最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | グッド・シェパード »

2007年11月 8日 (木)

ブロークバックマウンテン(16)

腐れ縁を呼ぶ男

Cap418_2 凄いタイトルですね。腐れ縁を呼ぶ男って、誰のこと?ジャック?いいえ、これは実はイニスのことです。イニスとジャックの あの切ない愛を、腐れ縁などと呼ぶのは自分でもけしからんとは思うのですが、別れたいと思っても別れられない関係という意味で、敢えて腐れ縁と 今回だけ呼ばせていただきますね。

さて、なぜイニスが腐れ縁を呼ぶ男かと言うと,ジャックが,どうしても彼と別れられなかったのは、ある意味 イニスの態度や行動にも原因があったからです。
Cap506
イニスはね、ファンの皆様ならもうご周知のように、普段は無愛想で煮え切らない態度なのですが、周期的に激しく感情を爆発させるタイプなんですね。常々押さえ付けていたものが、自分でも予測不可能に放出されるみたいで。特にジャックへの思いは屈折したものがありましたから,彼の中では。

そしてまたイニスは,時折,無自覚のまま,
信じられないような熱い事をジャックにやらかす
んです。
Cap037_2
お山での後ろからの優しい抱擁とか
再会の時の熱烈なキスとか
どう取られるかよく考えもせずに
離婚の通知をジャックに出す
とか。

・・・常に感情を抑えてて  死んだふりやってるみたいなイニスは,こうして時たま,火山の噴火のように,ラブラブ感情が爆発してしまうのかもしれません。その後はすぐさま鎮静し,再び死んだふりに戻るのがいつものパターンです。

しかし,ジャックの側からすれば,冷静で何考えてるのかわからないイニスがイキナリ激しい情熱を見せてくれるとき,やっぱり愛されてるんだ!と,舞い上がらずにはいられなかったでしょう。
Cap328
イニスと出逢ってから20年間,ジャックはイニスとの関係においては,希望失望絶望の繰り返しだったと思うのですが,その合間に,一瞬でも,有頂天(イニスが情熱を見せた時)なんてのが混じるから,かえって始末が悪いです。

Cap498
ジャックを天にも昇る心地にしておいて,その後容赦なく突き放す。
(熱烈な再会キスの数時間後には,モーテルで「どうにもならない」と弱音をはいてみたり)「もうつきあいきれない」とジャックから三行半をつきつければ,とたんに取り乱して泣いたりして・・・・。

でもイニスはぜーんぶ,わざとやってるんじゃないんですね。イニスはそういう気質の人間なのでしょう。あくまでも不器用です。(わざとやってるとしたら,すごいけ引きのテクニシャンです。 ・・・カリスマホストになれるかも。)

その,はっきりしない相手まかせの態度と,
忘れた頃にやってくる,なりふり構わない情熱の暴走。

これには誰だって振り回されてしまいます。

Cap593
かくしてジャックの愛は,ますます燃え上がり,見切りをつける時期を失い,過去の情熱の思い出を胸に,じっと待ち続けることになります。あの最後の日に,やっと哀しい決意をして,イニスを見送る時までの20年間もの間

とこう書くと,いかにもイニスが悪者みたいですが,イニスはあれでも精一杯頑張ったんだと思います。彼は,生まれつきの恋愛下手なんですね。恋愛どころか人づきあい自体が下手。・・・だのに腐れ縁はしっかり呼んでしまうあ,恋愛上手な人なら腐れ縁とは無縁だから,当たり前か?

イニスはまことに不思議な,しかし魅力のあるキャラと言えるかも知れません。ジャックに比べると,彼は私にとっては,まだまだ謎です。
Cap014

 

« あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | グッド・シェパード »

ブロークバックマウンテン」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんにちは!またまたお邪魔してしまっているかよで~す。「腐れ縁を呼ぶイニス!」全くその通りですよね。いつもながらななさんの鋭い観察力にはびっくりしてしまいます。「天にも昇る心地にしておいて容赦なく突き放す」あぁ~ジャック(涙)でもイニスに熱いことをやらかして!?もらっている時のジャックはどんなに嬉しかったことかwwななさんの記事、ほんと私の壺に嵌まりすぎてw読みながらニンマリ笑ってしまいましたよ~大変だと思いますが、又BBMの記事、楽しみに待ってま~す。。

かよさん またまたお越しいただいて嬉しいです。
私はジャック寄りなのですが、ジャックに感情移入するあまりに、イニスを愛してしまったのかも?(^ε^)-☆Chu!!その人柄や行動が気になるのは、イニスの方ですね。また彼は複雑すぎて研究のしがいがあります。
イニスは計算してやってるんじゃないのですが、結果としてはジャックを振り回しているんですね、罪つくりです。
ジャックも、なんせ普段が飢餓状態だから、たまに出されるご馳走の味が忘れられなくなるようなものです。でもあの再会の日のような激突キスをされたら、それだけでもメロメロになるジャックの気持ちはわかりますね。うふ。

こんにちは!
早速またおじゃまします。
ななさんのBBM考察、すばらしいですね。
今迄のを少し読まさせていただきました。
私は映画を観る前に原作を読んで、あまりにも切ないお話に
その当時はイニスとジャックが頭にこびりついて離れませんでしたよ。
原作の薪のそばでの抱擁は美しい描写でした。
映画もいいけど、原作のもつ乾いた雰囲気は好きですね。

腐れ縁ってわかりますよ。
イニスの不器用な接し方は、確信犯だったとしたらかなりの上級者テクだよね^^;
彼はもちろんそういうタイプではないけれど。
どちらかというと、イニス派な私は(笑)彼のじらすところが魅力的かな☆

ななさんの記事、いろいろな画像も楽しめますね。
ちょくちょく寄らせていただきます!

アイマックさん いらっしゃいませ。
BBMは原作を先に読まれたのですか,それはすごい!私は映画を観てから本屋に直行,あまりにも薄い本で拍子抜けしましたが,プルーの,女性なのに荒削りなごつごつした文体と,選び抜かれた言葉がすごく印象的でした。私は当時は毎日持ち歩いて,暗唱するくらい読んだものです。
アイマックさんはイニス派ですか?イニスの不器用さ,確かに愛しくなっちゃいますね。あれだけ恋愛下手なのに,ジャックだけでなく,アルマやキャシーなどの女性陣にも,彼は愛されていましたね。やはり彼女たちにも,時々思いついたように情熱的なことをやらかしていたのでしょうか。
ジャックと二人だけの時のイニスは,案外ジャックの言いなりで大甘だったのではないかと思ったりもします。そんなシーンを想像するのも楽しい妄想です。
また,お越しくださいませ。私も伺いますね~

イニスはホモフォビアで育ってきて、ジャックに愛情表現することを世間に少しでも感じ取られて何かされた時の恐怖でずっと暮らしてきてるんですね。離婚後ジャックが突然来たときも、肩を抱いているジャックの手をそっと払いのけてみたり、遠くに走っている車を気にしたり。とにかく、どこで誰が見ていてどう噂され誤解されるかわからないという恐怖だけなんですね。大好きなのにそれを表現できないもどかしさ。田舎の環境は日本でもいまだそうですから。まして下手したら殺されちゃうこの時代、恐怖以外ないと思いますね。それはジャックも重々承知でいたと思います。だから別れられない理由はもっともっと別にあるような気がしますね。好きになったら絶対に浮気はしないタイプのイニスだとわかっているからこそ、それに答えたい一心だったと思います。最後の喧嘩で、イニスが世間に対して神経を使って生きていくのが耐えられなくなっていることを知ってジャックは身を引く決心をしたんじゃないかなと。それはイニスを本当に愛していたからだと思いますね。ただ自分の欲望を満たしたいだけならあんな喧嘩にはならないと思います。別の男性と牧場をしたいというのは、完全にイニスを投影した行動だと思いますね。相手を求めてしまうどうにもならない感情との葛藤がとても辛いところです。

ヒース・デル・マーさん こちらにもありがとうございます。

この物語は,恋愛小説でありながらも実は社会問題をも含んでいるヒューマンドラマでもあると思っています。誰もが等しく幸せを求めて当然であるという権利を持つはずなのに,ゲイの人々の人権が認められていなかった時代のアメリカ社会(特にワイオミングという田舎)では,実際にイニスやジャックのような苦悩を抱えたまま生きて一生を終えた孤独なカウボーイたちがたくさんいたのだろうと思われます。
恐怖と愛情の板挟みで,大きすぎるリスクを抱えつつも自分を偽ることができなかった彼らの痛みはいかばかりだったかと思うのです。どっちにも行けないイニスの葛藤も,身を引く決心をしたジャックの悲しみも,何とも言えず切ないですね。そう,残酷としか言いようがないかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/8796321

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバックマウンテン(16):

« あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | グッド・シェパード »