2020年1月 5日 (日)

今年のお正月料理

Img_9179
お正月料理の準備は12月30日の夕方から始まります。

我が家ではおせちは大晦日の31日の夜からいただくので、31日の夕方にはすべて作り終えます。31日は朝からお煮しめの煮炊きをスタートさせるので、その下準備を30日のうちにやってしまいます。数の子の塩抜き等も。出来上がったおせちは3軒のお宅におすそ分けするので大量になります。
Img_9182
一般的なおせちメニューとは少し違います。家族が好きでないので、海老と伊達巻と田作りと栗きんとんは入れません。その代わりにこれも家族のリクエストで唐揚げが入ります。その他は、お煮しめ、なます、レンコンのきんぴら、牛肉巻き、だし巻き卵、数の子、黒豆、菜の花とかにかまの和え物、春菊のお浸し、ぶりの照り焼き、かまぼこです。買ったものとは違い、手作りは自分の好きなものだけ詰めれるのでいいですね~。
Dsc_0148
数の子は毎年石狩湾産のものをとりよせます。お煮しめの出汁の昆布も、利尻と羅臼を使います。鰹節を加えて丁寧に出汁をひき、それにさらに干し椎茸(どんこ)の戻し汁を加えたものを大鍋いっぱいに作り、煮しめや蕎麦つゆに使います。
Dsc_0164
31日の午後、おせちが出来上がったころに、親戚から手打ちそばとつきたてのお餅が届きます。お重に詰めたおせちとの交換です。お蕎麦はつなぎを入れない切れ切れの状態ですが、蕎麦の素朴な香りが強くて美味しい。大晦日のディナーはこの年越しそばと出来立てのおせち。このメニューは基本は3が日共通です。
Dsc_0159
元旦の朝にはみそ仕立てのお雑煮。昨日いただいたお餅をストーブで焼いて。
毎日のおせちに飽きると、年末に知人から送られてくる鳴門産の生ガキを蒸したものが食卓に登場します。もちろんスダチを添えて。
Dsc_0170
3が日が過ぎると、まだ残っているおせちのお煮しめは精進揚げに変身します。味がよくついているので天つゆなしで食べられる美味しさ。
Dsc_0150
今年のお正月もこんな感じで終わりました。明日からはやっと普通のメニューになります。カレーとか、食べたいかな。

 

2020年1月 1日 (水)

2019年 マイベストシネマ

Dsc_0135
00000352
本年もよろしくお願いいたします。

2019年は劇場に行く時間も精神的な余裕もなく、おまけに近所のツタヤは閉店の憂き目にあって、レンタルビデオも観れない時期がありました。幸い、現在はAmazon primeを契約したので遅ればせながらなんとか公開作も観れるものが出てきました。そんなわたしの2019年度のベストテン映画を紹介します。感想を書いてないものも多数ですし、今後感想を書くつもりのものもありますが・・・。1位は観た直後に「今年の一位はこれできまり!」と確信したジョーカー。ホアキン・フェニックスの圧倒的な怪演に心を鷲掴みにされノックアウトされた見事な問題作でございました。2位は、地味ながら強烈な印象を与えたギルティ。まるで密室劇。主人公の電話の会話と表情だけで緊迫したストーリーを展開するという離れ業に舌を巻きました。3位は社会的な作品でもあるグリーン・ブック。ヴィゴ・モーテンセンの名演技とともに、当時のアメリカに根強く残っていた人種差別の厚い壁について知ることができた作品でもありました。

 1位 ジョーカー
 2位 ギルティ
 3位 グリーン・ブック
 4位 運び屋
 5位 誰もがそれを知っている
 6位 ホテル・ムンバイ
 7位 レディ・マエストロ
 8位 ゴールデン・リバー
 9位 あなたの名前を呼べたなら
10位 僕たちは希望という名の列車に乗った

2019年12月12日 (木)

ジョーカー

510_ov_joker_vert_tsr_intl_276

本当の悪魔は笑顔の中にいる。

バットマンの宿敵であるジョーカーの誕生秘話。

わたしはノーラン監督のダークナイトで初めてジョーカーを知り、ヒース・レジャーの鬼気迫る怪演を観て、まさにジョーカー=モンスターなみの悪役だというイメージを持っていた。彼は人の心を弄び、善を悪に転じさせることに邪悪な喜びを見出している「狂った犯罪者」なのだと思っていた。生まれつきの悪魔、カリスマ的な悪の権化なのだと。しかし、この物語の主人公であり、後にジョーカーとなる男アーサーは、そんな既存のイメージとは全く違った哀しくも孤独な男だった。

Photo_20191212214401
精神を病んだ母を持ち、自分も「おかしくもないのに笑ってしまう」という病気を持つ、いわば社会的弱者の立場に生まれ育ったアーサー。ゴッサムシティの貧しいアパート。寝付いた母の看護をしながら、「人々に笑いを届けたい」というささやかな願いを胸に大道芸人として生きている心優しいアーサー。それなのに彼は人々から時には愚弄され、努力は裏目に出て失意と孤独を味わい続ける。

不運だから、人から避けられるから、馬鹿にされたから、陥れられたから、努力しても全く報われないから・・そんなことの連続が必ず犯罪者を生むわけではない。そんな理由はもちろん免罪符にはならない。アーサーが失意と怒りと絶望の果てに、恐るべき怪物ジョーカーに変貌したのは、許されることではない。しかし、ここに描かれたジョーカー(アーサー)には、つい応援したくなるような、肩入れしたくなるような、そんな思いを抱いてしまう。
410_rev1joktrailer_22531_h
格差社会が際立ち、下層の人々の不満や怒りが蓄積する殺伐としたゴッサム・シティだからこそ、アーサーはジョーカーへと変貌を遂げたのかもしれない。彼の登場をまるでヒーローのように歓迎した市民たちの存在。そして、ホアキン・フェニックスの渾身の演技は、私がこれまで抱いていた「ジョーカー=悪の権化」というイメージを根底から変えてしまった。善良な人間はいかにして反社会的な存在になりうるか?理不尽に殴られ続け、夢のすべてが砕け散ってしまったら、そしてそれに加えて狂気や病んだ精神が加わったら。恐るべきケミストリーが起こるさまを、ホアキンは見事に演じきったと思う。

孤独の中でうずくまるアーサー。
哄笑するアーサー。
号泣するアーサー。
そのすべてから目が離せなかった。悲しすぎて、切なすぎて。

ヒース・レジャーの演じたジョーカーも、私の中では突き抜けていたけれど、ホアキンの演じたジョーカー(いや、アーサーというべきか)は全く違う凄さをもって、強烈に心に刻まれた。またひとつ、忘れえない傑作に出会えた。

2019年11月17日 (日)

お弁当の楽しみ

Img_20191028_072823
職場はお弁当不要ですが、たまに必要になることもあります。

たいがいコンビニで調達したり、職場でまとめて業者に発注したりすることが多いけど、今年は手作りする機会を増やしました。毎日お弁当を作っているママさんたちには到底かないませんが、滅多に作らないからこその気合も入ります。自分のために自分で作るお弁当は、好きなものばかりを詰めるのでコンビニの買い弁に比べるとやっぱり美味しいし嬉しい。↑のお弁当は海苔で市松模様にしてみました。ピンクのお花の花びらは紅色の大根漬けをカットしたものです。おかずは赤いものと黄色いものと緑のものをバランスよく詰めました。

Img_20191002_070828
このお弁当は、前日の晩のおかずのいんげんとにんじんの豚肉ロールや焼きそばを取り分けておいたものを詰めました。卵焼きとタコさんウィンナーは大好物なので必ず入れます。冷凍食品は基本使わないようにしています。

Img_20191024_072130
このお弁当は卵焼きでハートを作ってみました。あとは鮭の塩焼きとかハンバーグとか。ハンバーグはお弁当用に小ぶりのものを作って冷凍しておいたものです。毎日作るとなると、もっと簡単に品数も少なくなるとは思います。たまに~だから楽しいのかもしれませんね。お弁当にぴったりの、冷めても美味しい彩りもいいおかずを考えるのが楽しかったです。


最後に…今年の紅葉です。先日紅葉狩りに行ってきました。今年の紅葉は遅く、ただ今急ぎ足で紅葉中!という感じでしたね。
Img_8715

 

«ホテル・ムンバイ

フォト

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ