2019年7月18日 (木)

ル・ヴェルジュで夏ディナー

Img_20190712_211349
父の誕生祝いディナーを、フレンチレストラン「ル・ヴェルジュ」さんでいただきました。これも毎年恒例の我が家の行事です。父の誕生日が7月なので、ル・ヴェルジュさんでは毎年、地元の夏の旬の食材を使った素敵なお料理を出してくださいます。トップの画像は前菜のひとつで、徳島が特産のハモのブランシール。色合いもとってもきれいですね~~~~。💓
Dsc_0037
こちらも前菜のひとつで、フォアグラと桃です。桃の甘酸っぱさがよく効いて、フォアグラとの相性が抜群でした。
789
こちらも前菜です。ワタリガニのアボガドソース。クリーミーでこれも絶品。実はこのル・ヴェルジュさんのコース料理でひそかに一番楽しみにしているのがこれらの前菜なのです。一度として同じものが出てこないし、食材とソースのハーモニーが素晴らしいのです。お野菜や果物の風味を生かしたソースが何時も絶品です。
Dsc_0038
お魚料理は甘鯛のポワレ、アサリのソース。こちらはフレンチというよりイタリアンっぽい美味しさでした。甘鯛の皮がパリッパリで感動。
Img_20190712_212021
メインは佐賀牛のステーキです。付け合わせのシシトウとジャガイモも旬の味で、美味しかったです。
Img_20190712_211246
最後のデザートも楽しみのひとつ。こちらはシェフの奥様担当です。グラスに入った梅のジュレ?が爽やかでとってもおいしかったです。ル・ヴェルジュさん、今回もまた贅沢で幸せなひと時をありがとうございました。

| | コメント (1)

2019年6月30日 (日)

サタデーナイト餃子

Img_7561
最近、土曜の夜は手作りの餃子の日です。焼き方を究めたくて毎週練習してるという理由もありますが、餃子は焼くときだけ火を使うので室温を上げたくない暑い夏にはぴったりですね。材料は豚ひき肉、お肉と同量のキャベツ、それにキャベツの半分ほどの量のニラです。それにお醤油、中華だしの素、ごま油、塩、溶き卵、おろしにんにくを加えて良く練り混ぜます。
Img_7389
餃子の皮は大判を使いました。クーラーの効いた台所でTVを観ながらのんびりと包んでいきます。今回は60個包みました。(*^-^*)
Img_7388
半分はすぐに焼きましたがのこりは冷凍。次回に焼いたり、人に差し上げたり。
Img_7403
さて、いよいよこれからが本番。フライパンを加熱してから餃子を並べるやり方もありますが、私は冷たいフライパンに油をひき、加熱前に餃子を並べました。餃子の皮で油をフライパンになじませるようにするといいです。円形に並べたら火をつけ、熱湯を注いで蓋をし、一気に蒸します。熱湯の量は、今回は生餃子なので120㏄くらい。冷凍の場合は150㏄を目安にします。
Img_7404
フライパンの水気が残り少なくなってきたら、香りづけのごま油をまわしかけ、パリッと焼き付けます。焼き色が綺麗についたら、フライパンから餃子がちゃんときれいに離れるかどうかゆすって確認して火を止めます。そのあと、フライパンより小さいサイズのお皿を餃子にかぶせて一気にひっくり返してお皿に餃子を移します。
Img_7409
出来上がりました~~~~~~。やはり手作りの餃子はジューシーで中身がたっぷり詰まっていて大満足でしたよ。

| | コメント (4)

2019年6月 7日 (金)

初夏の庭

Img_20190602_125142
紫陽花が咲き始めました。まだ本格的な梅雨ではありませんが。花菖蒲、桔梗も鮮やかです。
Img_7047
Img_20190607_182124_1

紫陽花を花籠のように活けてみました。ギボウシの葉とシモツケのピンクの花をあしらって。
Img_7107
Img_7084



| | コメント (6)

«THE GUILTY ギルティ