MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ブロークバックマウンテン(2) | トップページ | ゾディアック »

2007年8月15日 (水)

バベル

Img4_1177372795_3_4
始まってすぐ,先の全く読めない展開に,息を詰めて画面を見続けた。ラストまでずっと。物語は,モロッコ,メキシコ,日本と,交互に切り替わる。その中で,登場する人物たちが,皆,それぞれに,問題や悲しみを抱えていて,「今に何か悪いことがおこる」という予感がして目が離せない。

旧約聖書に登場するバベルの塔は,もともと人間たちが「神よりも偉いことの証明として」天にも届けとばかりに,作り始めたものだ。しかし,神は人間の傲慢さを懲らしめるために,彼らの言葉を混乱させ,作業中止に追い込んだ。互いにコミュニケーションが取れなくなった人間たちは,世界の各地に散っていった。つまり,バベルという言葉の持つ意味は,「意思の疎通」の他にも「人間の傲慢さ」や「愚かさ」もあるのだと思う。

銃の腕比べから意地をはり,バスを狙撃するという暴挙に出てしまったモロッコの兄弟。息子の婚礼に出席したいばかりに,預かっていた子供を異国まで連れていったアメリア。彼らは悪人ではなく,ごくふつうの善良な人たちに違いないのに,ほんのちょっとした愚かさが,兄の死や,祖国への強制送還という,悲惨な結果を招くことになる。
40f4aeeb_2
意思の疎通というのも,時には人を痛めつける凶器になる。アメリカ人の妻を演じたケイト と,夫を演じたブラピに襲いかかった災難は,言葉も通じない異国での出来事だったゆえ,何十倍も耐え難く感じられたに違いない。日本での物語に登場した,聴覚障害を持つチエコの悲しみは,母を喪ってから,孤独を誰にも伝えることができなかったからだろう。

三つの物語のつながりには,多少無理も感じたけれど,人間の弱さや,愚かさが哀しいくらい深く描かれていたように感じた。そして,それだからこそ,人は互いに心を通わさなければいけないというメッセージをも感じた。たとえ同じ言葉が使えなくても,心が通じ合うこともある。そして,伝え続ける努力をしなければ,何も始まらないのだろう。
002_2
最後にひとこと。日本の描写,特に聴覚障害をもった若者たちの描写は,やはり行き過ぎに感じた。それだけが,残念。

« ブロークバックマウンテン(2) | トップページ | ゾディアック »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こちらにも^^
私も日本のパートだけが、ちょっと残念でした。

ななさんは、ブロークバックマウンテンが、格別に思い入れが
ある映画の様ですね☆ 
このバベルと、ブロークバック・・とは、両方とも同じ方が、
音楽担当されていて、私のお気に入りなんです♪

また、今後もおじゃまさせて下さいね☆

latifaさん こちらにもコメントとTBをありがとうございます。
そうそう,音楽はグスターホ・サンタオラヤですね!私も,劇場で観ている間,なぜかデジャヴのような懐かしいものを感じていたのですが,パンフで,音楽が彼だったことを知り,納得!です。21グラムといい,彼の音楽からは独特の,無常観のようなものを感じます。

菊池さんの演技は,高く評価されてよいと思いますが,私は障害のある方に接する仕事をしているので,日本の聴覚障害のある若者たちは,決してあんな風に,繁華街でたむろしたりはしてないと思って観てしまいました。

おっしゃる通り、人は互いに心を通わせなくては行けない・・・ってことが全編を通じて描かれましたね。
でも、そういう題材を扱った映画って多々あるし
さほど目新しさを感じませんでしたよね(^^ゞ
手法はまぁ新しい(?)といえば新しかったと思いましたが。

一番すんなり入ってきたのはモロッコの少年たちと、モロッコの人たちだったでしょうか。
日本のお話は、ありえないんじゃ・・・と思うことが多かったです(^^;;)

TBさせていただきましたm(_ _)m

メルさん ご覧になりましたか。
この作品は賛否両論で,ヤフーなどのレビューも酷評が多かったような気がします。私は,映画としてはよく工夫をして作られていると思いましたし,訴える内容はいいのだけど,ストーリー(特に日本)が共感できないところもあって,実はそんなに好きな作品ではありません。
>日本のお話は、ありえないんじゃ・・・と思うことが多かったです(^^;;)
そうそう,ありえませんよね。モロッコも,私たち外国人が見たら,「ああ,そーなのね」って観れるシーンも,モロッコの方が観たら,「ありえん」とおっしゃるかも。外国を舞台に撮るのはよほど神経を使わないと。時代考証の間違いくらいなら大目に見てもらえても,モラルや習慣などは,間違えると失礼になりますよね。

TBありがとう。
「不運」というのは、ちょっとした足元に罠を仕掛けて待っているものなんですね。誰も、避けることは出来ないかもしれません。「幸運」もまた、同じようなものかもしれませんが。

kimionさん
頑張って生きていっても,落とし穴にはまることもあるんだと
少しやりきれない気持ちにもなる物語です。
結局人生は,目に見えない摂理に操られているものかもしれませんね。ああ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/7539308

この記事へのトラックバック一覧です: バベル:

» 厳かで壮大な物語〜『バベル』 [真紅のthinkingdays]
 BABEL  *内容に触れています*  予告編が終わり、暗闇と静寂が戻ったスクリーンから風の音が聴こえてくる。 「あ!『ブロークバック・マウンテン』だ・・」 その次に聴こえるのはアコギの音では なく、乾... [続きを読む]

» バベル(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 壁を越え、繋げよ・・・その心  [続きを読む]

» 「バベル BABEL」感想と、あらすじ、音楽他  [ポコアポコヤ 映画倉庫]
今年一発目は、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バベル」を。 一言で言えば、「クラッシュ」のお金かけた世界版という感じです。そういえば、クラッシュの鍵屋の人(ワールドトレードセンターにも出てる... [続きを読む]

» バベル [★mugimugiのアンテナ★]
さくらが修学旅行なので、梅吉と二人で「バベル」を観に行きました。「伝えたいこと [続きを読む]

» 「バベル」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
バベル スタンダードエディションギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 夫婦の絆を取り戻すため旅をしていたアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン (ケイト・ブランシェット)。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を 打ちぬく。医師のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。英語が通じない村の住人 たちや対応が遅いアメリカ政府に苛立ちをあらわにするリチャード・・。同じ頃、東京に住む 聴覚に障害をもった女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされない毎日に... [続きを読む]

» mini review 07074「バベル」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、完成度の高い物語を作り上げた。名だたる実力派俳優たちが名演を見せる中、孤独な少女を演じ、海外のさまざまな賞に名前を連ねる菊地凛子の存在感のある演技に、目がくぎ付けになる。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) ... [続きを読む]

« ブロークバックマウンテン(2) | トップページ | ゾディアック »