最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ブエノスアイレス | トップページ | ブロークバックマウンテン(5) »

2007年8月23日 (木)

ブラッド・ダイヤモンド

E38396e383a9e38383e38389e38380e38_3
また一つ,アフリカ大陸の底知れぬ暗黒面と,人間の醜さを見せつけられた作品。ホテル・ルワンダナイロビの蜂記事はこちら)を観た後に感じたのと同じやり場のない怒りと,己の無力感に打ちのめされる。
ほんとうに,こんなことが,
今現在も起こっているのだろうか?

シエラレオネの内戦は,そこに住んでいた人々の生活を根こそぎ破壊し,過酷きわまりない強制労働へと駆り立てる。武器を調達する資金としてダイヤモンドを採掘するために。

親元からさらわれ,洗脳されて,兵士へと教育される子供たち。かけがえのない家族の絆,人間としての尊厳や,自由。それらの大切なものが容赦なく奪われて,心さえも凍りつかせていく現実に戦慄した。

紛争ダイヤモンドと呼ばれるものの,ここまで血塗られた背景を,「知らなかった」ではすまされない。そしていったん知ったならば,決して忘れることができないほどの,重すぎる現実を,この映画は私たちにつきつけてくる。

070507bd3_3
人の命がこんなにも
軽々しく扱われていいはずがない

観ている間じゅう,心の中で叫んでいた。

ディカプリオが演じた密売人のダニーは血も涙もない,野獣のような男。自分が生き残るためなら,そして目的のものを手に入れるためならどんな手段も辞さない,徹底したエゴイスト。スクリーンに登場した時から,彼の眼の奥に宿る氷のように冷酷で,稲妻のようにひらめく凶暴な光に,しばし我が眼を疑った。こんなディカプリオ,見たことない・・・。圧倒される。彼が演じたダニーは,まさしくそれまでは「悪人」だった。しかし・・・。

物語がピンクダイヤを巡って怒濤のように動き出した時から,彼の心の奥で,次第に何かが変わってゆく。彼に影響を与えたのはジャーナリストのマディーと息子を取り戻す闘いに挑む,父親ソロモンだった。

最初は二人を利用して,ダイヤを横取りすることしか念頭になかったダニー。過酷な生い立ちゆえに,とうに失っていた人間らしい心。しかし,彼らの真摯で勇気ある行動や考え方に触れるうちに,ダニーの顔には,時に傷ついた子供のような表情が浮かぶようになる。「善人かどうかは,その人のした行動で決まる」たどりついた孤児たちの学校の校長先生の言った言葉。

物語が佳境に入り,ダイヤを追うものと追われるものとの攻防戦が白熱してくると,ダニーの鋭い眼には,突如として気弱そうな色が浮かんだかと思うと,次の瞬間には再び凶暴な光に逆戻りしたりして,彼の心の中では,善と悪が激しく葛藤しているかのようだった。

そして,最後にダニーは,自らを犠牲にしてソロモン親子を助け,善人として」生を終える道を選び取る。敵に囲まれた山頂で,雄大なアフリカの景色を眼にしながら,死を前にしてマディーに電話するダニーの表情は,これまで見たことがないほど,清々しく,満ち足りていたように思えた。

目を覆いたくなるような現実の世界の中で,それでも人間の愛や勇気や良心は,人の心を動かし,たとえわずかでも,光を見いだす力となれるのだ。

この映画をみてよかったと,つくづく思う。これは単なるエンタメ作品じゃない。知られざるアフリカ大陸の惨状を世界に発信すると同時に,そんな中でも全力を振り絞り,なおも人間らしく生きようと闘っている人々の,魂の叫びをも感じさせてくれた作品である。

ディカプリオもまた,単なるアイドル俳優じゃない。
アカデミー賞候補も納得の見事な演技だった。

 

 

 

« ブエノスアイレス | トップページ | ブロークバックマウンテン(5) »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

ななさま、こんにちは。拙記事にTBありがとうございました。
お返しをしたいのですが、何度トライしてもこちらからのTBが反映されないようです。
FC2はリニューアルがあり、その影響かも?しれません、ごめんなさい!

この映画、レオ&ジャイモンの熱演が心に残る映画でした。
のほほんと劇場の椅子に座る自分が申し訳ないような気分になったことをよく憶えています。
アフリカの現状を告発するような内容の映画が増えていますね。少しでも状況が改善されることを望みます。
ではでは、またお伺いします!

真紅さま コメントありがとうございます。
レオとジャイモン,本当によかったですね。
ジャイモンが,息子の心を取り戻すシーンは胸が熱くなりました。
>のほほんと劇場の椅子に座る自分が申し訳ないような気分に~
まさにその通りでした。語られていることが100%真実とは限らないけど,全く知らないではすまされない問題ですよね。
ダイヤの非買運動が,問題の解決の決め手になるほど甘くはないと思いますが,無関心ではいたくないです。
そろそろBBMも(5)を書き始めています。またのぞきに来てくださいね。

ブラッド・ダイヤモンドのディカプリオは、いい感じでしたね。
この映画を観てからは、新聞の国際面のアフリカ関係の記事を
注視するようになりました。
パレスチナ問題と比較すると、その扱いの小ささに驚かされます。
聞いたこともない国で、何百人という規模の虐殺が行われてますものね。
そんな大事件でも、ほんの数行(写真無し)で、かたづけられているのです。
日本のマスコミが伝えない国際問題を映画で知る・・・です。
私はダイヤモンドを買いません!!

マーちゃんへ
パレスチナ問題は民族同士の歴史的な確執があるけど,アフリカ問題って,先進国が虐げている気がする・・・。「ナイロビの蜂」は,新薬開発のための人体実験にアフリカの人々を利用した話だし,「ホテル・ルワンダ」は内戦の話だけど,国連は見殺しにするでしょ?
その昔は奴隷として拉致して売買したりして・・・。ひどすぎますよね。
最近,アフリカ問題を扱った映画が増えてきましたが,映画は情報を発信する格好の手段であり,使い方をまちがうと恐ろしくもあるけれど,真実を伝えるにはすごい効果があるなあと感じました。

こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。

この作品が上映された前後は、アフリカを題材にした非常に優れた作品が多く輩出されていました。
ななさんも書かれているように『ホテル・ルワンダ』、『ナイロビの蜂』などなど・・・それらを観るたびにアフリカの現状と抱える問題の深さと複雑さに言葉を失ったものです。

そういった社会派的な要素をしっかり受け手に突きつけながら、エンターテインメントとしての迫力も兼ね備え、人間ドラマにもメッセージ性が含まれていたこの作品は、実に素晴らしい1作だったと思います。

おっしゃるように・・・レオ様、アカデミー賞ノミネートも納得の素晴らしい演技と存在感を見せてくれましたね。

睦月さん コメントありがとうございました。

おっしゃるとおり,社会的なメッセージ性と,エンタティーメント,そして人間ドラマが,どれも過不足泣く盛り込まれた,心に響く作品だったとおもいます。私は劇場で映画を観る機会が少ないのですが,これは劇場で観れてラッキーでした。

アフリカの問題を扱ったこのような作品,今後も注目していきたいです。
自分に何ができるのかはわからないけれど,まず知ることから始めたいですね。
誠意と信念を持ってこの題材を映画化してくださる監督さんが増えることを願っています。

レオ様,タイタニックの頃の美青年から素敵な脱皮をとげましたね。
今後も年齢を重ねるに従って,その才能をますます輝かせてほしいです。ではでは。

こんばんは。
ちょっと過剰な演出はあったような気もしないでもないですが;間違いなく心に響く作品でありました。
特に後半部分はロードムービー的で気に入っています。アフリカの美しい自然と心の奥底から揺るがすような音楽達に惹かれました。
勿論俳優陣の演技も素晴らしかったですよね。

シャーロットさん こんばんわ
コメント,TBをありがとうございました。

>ちょっと過剰な演出はあったような気もしないでもないですが;間違いなく心に響く作品でありました。
確かに,エンタメ性も持たせている作品なので,大袈裟に脚色した部分もあったのかもしれませんが,明るみにだしてくれた事実のほんの一部分だけでも,十分衝撃的でした。

後半部分の,レオとジャイモンの道行き,というか,反目や疑心を繰り返しながらも,次第に心がつながっていく過程がよかったですね。

アフリカの大自然,圧倒されました。音楽も,DVDになったらもう一度じっくりと味わいながら聴いてみたいです。

ななさん、こんばんは!
私のところに遊びに来て下さりありがとうございました。

この映画にはとても衝撃を受けました。
アフリカで起こっているであろう事の実態を、私たちに強烈に訴えてくれましたね。
私も『ホテル・ルアンダ』や『ナイロビの蜂』を観ましたが、アフリカを題材にした映画を観るにつけ、打ちのめされた気持でいっぱいになります。

もうすぐDVDが発売されますので、是非手元に置きたいと思っています。

由香さん こんばんわ
遅くに訪問ありがとうございます。
ブラッド・ダイヤモンドのDVDの発売,待ち遠しいですね。
特典映像に,紛争ダイヤモンドのことなど,もっと詳しく入っていると嬉しいですね。
アフリカ問題は,次々と映画化されていますが,その惨状が「底なし」というか,私たちの想像をいつもはるかに超えているので,絶句させられますね。絶句だけで終わらずになにかしなくちゃといつも思うのですが。
ディカプリオが,よかったです。


こんにちは~。血液型の話では、混乱させてすいませんでした(汗)。

ようやくお邪魔できます。ここのところ学期末疲れでダウンしてました。昨日は、昼も夜も寝てたんですよー。

ななさんのように、アーチャーの中に善と悪の相克を見るほうが、ドラマティックだし、多分正解なんだと思うのですが、私はなんだか、最初から、彼の心の傷の方を見てしまったので、酷薄な表情をしても悪人と思わなかったし、あまりその善と悪のドラマを感じなかったんです。

だからといって、レオ様の演技が胸に響かなかったわけではなく、この作品のレオ様はいいと思います。
いつまでも「様」をつけてるのもアイドル扱いしているようで、なんなんですが、呼びつけにするほどの間柄でもないし(?)。いや、ここはレオと呼ぶのがいいのかなー。でも気恥ずかしい...。←なんだかなぁ

久しぶりに、TBしたり語ったりできて、楽しかったです。また何か書いてお邪魔しますね。
ではまた。

ゆきちさん こんばんは
ほんとに久々にTBが成功して嬉しいです!これからもちょくちょく成功してほしいですよね,がんばれココログ!punch

そうそう,やっと学期末・・・別の意味で私も超多忙でしたが
ひとまずヤレヤレ・・・です。もっとも懇談とかで今日まで出勤でしたが。
皆さん,この暑さで死にそうですよね~~もうイヤって感じですよ。
さて,この映画,結局DVDになってからレンタルしてないので(おいおい)記憶が細かい点は薄れているのですが
今まで観たレオ(どちらかというと爽やかキャラ?)とは別人のようなワイルドで酷薄な雰囲気や表情に圧倒され,その彼が徐々に人間性を回復していく様子にとても心を打たれたのを覚えています。ラストでは目頭が熱くなりました。
レオは,タイタニックの頃の貴公子のような印象がいまだにあって,どうしてもレオ様と呼びたくなります・・・・。
もうとっくにアイドル卒業で,中堅どころの実力派俳優として地位を確立してる(・・・と思う)彼なんですけどね。

ななさん、こんばんはー!
すんごい今更ですが、見るのを忘れていて、今頃になって見ました☆
凄く良かったです!!
こういったアフリカ舞台にした「知らなかったよ、こんな事が・・・」系の映画の中で、もっともコレが私は好きです・・
ワイルドなディカプリオ、がんばってましたね。

ななさんが記事で太字で書いていらっしゃる、村の先生の言葉が私もずーんと来ました。あの先生が撃たれた時は、どうしようっ!!と絶望しそうになりましたが、助かって良かった・・・。

latifaさん こんばんは
これ,ご覧になってなかったんですね~
私は劇場まで観に行って,満足して帰りました!
この作品のほかにも,「知られざるアフリカ」を告発するような内容の映画が
たくさん製作された頃ですよね。
>ワイルドなディカプリオ、がんばってましたね。
そうですね~,「ディパーテッド」のレオより
こっちのレオの方がずっと好きでした!
「ワールドオブ」でも思いましたが,骨太な役者になりましたよね。
あの村の小学校の校長先生の言葉は,劇中もっとも重みがありましたね。
シンプルですが,人生の真理をついてるし
自分を振り返らずにはいられないような言葉ですよね。

はじめまして~(^^)
私は、ダイヤモンドの非買運動を促進してる者です。
ななさんの、映画「ブラッドダイアモンド」の紹介ページに、
ダイアモンドの商業用サイトへのリンクがたくさんあるのが気になりました。
もしかしたらスポンサーの関係で、どうしようもないのかな~とも思うのですが、非買運動をしてる身として、できれば変えて欲しいな~と思っています(*^_^*)

ポニーさん こんにちは。
ココログの無料のブログの場合、管理人の意向に関係なく
必ず記事の後ろに広告が載ります。
広告の種類のチョイスは私たち管理人はできません。
たとえば猫関係の記事を書けばペット用品の広告が載るし,
サスペンス映画の記事を書けば
セキュリティ関係の広告が載ったりします。
この場合も記事の題名から自動的にダイヤモンド関係の広告が載ったのでしょう。
ダイヤモンドの広告を載せるのは本意ではありませんが
われわれ一管理人としては外しようがないので,ご了承くださいね。

ななさん

お返事をありがとうございます!

ブログ広告の件、多分そうだろうなぁと思ってました。
無視されてもそれまでなのに、丁寧にお返事いただいてとっても嬉しかったです。

私も映画好きですが、ななさんの鑑賞量はすごいですね!
私は、ヴィンセント・ギャロとタランティーノのファンなんです。
ななさんもお好きですか。
ななさんのブログの見方がまだよくわかってないので、
またいろいろと拝見させていただきますね。

ポニーさん またまたありがとうございます。

ココログも,有料のグレードの高いのを申し込めば,広告は無いのですが
やっぱり「タダ」の魅力には勝てませんでした~。
時々「やめてよ,こんな広告」と思うのも載っちゃってますが
スポンサーだから仕方ないですね。
アフリカのダイヤモンド問題についての記事なのに広告がダイヤモンド販売ってのもシャレにはなりません・・・

>私は、ヴィンセント・ギャロとタランティーノのファンなんです。
ギャロの方は作品を観たことがないのですが
タランティーノは「キル・ビル」とか好きですよ。
しかし,ギャロとタラちゃんって・・・・通好みですね,なかなか。

また気に入った作品がありましたらいつでも遊びにお越しくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/7626688

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・ダイヤモンド:

» ブラッド・ダイヤモンド [シャーロットの涙]
ダイヤの輝きの裏に秘められた真実と、何ものにも代え難い自由と絆・・・ [続きを読む]

» ブラッド・ダイヤモンド(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】 ★★★★★ 血塗られたその輝きが明かすもの  [続きを読む]

» ブラッド・ダイヤモンド [悠雅的生活]
一粒のダイヤモンドが、男たちの運命を変える。 [続きを読む]

» 映画「ブラッド・ダイヤモンド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで20g、ダイ... [続きを読む]

» This is Africa〜『ブラッド・ダイヤモンド』 [真紅のthinkingdays]
 1999年、アフリカ・シエラレオネでは、ダイヤの採掘権を巡り内戦が続いていた。 RUF(反政府軍・統一革命戦線)によって息子を奪われたソロモン(ジャイモン・フン スー)は、強制労働させられたダイヤ採掘場で、大粒のピ... [続きを読む]

» ブラッド・ダイヤモンド [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レオナルド・ディカプリオが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたこの映画。公開日が待ち遠しかったよぉ〜【story】ダイヤモンドの価値は『4つのC』で決まると言われている―『color・色』『cut・カット』『clarity・透明度』『carat・カラット』しかし、実は5つめのC『conflict・争い』が存在する。。。狂気と混乱が支配する内戦下のアフリカを舞台に、巨大なピンク・ダイヤモンドを巡って3人の男女の運命が交錯する―ダイヤの密売人ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、現在か... [続きを読む]

» ブラッド・ダイアモンド [心のままに映画の風景]
内戦が続くアフリカ。 漁師のソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)は、村を襲撃してきた“RUF”によってダイヤモンド採掘場へと連れていかれる。 離れてしまった家族を思いながら、ダイヤモンドを採掘する日... [続きを読む]

» 映画DVD「ブラッド・ダイヤモンド」 [時評親爺]
今日はネタ切れなので、久しぶりに映画DVDのエントリでお茶を濁す親爺である(笑)。このところ映画もちょくちょく観ていたのだが、どうも琴線に触れるブツがなかった。その意味では損失が多かったと言えなくもない。最近では、そりゃぁちと先が読めすぎだべ?的『幸せのちから』(コロンビア映画:ウィル・スミス主演)とか、主人公が別人すぎるほど変わりすぎだべ?的な『ゴースト・ライダー』(コロンビア映画:ニコラス・ケイジ主演)とか・・・(謎)。 で昨日観たブツが『ブラッド・ダイヤモンド』(ワーナー:レオナルド・デ... [続きを読む]

» ブラッド・ダイヤモンド [BLACK&WHITE]
【BLOOD DIAMOND】2006年/アメリカ 監督:エドワード・ズウィック  出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン アフリカの... [続きを読む]

» ブラッド・ダイヤモンド [ゆきちママの素直なキモチ]
ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)(2007/09/07)レオナルド・ディカプリオ, ジャイモン・フンスー, ジェニファー・コネリー→Amazonで詳細を見る... [続きを読む]

» ブラッド・ダイヤモンド [映画大好きだった^^まとめ]
1 : 名無シネマ@上映中 : 2007/05/17(木) 14:45:18 ID:2kVbCsuVダイヤの価値を決める”4つのC”色(color) カット(cut) 透明度(clarity) カラット(carat)しかし、実は5つめのCが存在することをあなたは知る ... [続きを読む]

« ブエノスアイレス | トップページ | ブロークバックマウンテン(5) »