MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« フリーダム・ライターズ | トップページ | タイタニック »

2007年11月18日 (日)

ボーン・アルティメイタム

009 やった~! 今日観てきた。観れないとほとんど諦めてたのにたまたま,上映時間に合わせて,それも劇場の近くで時間が空いた。ラッキー!

結論から言うと いやー面白かった~!これ。3作の中で一番好きかも。しかし、人間兵器ジェイソン・ボーンの無敵っぷりは回を重ねるごとにグレードアップしている。あんまり強すぎて、敵を倒す手口が鮮やかすぎて,見ていてあまりハラハラしなかったほど。

今回のボーンの目的は,一連の事件のそもそもの発端となったトレッドストーン作戦の秘密を探り,失った記憶を取り戻して自分の原点に帰ろうとするもの。遂に最強のスパイ,ジェイソン・ボーン誕生の秘密が明かされるのだ。
008 今だに断片的な記憶のフラッシュバックに襲われ,愛するマリーを殺された心の傷も癒えていないボーンの,何かに取り憑かれたような眼に冒頭からひきつけられる。「予習しとかなきゃ」と,昨夜「スプレマシー」を見直してから臨んだのだけど,やはり時々,ストーリーについていけなくなる瞬間もあってそこはどこ?アナタは誰?状態に陥ることもあったが,息もつかせぬ アクションシーンの連続に手に汗を握るうちに物語は気持ち良く終了。誠に極上のエンタメ作品に仕上がっていた。

ウォータールー駅の雑踏の中での追跡劇。モロッコの街では,家の窓から窓へとサーカスのように飛び移り,あげくの果てには,殺し屋と室内で繰り広げる死闘。(人の家なのに~)

毎回 臨場感を増すカーチェイスは,自分も乗っているような錯覚が起こり,思わず座席の上で 体を左右に動かしている自分に赤面。アクションのテンポも,量も,質も,3作の中では最高ではないだろうか。

それにしてもボーンは強いだけでなく、なんて頭がいいんだろう。待ち伏せする敵を素早く見抜き,瞬時に的確な判断を下すところはほんとうに見事。どんな訓練を積んだらあんな力がつくのかなあ。最初の頃に出てきた新聞記者が,恐怖のあまりボーンを指示を聞かずに行動して、案の定,敵に射殺されたシーンでは「あーあ、だから言うとおりすればよかったのにー。」と思ってしまった。
003
CIAに背いてまでボーンを助けるニッキーは、彼を愛しているんだろうな。彼女が潜伏先で,髪を染めてカットするシーンは、一作目でボーンがマリーの髪をカットするシーンを思い出して「もしかしたら~?」とその後の展開を期待しちゃったが,そんなに安易にはいかなかった。・・・・まあ,それはそれでいいんだけど。

2作目では,ボーンを追いつめる役だったパメラジョアン・アレン)が,今作では今度はボーンの理解者,協力者となって,最後には,胸のすくようなことまでしてくれる。(かっこいい!)
013_2
殺人兵器となった自分の宿命に,やりきれない怒りや悲しみを覚える人間ボーンの苦悩も描かれていて,「おお,こんな感動も用意されていたのか!」と嬉しくなったりして。ラストもヒネリが効いていて,続編を予想させる終わり方にも思えた。

マットは,ちょっと老けたかな~とも思ったけど,あのアクションは凄い!がんばれるうちは,まだまだ続編作ってほしい・・・。

« フリーダム・ライターズ | トップページ | タイタニック »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

こちらもにも!!
おおっ、観ることができましたか!^▽^

心から面白かったといえる作品で
シリーズ最高傑作って納得ですよ。
スプレマシーとうまくつながってたし、話もテンポがあって、めまぐるしいアクションシーンに目がまわるけど、見応えありました。
CIAを欺くボーンはかっこいいにつきるね!
ラストのニヤリからエンディングは最高☆
続編期待しちゃいます。

ほんっとに面白かったです。
2作目とも1作目ともうまく繋いでいる。
理想的な続編の作り方で,これは凄い!と思いました。
ほんとにこれを劇場で観れてよかったです。
一人で何人でも倒すし,絶対死なないところなんか
最早スティーブン・セガール見てるようでした。
そうそう,ラストのにやり,よかったですね。
その後のボーンの映像も・・・。
アイマックさんちにTBしに行こうと思ってたら,先を越されちゃいましたから
今から伺いますね。

ななさん お邪魔しまぁ~す♪
TBとコメント頂いてありがとうございました。
これを機会に仲良くしてくださいねm(_ _)m

>強いだけでなく、なんて頭がいいんだろう。
そうそう、彼の人気にはこれがありますよね!

また記憶喪失というのもポイントですねぇ。
襲い掛かる暗殺者たちを反射的に倒しちゃう!
そんな彼をサポートする女性たちの存在も欠かせないですよね。
まだまだ観たいシリーズなのでぜひ続編を作って欲しいですねぇ~♪

またお邪魔しますね!!!

ななさま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
予習(復習?)して臨まれたのですね~。私もそうすればよかったと思います。
でも、初見でもかなり楽しめました!あの髪を染めて切る場面には、第2作との繋がりがあったのですか・・。
三枚組のDVDが出るらしいので、それを買ってもいいかな?と思っているくらいです。
マットはいい俳優さんですね。いろんな役をこなせて、かつ味があると言うか・・。
私も続編待望派です!ではでは~。

こんにちわ。

私、このシリーズの前2作はレンタルで観たんですよねえ・・・。今更ながらスクリーンで観とけばよかった・・と激しく後悔しております(苦笑)。

面白いですよね、このシリーズって。
他にもスパイものでもっと派手で華のあるシリーズはいくらでもありますが、本シリーズはもっと硬派な感じシブいっす。とにかくボーンのかっこよさを引き立てる演出が徹底されていて、ホントに満足できる内容ですよねえ♪

こんにちは☆
最初から最後まで緊張があって面白かったですね。
アクションシーンもパワーアップして見応えがありました~
ボーンのキャラもこれでおしまいにするのももったいない感じがします。
ちょっとだけ続編期待しちゃいますねぇ。

TB&コメントありがとうございました♪
劇場で見られて良かったですねっ!これはやっぱり大画面で見なくてはっっ!
こんな事言ったら、ボーンの苦悩を逆撫でしてしまうようだけど、
最高のスパイですよね~、強すぎます。
あの新聞記者も、ボーンがどれ程優秀だったのかをもっと知っていれば助かったかもしれないのにね。
とにかく!マットのボーンはカッコよかったぁ~♪

なぎささん こんばんわ
こちらこそ これからよろしくお願いしまーす。
リンクさせてくださいね!
ボーンは本人は嫌かも知れませんが,スパイというか殺し屋の資質に恵まれてますよね。能力的にも,性格的にも。一見,地味目の容貌も。(何考えてるかわかんない)
そうそう,記憶喪失の凄腕スパイ,という設定がとにかく魅力的なシリーズでした。女性陣も,007のような一流の美女じゃなくて,親近感の持てるタイプ(マリーもニッキーも)なので,そこがよかったです。このシリーズの場合は。

真紅さま こんばんは
あはは,そういえば前作鑑賞は,予習じゃなくておさらいって感じですね。
ニッキーが髪を染めるシーンは,繋がりというか,1作目のオマージュみたいな感じで,1作目でボーンの後の妻マリーが,ボーンと逃げる途中のホテルで,長かった髪をボーンに切ってもらうシーンがあるのですよ。そのあと二人はラブラブ・・・。なので,今回ニッキーとも?と思ったけど,さすがにそれはなかったですね。
マットは今一番旬の俳優さんですね。彼を見ていると,「才能」というものをしみじみ感じます。

睦月さん いらっしゃいませ。
私も1,2作はレンタルで観て,劇場では見てません。
1作目,衝撃をうけるほど面白かったです。
2作目はわたし的には,必ず途中で寝てしまうのですよ。
面白いのですけど,ちょっとわかりにくいのと,アクションが少ない?せい。マリーが殺されちゃう所までは起きてるのですが,その後必ず睡魔に襲われます。
この3作目は一番手に汗を握りましたし,深みのある内容でもあったし,一番楽しめました。
何と言ってもマットの魅力が全開のシリーズですね!

こんばんは~TBありがとうございます~
劇場鑑賞~おめでとう!!
これはやはり大画面ですよね~♪
シリーズが3作とも納得の面白さって、あんまりないですよね~
全然変わってないと思っていたマットが、実は結構変わっていたと1・2のTV放映で気づきました。
強いオトコの代名詞になりましたね~ジェイソン・ボーン。

あの髪を染めて、切るシーン・・・よかったですよね。
あの2人は昔恋人同士だったんですよね。彼女が一所懸命ボーンを助けるのがそれで納得~でしたね。
私はマリー(私じゃない 爆)のように又殺されたりしないよね・・・と心配してました。

あの新聞記者さんは~全くもう!って感じです。
言うこと聞けよ~~~ですよね。。。

あ~~~ホントに面白かった。満足満足。

ゆかりんさん こんばんわ
ほんとに,これっきりボーン君とお別れするのは
寂しいですよね~。
4作目作って尻すぼみになるのも嫌だから,最高傑作で締めてほしい気もしますけど・・・。
アクションシーン,よっほど鍛えて練習したんでしょうねぇ。
マット,ますます尊敬しちゃいます。この方に対しては,私は「憧れ」たり「萌え」たりはしませんが,「敬って」おります。

こでまりさん いらっしゃいませ
そうですね!ボーンは生まれつきスパイですよねー。
・・・あれは天職というもんでしょう。
無敵,不死身,神出鬼没・・・というのは彼のためにある言葉ですね。アクションシーン,息を止めて見入ってしまっていました。
でも,外見が地味だから,あの新聞記者も信用できなかったのかしら?やっぱり一般人の悲しさですね。その点,一緒に逃げても,ニッキーはやっぱり同業者,彼の腕を信頼していましたね。

マリーさん こんばんは
マリーさんもこのシリーズ,お好きだろうなあと予想はつきましたよ~。(名前は関係なく)
あら,ニッキーって,やっぱりボーンの元カノだったのですか?
そんな感じがする台詞を彼女が途中で言っていたので,そうかもと思ったのですが,それが判明するシーンを見逃しておりましたわ。じゃあ,彼女は最初から彼を愛していたのですね。切ないなあ・・・。これは是非,彼女との4作目を観たくなりましたよ。

こんばんは。
ニッキーと一緒にニヤリとしてしまう終わり方に大満足な完結編でしたね(^^)

ボーンの理解者はみんな女性で、その女性陣の皆さんがカッコよくて素敵♪

前作に続いてパメラが良かったです。(ニッキーはもちろんですが)
「デヴィット、一緒に戦いましょう」ってボーンを呼びとめる場面が気に入ってます。
個人的には、ニッキーとの深い関係はなくても良かったかなって思いますけど、その分「ニヤリ」が余計に効いていたし、とにかく最高!もう一度観たいです!DVDも欲しいです!(笑)

コメント&TB有難うございました。

ボーンシリーズの最高傑作でしたね、どれも傑作ですけど。
シリーズ通して話が上手く繋がっていて、矛盾も無くアクションも頭も冴えてました。
ラストシーンも面白かったですね。

ではではこれからも宜しくです。

たいむさん こんばんは
あのラスト,ニッキーのニヤリ,よかったし,ジュリア・スタイルズさん,巧いですねー。ニヤリのタイミングが。
鏡の前で思わず真似してしまった私は おばか?
台詞はなくても,多くを語る粋なラスト。脚本家さん,天晴れです。
パメラもよかったですね。ジョアン・アレンさんは好きな女優さんです。硬質で知的な彼女は,女性政治家みたいな役が本当に似合います。
私もDVD購入して,アクションシーンなどもう一度じっくり観てみたいですね。

くまんちゅうさん いらっしゃいませ。
3作全部傑作で,しかも最後が最高傑作というのは,
目を見張るような快挙ですね!
話がうまく繋がるというのも凄いです。
脚本がよほどいいのでしょう。
体を鍛えて,期待をはるかに上回るアクションを見せてくれたマットにも拍手!
こちらこそ,よろしくお願いいたします。

こんばんは!
TB&コメントありがとうございました♪

ななさん、これは文句なく面白かったですね~
最近のアクション映画の中で、またはシリーズ物の中でピカイチではないかしら?
今回は2との絡みも上手くって、劇場で思わず『いよっ!ウマいね~』なんて声をあげそうになりましたよ。アブナイアブナイ(汗)
ボーンは強いだけじゃなくて頭がいいのが魅力ですよね~
瞬時に判断するあの能力には惚れぼれするわ。
続編も期待出来そうですが、私はこれで止めて欲しいなぁ~
すごく締まったシリーズなので、何度でも3作品を楽しむ方が好きかも。それで、ボーンは今頃何しているのかなぁ~って妄想するの(笑)

由香さん こんばんは
そうでーす,これは私が最近観たアクションもの,シリーズ物の中では間違いなくピカイチですよ!完成度が。
私も,途中で2との絡みや,1との絡みまでが見えてきた中盤からは,「なんて巧い構成なの」と唸りました。3のストーリーを初めから予定に入れて1と2を作ったとしか思えない,見事なつなぎ方で,全く無理がないのね。
またボーンの活躍が観たいから,続編も作ってほしいけど,確かに,これ以上は蛇足になる恐れもあるかもしれませんね。
結局,シリーズものって,最後の作品の印象が強いから,最高傑作と言われた今作で終了しておいた方が無難かもしれません。
由香さんのように,「今ごろボーンは何してるかな」と妄想するのも楽しいですね。

ななさん、こんばんは~。
臨場感あふれる映像で、観客のハートをキャッチ!ですね。
私はマットのファンですが、それ以上にボーンのファンです。
『ボーン・アイデンティティー』を観たときは、ぶっ飛びましたよ。
ななさんの仰るように、あの頭の良さが何よりも魅力です。
危機回避能力にクラクラのメロメロです。理想の男性ですよー。
あと、このシリーズの好きなところはタイトルです。
全部、頭にボーンがついてて、笑っちゃいます。

マーちゃんへ
おお,理想の男性ですか。強くてかっこいいですもんね。
私も,彼の頭のいいところが特に好きですね。
ものに動じないところも。
どんな難関も,あっという間に切り抜けてくれそうだから
私が彼と逃げているときは(←妄想中)言うこと聞いて
あの記者のように殺されないようにします。
タイトル・・・そういえばそうですね。なかなか洒落てます。
もし4作目があるとしたら,どんな題にするのかしら?
 

ななさん、幣ブログをリンクしてくださってありがとうございましたぁm(_ _)m
恐縮ながら、当方からもななさんのブログをリンクさせていただきました!!!
今後ともよろしくです!
ご報告まで~♪

ななさん、はじめまして♪
TB&コメントありがとうございました。
いやー面白かった~!...私の感想もこの一言に尽きます(笑)
全ての面において 惹き付けられました。
そして、ななさんの記事を拝読し、同感!同感!と
激しく共感してしまいましたよ~!ただ1つだけ違うとすれば、
これほど完成度が高いシリーズ最終章なので、
潔く完結して欲しい...そう願ってます。
(と言いつつ続編も気になる優柔不断な私です)

ところで、ブロークバックMは私も大好きな作品です。
後ほどゆっくりお邪魔させてくださいね♪
『グッド・シェパード』も一緒にTBさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

なぎささん こんばんわ
なぎささんもリンクしてくださったのですね~。
ありがとうございます!これからちょくちょく伺いますね。
こちらこそよろしくお願いします。

Anyさん こんばんは。
TBもありがとうございます。
感想,同じでしたか。嬉しいです。
そうですね,このシリーズ,満点取った地点で打ち止めもいいですね~。これ以上を作るのは難しいかも。ボーンは人殺しをやめちゃったという設定だし・・・。
ニッキーとのその後が個人的には気になりますが・・・。
おお,Anyさんもブロークバックマウンテンお好きですか。
では,ますますお話が合いそうですね,いろいろお話させてくださいね。(感激!) 

ななさんお久しゅうございます!

皆様のコメント&ななさんのレビューを拝見してみると、ホントこの映画って多面的な魅力にあふれてるな~ってあらためて思いました!!
キャラクター誰にでも感情移入できるというか…
その日の気分で見方が変わりそうな…
おっしゃるように極上のエンタメ映画だと思います。

とにかくジェイソン・ボーンがカッコイイ!
ラストもスマートな終わり方で見終わった後の胸をすく感じが私は好きです。
最後になりましたがコレ見てCIA(現代のネットワーク文化)が恐くなったのは私だけではありますまい(ふふふ

LOTASさん こんばんわ~
ご覧になったのですねー。これはお客さんの入りは上々でしたでしょ?アクションだけがウリの作品と違って,このシリーズは1作目から,人間ボーンの葛藤や苦悩も描かれているので,奥の深いスパイものですよね。

>とにかくジェイソン・ボーンがカッコイイ!
アクションが,リアルで本当に強そう。マットって,かなりの運動神経ですよね。地味で寡黙な感じの彼が,ひとたびアクションを起こすと,無敵なんですから,よけいにかっこいいのかも。
CIAは怖いですね。日本にはあんな組織がなくてよかったわ。


こんばんは♪
TBありがとうございました!
これはやはり劇場で見たほうが迫力があっていいですよね☆
「2」は繋ぎ的な感じを受けたのですが、「1」の衝撃と「3」の完結はどちらも甲乙つけがたいです。
ボーンの頭の回転の速さと身体能力の高さには惚れ惚れです。
こんなにマットがカッコよく見える日が来るなんて~~~(笑)

ミチさん こんばんわ
2はやっぱり,つなぎ的な感じでしたよね。
確かに1は衝撃的で,3は理想的な完結だったかも。
1の謎が3で解ける,というのがよかったです。
実はそんなにたいした謎ではなかったかもしれないけど
ボーンが原点に帰れた,というのがとてもすっきりしました。

>こんなにマットがカッコよく見える日が来るなんて~~~(笑)
・・・まったくです。よい俳優さんだと尊敬していましたけど
かっこいいとは私も思ってなかったので。


ワタシも観てきましたよ~。これ。面白かったですわ。理屈抜きで。凄いスピードと臨場感でねぇ。いやいやいや。効果音やBGMが非常に利いてましたね。あの揺れっぱなしの画面も緊迫感3割増で強力でしたわ。最後、カエルが池の中で突如動き出す時ってあんな動きじゃないでした? ふふふ。ともあれ、スリリングで堪能しましたわ。ふと人間性を取り戻すシーンも自然で良かったですね。

Kikiさん おお~ご覧になってさっそく記事をアップされましたか!早い!
そうそう,これ,アクションシーンのBGMもいいですねえ。
緊張感を否応なしに盛り上げる感じですわ。
カーチェイスとかの撮影方法,ハンディカメラで,車の中から撮影とかしてるので,
ホントに自分もその車に乗っているような錯覚がおきますね。
>最後、カエルが池の中で突如動き出す時ってあんな動きじゃないでした?
・・・面白い!そうかも。
カエルが突然動き出す光景は実際には見たことないけど,あんな感じでしょうねぇ。


 こんばんわ~
 ななさんはたくさん映画やDVDを見てますね、僕はやっと先日J・ボーン、見てきました、面白かった!ですね、やはりP・グリーングラス監督に交代してからスピード感が増した気がします、「ユナイテッド93」の監督と聞いてあの臨場感のあるカメラワークと一緒だ!と思いました、そしてカーチェイスを含む激しいアクションシーンは素晴らしい!殺し屋とのバトルシーンはきっとMTVムービーアワードのベストバトル賞にノミネートされそう(笑)(去年のベストバトルはブラピとアンジー、ちなみにベストキスはジェイクとヒースが受賞でしたね~)そしてラストは意味深で・・・、J・スタイルズわりと好きです!最近は人間らしい悩めるヒーローが流行りですね(「スパイダーマン」あたりから?)でもJ・ボーンは切れが良かった!久々に気持ちいいアクション映画が見れました。
 マットもカッコよくて、これからも応援したい俳優です。(ダニエル・クレイグも最高!「エリザベス」に出てたんですね?)

イニスJrさん,いらっしゃいませ。
ご覧になりましたか!この作品は,雑誌でもこの秋イチオシの作品に挙げられてますね。
この映画の監督って,「ユナイテッド~」の監督さんだったんですか!それであの臨場感が納得できました。「ユナイテッド」は,とても心に残る作品でしたが,あの監督さんが,エンタメ作品も得意とは思いませんでした。
ベストバトル賞(そんなんあるって,初耳でした。ベストキス賞しか知らん・・・)確実ですね。アクションするマットが二枚目に見えた!って雑誌にありましたが,ちょっとマットに失礼ですね。彼はカッコいいと思います。
ダニエルもお好きですか。そう,エリザベスに出てたこと,あまり知られてないんですね。でも,私はなぜか彼の演技と顔をよく覚えてます。やはりオーラがあったのでしょうか?

こんにちは!
おかげさまで「水曜日のシネマ日記」を
ようやく再開できる事になりました!
今後とも宜しくお願い致します。

ところで…
この映画は、公開前から早く観たいと思っていた作品だったので、
ブログ再開の記念すべき第一作目の鑑賞作品に選びましたが、
私の期待を裏切る事なく、とても楽しむ事が出来ました。

ジェイソン・ボーンのスマートさは健在でしたね!
CIAの金庫を空っぽにしちゃう手口も、さすがです!

私は、このシリーズが好きだったので大満足でしたが、
ニッキーの髪を切るシーンや、
ラストで水中に浮かぶボーンの姿など、
前作を彷彿させるシーンがいくつも登場していたので、
やはり、前作を観ていないと
今回の作品は十分に楽しめないかもしれませんね…。

テクテクさん お帰りなさい!
また再開されたこと,それにおうちの方も落ち着かれたとのこと
本当に良かったですね,私もまたテクテクさんの記事を拝見したり
遊びに行けるのでとても嬉しいでーす。
再開記念としては,まことに適したよい作品を選びましたね~。
これは続編ができるたびに,尻上がりに面白くなっていった貴重な作品ですね。とにかくマットのアクションが格好いいのと,人間模様もよく描けているというか・・・。
この秋は私にしては話題作を沢山観れたほうでしたが,
その中でもイチオシ!でした。

トラ・コメどうもでした。
ひらりんも続編希望なのですが、
本作以上の出来でないと、作る意味がなくなっちゃいますね。
もう一回記憶なくなっちゃうとか・・・
いろいろ考えられるとは思うんですが・・・。

ひらりんさん 同感です!
この評判を落とさないためには
続編を作るなどという冒険はしない方がいいのかも。
もう一度、記憶がなくなる・・・
そうか!その手があったか!

これすっごく面白かった!
3作の中で一番よかったなぁ、とおもいました。
普通徐々に尻すぼみに・・というのが常なのに
この映画はこれが一番完成度が高かったのでは、と
思いました。
ニッキーのあの”笑い”もあったことだし
続編作ってくれないかなぁ、って切望♪

展開もアクションも無駄がなくて、すべて必然的で
すっごくうまく作られてるなぁ、と思いました。

メルさん TB,コメントありがとうございます。

これ,よかったでしょ~scissors
アクションものとしては,最近の中ではピカいちでしたね!
もちろん,ボーンシリーズの中でも最高傑作でした。
脚本,構成,とてもうまく練られていたと思います。

ニッキーのニヤリは,こちらも思わずにんまりしてしまいました。
マット,体力の続く限り,ボーンを演じてほしいですよね!punch

こんばんは、というより、おはようございます?

ひさびさに、ななさんの記事に絡めるものを書きましたよ~♪
TBも送りましたが、またダメかもしれませんね。(もうあまり期待しない)

ななさんはボーンのシリーズ、かなり好きなんですね。
私は2(2って言うな)がダメだったので、今頃DVD鑑賞となりました。
ボーン自体は、すごく好きなんですが、お話やアクションがあまり楽しめないというか。
ちょっとシブ過ぎるのかな。

でも、私も続編があったら、また観たいです。(多分またDVDだけど)

ではではまた!(^o^)/~~

ゆきちさん またまたど~したんですか,明け方fujiの4時じゃないですか~。
そうそう,ボーン,好きですよ・・・つ~か,マットが好きなんですけどね。
このボーン・シリーズは面白いけどややこしくて
2作目は私もあまり好きじゃありません。
個人的には,ボーンが初めて記憶喪失から覚醒する1作目が好きですが
完成度が高いのは,この3作目ですね。
ボーンの無敵さも,最高に達していて,心地いいです。
続編・・・これを上回るものなら,ぜひ観たいですよね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/8976293

この記事へのトラックバック一覧です: ボーン・アルティメイタム:

» ボーン・アルティメイタム [小部屋日記]
The Bourne Ultimatum (2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/ジョアン・アレン/デヴィッド・ストラザーン/パディ・コンシダイン/スコット・グレン 彼が「記憶」を取り戻すとき 最後通告が下される ボーンシリーズは1作目からみていますが、みなレベルが高く稀なシリーズだと思う。 ナイーブそうなマット・デイモンのイメージを変えたのも、この映画なのでは! 台詞はすくないけれど、 逞しくてアクションのキレもいい... [続きを読む]

» ボーン・アルティメイタム [心のままに映画の風景]
記憶を失った元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、過去の断片を辿りながら全てを明らかにしようと奔走していた。 ある日、イギリスの大手新聞ガーディアンにボーンの記事が載る。 CIAの極秘プロジ... [続きを読む]

» ボーン・アルティメイタム [UkiUkiれいんぼーデイ]
最後通告(アルティメイタム)と言いつつも 続編の匂いを残すラストでしたね(^皿^*)=3=3 やっぱし、このデイモンはカッコイイのだ!!! タフガイで頭脳明晰なジェイソン・ボーンの存在に魅了される。 今作も前作に引き続き監督はポール・グリーングラス。 もともとがインディペンデント映画を手がけていた監督さんだけに、こういうハリウッド超大作においても二つの良い所をぶつけ合った連作であると語っている。 今作では、混雑するロンドンのウォータールー駅構内での狙撃シー... [続きを読む]

» 初ボーンでも大丈夫〜『ボーン・アルティメイタム』 [真紅のthinkingdays]
 THE BOURNE ULTIMATUM 「全て思い出した」  記憶を失くした元CIA諜報員ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。過去の 自分、究極の暗殺者となる以前の自分を取り戻すべく世界... [続きを読む]

» ●ボーン・アルティメイタム(182) [映画とワンピースのこでまり日記]
あー、面白かったっっ! [続きを読む]

» 「ボーン・アルティメイタム」みた。 [たいむのひとりごと]
3部作も遂に完結!・・・なんだよね?一応(^^)たぶん、表面上ではキレイサッパリ決着がついたと思って良さそうだけど、「ジェイソン・ボーン」の復活は、無きにしも非ずかなと思ってしまうのは、半分くらい希... [続きを読む]

» 「ボーン・アルティメイタム(THE BOURNE ULTIMATUM)」映画感想 [Wilderlandwandar]
上手い具合に連続記事になりました、公開初日に「ボーン・アルティメイタム」(原題 [続きを読む]

» ボーン・アルティメイタム [★YUKAの気ままな有閑日記★]
何気に好きなこのシリーズの完結編だもの。見届けなくっちゃー【story】自分を暗殺者に仕立て上げたCIAの極秘プロジェクト『トレッド・ストーン』に関する取材を進めていた新聞記者ロスとロンドンで接触しようとしたボーン(マット・デイモン)。しかしCIAに監視されていたロスは、暗殺者(エドガー・ラミレス)に狙撃されてしまう―    監督 : ポール・グリーングラス 『ボーン・スプレマシー』 『ユナイテッド93』【comment】『ボーン・アイデンティティー』 *体に弾痕のある意識不明の男が洋上で救助される... [続きを読む]

» ボーン・アルティメイタム [嗤う生活]
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』に続く、ボーン・シリーズ最終章。アルティメイタムとは、最後通告という意味だそうです。『ボーン・アイデンティティー』... [続きを読む]

» 【ボーン・アルティメイタム】 [+++ Candy Cinema +++]
【THE BOURNE ULTIMATUM】 監督 ポール・グリーングラス   脚本 トニー・ギルロイ  原作 ロバート・ラドラム   製作年度 2007年  日本公開 2007年11月10日  上映時間 115分   製作国 アメリカ  ... [続きを読む]

» ボーン・アルティメイタム [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ジェイソン・ボーンよ、永遠に・・・   [続きを読む]

» 映画 【ボーン・アルティメイタム】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ボーン・アルティメイタム」 『ボーン・アイデンティティ』『ボーン・スプレマシー』に続く大ヒットシリーズの第3作。 記憶をなくした主人公ジェイソン・ボーンの自分探しの旅が終わりに近づき、彼が何者で、どういう過去があったのかが語られる最終章。 『スプレマシー』と同じポール・グリングラス監督だけに、レベル的にも同等もしくはそれ以上で続編として安心して楽しむことができました。シリーズ3作どれもがハイレベルだったと言えるのではないでしょうか。 最大の魅力はスピード感でしょう。ヨーロッパの都市... [続きを読む]

» The ultimate end 「ボーン・アルティメイタム」 [kiki的徒然草]
2007年 米 ポール・グリーングラス監督 ワタシ的には格別観る予定はなかったものの、「カジノ最後の鑑賞」以降、新たに映画の友になったHちゃんが「ボーン」を見に行きたい!としきりに言うので、行って参りました、観て参りましたよ「アルティメイタム」。 「アイデンティティ」を観たのはけっこう前で細かいことは忘れているし(クライヴ・オーウェンが出ていたこともさっぱり記憶になかった)、「スプレマシー」は例によってスタチャンが流していたのだけど、一度観かけてなんだか乗れずに途中で鑑賞中止してしまった。そん... [続きを読む]

» 映画「ボーン・アルティメイタム」 [happy♪ happy♪♪]
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』に続く、 マット・デイモン主演のアクション作品。 政府の極秘計画「レッド・ストーン」によって育成され、 最強の暗殺者となった彼だったが、計画そのものが闇に葬られた瞬間、 その存在は邪魔者となり、彼の元に次々と暗殺者が送り込まれ 愛する女性までも暗殺者によって命を奪われてしまう。 怒りと悲しみに最高点に達したボーンは復讐を心に決め、 自分を陥れた陰謀を暴くべく組織との戦いに挑む。 ちょうど{/tv/}で第1・2章続けて放送していたので 今... [続きを読む]

» 「ボーン・アルティメイタム」父親探しの旅の果てに [soramove]
「ボーン・アルティメイタム」★★★★☆大満足・オススメ! マット・デイモン主演 ポール・グリーングラス 監督、2007年、115分、アメリカ 無表情で疾走する、名も無き男、 彼を行動に駆り立てるのは 自分探し CIAの極秘プロジェクトにより ボーンは暗殺...... [続きを読む]

» このドキドキ感は・・・!『ボーン・アルティメイタム』 [水曜日のシネマ日記]
記憶を失った元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンのシリーズ第3作目です。 [続きを読む]

» ★「ボーン・アルティメイタム」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。 その2本目。 いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。 シリーズ3作目で最終回という触れ込み。 ... [続きを読む]

» 「ボーン・アルティメイタム」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
ボーン・アルティメイタムジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る CIAの極秘計画“トレッドストーン”によって過去の記憶を消され、究極の暗殺者にされた ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。彼はその過去を辿りながら、全てを明らかにしようと奔走。 そんなある日、英国の大手新聞ガーディアンにボーンの記事が載る。その担当記者ロスが、CIAの 内部告発に基づいて、トレッドストーンのアップグレードとなる“ブラックブライアー”という計画に関する 取材を進めていた。その情報を聞いたNYのCIA対テ... [続きを読む]

» ボーン・アルティメイタム - The Bourne Ultimatum - [むーびーふぁんたすてぃっく]
ボーン・アルティメイタム 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] 「ボーン・アルティメイタム - The Bourne Ultimatum -」 感想 ジェイソン・ボーン誕生秘話... [続きを読む]

« フリーダム・ライターズ | トップページ | タイタニック »