最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« コーラス | トップページ | ブロークバックマウンテン(8) »

2007年9月16日 (日)

HERO

9fbd4a16s_2_2
映画は観るけどドラマは殆ど観ない私は,実はこのHEROのドラマ版は未見だ。だから,まっさらな状態で,検事久利生公平や,その仲間たちと,今回スクリーンで出逢った。

法曹界のことも詳しくはない。検事は,被疑者を告発する側で,弁護士は被疑者を弁護する側。陪審員制のない我が国では,被告を罪に定めるかどうかは,検事と弁護士の法廷での一騎打ちになるんだなあと,あらためて感じ入りながら鑑賞した。木村拓哉が演じる久利生公平は,東京地検城西支部に6年ぶりに帰ってきたという設定だが

83p83p82c582b782e6815b_2
この「城西支部」の仲間の検事たちが,皆それぞれに個性的で,なかなかいい味を出していた。お堅いはずの地検なのに,何か気のあった仲間のサークルのような,気さくで心地良い雰囲気があって,その中でも特に久利生公平は,全く検事らしくない今風のラフなファッションで自由奔放に動き回りまるで一人だけバイトの学生が間違って混じり込んでいるような不思議な感じだったが,今回彼が担当する難事件の法廷シーンが佳境に入った頃は,すっかり息をつめて 彼の一挙一動に見入ってしまった。

格好いいぞ!久利生公平!

思わず劇場で叫びそうになった。(叫ばなかったけどね)彼のルックスじゃなく(ルックスもいいけど)その心意気がもの凄く格好よかった。 
Img_998046_42961116_0_2_2
彼が担当した障害致死事件。
無実を主張する被告のアリバイ崩しは,とある大物政治家の収賄容疑の件とも,深く関わっていて,普通なら,政治家の悪を暴くことの方に意識が向いて,目の前の障害致死事件などは,ちっぽけに感じてしまいがちなのに,久利生検事が自分の全エネルギーをこの事件につぎこんだ理由は命を落とした被害者と,残された婚約者の無念さを晴らすためだ。彼は決してそこのところを見失わなかった。

どんな仕事でも,慣れてくるとマンネリ化したり 処世術を身につけたりして,出世にたいする欲や打算なんかも出てきて,初心を忘れることもある。

なんのためにこの仕事をやっているのか。
自分の使命は何なのか。

・・・そこをちゃんとわかっていて,どんな障害が立ちふさがろうと絶対に妥協しない彼の姿勢はなるほど,HEROと呼ばれるにふさわしい。木村拓哉のアウトロー的でやんちゃな雰囲気と,ある時は熱く ある時は繊細な輝きを帯びる美しい目。ドラマでヒットしたのも納得。

豪華なおまけのように,イ・ビョンホンが出てきたのが嬉しかった。友情出演のようにちょこっとだが,すごい存在感とオーラはさすが。アクションシーンもちょっとあったし,ビョン様,楽しんで演じているみたいだった。深みのある彼の声が大好きなので電話で彼の声が聞けてよかったな。

劇場からの帰り道,いつのまにか背筋をしゃきっと伸ばしている自分に気づいた。初心にかえって,全力で仕事しようっと。・・・明日からね。

 

« コーラス | トップページ | ブロークバックマウンテン(8) »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは。

そうですか、ドラマ観てなくても楽しめましたか♪
良かったですね(^^)/

芝山さんや他のメンバーのコネタなど、
結構クスッと笑える所が多々あるので
いつか機会があったらドラマとスペシャル(週末再放送されるみたい)見てみてねo(*^▽^*)o

TB&コメントありがとうございます!

≫初心にかえって,全力で仕事しようっと。

うん。
私ね、映画やドラマを観るたびに、襟を正さないと!って思うのに・・
やっぱり途中でヘコタレるんです。
自分が腐ってるなあ・・くすんでるなあ・・と思うと、
いつも『ロンバケ』の南を観て「頑張るぞ!いい女になるぞ!」って
奮起したりする(笑)。

久利生くんみたいに、常にまっすぐな信念をもって頑張らないと!!
って・・・この作品を観ながらに私も思いました。

みんながみんな彼のようにHEROにはなれなくて。
だけど、だからこそ。
彼のように自分のスタンスを貫けるキャラクターが
多くの人の励みになるんだよなあってつくづく思いました。

素直に面白く、満足な1作だったと思います♪

オリーブリーさん こんばんわ
そうですね。たしかにテーマはがっつり伝わってきて
久利生検事の魅力も堪能できたけど,
ドラマを観ていたら,他のキャラクターの小ネタがよくわかって
笑いのツボが増えたでしょうね。また観てみたいです。
でも,このドラマ,登場人物の魅力もさることながら,
毎回扱う事件は変わるだろうし,久利生くんと雨宮嬢のロマンスの行方(あ、そっちのスリルはもう終わったのね)も気になることだし,視聴率が高くなるのも無理はないですね。

睦月さん こんばんわ
拓哉くんのキャラクターはいつも
前向きな元気をくれるものが多くて,それは彼の持ち味なんでしょうけど
後味がとてもいいです。爽やかな清涼剤を飲んだみたい。
でも,この久利生公平くんは,格別に気に入りました。

世慣れてくると,妥協しちゃう術を身につけちゃうんですよねー。
信念とか,純粋さとか,諦めない心とか,いくつになっても
持ち続けることができる人っていますよね。
久利生くんは,きっとそうなんだろうなあって思いました。
蒲生弁護士も,そのことで心を打たれたみたいでしたね。

「ロンバケ」の南を演じた山口さん,いくつになっても若々しいですね。
拓哉くんと彼女のカップルが,とても好きでした。

ななさん、こんばんは♪
TBありがとうございました!
映画を見に来る人はたいていドラマのファンかと思っていたのですが、ななさんはドラマ未見でも楽しまれたとの事、それは映画の完成度の高さを物語ってますね。
城西支部のメンバーはすごく息が合っていたでしょう?
ぜひぜひチャンスがあったら再放送でもドラマを見ていただきたいな~。
あのマスターも毎回いい味出していますので。

ミチさん,TBとコメントありがとうございました。
>城西支部のメンバーはすごく息が合っていたでしょう?
ほんとに,あんな職場だったら,どんなに忙しくてもがんばれそうで
羨ましい。すごい二枚目なのに,しょぼくれキャラの芝山さんとか,可愛いですね。
>あのマスターも毎回いい味出していますので。
田中要次さん,日本の俳優さんに疎すぎる私は,初めて見るお方で,
「日本人?東南アジア人?南米系?」と首をひねりながら観ましたよ。
どんな時も「あるよ」って,名言ですね。
ドラマも観て,チームHEROの他の活躍ぶりも,楽しみたいですね。

トラ・コメどうもです。
ひらりんは6年前のシリーズものは見てたけど、2006年のスペシャル版は見てなかったので、
中井貴一のあたりが、ちょっと意味不明でしたね。
やはり、予習しておくといっそう楽しめた作品でした。

ひらりんさん こちらこそTBとコメントありがとうございます。
中井貴一の部分は,私もドラマ未見なのでわからなかったですね。
何となく雰囲気で察することはできたけれど。
花岡が登場するから,どうしても彼も出さなきゃいけなかったのでしょうか。中井貴一本人は,とても存在感はありましたけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/7969891

この記事へのトラックバック一覧です: HERO:

» 【劇場映画】 HERO [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 東京地検・城西支部の検事、久利生公平は、同僚の芝山が起訴した事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。担当弁護士は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護士、蒲生一臣。豪腕弁護士として名を轟かしている蒲生は、様々な戦術で久利生を追い込んだ。東京地検特捜部の黛検事が、有益な情報をもたらすが、あくまで自分の力で事件を解決しようとする久利生は、事務官の雨宮と奔走する。(goo映画より) キムタクは好きじゃないけど、TVドラマの「HERO」は脇も... [続きを読む]

» 『HERO』 [ラムの大通り]
----これって記録的な視聴率を獲得した あのテレビ番組の映画ヴァージョンなんでしょ? 「そうだね。 ぼくはテレビシリーズとは縁がなかったけど、 この映画を観れば人気の秘密も分かるな。 間違いなくこれは大ヒットするだろうね」 ----あらあら、また予言ニャんかしちゃって。 そんなによくできているの? 「いや、これはそれ以前の話。 キャラクター設定と主演の役者で決まり。 主人公は高校中退で大学検定を受けて司法試験に合格。 最終学歴は中卒、“スーツを着ない”異色検事。 そりゃあ、カッコいいわね----。... [続きを読む]

» HERO [心のままに映画の風景]
東京地検・城西支部の検事、久利生公平(木村拓也)は、同僚の芝山貢(阿部寛)が起訴した事件の裁判を任される。 容疑者が既に犯行を認めていたが、初公判でいきなり無実を主張し始めた。 担当は、刑事事件無罪獲得日本一の弁護... [続きを読む]

» 映画 【HERO】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「HERO」 2001年にフジテレビ系列で放送された大ヒットドラマ「HERO」の劇場版。 TVシリーズ&昨年放送のスペシャル版を踏まえた展開になっています。 “人気ドラマ→映画化”は最近ではお馴染みの流れ。ただ、映画になると急に話が大きくなったり、海外ロケが入ったりして、ちょっと大味になってしまうのはどの映画化でも同じで、そこが痛し痒しな部分。 でも、このシリーズはキャラクターが好きなので、スクリーンで彼らに再び会えたのはとても嬉しかったです。 主人公の検事・久利生公平(木村拓哉)は... [続きを読む]

» 『HERO』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「HERO」□監督 鈴木雅之 □脚本 福田靖 □キャスト 木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、角野卓造、児玉清、松本幸四郎、森田一義、イ・ビョンホン、岸部一徳、中井貴一、綾瀬はるか、香川照之 ■鑑賞日 9月8日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5)<感想> 109CINEMAS川崎のエントランスがものすごく混んでいて、何か盆と正月が一緒に来たような混雑だった おそらく満席状態で観たこと... [続きを読む]

» HERO [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  『チーム・HERO』、ここにあり!   [続きを読む]

» ★「HERO」 [ひらりん的映画ブログ]
テレビシリーズでは毎週30%以上の視聴率を獲得してたらしい。 ひらりんも、ちょろちょろ月9ドラマは見てたので、キャストはばっちり。 という事で、混んでるだろうなーー・・・とは思いつつ、初日のナイトショウで鑑賞。... [続きを読む]

» 映画:HERO [駒吉の日記]
HERO(TOHOシネマズ六本木ヒルズ 2007/10/03) 「わたしたちはキムチが大好きです」 レディースデイ、「パーフェクト・ストレンジャー」か「キャンディ」かと悩みましたが週中でお疲れ気味だったんでアタマ使わないのにしようと本作にしました。公開されて一ヶ月もたつ... [続きを読む]

« コーラス | トップページ | ブロークバックマウンテン(8) »