最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 | トップページ | ロング・エンゲージメント(ギャスパーのみに注目編) »

2007年9月30日 (日)

猫のしっぺがえし

012_5

聞くところによると 鶴は恩返しをするそうだが猫は しっぺがえしをする(きっぱり)

いやしかし,かつてのジブリの映画で「猫の恩返し」というのもあったから,世の中には性格のよい律儀な猫もいるのかもしれないが,うちの猫は飼い主に似て性格が悪いから「恩返し」なんて夢にも思わないらしい。

嫌いな餌しか残ってなくて 仕方なくそれを与えた日には,いつもなら絶対にしないのに,食卓上を荒らしまくっていた。

「態度が悪い」と心を鬼にして叱った日には,飼い主の部屋の入り口に脱糞していた(あやうく踏みそうになった)

忙しくてほとんどかまってやれなかった日には,キッチンペーパーをずたずたに裂いて部屋中に・・・。
Fan2_017
「数え上げたらきりがない」というほどではないが,何せタイミングが合いすぎる・・・・
あれは絶対 しかえしに違いない。

ストレスを与えないようにすりゃいいのかも知れないが,もうすでに甘やかしすぎのような気もするのに,これ以上 機嫌なんて取れまへん。

« ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 | トップページ | ロング・エンゲージメント(ギャスパーのみに注目編) »

猫語りあれこれ」カテゴリの記事

コメント

ななさん~ こんにちは~♪

うちのマリーちゃん(私のHNはここから ななさんと一緒 笑)
も「邪魔をする」「狩りをする」一緒なの~
うちの母がお習字をしてるので~畳より大きい紙を広げるんだけど~ヤツは必ず現れるし~(その高級用紙の上で寝転ぶ)
狩りはスゴイですよ~~~
すずめは勿論、野鳥・やもり・もぐら・ねずみ なんでも捕ってきて~プレゼントしてくれます(ありがたくない~~~!大汗)

でも・・・しっぺがえしはないなぁ~
なぜなら~彼女は女王さまだから~。誰もが彼女の前にひれ伏す~
特に、じーちゃん(私の父)&うちの旦那。この2人は彼女の「しもべ」

へーこらへーこらしてる男たち。。。
ますます図に乗る女王さま、マリーちゃんなのでした。

マリーさん いらっしゃいませ
猫のお部屋にもお越しいただいて嬉しいです。
マリーさんとこのマリーちゃん(ややこしいですね)もトラちゃんですね。うちのと似ていますが,うちのななよりずっとスリムで羨ましい。

>うちの母がお習字をしてるので~畳より大きい紙を広げるんだけど~ヤツは必ず現れるし~(その高級用紙の上で寝転ぶ)
ははは・・・やっぱり猫って必ずやりますね。何でだろう?
飼い主の「邪魔してほしくない」オーラを敏感に察知して,必ず邪魔しますね。そうか,うちの猫だけじゃないのね。

>特に、じーちゃん(私の父)&うちの旦那。この2人は彼女の「しもべ」
うちのじーちゃんもです。いつだったか,ななが裏の谷(どんな山奥よ)に落っこちたといって,じーちゃん,腰に綱つけて谷へ降りて行こうとしたので,家族が危ないと止めているうちに,ななはちゃっかり縁側に帰ってきていました。ななのためならエンヤコラです。そのわりにはしつこいので当のななには嫌われてたりします。
でも,猫って,そんな勝手な,ヒトを振り回すところがいいんですよね~。

うちのピーコとリリーはしっぺ返しはしませんよ。
犬と飼い主は、御恩と奉公で成り立ってますからね。
ただし、飼い主が奉公しているのですけど(笑)
ななちゃんとの共通点もあります。部屋の中で脱糞します。
迂闊にも素足で踏んだことが数回あります!

マーちゃんへ
犬のしっぺ返しというのは古今東西聞いたことがありませんね。
忠犬ハチ公というりっぱな犬もいたことですし。
どうも犬と猫はことごとく正反対の性格のようで・・・。
お宅のピーちゃんもリリーちゃんも,犬相というか,顔立ちがとても
可愛いですね。性格よさそう・・・。羨ましい。
ピーちゃんたちが部屋で脱糞するのは,単なる粗相ですね。
うちのななは意図的ですわ。
でもやっぱり怒れない。一度きつく怒ったら,半日落ち込んだので
可哀想になっちゃって・・・。
猫ってつくづく得な性格ですわねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/8182467

この記事へのトラックバック一覧です: 猫のしっぺがえし:

« ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 | トップページ | ロング・エンゲージメント(ギャスパーのみに注目編) »