MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 猫の老化現象 | トップページ | ブロークバックマウンテン(13) »

2007年10月16日 (火)

四月の雪

Takuto78ホ・ジノ監督の作品は,八月のクリスマスといい,春の日は過ぎゆくといい,韓国映画というよりは,まるでフランス映画のような,繊細で静謐な雰囲気があるが,この四月の雪も,そんな静かで深いラブストーリーだった。
Cap026 何よりも,そのストーリーの設定に惹きつけられた。許されぬ恋におちてゆく二人の男女,インスソヨン。二人が出会うきっかけになったのは,何と互いの配偶者同士の不倫中の事故だった。夫や妻の裏切りを知ったときの彼らの衝撃と苦悩。昏睡する妻の枕元で「いっそ死ねばよかったのに」とつぶやくインス。

インスと共に被害者を弔問に行った帰り,道端で耐えきれずに声をあげて慟哭するソヨン。 最初はよそよそしく、かすかな敵対心さえただよっていた二人の間に、やがて少しずつ うちとけた穏やかな空気が生まれる 。

Cap031
凍てついた冬がいつのまにか去り、雪解けとともに春がそっと訪れるように,二人の間には、ためらいながらも,ひそやかな愛が芽生えてゆく。


「仕返しに浮気をしましょうか?」という冗談めかした提案が,ごく自然な形で実現してしまってから 「これは愛なのか、それとも単なる腹いせなのか」という問いは、繰り返し二人の心に浮かんできたにちがいない。 はたして二人は、単に共通の被害者意識だけで結び付いたのだろうか。

いいや、たぶん別の出会い方をしたとしても,彼らはきっと,互いを選びとっていたのではないかと思う。
Cap029_2
インスとソヨンは、持っているやさしい雰囲気が、まるで兄妹のようによく似ている。きっと魂にも共鳴するものがあるに違いない。もっと早く出会えていたら・・・・愛し合った後に,インスの口からこぼれる言葉が哀しい。           

Cap030
微笑みの貴公子ペ・ヨンジュンは、この物語の中ではほとんど笑わない。厳選された台詞、そして言葉以上に雄弁に気持ちを語る,まなざしや仕草。物語は,じれったくなるほどゆっくりと丁寧に,二人の間に揺れる思いを,美しい映像で綴ってゆく。

まるで寄せては返す波のように 
近づいたり離れたりする切ない関係。

しかしソヨンの夫の死と、インスの妻の回復によって,二人の関係は,否応なしに現実に引き戻されてしまう。

あのような出会いから始まった愛は
しょせん淡雪のように消えてゆく運命なのだろうか。

Cap039 四月の雪に覆われた美しいラストシーン。二人の愛は終わるのではなく,これからどこかへ向かうのかもしれない・・・,それを暗示しているような,余韻の持たせ方が嬉しかった。しみじみと心にしみいる美しい物語だったと思う。

« 猫の老化現象 | トップページ | ブロークバックマウンテン(13) »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう。
僕も、ヨン様のあられもない演技は、とってもよかったと思います。じれったい展開ですが、リアリティがありました。

kimionさん TB,コメントありがとうございます。
そうですね,インスとソヨンのような出逢い方をしたら,
誰でも「傷口をなめ合う」気持ちで,新たな愛に癒しを求めるかもしれません。
ま,それでも相手があまりにも好みのタイプと,かけ離れていたら別でしょうが。
・・・やはり相性も多少はあるかと。
仰るとおり,リアリティが感じられたので感情移入できました。
二人の置かれた状況は,花様年華にも似てました。

トラ・コメどうもです。
ひらりんも韓流に乗っかってはいませんが、
ついつい注目作は見てしまった・・・クチです。
しかし、日本人俳優には無い雰囲気・・
セリフの少ない演技は、
世の日本人オバサンの心を捉えてるっ・・・
って感じは伝わってきました。

ひらりんさん こんばんは
韓国の男優さんの魅力は、なりふり構わぬ派手な男泣きにあると、私的には思っております。
イケメンに涙をふりしぼってオイオイ泣かれると、
母性本能はメロメロです。
あくまでも私の場合ですが

そうか・・フランス映画的ね~!
確かにそうでした。
いわゆる韓流のわかりやすい(といってもひねりがあったり、おぉ!があったりする)ラブストーリーを期待して見たのがちょっと良くなかったかな、と今記事を読ませてもらって思っています^^

でも、私もこの美しい映像と雰囲気はとても
好きでした。それと2人の心理状態をいろいろ
想像しながら見ることができたので、そういう意味では深く、いい映画だったな、と思います♪

TB&コメント、どうもありがとうございましたm(_ _)m
こちらからもさせていただきました♪

メルさん こんにちわ
そうそう、これは他のわかりやすく大袈裟な韓流ラブストーリーとは違って
とても薄くて上品な味付け。
恋人たちの心情も、いくらでも深読み、
あるいは妄想ができるかと。
結局あの二人は駈け落ちしたのかしらね?

tbどうもです。
ホ・ジノはとても好きな作家です。
この作品も若干作為的な作りが気になりましたが、しっとりとした佳作だったと思います。
ヨンさまは作品ごとに違った役柄にトライしている人で、良い役者さんだと思います。
新作の時代劇ドラマもちょっと期待してるんです。

ノラネコさん ご訪問ありがとうございます。
ヨン様,スキャンダルも全然ちがう役柄でしたね。
彼はどうしても微笑みの貴公子のイメージでしか
認識されてない面もあって,
食わず嫌いされているかもしれないのが残念ですが
本当のファンは,彼の実力やいろんな魅力を
きっとわかっていると思いますよ。
私は別にファンではないですが,彼の演技はいつも素晴らしいと思います。

こんにちは。
どうもですね、4さまはあの微笑みが苦手なんです;だから笑わない方がデリケートさを感じることが出来る気がして好きですねー。
韓国モノってほとんど見ないので、多分私は食わず嫌いの部類になるのでしょうけど、映像にはとても詩的な部分を感じて好みでしたよ。
でも一回見ただけでは理解できなかったというか。何度も色んな方と語り合っていくうちにピントがようやくあってきた感じ;

シャーロットさん、いらっしゃいませ。
TBもありがとうございます。
私もヨン様の微笑みはそんなに好きじゃない、
というか、どうでもいい、という感覚かな?(笑)
ファンの方、ごめんなさい。
笑わぬヨン様は、けっこう地味ですね。
でも、彼の優しいストイックな雰囲気は、
この役にぴったりだったと思います。
この作品は、ほんとに何度も観ないとわかりにくいです。
観る度に発見があり、また新しい余韻に浸れる秀作だと思います。

ななさん、こんばんわ。
自分のブログに書いたのですが、この映画でのヨン様とソン・イェジンは、すごく「サイズが合わない」感じがしました。

でも、この映画のすぐあとに公開された「私の頭の中の消しゴム」で、チョン・ウソンと共演した時は、「サイズの違和感」を感じなかったんです。なんでかな。違う映画ですけどTBしますね。

この映画、私はあんまり感動できなかったんだけど、ななさんみたいに何度か観てみようかな。気づかなかった深いところが見えてくるかもしれないですね。

・・・あと・・・なぜか、ワーキングマザースタイルの記事からはTB出来ないみたいですう~(・_・、)

こむぎさん,こんばんわ
ヨン様と,イェジン嬢のサイズが合わないのは
ヨン様のスリーハンドレッドなみの筋肉のせいかしら?
ついでに言えば,ヨン様の爽やか系のお顔とも,
あの筋肉は合わないような・・・。もっとしなやかな筋肉の方が似合ってると思う。
「私の頭の中の~」の方が,素直に感動しやすい映画でしたね。
イェジン嬢は小柄ですからね~,今まで観た映画で
彼女とサイズが一番合っていた相方さんは
「ラブストーリー」のチェ・スンウのような気もします。

こんばんは♪
いまさらながら自分の感想を読んであまりの酷さにガックリきました。
あのころはまだ韓国映画をそれほど見ていなくて、「ヨン様映画」というふうに見ていたような気がします。
そのあといろいろな作品を見て、私もそれなりに勉強(?)したので、今この作品を見たらその良さがわかるようになってるかも。
ちなみに「春の日は過ぎ行く」の雰囲気は大好きでした。

ミチさん TBもありがとうございました。
「春の日は過ぎゆく」も,同じ香りのするラブストーリーでしたね。
じれったいほどゆっくりと静かに愛が芽生えたり,終焉を迎えたり・・・。
「春の日」の方が,映像全体を覆っている色あいが,竹林や清流の緑だったので
これより爽やかで明るい感じでした。
韓国映画と韓国の俳優さんは,本当にいろんな面を持っていて奥が深いですね。
私も韓ドラのこてこて感はやや苦手ですが,韓国映画の中には秀作が多いと思っています。

ななさん 申し訳ないですぅ。
こちらと『オールドボーイ』もTBが未送信になってしまい、コメントだけですみませんm(_ _)m

ななさんの仰るようにフランス映画のような雰囲気ありましたよね。
『八月のクリスマス』も大好きな作品です。

韓国映画って、ハマり出すとたまらなく面白いんですよねぇ。
最近では言葉も少しですが、分かるようになりましたよ。

ななさんもかなり韓国映画がお好きなのですね!
これからも韓国モノでも盛り上がりましょう!!!

なぎささん こんばんわ
仰るとおり,韓国映画は,はまるとキムチのようにやみつきになります。
俳優さんがね~うまいんですわ,喜怒哀楽の表現が。
だから,どんな極端な感情でも,共感せずにはいられなくなります。あんまり自分の日常とかけ離れた世界を見せてもらえるので現実逃避の楽しさもあるかも。
韓国語,聞き分けられるようになったなんて,凄いすごい!
私は未だに「サラゲヨ」とか「ケンチャナヨ」とか「ビヤネヨ」くらいしかわかりません。でも,韓国語って,優しい響きがしますよね。
TBのことは,お気になさらずに。ココログはよく受信ミスをやらかすんですよ~すみませんねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/8446238

この記事へのトラックバック一覧です: 四月の雪:

» NO.124「四月の雪」(韓国/ホ・ジノ監督) [サーカスな日々]
弱った「こころ」から、 はじまる「エロス」もある。 「微笑み貴公子」といわれるペ・ヨンジュン。日本で多くの女性を虜にしたのは、やはりクチコミで拡がった「冬のソナタ」(2002年)であった。前年制作の「ホテリアー」をはじめ、過去のTV作品がリリースされるたびに、圧倒的な支持が拡大した。 TVデビューから10年、銀幕初出演は2003年「スキャンダル」。朝鮮王朝の愛欲世界を舞台としたドンファン役を演ずるペ・ヨンジュンは、一部のファンにはその肉体を賛美されるが、おおむね「冬ソナ」ファンを裏切ったのではな... [続きを読む]

» 「四月の雪」 [ひらりん的映画ブログ]
1・・・2・・・3・・・ヨン様ぁぁ主演の映画。 [続きを読む]

» 「四月の雪」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
四月の雪 (通常版)ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る コンサート会場の照明ディレクターを務めるインス(ぺ・ヨンジュン)は、 仕事中に妻スジン(イム・サンヒョ)の交通事故の知らせを聞き、 彼女が搬送されたサムチョクという町の病院へ駆けつける。その廊下には、 夫が交通事故に遭ったという女性ソヨン(ソン・イェジン)が独り悲しみに 打ちひしがれていた。やがて彼らは、事故処理の結果から 互いの伴侶が不倫関係にあり、同じ車に乗っていたという 衝撃の事実を突きつけられるのだった・・・。... [続きを読む]

» 「四月の雪」・・・・評価額1500円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
世間ではヨン様ヨン様とうるさいが、これは中々しっとりした良い映画だった。 妻が不倫相手と事故を起こし、その結果不倫相手の妻と出会い、ダブル不倫するという、往年の大映ドラマ、いや韓国ドラマあたりならグッチャグッ... [続きを読む]

» 四月の雪 [mugimugiの自己ちゅー映画レビュー]
むぎむぎ評価4★★★★ 映画館で観ました。 最初にことわっておきます。私は、ヨン様命!ではありませんが、けっこう好きな方です。すでに、この映画を観た周りの人から「思ったよりもよくなかった」などという噂を耳にしてはいましたが「いや、そんなはずはない。絶対...... [続きを読む]

» 四月の雪 [シャーロットの涙]
ヨン様の映画、なんとなくこわいもの見たさでみてきた。ヨン様ファンの方、気を悪くなされたらごめんなさい。私自身、なんでこんなに日本中がヨン様に沸いているのか不思議だった。仕事の行く先々で、TVの周りを見るとヨン様のビデオがずら〜り。仕事よりヨン様のお話の方が長かった事しかり。 来日のたびに笑顔が印象的に報道される。あの笑顔の奥がどうしても見たくなったというのもある。化粧ばっちりで固め、笑顔連発。そんなにいい人なの? 映画は不倫ものと、ひとくくりでは言えないけど、これも絵画的映画だと思う。 表面の美... [続きを読む]

» 私の頭の中の消しゴム [mugimugiの自己ちゅー映画レビュー]
むぎむぎ評価9★★★★★★★★★映画館(試写会)で観ました。いつも行くシネコンのホームページで「試写会プレゼント」を知り、応募しました。めでたく当選!(^^)//゙゙゙パチパチ この秋に「映画館で観たい映画」の候補のトップにあった映画です。 あらすじは・・・不倫相...... [続きを読む]

» 映画「四月の雪」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「四月の雪」 ★★☆ ストーリー:コンサート会場で照明のチーフ・ディレクターの仕事をしているインス(ペ・ヨンジュン)の元に、妻が交通事故にあったという知らせが入る。病院に駆けつけてみれば妻と同乗していた男性も重体。妻とその男の関係は?そしてインスはその男の妻ソヨン(ソン・イェジン)と出会う。 母を連れて親孝行鑑賞。 インスとソヨンそれぞれの配偶者が不倫をしていたことを知って、悲しみが憎しみに変わるのは理解できる。 そしてその感情を共有したインスとソヨンは傷ついた心を慰め合うようにとう... [続きを読む]

« 猫の老化現象 | トップページ | ブロークバックマウンテン(13) »