MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 麦の穂をゆらす風 | トップページ | マッチポイント »

2007年10月 9日 (火)

ブロークバックマウンテン(12)

ヒースとジェイク
Cap112
イニスを演じたヒース・レジャーは、本当は(あ、変な言い方)とーっても かっこよくて華のある美しい男性である。

私は彼のファンとまではいかないが,パトリオットでメル・ギブソンの息子を演じた時から、「うわー、素敵な人!」と彼の出演作をチェックしてきた。足が長くて姿勢がよくて,運動神経が抜群で・・・ロック・ユー!などの中世の騎士役なんぞ,ピタリとハマっていたように思う。
El050913017_2
私の中でのそれまでのヒースは,その容姿の端麗さにばかり目を奪われて彼の演技力には,そんなに注意をはらったことがなかった。しかし今回このBBMを観て初めて彼の演技力の高さに目を見張った。

イニスは抑制された激しい感情を,少ない台詞で表現する難しい役どころなのに,彼は,まるで自分がイニスその人であるかのように彼の屈折した複雑な心境を,手で触れることができる程鮮やかに演じて見せた。

Photo_h
このBBMの収録の後は,カサノバの撮影に入り,それまでの地味なイニスとはうって変わった華麗な色事師を演じた。・・・さすがプロだ。気持ちの切り替えは完璧だ。BBMの後に このカサノバを観た私の方は,まだまだイニスをどっぷり引きずっていて,ジャックが死んだのに,アンタ何をそこで女を口説いてるのよ!などどスクリーンに向かって口走ってしまったっけ。(ヒース,ごめん)

ジャックを演じた ジェイク・ジレンホール。
Cap098_2
私は実はこの人を 正統派の美形とは思っていないけれど,濃いまつげに縁取られた 表情の豊かな大きな青い瞳とキュートな口元がとても好きだ。そしてこのBBMでは,なんといじらしく繊細なジャックを見せてくれたことだろう。

あんな切ないまなざしで 見つめられたら,そして あんな輝くような無防備な笑みを向けられたら
誰でも彼を愛さずにはいられなくなるのではないか。彼は他の作品でも「思い詰める」役柄が多いのだが,私としては何となく ,女性を愛するジェイクはあまり観たくない。

やはり私はいつまでもジェイクの中に
イニスを愛する男」としての
ジャックを見ていたいのかもしれない。

Cap084_2_2
ミシェル(=アルマ)と結婚したヒースも,彼女とは破局を迎えたというし,(映画みたいになっちゃったね)ヒース(=イニス)は
ジェイク(=ジャック)のもとに帰るのかななんて,(←オイオイ,この二人はもともとくっついてないでしょ!)またまた現実とBBMを 未だに混同している,お馬鹿な私である。

« 麦の穂をゆらす風 | トップページ | マッチポイント »

ブロークバックマウンテン」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら、コメントしまーす(^o^)/

本当に、『ブロークバック...』でのヒースは、イニスそのものになっていましたよね。だからかしらないけれど、ヒースに対して、イニスの猛烈なストイシズムをイメージすることがあります。彼本人についてはほとんど知らないのに、ね。
でも多分、あれほどイニスになれるヒースは、内面に十分イニス的なものを持っているんでしょうね。

あとジェイクのことを「実はこの人を正統派の美形とは思っていない」と書いてらして、私も同感です。彼は全く正統派美形じゃ、ないです(言い切るな)。
彼の見事さは、見てくれの美しさを超越していて、私からすると、存在自体がありえない生き物のように思えます。

最後の頃、さりげに話を交ぜ返しているところが、オチャメですね(*´艸`)
私も似たようなことを思ってましたよ。
ミシェルとの間にもう一人女の子ができて、ジェイクはラリーンみたいなべっぴんにつかまって男の子ができて、二人が4年経って再会したら、今度こそ愛の逃避行だ!とか(←おばか)。
イニスとジャックのツーショットは、それは素晴らしいけど、苦さがありますよね。ヒースとジェイクのツーショットだと、とにかく仲良しで楽しい感じで、とってもいいです。

長々とすいません。自分のところの更新が止まっているので、つい。

ゆきちさん コメントありがとうございます!
ヒースは、あんな容姿だけど出身はオーストラリアの牧場(?)で、実は素朴な面もある方だということは聞いたことあります。
あんなに完璧なイニスになりきれるのだから、おっしゃる通り、彼の性格の中にもイニスのようなストイシズムがあるのかもしれませんね。プライベートの服装とか見たら派手ですけどね。
ジェイクは、斜めからとか、横から撮られた顔は美しいと思いますが、正面からみると、目の間が狭すぎではないかと。
でも、ひとたびスクリーンで彼が動いたりしゃべったりし始めると、ゆきちさんがおっしゃったように、顔立ちを超越したオーラが全開になります。私から見たら。
なんなのでしょうね、あのオーラ。愛されるために存在してるみたいな、いじらしいというか、いとおしいというか。あの眼と声のせい?
ヒースとジェイクのツーショットは、私も見ていてとても嬉しくなります。だから彼らの物語も期待してしまうんですねー。でもヒースは女性しか興味なさそう。…ジェイクは?

 こんばんわ
 昨晩11時30分から、ついにwowowでBBMが見れたんですよ、かなり久しぶりに見ました、二人ともやけに若く感じました~、あれから2年経ってるし・・・、やはり今回も引き込まれたし、ふたりが愛おしかったですね。
 話変わりますが、先日ヒースの「キャンディ」のチラシがオーストラリア大使館の掲示板に貼ってあったのを発見した時は、びっくり!でした、ヒースは母国では人気者なんでしょうね、きっと。「キャンディ」は先日見てきましたが、ラストの愛する人の為の決断はBBMを彷彿させてくれました、機会があればぜひ!次はジェイクの「レンディション」が待ち遠しい!
 僕もヒースにゲイの匂いは全く感じませんが、ジェイクには、感じてしまうんです、やはり演技(あのおねだり顔)のせい?まだまだ謎がいいな、この問題は。
 ところでななさんて写真のセレクト素晴らしいですね、今回のも全部素敵!です。

イニスJrさん,おはようございます。
おお~、ついにBBMがWOWOWで?あのテントのシーンなんか,カットされてませんでした?
でも,WOWOWで初めてBBMをご覧になって,あらたにファンになる方もきっとおられることでしょうね。
ヒースの「キャンディ」は,こちらでは劇場公開されないので,DVD待ちです。
ラストがBBMを思い出させるのですか?何か重い内容のように聞いていますが,とても楽しみです。
ジェイクの「レンデンション」はきっと劇場公開されそうだから,仕事休んでも観に行きます!
ジェイクは,キルスティンと交際していたから,ゲイでないのかと思った時期もありましたが,結構フリーの期間が長いですよね。
・・・キルスティンとはカムフラージュだったのかしら?
BBM以来,ゲイのネタでからかわれたり,ゲイの方のファンが増えても,ジェイクは喜んでいるようにも見えるんですよね。(それはない?)
私も,この問題は謎のままがいいです。
画像を褒めていただいて,嬉しいです。今回のはBBMの特典映像からとりました。

トラバばっちり入りました! ありがとうございました。
こちらからも送ってみます。

「カサノバ」でのヒースのラブシーン、たしかにそうかも・・!(笑)

私は「プルーフ」でのジェイクのラブシーンが、「なにまたカモフラージュしてるわけ? 気持ちが入ってないんじゃない?」などと突っ込みたくなりました。

Mizumizuさん,この記事はヒースがまだ元気だった頃のものなので
今読み返すと,複雑な思いもしますね。
いつまでも,元気でいてくれると思ってたわ・・・。
「カサノバ」も「プループ」も,BBMの後に見たら,「あんたら,なにやってんのよ女と?」と言いたくなりますよね。
>「なにまたカモフラージュしてるわけ? 気持ちが入ってないんじゃない?」
・・・まったく,同感です。^0^
ジェイク,BBMでのラブシーンは,全力投球,体当たり!って感じでしたが
「プループ」は,なんか肩の力抜きすぎで・・・
かったるいので,観るのとちゅうでやめちゃいました。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/8304395

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバックマウンテン(12):

» 横顔のロマンチシズム――ジェイク・ジレンホール(ギレンホール) [Mizumizuのライフスタイル・ブログ]
その人の経歴や人物像を紹介するときに「プロフィール」という言葉を使う。この英語はどこから来たかご存知だろうか。実は、イタリア語のprofilo(輪郭とか横顔)から来ている。イタリアのフィレンツェあたりの美術館、たとえば名高いウフィツィ美術館に行くと、ルネサン...... [続きを読む]

« 麦の穂をゆらす風 | トップページ | マッチポイント »