でしたねー(^_^)
あ,ストーリーはいまいちではないですよ,もちろん。
ロマコメの王道みたいなわかりやすいお話でしたけど。
>ピアノからにゅっと出ている足が、オチャメ&セクシー!
ゆきちさ~んってば,目のつけどころが違う!
そう言われて,もう一度そこだけ観なおしてしまったわ。(^3^)
冒頭のプロモはおかしかったですね。ヒューは若造りだし。
>恐るべし、ヒュー・グラント。お見事!
ほんとねぇ・・・なんだかんだ言いながら,この人って,いい間隔でヒット作出してるもの。
じじいになっても,ロマコメやってたりしてね。

イニスJrさんへ♪
劇場でご覧になりましたか?
おっしゃるように,「ブリジット・ジョーンズ」なんかと比べると
いささか味付けの薄いコメディかもしれませんねー。
中盤,少し退屈でした。(そこできっと睡魔に襲われたのでしょう)
コーラの曲のアレンジに対して,二人の意見が対立するあたりからは,なかなか飽きない展開になってました。
あらら,ヒュー様苦手ですか?
まぁ,あの方は女性に人気のあるタイプですよね~(;^_^)
私は,育ちのよさそうな殿方にヨワイので・・・(ヒュー様もだけど,ジェイクやギャスパーもそんな感じです)
ヒューの「あの人は今」と言う感じ,ハマリ役でしたよね。ヒューは,二枚目ダメ男を演じさせたら,世界一かもしれませんが,これってもしかしたら彼の地なのかな。しっかりした役はぜんぜん似合わないヒュー様です。(そこが好き)

こでまりさんへ★
おお,サントラ買われたのですか!
私も欲しいな~,買おうかなー,ヒューの歌声が聴けるし。
「モーリス」はヒューがとにかく美しいのだけど
テーマが同性愛なので,好き嫌いはあるかな?
でも,アイヴォリー作品だから,格調の高い文芸的な作品です。
面白い,というより,切ない感じですね。
萩尾望都の耽美的な世界を見てるような気になりました。
ラブコメ以外のヒューがよかったのって,このモーリスと「いつか晴れた日に」くらいのような気が・・・(汗)

latifaさんへ♪
そうなんですよ,ヒューのファンだったのよー,昔。「フォー・ウェディング」で好きになって,「モーリス」にさかのぼって,結局「モーリス」が一番のお気に入りの作品です。
彼はもう47歳?フェイド・アウトすることなく,いまだにラブストーリーのヒーローをやってるなんて,素敵ですよね。(コメディだけど)
泣いちゃいましたか?ラストシーンかな?
私はさすがに泣きはしなかったけど,心があたたかくなりましたね。
私は,80年代の音楽はあまり知らないのですが,音楽全般がすきなので,作曲の過程とか,ヒューの歌声の美しさとかで,とても楽しめました。

ななさん今晩は!

オープニングから飛ばしてましたね、若作りのヒューさんが
なんかぶっ飛んでました。
いかにも80年代!というPV堪能しましたよ、ラブコメとしては
結構正統派で安心して見れましたね、ラブコメに似合う
女優って多いようで結構少ないですからドリューさんのように
マルチに活躍できる女優さんは貴重だよね、メグさんも
もうラブコメという年齢ではないしドリューさんには頑張
ってほしいところです。

これ、面白いですよね。80年代風の曲&PVも笑えました。私、サントラ買いましたよ(笑)。
ヒュー・グラントの映画って結構観てるのですが(ラブコメ好きなので・・・)、中でもこの作品は面白かったですね。彼の作品だったらあとは「トゥー・ウィークス・ノーティス」と「ウェールズの山」が好きかな。

それにしてもPOPってワムっぽいですよね。なんだか観てて懐かしくなっちゃいました。

私も若い時のヒュー、わ~~綺麗と思って
見てました(笑)
モーリスは未見ですが、そんなに美しい
ヒュー様なのですか?

と話がそれてすみません(^^ゞ
この映画は昨年の私のベスト10に入れて
いるほど好きな映画です。特にヒネリもなく(笑)、ラブコメの王道ですが、安心して
観れて、本当に面白かったです。
ワムが好きだったので、音楽的にも
私の好みだったんだと思います。

ヒュー様を追いかけるおばちゃんたちと
ジョニーを追いかける自分が重なり、なんか
可笑しかったですσ(^◇^;)
歌って踊るヒューがこの映画の一番の
見どころですよね^^

せつらさん,こんばんは。
TBありがとうございます。
音楽が特によかったですよね。
ドリューは,恋人を見つめる顔がすごく可愛かった!
彼女,チャリエンなどでアクションもこなせるし
コメディも抜群だし,万能女優さんかもね。
そういや,メグ・ライアン,最近見ないなぁ。
ヒューはトシをとっても,ラブコメができるけど
女優さんって,若いうちしかヒロインはむりだものねぇ・・・。

mayumiさん,こんばんは!
mayumiさんもこれ,お気に入り?
ヒュー様も,久々のヒット作で,私も嬉しいですわ・・・
って言ったって,自分も最近彼のことを忘れていたくせに・・・(爆)
肩がこらずに安心して楽しめて
爽やかな後味。懐かしく,笑える映像も盛り沢山と
愛すべき作品でしたね!

ひろちゃん こんばんわ!
TBありがとうございました^0^

「モーリス」のヒューは,美しいですよ。(断言)
カッコいい,とか,ハンサム,とかいうより
とにかく美しいの・・・(ため息)
彼自身,オックスフォード出身のエリートだけど
「モーリス」のヒューもケンブリッジの学生役で,今のラブコメ王とは別人のようでした。
ま,機会があれば見てやってください。ヒューのこんな時代もあったのだと。(遠い目)
>ヒュー様を追いかけるおばちゃんたちと
ジョニーを追いかける自分が重なり、なんか
可笑しかったですσ(^◇^;)

・・・ぎくっ!私も重なるものを感じるわ。
私の場合はジェイクだけど・・・
でもでも,19日の「スウィーニー」は封切り日に観に行く予定ですよ!

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
ななさんは、『昔のヒュー』が好きだったんですね~
私は『昔のレオ』が好きですが。
どうして年月は人を変えてしまうのでしょう(自分は棚にあがっている)昔萌えた俳優の現在を見ると、妙に物悲しさがありますよね~

で、この映画ですが、やっぱり最初のPVが最高でしたねぇ~腰が抜けそうにウケましたよ。
物語はありがちだけど、流石にラブコメの専門家、ドリューとヒューを観ているだけで微笑ましくっていい感じでした。

ところで『モーリス』は未見ですぅ~オススメですか?今度観てみようかしら?

ななさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
そうなんですか、昔のヒューさまがお好きだったのですね。
私は今でも大好きです。。『モーリス』を観たのは一昨年かな?『無修正版』でした。
最近はゆったりペースのお仕事ぶりですが、彼の映画って外れがないと思いませんか?
この映画のDVDは、廉価版が出たら買おうと思っています(セコイ・・・)。
ではでは。

ベタでマンマなのだけど、ハッピーエンドが心地よい作品ですよね。
乙女ちっくと言われても、こういう嬉し泣きしちゃう作品って大好きです。
頑張るヒューには、声援を送りたくなりましたね(^^)
ドリューもすごく可愛かったですねー!

由香さんへ♪
そう,「昔のヒュー」が好きなんです。「昔のレオ」も好き・・・。ううう。

>どうして年月は人を変えてしまうのでしょう(自分は棚にあがっている)
きゃはは。ほんとに,ワタシも自分のことは置いといて,と。
ああ,「昔のジェイク」が好きという時代が案外早く来そうな,いやな予感がするこのごろです。
その点,歳月が巡っても,新たな魅力が花開いていっているジョニー様なぞは,奇跡的な存在かも知れませぬ。みんなが愛するはずだわ,ジョニー。あんたは偉大だ。
おっと,ハナシがそれましたが,「モーリス」もなかなかいい映画です。イケメンたくさん出てくるし,同性愛ものといっても,そんなに絡みはないので,(プラトニックがメイン。でも,無修正版だと,目のやり場に困る場面もちらりとあった)機会があればぜひどうぞ。

真紅さま★
今のヒューももちろん好きですよ~;^^
でもやっぱり昔のヒューほどでは・・・・というか
昔はヒューだけに狂ってましたからね。
「フォー・ウェディング」から彼のファンになったわけですが,「モーリス」は,10年ほど前にビデオで観て,かなりハマっていましたねー。「9ヶ月」とかも好きです。
最近のヒュー,確かにゆったりペースですが,自分の得意分野をよくわかっていて,上手に真摯に仕事をこなしている感じですね。
私も,これはサントラ買おうかな~。

たいむさんへ
こんな風に,元気をもらえる作品っていいですね。
やっぱり人生,愛と笑いがなきゃ。それにいい音楽も。

>頑張るヒューには、声援を送りたくなりましたね(^^)
ありがとうございます!!!(って,わたしゃ親か!)応援してやってくださいまし。


ななさん、こんばんは~!とっくにしっかり拝読してたのに、モタモタしてるうちに遅れをとりました(TーT)次回は迅速にまいりますわっ!

本作、なんといってもヒューの歌と踊りが観られたのが最高でした!コーラが意外にいい子だったという物語の展開もよかったな~。キャラ的には、ドリューのお姉さんが一番だったかも!

ところで「モーリス」は未見なのですが、歌と言えば「アバウト・ア・ボーイ」でもヒューはギターと歌を披露してましたよね!?あの作品のヒューも大好きです~!

ななさん、ヒューのファンでしたか!
この映画のヒューのはじけぶりには最高だね。
やはりイギリス人、UKポップスターはお手のものかも!
冒頭のPVに笑い転げました(笑)
話は大したことないけど、音楽にうけました。
ヒューは声がいいですよねえ。
ななさん、「モーリス」の頃から彼の声の良さをわかってたとはサスガ!!

JoJoさん,
ね,ね!ヒューの歌と踊り,最高だったでしょ。彼の声って,優しくて彼の雰囲気まんまだわね。
コーラもいい子だったね!だいたい,いやな人間が誰も出てこないのよね,これ。
ドリューの姉さんは,魅力的でした。大柄(=デブ?)なのに,可愛さと包容力を感じて,とても好感の持てるキャラですね。
そうそう,「アバウト・ア・ボーイ」でもヒューは歌ってましたね。訓練してなかったので,今作ほど上手くはなかったけど,それでもなかなかの声だなぁと思ったものです^^


アイマックさん、
そうなの,10年ほど前は,ヒュー一筋だったのよん♪
その頃はジェイクも,ギャスパーもいなかったし。
なんかねー,昔つきあってた人にアタマの形が似てたのよね(何じゃ,それ)
>話は大したことないけど、音楽にうけました。
確かに,お話はどうってことなかったわ。
先が読めたし。でも,ヒューとドリューの掛け合いはさすが,退屈させませんね。
でもやっぱりこの映画のヒットの要因は,音楽とヒューのダンスでしょうね。
ヒューの声は,めちゃくちゃ好みです^0^

こんばんは~
先日はリンクの申し出ありがとうございました。
早速こちらからもさせていただきました。
これからもよろしくお願いしますね☆
体調の方はもうすっかりなのかしら。
どうぞ、無理なさらずに・・・。
で・・これ、↑私も最近観ました(そのうちUP)
ヒューといって、モーリスが出てくるのは
さすがにファンですね~~素敵な英国人沢山出ていましたものね。ちなみにその頃私はサンズファンでした。あの頃はラブコメ路線に進むとは思わなかったけど・・今も頑張っているのはうれしいですよね。
この映画ラブコメの定番っていう感じで
安心して観ることができるのがいいですよね。
そうそう・・題名ね。あまりにも安易なので
ちょっとね・・・って思いますわ~~

みみこさん こんばんは!
そちらにもリンク,ありがとうございます。
嬉しいです!またたびたびお邪魔したいです。

みみこさん,これ最近ご覧になったのね~
お手軽な作品ですが,愛らしくって,なんといっても
ヒューの歌(と踊り)がいいですよね~~notes

そう,モーリス!ファンの間では伝説の,あの作品。
いいかげん,DVDで再販してくれ~~(悲願)
美青年がてんこもりでしたね。英国の,由緒正しいスノッブな雰囲気もよかったわ。
ほーんと,あの作品だけみたら,ラブコメの帝王になるなんて予想もできなかったけど。
でも,おヒューはやっぱり,ラブコメが一番ハマってますわ。自分でもそれをちゃんと心得てるし。

この映画の題名に限らず,ちょっと長めの邦題の映画って
すごくセンスがよいか,まったくだめか,どちらかですね。
「あるいは裏切りという名の犬」とか「太陽と月に背いて」なんかは,洒落てる方だと思います。
それに引き替え,「最高の人生の見つけ方」なんかは,なんとかならんかったんでしょうかね~。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/9879383

この記事へのトラックバック一覧です: ラブソングができるまで:

» ラブソングができるまで [心のままに映画の風景]
すっかり人気のなくなった80年代のポップスター、アレックス(ヒュー・グラント) そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫からデュエット曲の作曲と収録のオファーが舞い込む。 絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだっ... [続きを読む]

» 「ラブソングができるまで」(66) [映画とワンピースのこでまり日記]
あんなことして、仏様怒ってないかしら・・・’07 アメリカ 104分監督・・・マーク・ローレンス出演・・・ヒュー・グラント ドリュー・バリモア ブラッド・ギャレット クリステン・ジョンストン80年代に爆発的な人気を博した5人組、“PoP”のメンバーだったアレックス。しかし、解散後に発売したソロアルバムが泣かず飛ばず。今では、過去のスターとなっていた。ある日、若者に絶大な人気を誇るシンガー、コーラ・コーマンからアレックスに、曲の依頼が入る。またとない復活のチャンスだが、曲を書くのは10年ぶりで、作詞が... [続きを読む]

» 『ラブソングができるまで』 [La.La.La]
 制作年:2006年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:104分  原題:MUSIC AND LYRICS  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:マーク・ローレンス  主演:ヒュー・グラント      ドリュー・バリモア      ヘイリー・ベネット      ブラッド・ギャレッド      キャンベル・スコット 時代に乗り遅れたポップスター・アレックス。ある日作詞に苦戦する彼 の耳に、魅力的な歌詞を口ずさむ女性の声が飛び込んできて…。 ... [続きを読む]

» ★ラブソングができるまで<MUSICANDLYRICS>★ [CinemaCollection]
彼は、忘れ去られた80年代のポップスターだった彼のメロディに彼女の詩(ことば)が出会うまでは── 上映時間104分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2007/04/21ジャンルロマンス/コメディ/音楽【解説】ラブコメ映画を代表する人気スター同士のヒュ...... [続きを読む]

» ラブソングができるまで [★YUKAの気ままな有閑日記★]
もうすぐGWで観たい映画が目白押し。今日はコレ―【story】アレックス(ヒュー・グラント)は忘れられた80年代のポップスター。時代に取り残されてしまった彼にも、ついにチャンスが訪れる。カリスマ歌姫コーラに新曲を提供するのだ。曲作りに悩んでいる彼の前に、植木の世話係のアルバイト、ソフィー(ドリュー・バリモア)が現れる。彼女が何気なく口ずさんでいたフレーズにアレックスはハートを直撃され、ラブソングの作詞を依頼するが― 監督 : マーク・ローレンス『デンジャラス・ビューティー』『トゥー・ウィークス・ノー... [続きを読む]

» 「ラブソングができるまで」みた。 [たいむのひとりごと]
「あの人は今!」な番組はどこの国にもあるのだね(笑)忘れさられた80年代のポップスターに巡って来たラストチャンス?救世主の如く現れた一風変わった女の子。まったくもってお約束のラブコメなんだけど、好きだ... [続きを読む]

» 「ラブソングができるまで」★★★☆ [JoJo気分で映画三昧!+α]
'06年製作 主演ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア 共演ブラッド・ギャレット 、 キャンベル・スコット他。 ポップス全盛の80年代、超のつく人気アイドルだったアレックス(ヒュー)。しかし、その後バンドは解散、今や彼は過去の人・・・娯楽施設の巡業が主...... [続きを読む]

» 「ラブソングができるまで」 [It's a wonderful cinema]
 2007年/アメリカ  監督/マーク・ローレンス  出演/ヒュー・グラント      ドリュー・バリモア  予告を観た時、これは私の好きなジャンルだ!と思いました。ラブコメ好きなんですよ。ドリュー・バリモアはメグ・ライアンに代わってラブコメの女王となりましたね!  あともう一つ、この作品を観たいと思った理由が、楽曲を手がけたのが大好きなFountains of wayneのメンバー、アダム・シュレシンジャーだから。こういう80年代風なポップソングはアダムの得意のするところ。まさに... [続きを読む]

» ラブソングができるまで [小部屋日記]
Music and Lyrics(2007/アメリカ))【9/7 DVDリリース】 監督:マーク・ローレンス 出演:ヒュー・グラント/ドリュー・バリモア/ブラッド・ギャレット/クリステン・ジョンストン/キャンベル・スコット 彼は忘れ去られた80年代のポップスターだった 彼のメロディに彼女の詩が出会うまではーー 9/7DVDリリースはまだ続きます・・・ 冒頭からヒュー・グラントの腰フリフリで踊って唱う『恋は突然』のPVが流れ、つかみはOK! なーんかデュラン・デュラン、ワムもどきで笑ってしまう... [続きを読む]

« ベオウルフ  | トップページ | プロヴァンスの贈りもの »